「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第24弾、山口県錦帯橋~京都府天橋立

今回は、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第24弾です。
2016年9月24日、放送でやっていました。^±^
今回は、山口県錦帯橋から京都府天橋立までの経路です。

1日目。

旅の始まりは山口県岩国市の錦帯橋。
いつもの蛭子能収(えびすよしかず)さんと太川陽介(たがわようすけ)さん、デコボココンビが登場。
蛭子さんは今年で69歳にんあったとか。
太川「今年、いくつになったの?」
蛭子「69、シックスナインですよ」
ついでに、太川さんも蛭子さんも、いのしし年生まれというのも発覚。
マドンナは熊切あさ美くまきりあさみ)さん。
当然、蛭子さんは、いきなり失礼の洗礼。^±^;
出てきた途端の発言が、
蛭子「すごい懐かしい」
熊切「え? 懐かしい? そんなこと言わないでください~」
午前9時、錦帯橋から5キロ先の岩国駅行きのバスに乗ります。
目標は福山まで。
岩国駅からは和木駅方面に行くことにします。
ところが、人と話しかけている間にバスが行ってしまいます。いきなりの出鼻をくじくもたつきで、30分待って次のバスを待ちます。
さらに、待っている客から和木駅に行ったらそのあとのバスがないと言われ、迷っている間にバスが来てしまったのでしょうがなく乗り込みます。
和木駅からは案の定バスがなく、大竹までのっけから炎天下の中を歩くことになります。
途中、「ぐるりんバス」に乗れば、大竹駅を乗り継いで廿日市までは行くことができるという情報をもらい、そのバスに乗るのにはどうすればいいか、店で聞いている途中で、タイミング悪く、ぐるりんバスが目の前で走り去ります。
初日から、連続で同じミスでバスを逃す一行・・・。
しょうがないので大竹駅まで45分、歩きます。
大竹駅からは玖波駅行きに乗ります。大竹駅到着が11時5分、11時20分にバスが来て、今度はグッドタイミング。
バスの中で、熊切さんは婚活パーティーmのMCなどをしているといいます。
蛭子さんはここでも男運が悪いなどとまた暴言。^±^;
玖波駅からは13時3分発の大野庁舎行きまでバスがありません。
1日に1本しかない宮島口行きのバスが10分前に発車してしまい、これがもしも最初のバスを外さなかったら、もしくは、途中でバスに乗れていたら、と思えばこれまた大きなロスはゆるぎないようで。
失敗はどうしようもないということで、気を取り直してここで昼食。
バスの中で熊切さんが朝っぱらから次の昼ご飯は「お好み焼きが食べたい」と言っていた矢先、「お好み焼き屋」があったので、そこに入ることに。
玖波は、2年前の取材でもこの町に立ち寄っていて、入った店の近所に立ち寄りの場所があるというので、あいさつをすることに。
太川さんが「2年前、忘れるねえ」といえば、蛭子さんは「2日前も忘れる」らしい・・・、「今を生きる」ときっぱり。
玖波駅からは宮島口駅を通過して「広電阿品駅」へ、さらに乗り継ぎ、「阿品台北」、広電バスセンターと、細かく乗り継ぎます。
阿品台北には近所が公園があって、蛭子さんは鉄棒に挑戦。
しかし、逆上がりはできず、ようやく前回りをしたとたん、
蛭子「ああ、目が回った、すごい目が回った」。
ナレーションのキートン山田さん、すかさず、
キートン「蛭子さん、もう年なんだから」
と、意地悪なナレーション。^±^;・・・意地悪いなあ
広電バスセンターからは、一路北へとるか、もうしばらく瀬戸内海を東進するか迷いが生じたものの、広電バスセンターから吉田で乗り換えて三次まで行くルートはどうしても吉田止まりになることと、案内所のおすすめで東進し、竹原方面まで行くことにしましたが、バスを待つ間通過する吉田行きに、太川さんは後ろ髪を引かれる思いでした。
一行は西条行きの乗り込みます。
バスの中で、ライト付きの眼鏡式ルーペを熊切さんがかけていると、
蛭子「あ、そばかすが見える!」^±^;
熊切「そばかすじゃない、シミでしょ、失礼~、腹立つ~」
蛭子「あ、シミだシミだ」
熊切「(眼鏡は)二度とかけない~!」
(どうもルーペは顔をも拡大するようで・・・。^±^;)
(かけてる人の細かいシミやそばかすがばれるようです。^±^ノ)
(お前も十分失礼だぞ!(゚Д゚)ノx±x。)
さて、この日は、バスセンターの案内通り、西条からさらに先の竹原まで行って終了。
竹原では翌朝の三原行きのバスの乗り場と時刻もわかり、今日はここまで。
例によって宿泊もアポなしで、こちらもすんなりとOK。
レストランは21時がラストオーダーだったので、牛(ぎゅう)を予約をしておき、部屋で着替え。
いつも通りのお約束で、蛭子さんの部屋で、太川さんが布団を荒らすと、熊切さんも荒らします。
「油断もすきもないなあ」という蛭子さんも、いつものパターン。^±^;
1日目からハプニング続出。
馬が合うのか、「1日目はバスに負けた」と異口同音に言う蛭子さんと熊切さんに、太川さんが、
太川「蛭子さんが二人いるようだ」。

2日目。

朝一番のバスで、三原駅へ。
三原からは7時47分発の「登山口」行きに乗り、そこから尾道へ。
2年前も逆ルートでここを通りましたが、なんと、偶然にも、2年前と同じ乗客と一緒になります。
尾道駅からは福山駅行きに乗って8時40分に到着。9時発の路線バスがあるのでその間何をしようかということになり、入ったのがなんと近くの「尾道ラーメン」のお店。
今度も熊切さんのバスの中での、たっての願いでした。^±^:
福山からも日本海に向かいたいと思い、調べてはみたものの、不便ということで却下し、笠岡方面へ。
情報によると、「乗時(のりとき)」から「寄島」へと乗り継げば新倉敷に向かうバスがあるといわれます。なお、福山では待ち時間が1時間半もあったので、福山城見学をします。
笠岡行きのバスに乗ると、広島県から岡山県への県境を車内で越えます。笠岡駅には12時30分に到着。
ここから乗時行きのバスは、本数が少ないながら、運良く45分の待ち時間で13時15分発に乗り継げることがすぐにわかりました。
ところが、案内所に行くと、乗時から寄島まで、バスは走ってないことが判明。
ここは歩くことにすると決め、若干余裕のある待ち時間で昼食をはさみ、発車前2分のところでバス停を急ぎます。
蛭子さんも熊切さんも、バスがすぐそこにあってしかも時間もあるというのに走る走る・・・。
太川「あと2分もあるのに、なんで走るの?」
熊切「だって私たち、せっかちなんです」
(「私たち」って・・・^±^;・・・似た者通しなんだなあ)
乗時からは徒歩。
途中でバス停を見つけ、時刻を探すも、近所の人から「バスはないよ」と教えられあきらめて歩きます。
(どうも廃止されたらしいです。^±^;}
寄島には15時に到着。ここからは15時35分発のバスに乗って、芸術科学大学で乗り継いで、倉敷駅へと向かいます。
倉敷駅に到着すると、岡山駅行きのバスの発車が27分後。
1日5本しかないバスの、最終バスだったのでラッキー。
夜の19時40分に、岡山駅に到着。
バス案内所は既に閉まっていて、翌日も8時から開くとありましたが、3日目は東へ行くか北へ行くか運命の分かれ道で、またどこまで行くことができるのか、それらが重要となるのでそれ場でに発車するバスには乗らず、案内所が開くまで待つということで、今日はここで宿泊。
熊切さんが東横インを見つけて、蛭子さんは大喜び。
蛭子さんは東横インのポイントを集めているほかに、ベッドからすべて手に届くところに必需品が置いてあるのと、コインランドリーがあるのも、気に入っているとか。
熊切「私まで東横インが見つかってうれしくなっちゃった」
そこまで蛭子さんに似てるのかと、またまた太川さんにからかわれます。^±^;
そして、部屋では、また例によって、蛭子さんのベッドが二人に荒らされます。^±^;

3日目

岡山駅のバス案内所に行って、早速、情報を聞き出すことから、この日は始まります。
岡山からは、津山バスセンター行きがあり、11時34分の到着、さらにその先は「馬桑(まぐわ)」まではバスは走ってるする、とのこと。
ただ、馬桑からは鳥取県方面へのバスが全くないと・・・。しかも峠越えで20キロの徒歩を強いられると、言われてしまいます。
太川「津山行きの乗るか、赤穂行きに乗るか、ここが運命の分かれ道」。
その時、案内所が調べてくれたことには、馬桑からなら、那岐駅まで歩けば「すぎっこバス」があり、鳥取まで乗り付けそう、と。
ならば歩く距離によって決めようと蛭子さんに訪ねると、
蛭子「8キロ!(以内なら)」
案内所「(歩く距離は)6キロです!」
蛭子「やったあ!」
でも上りを歩くのを考えると、再び蛭子さんの顔が曇るのでありました。^±^;
津山バスセンターから、13時25分発の馬桑行きのバスに乗る間、2時間ほど時間が空くので、津山で昼食。
英気を養うために、ここで昼食を「ホルモンうどん」にします。
ところが津山で再び歩く距離を聞くと7キロと言います。
バス停を降りた場所からループ橋があり、くるくると回る距離があるというのです。
(さらに、実際には8.5キロあると、キートン山田さんの解説)
バスを降りてから覚悟を決めますが、みるみるうちに蛭子さんの息が荒くなります。
蛭子「ハア・・・、ハア・・・」
休みながら歩き、トンネルを歩いていると、岡山県と鳥取県の県境。
トンネルを出てからしばらくすると、今度は熊切さんの足がつります。
熊切「ふくらはぎが痛い」
またしばらく休んで、2時間かけて、ようやく那岐駅へ。
「那岐駅前」のバス停を見つけほっとする3人。
バスは智頭駅行きの17時5分発があって、歩いた甲斐があったと、ほっとする3人・・・。
智頭駅からは、鳥取駅行きが17時25分があって、本数が少ないうえに、しかも最終バス。
スムーズながらも、薄氷を踏む様なダイヤ。^±^;
ところが、そのバスがトラブルに。^±^;
蛭子「まずいよね」
太川「まずいね」
行き先表示版が付かなくなり、一時は心配したものの、運転手の応急処置でようやく解消。
鳥取駅には18時15分に到着。
さらにここから19時30分発の岩井温泉に行くバスがあるというので、先まで行きます。
ちなみに、鳥取からは湯村温泉方面に行きたいのですが、本数も少ないうえ、すでに最終バスが行ってしまって、いずれにしても翌日からの行動。
鳥取にするか、岩井温泉まで行くか、迷いましたが、温泉でゆっくり疲れや痛みを取ったほうがいいとの結論で、岩井温泉に行くことに。待ち時間が35分あり、その間、予約することに。
蛭子「テレビにちょこちょこ出ている蛭子ですが・・・」
というフレーズが気に入ったらしく、太川さんと熊切さんは大笑い。
岩井温泉には20時30分に到着。
早速部屋を見る3人は、蛭子さんの泊まる部屋の布団を、3日連続、荒らします。
そのあと食事に出かけるも、またラーメン。^±^;
今回は麺類が多いと、キートンさんのナレーションで3日目が終わります。

4日目(最終日)

最終日はm湯村温泉行に乗車。
9時49分発のバスで、何のことはない、鳥取からのバスと一緒。
バスの中で、鳥取県から兵庫県へ。
どっちみちこのバス以外にないとはいえ、湯村温泉から先はm13時15分発の八鹿(ようか)行きのバスしかありません。
ただでさえ出発が遅いというのに、この最終日でこのロスは大きい。x±x
太川「ものすごいロスだね」
そこで案内所へ。
八鹿から天橋立に行くには、出石(いずし)、中藤(なかふじ)と乗り継いで、「中藤」から「岩屋上」まで歩けば、天橋立のほうまで行けると。
待ち時間も長いので、温泉束後を買ってゆでて食べ、それでもなお、時間が余るので足湯タイム。
ようやく13時15分発のバスに乗って、八鹿で14時50分発の出石行きのバスに乗り換え、さらに、10分待ちで「奥藤」行きのバスに乗り継ぎます。
途中の中藤のバス停で降りて、岩屋上まで、5キロの道を歩きます。
トンネルを出たところで、兵庫県から京都府の、最後の県境越え。
途中、天橋立まで15キロの標識を見つけますが、とにかく足が痛いので、休みながら我慢して歩きます。
キートン「もう、みんなボロボロです。そんなにのんびりしてはいられません。日は傾き始めてるし、次のバスはわかっていないし・・・」
バスは、電柱の陰にありました。1時間歩いて峠を越えて、岩屋上には17時12分到着。
次のバスは、と見てみると、18時27分の最終バスの「与謝の海病院」行き。
これで首の皮一枚、つながります。^±^;
病院に到着したのが夜7時過ぎ。
果たして天橋立に行くバスがあるのか、と調べてみると・・・。

ありました。^±^ノ
19時32分発、ケーブル下行き。^±^ノ
最後の路線バスで、一路、天橋立へ。

そして、19時40分。
ゴール!

今回は奇跡的でした、特に4日目の最終日。
遅く出て、バスの待つ時間も空いたのに。

ただし、ケーブルカーは17時30分で終了。+±+

ただ、ケーブルカーは鉄道であってバスの旅とは別なので、達成できなくてもいいのでした。

「できれば股から覗きたい」と、熊切さん。

しかし、いくら股から覗き込んでも、その先に見えるのは暗い闇ばかりでありました。
じゃんじゃん。^±^;
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

裕さん

裕さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
お久しぶりです。ようやくパソコンが治りましたが、現状に戻すのがまた大変でした。
さらに、墓参りなどをしていて、遅くなりました。まだ、お返しに時間がかかりそうなので同じ文章をお許しください。
正式に、ご訪問とお返しのコメントができるのは、もうしばらくかかりそう(10月下旬ごろから)ですが。
路線バスの旅ですが、今回も広島を通りましたよ。広島から西側はコミュニティバスが大活躍ですね。あの路線は実にいい路線です。和木駅は、太川さんたちがバスがつながらなくて苦労した場所でした。路線バスは廃止になったのエスね。
今後ともよろしくお願いします。^±^ノ

見てなかったのですが・・・

こんばんは、てくっぺさん。

和木駅から大竹の町をぶらり散歩して大竹駅へ
大竹駅からバスで玖波駅の手前の小方で降りて亀居城跡をみて、歩いて玖波駅まで行った時のことを思い出しています。
和木駅:http://yutaka901.fc2web.com/page05kx50.html
大竹駅:http://yutaka901.fc2web.com/page05kx05.html
亀居城跡。詩の坂道:http://masuda901.web.fc2.com/page05kx09.html
玖波駅:http://yutaka901.fc2web.com/page05kx11.html
5年ほど前編集した頁です。よければ時間あるときに見てください。

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長