リオオリンピック・怒涛のメダルラッシュ&イチロー選手もおめでとう

今回は、2016年8月7日から10日までのオリンピックの結果をまとめています。
つまり日本時間の8日から11日までの結果ですね。

日本、銅メダルが多いですね。^±^
でもその銅メダルにも、悲喜こもごもがありますね。

たとえば、ウェイトリフティングの三宅選手。
前回獲得の銀メダルよりも嬉しかったといいます。^±^ノ
なぜなら、ケガでの故障を抱えたうえで、最後の最後で取れた銅メダルだからです。

また、競泳の瀬戸選手も、初参加での銅メダルに喜んでいました。

しかし、柔道だけは、選手間での銅メダルへの評価が違うんですよね。x±x
その理由に、金メダル以外、価値を認めないという頭の固さにあります。
でも、敢えて言いたいです。
柔道の銅メダル、過小評価してませんか?^±^ノ
銅メダルも立派なメダルですよね。^±^

ところで、柔道で、日本以外の選手は、銀メダルよりも銅メダルのほうがすっきりした、嬉しそうな顔をしていませんかね?
これって、本当にトーナメントの矛盾ですが、銅のほうが最後に勝って表彰台に上がってるからだと思うんですよ。
敗者復活から、または、準決勝で負けても、敗者復活の選手と戦って、勝ち上がって得たメダルですよね。
ところが、銀メダルは、金メダルの選手に負けて、表彰台に立っているわけでしょう。
そう考えると、表彰台でのテンションは、銀よりも銅のほうが高そうですけどね(お家芸といまだに決めつける日本以外は)。
したがって、こんな矛盾した現象が起きる、そんな気がしてならないです。
これはあくまでも、個人的な考え方ですが・・・。

そもそも、銀メダルと銅メダル、考えによっては、どちらも1敗なんですよねえ。^±^;
当たるトーナメントの対戦相手の運不運によって、銀か銅か、変わるとも言えますよね。
これって、不公平じゃないでしょうかね。
本来は、銀メダリストと銅メダリストと戦わせて、勝ったほうを銀、負けたほうを銅にすべきなんです。
時間がいくらあっても足りないから採用しているのでしょうけど、どうも納得がいかないです。


7日(日本時間で7日夜~8日朝)=9日発表分

8月8日は、まず、柔道で銅メダル2つ取りましたね。^±^
柔道女子52キロ級、中村美里選手と、男子66キロ級の海老沼匡選手です。
柔道、金メダルは遠くなったかもしれませんが、少なくとも前回よりは面白いです。
それに、トーナメント次第の不運もありますね。相手の相性とかもね。
特に中村選手は、銀メダルも可能だったと、視点を変えれば言えますよね。
最初に言った通り、トーナメントの不公平さがあるので、概して、個人的にはメダルの色が違うだけで満足して見てますよ。
少なくとも、前回のロンドンより面白いと思っています。
理由ですが、今大会は、それぞれの選手が「最後まであきらめていない」ことでしょう。

とにかく、世界は強くなったんですよ。
これからの時代は、日本人の選手に習うばかりじゃなく、世界中の強いアスリートからコーチを受けることも重要かもね。
日本の中ばかりにいたら、世界の状況がわからないものね。^±^;

「お家芸」というおできみたいなプライドをかなぐり捨てて、そういうのに縛られないほうがいいのかも。

そして、日本の柔道はまだまだいけますよ、たとえ銅が多くて、金が取れなくも。
ちゃんと銅メダルが着実に取れてるんですからね。^±^ノ

今日のメダルは、以上です。^±^;・・・銅が2つですが、でもよく頑張りました~


8日(日本時間で8日夜~9日朝)=10日発表分

8月9日は、金メダルラッシュでした。^±^ノ

柔道、この日は、準決勝から決勝戦を見ましたよ。^±^ノ
女子57キロ級の松本薫選手は、準決勝で、モンゴルのドルジスレン選手に一本で敗れました。開始24秒って。
しかし、3位決定戦では台湾の連珍羚選手に勝って、またもや銅メダルを獲得しました。
準決勝では一本負けを喫した松本選手でしたが、気を取り直して、3位決定戦に。
とにかく、「どうしたどうした~」というような一本負けでした。すぐにやられちゃいましたから。
しかし、準決勝戦であっさり負けて、スタミナをほとんど使わずに終わったのは、不幸中の幸いだったといえるかもしれません。
「災い転じて福となす」かもしれませんが、それ以上に松本選手自身、気を取り直したのが銅メダルにつながったのでしょう。

いやいや、またまた、銅メダル獲得か。^±^ノ オメデタイ
でも考えれば、これまでメダルが途絶えてない、そっちのほうがすごいよなあ。
それに、松本選手が、一瞬悔しい顔をしながらも、さばさばした表情だったのが爽やかで、好感を持てました。
それに、今まで全員銅メダルってことは、今大会の日本の柔道は「粒ぞろい」じゃないか、と思いながら・・・。
次の男子73キロ級の大野将平選手の準決勝戦に期待しました。
いやあ、大野選手、こちらは焦ることなく、堂々とした試合運びをしましたね。
初出場と思えないほどです。
そして、彼の戦い方のパターンは、序盤で「有効」を奪い、相手を精神的に追い詰める、これでした。

つまり、久しぶりに見る、積極的柔道でした。^±^ノ

何年ぶりに見ただろう、これぞ柔道、ってのを。^±^ノ
20160809・柔道

準決勝では、ベルギーのバンティヘルト選手に対しても、早いうちから積極果敢に攻め。相手を追い詰め、巴投げで一本勝ち。
そして決勝も、アゼルバイジャンのルスタム・オルジョイ選手に、小内刈りで一本勝ち。
どちらも、早いうちから優勢を奪ったことが大きかったですね。^±^

初出場と思えない堂々ぶりと、その後のインタビューでも、「あまりよくはいい柔道ではなかったですが」と謙虚でした。
すごい選手が出てきたわ~。
見ててよかった。^±^ノ

いえ、今大会の柔道自体、見ていていつもと違うなあと思ってたのですよね~。
出る選手が全員、メダルを獲得するなんて、もしかすると近来でもなかったはず。
誰かが必ず、メダルを外していたと思います。これだけでも快挙ですよね。

嬉しい余韻に浸っていたら、そのあと今度は体操団体で朗報が。^±^ノ

こちらもうれしいですね。^±^ノ
できればこちらもリアルで見たかったけど、柔道を見てたんだよなあ・・・(こんなにすごい柔道も、なかったからね)。
20160809・体操1

体操団体は、あまり期待してなかったので、ずいぶんと損をしました。+±+
というのも、予選で内村航平選手が失敗し、順位が大きく後退してたからです。

しかし本番では、スタートのあん馬で、内村選手と加藤選手が高得点。
ところが山室選手が落下します。
こちらは柔道を見ていたのですがね。^±^;
ちょっと間がありそうなので、リモコンを体操団体に合わせたら、ちょうど山室選手があん馬をしているところでした。
そして、落下シーン。+±+
柔道も始まりそうなので、慌ててチャンネルを変えたのは、いうまでもない…。^±^;
とにかく、その時点で日本は6位、中国は7位、日本と同じローテーションでの首位はロシアだったようです。

2種目目の吊り輪で、田中選手、内村選手、山室選手が好成績。ここで日本は5位に上がります。
さらに、3種目目の跳馬では、ロシアが3人とも15点台を出すも、日本はそれを上回ります。
加藤選手、内村選手、白井選手、3人合わせて46点台に。
開始直後では6位だった日本が、みるみる順位を上げます。そして前半終了時には、ロシアに次いで2位に。
後半も、いきなり、4種目目の平行棒で、田中選手、加藤選手、内村選手が、ミスもなく15点台。
どんどんとロシアとの点差を詰めていきます。^±^ノ
そして日本が得意の鉄棒。
加藤選手、内村選手、田中選手がそろって15点台。
稀にみる高得点で、とうとうロシアに逆転。^±^ノ
さらにもう一つの、日本の得意種目の床運動。
白井選手、加藤選手、内村選手が高得点でまとめて、気が付いたら逆転で日本がトップ。
20160809・体操2

予選がひどかったけど、タヌキだったのね。^±^;
本番に強いってのは、すごいよなあ。^±^;

しまった~。(゚Д゚)ノ
あまりに嬉しくて、柔道をダイジェストまでずっと見ていて、損した~。x±x
それでも、ちょこっとずつは、体操も見てはいたのですがね。^±^;


9日(日本時間で9日夜~10日朝)=11日発表分

8月10日は、珍しい競技の大健闘の話題が多かったですね。

まず、ラグビー7人制男子。
なんと、ニュージーランドに勝ちました。^±^ノ
後半5分に副島亀里(カメリ)ララボウラティアナラ選手が同点のトライ。
さらに、キックも決めて、14-12に。
ニュージーランドは、その前に、トライを奪った後、キックに失敗したのが響いたようです。
それでも、最後の最後まで、日本は苦しめられ、トライされる寸前でうまく止めて、試合終了。
前回のワールドカップ、南アフリカに続く大金星でした。^±^
ただ、次の英国に19ー21で惜敗し、連勝はできませんでしたが、イギリスは強いですからね。
惜敗で終わったのも大きいと思います。^±^ノ…前向きにいきましょう

ほかにも、女子バスケットボールも、格上のチームを立て続けに破ったり、大健闘をしてます。
今回は負けましたが、この先も有望です。
さらに、卓球女子の福原愛選手が、オリンピック初の4強に入りました。

しかし、さらに、もっとすごいのがカヌー。
驚いてください。^±^ノ
なんと初の銅メダルです。^±^ノ
アジアでも初の快挙です。
カヌー・スラロームの男子カナディアンシングルで、羽根田卓也選手は、97・44点で3位に入り、銅メダルです。
実は、前回のロンドンでも7位入賞で大健闘をしていて、「どうして中継をしてくれないんだ」と思ってたんですよね。

羽根田選手は、高校を出た後、スロバキアへ単身での武者修行を積んで、さらに、入賞の快挙を成し遂げた、ロンドンオリンピック後にはスポンサーを探しました。
スポンサーは誰もなってくれず、ようやく手を差し伸べてくれたのが、現在所属するミキハウス。
でも、ミキハウスも、これにより、いい宣伝にもなりましたし、よかったですよね。
20160810・カヌー

捨てる神あれば、拾う神あり。^±^ノ
公衆便所に、紙がない。x±x
左手で拭けや、左手で!(゚Д゚)ノx±x。

そして、柔道ですが、柔道男子81キロ級の永瀬貴規選手が銅メダルでした。^±^ノ
一度は準々決勝で敗れましたが、敗者復活戦で2回戦い、勝利。
3位決定戦では、事実上の優勝決定戦だったはずの、ジョージア(グルジア)のアフタンディリ・チリキシビリ選手が相手でした。
苦しみ抜きましたが、3分40秒、内股で有効を奪い、それがそのまま勝利になりました。

ただ、残念ながら、女子63kg級の田代未来選手は準決勝から大失速。
銅メダルも逃しました。x±x
うーむ、日本人の選手は、型にはまりすぎてますね。^±^;
それではどうやって勝てばいいのか?
「柔道」ではなく、「JUDO」として理解すれば、自ず(おのず)と答えが返ってきます。
具体的な答えは、このあとで、11日に、ベイカー茉秋(ましゅう)選手が教えてくれました。

それにしても、今大会は、柔道、競泳、体操と、怒涛のメダルラッシュです。^±^
さらにメダルラッシュは続きます。
今まで、銀メダルは出ていませんでしたが、「競泳」で初めて出ました。
競泳男子200メートルバタフライで、坂井聖人選手がやってくれました。
金メダルを手にしたのは、アメリカのマイケル・フェルプス選手でしたが、最後の怒涛の追い上げで、蓋を開けたら100分の4秒差まで迫っていました。
前半は目立たない位置にいましたが、最後の50メートルで、あれよあれよとやってきましたからね。
追いかけるカメラも、ノーマークでしたよね。^±^;
20160810・競泳

さらに、男子200m平泳ぎ準決勝では、渡辺一平選手がオリンピック新記録を出して、小関也朱篤選手とともに決勝進出。
これも楽しみですね。^±^ノ

そして、競泳のトリとして、またまた珍しい記録が起こりました。
なんと、男子800mリレー決勝で、日本が銅メダルを獲得しました。^±^ノ

男子800mリレーでメダルをもらうのは、1964年の東京大会以降、なんと、52年ぶりなのです。
萩野公介選手から始まった競泳は、江原騎士選手、小堀勇気選手、松田丈志選手と引き継ぎました。
「松田先輩(松田丈志選手)を日本に手ぶらで帰さない」というのが旗印だったといいます。
それを強豪国がゴロゴロといる中で、本当にやってのけました。^±^;
その中で、特筆は、小堀選手ですがね。
萩野選手は積極的な泳ぎで、アメリカに次いで2位で江原選手にバトンを渡します。
ただ、2位以下、4位あたりまでは、ほぼ混戦模様でした。
萩野選手から引き継いだ江原選手も、最終的に、順位こそ2位から3位に落としますが、それはオースとラリアとの混戦での、ほんのタッチの差でした。
むしろこの時点では、3位と4位との差のほうが、若干離れていましたから。
そして、江原選手から引き継いだ小堀選手が、予選より2秒以上もタイムをあげたという猛スピードで、再び順位を2位に上げてゆきます。
2位でバトンを渡された、アンカーのキャプテンである松田選手は、最後こそイギリスの猛追により順位を落としましたが(これも「赤い悪魔」の異名があるほど強いチームなのでしょうがない)、ゴールですら、ほぼ紙一重。
きわめて銀メダルに近い、堂々たる銅メダルでした。^±^ノ
20160810・競泳リレー

だがしかし。^±^;

実況アナウンサーの声、最後でひっくり返ってましたし。^±^;・・・ひっくり返るなよな~


10日(日本時間で10日夜~11日朝)=本日12日発表分

8月11日は、7人制ラグビー男子から。
とうとう日本は決勝進出が決定しました。^±^ノ
ケニアを破って、2位になり、大番狂わせです。
さらに強さを求められるかもしれませんが、決勝戦も楽しみですね。

そして柔道は、男女とも、金メダルラッシュでした。^±^ノ

柔道女子70キロ級では、田知本遥(たちもとはるか)選手が、決勝でコロンビアのジュリ・アルベアル選手を破り、金メダル。
しかも、田知本選手は、シードではなく、1回戦から戦ったんですよね。
さらに、準々決勝、準決勝と、連続の延長戦。
決勝戦は、谷落としで「技あり」を奪い、そのまま、横四方固めで抑え込みで、一本勝ち。
その寝技の時に何を考えてたかというと、「絶対に離さないと思った」。
頼もしい答えが返ってきました。^±^ノ
そして、ものすごいスタミナがある選手ですね。^±^ノ

一方、柔道男子90キロ級のベイカー茉秋(ましゅう)選手も金メダル。
この階級では初となる金メダルです。^±^ノ
ベイカー選手には「力」だけでなく、「JUDO」の勝つコツを教わりましたね。
日本の柔道に何が足りないか、それは勝てるコツだということを、決勝戦で教えてくれました。
準決勝までは、一本勝ち。
力と巧みさで相手を凌駕しました。
しかし、決勝戦は、2分17秒に大内刈りで有効を奪うと、試合運びを一転させ、ウナギのように、スルスルと逃げます。
その行為により、2枚ほど警告をもらうのですが、それは日本の選手以外が、「勝つため」にやった技術と一緒。
つまり、早いうちから「有効」でも取ったら、あとはうまく逃げるのも勝つ方法だってことです。
でもこの逃げ方も、やさしそうで難しいですよ。
あからさまに逃げると、審判は、「待った」をして指導をバシバシと取ります。
うまく試合続行させるように仕向け、「待った」をさせないように巧みに動き続けるんです。
皮肉にも、オリンピックの「JUDO」には、「この勝ち方がベスト」だということを教えてくれました。
日本の柔道協会、ぜひ参考にしてほしいです。^±^
「大和魂」とかにこだわって、ただ攻めていって、転がされて、負けて「臍を噛む(ほぞをかむ)」ばかりの試合じゃ、だめなんですよ。
てか、「臍を噛む」って。^±^;

そして、柔道の後は、体操個人で、またまた内村航平選手が金メダルを取りました。
男子体操の個人総合決勝で、内村航平選手が、92.365点で優勝。
この快挙は44年ぶりです。^±^ノ
しかし、試合直後から、常に首位にいたのは、ウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手。
決め手となったのは、最終種目の鉄棒でした。
内村選手が15・800点の高得点で完璧に決めたあと、それまで首位を走り続けていたベルニャエフ選手は、なんと、着地が乱れて14・800点に。
ここで首位と微差だったため、あっさりと逆転になります。
最終得点は、内村選手が首位となり、92・365点。2位に落ちたベルニャエフ選手は92・266点。
20160811・体操

「7人制ラグビー男子」の番狂わせは、その後も続きます。
予選を2位で突破した日本は、さらに、決勝トーナメントでもフランスを破り、4強に入りました。
フランスには、前半0-5で負けたものの、後半、トゥキリロテ選手、後藤輝也選手がトライ、後藤選手のトライから、坂井克行選手のゴールキック(GK)が決まり、最後の30秒で、12-5となるドラマのような大逆転の展開でした。
ドラマチックだなあ。^±^;
またまた終了間際のトライマジックでした。
ひょっとすると、ひょっとするかもですね。^±^ノ
準決勝はフィジーとの戦いです。ここも強いですぞ、^±^;
20160811・7人制ラグビー

最後にまた朗報が。
女子200メートルバタフライで、星奈津美選手が銅メダルを獲得しました。
星選手は、ロンドンに続いて2回目の銅メダルでしたが、今度のメダルのほうが嬉しそうでした。
というのも、オリンピック後、バセドー病との戦いもありました。
今度は、苦労して本番も出し切った先の銅メダルでしたので、前回以上に重い銅メダルになったようですね。


~~~~~~~~~~~~~~~


そうれはそうと、とうとうイチロー選手が、メジャーリーグだけでの3000本安打を達成しましたね。
これはすごい記録ですよね。^±^ノ

これを機に、日本初のアメリカリーグ殿堂入りはあるかも。
いや、入るべき選手ですよね。

イチロー選手も、2998安打から苦しみましたよね。
スタメンで出してくれればもっと早く達成したでしょうけど、若手中心のメジャー故に、代打はしょうがないのかも。
「あぶさん」の景浦選手みたいだけどね。^±^;
生みの苦しみの残り2安打でしたね。

イチロー選手、メジャー3000安打達成、おめでとうございます。^±^ノ

ただ、たぶん、これさえもまだ、道半ばでしょう。
もうちょっと、記録は伸ばせるんじゃないかなあ。
3000安打達成によって、吹っ切れただろうし。
だけど、そうなれば、ピート・ローズ選手、焦ってまた嫌味を言うんだろうなあ。^±^;
ピート・ローズ選手って、選手としてはいいけど、人間として人格が怪しいからなあ。^±^;

人格が怪しいのはお前だろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。


~~~~~~~~~~~~~~~


さて、今日のメダルは?

8月7日(日本時間8月7日~8日)

中村美里選手=
海老沼匡選手=


8月8日(日本時間8月8日~9日)

大野将平選手=
内村航平選手、白井健三選手、加藤凌平選手、田中佑典選手、山室光史選手(体操団体)=
松本薫選手=


8月9日(日本時間8月9日~10日)

坂井聖人選手=
羽根田卓也選手=
永瀬貴規選手=
萩野公介選手、江原騎士選手、小堀勇気選手、松田丈志選手=


8月10日(日本時間8月10日~11日)

田知本遥選手=
ベイカー茉秋選手=
内村航平選手=
星奈津美選手=


メダル総数は?

金6個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)

銀1個
坂井聖人(競泳)

銅11個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)


(8月10日現在=日本時間・8月10日夜~11日朝現在)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

hirugaoさん

hirugaoさん

おはようです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
あ、そうでした。高校野球ですね。今回はオリンピックがあるので、ダブルで見なくっちゃですね。
小学校の頃の夏休み、お盆といえば、群馬の田舎で蚊取り線香のにおいをかぎながら、スイカを食べて、高校野球です。
カキーンという、乾いた金属バットの音と、夏の灼熱の太陽が廂(ひさし)から顔をのぞかせる田舎の部屋にて。
午前中、虫取りをした疲れも吹き飛びました。^±^ノ

No title

暑い毎日ちょうどお盆とはいえ高校野球もあるし
いそがしいです。

オリンピックも頑張ってくれているので
楽しみですね~

荒野鷹虎さん

荒野鷹虎さん

おはようです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
柔道は、ふたを開けたら、大健闘だったですね。特に男子、全員メダルを取りまして、これはなかったことです。
しかし、トーナメントの当たり方によっては、銀メダルも大いにありましたから、トーナメント運もありますね。
でも、技も出たし、ただ、外国人の選手は、少しでも優位になるとすぐに逃げちゃって逆転が厳しかったです。
それに女子柔道の4分は短かったですね。^±^;・・・優位になったら、警告の反則になる前に逃げればいいんですからね

satoshiさん

satoshiさん

おはようです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
きれいな夕日ですね。こちらも、梅雨明けの日にきれいな夕日を見ましたが、それ以上の極致です。
夏の夕暮れも、外が全体に琥珀色になって、美しいですよね。機会があったら撮影したいです。
オリンピックは連日の大健闘で、寝不足です。ただ、今日になって急にピタッと目だrが止まりましたが。
それでも、合計がすでに24になって、まだまだこれからもとれそうですね。楽しみは続きそうですよね。
それはそれで寂しいものですね。^±^;・・・まあ、陸上は弱いですからね

カノッチさん

カノッチさん

おはようです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
初めましてです。投稿、どうもありがとうございました。当方の友達リンク「か」行に入れさせていただきました。(^±^ノ)
加納治五郎先生、当初からそのようにおっしゃっていらっしゃったのですか。先見の明がおありでした。
相撲もそうなのですが、国際化し、オリンピックで取り上げれば、「心」に向くより、点数を競うものになるんですよね。
競技と道を別個のものと割り切れるか、それとも流布をあきらめるか、どちらかに陥るんでしょうね。
そこで頑なになると、閉じこもった世界に・・・。^±^;・・・柔道を広く流布ための、犠牲は考えないとねえ

てくっぺさんへ!!

私はなんと言っても日本のお家芸の柔道で金メダルを獲得することが夢です。
今回は一本勝が多く大変嬉しく思います。
女子は強いですねー。!
暑い国でテロもなく結構なオリンピックになってますねー。
日本も頑張らなくちゃなりませんですね^^。暑いですねー。!

夕陽

8月10日に夕方から風が吹き出して少し涼しくなったので、思い立ってお墓参りに行ってきました。
前に行った時から日が立っていたのですが草もあまり生えていませんでした。

帰る少し前の19時前にお墓から撮った夕陽です。(URLのところ。)
夏のお墓参りは朝早くか日暮れ前に行くのがいいですね。

オリンピック・・・日本選手ガンバってます。
女子200m平泳ぎで金藤が金、 男子200メートル個人メドレーで萩野が銀、卓球男子シングルスで水谷が銅、柔道男子100キロ級で羽賀が銅。
これで日本は金7、銀2、銅13です。

No title

こんにちは。
オリンピックのお茶の間観戦毎日楽しいですね。

柔道の創始者の加納治五郎は、柔道が世界に広がるにつれてその精神性は失われていくだろう。みたいなことを言い残しているのですが、柔道の「道」としての精神性を失っているのは日本の方ではないかと思うことがあります。加納治五郎はそこまで思っていたのかどうかわかりませんが、「おできみたいなプライド」とは言い得て妙だと思いました。

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長