「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第23弾、宮崎県青島~長崎県グラバー邸

毎度おなじみ、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第23弾ですが・・・。
2016年6月25日の放送です。^±^

最初に、2016年5月にあった熊本の地震のお見舞いから、この番組が始まりました。
当日、この場所にいて、番組を延期しようかと迷ったが、元気をつけるためにも放送したということを太川さんがおっしゃり、その締めに、蛭子さんが「、義援金の方もよろしくお願いします」と結びます。

また、この第23弾で沖縄を除く46都道府県をまわることになるのですが、どうなるのでしょうか?

今回のマドンナははいだしょうこさん。歌のお姉さんですね。
スタート地点の宮崎の青島で集合します。
放送で説明はされませんでしたが、高千穂と別府がチェックポイントということで、必ずそこを通らなくてはいけません。

1日目。
現在のところ、2連敗中。もう負けられないという意気込みをかけて、旅がスタートします。
ゴールは蛭子さんの故郷ということで、いつもと一味違う蛭子さんを、と思ったのですが、あいにくいつもの蛭子さん。
太川さんからきつい一発。
太川「(蛭子さんに向かって)絶対に観光大使になれないよね」
7時38分。青島から宮崎駅へ。
最初は財布の準備から。
ここで蛭子さんの財布だけは紐付き。^±^;
前回の旅行では蛭子さんが財布を落としていたために。^±^;
1日目の目標は、延岡経由で、チェックポイントでもある高千穂。
宮崎のバスは駅よりも「宮交シティ」のほうが便利と聞いて、そちらで降りることに。
宮交シティではすぐに高鍋行のバスが見つかり、早速3人は案内所で情報を集めます。
ところが、いきなり高鍋から先が、バスがつながらないと聞かされ、ショック。
2016年3月までは宮崎駅から日向駅までのバスがあったのに、廃止されたため、現在は都農(都農)までしか路線バスがないとのこと。
都農から宮の下バス停までの間、バスがなく、約7キロの徒歩を強いられます。
悩んでいてもしょうがないので、とりあえず9時20分発の高鍋行のバスに乗ります。
ところで、蛭子さんは「歌のお姉さん」の存在も知らなかったようです。
バスの車内ではいださんにきつい洗礼を。
蛭子「ああ、それでそんな声になったの?」
はいだ「ひどいよ」
高鍋では待ち時間が約1時間半ほどあいたので、「くすのき亭」でちょっと早めの昼食と休憩を取ります。
休めるときにしか休められないので、ゆっくりと休んでいると、店の人達にサインをねだられ、サインをしてから高鍋バスセンターに戻ります。
バスセンターの人がその間調べてくれて、終点の1つ前の都農バス停で降りると、東都農までさらにコミュニティバスがあって、そこからならば宮の下バス停まで3.2キロで、歩くのも半分で済む、といったいい情報でした。
ところが、折角の情報も無駄に終わりました。
都農バス停でバスを待っていると、やがてバスらしきものがやって来たのですが、そのバスは見ている前で左折。以後、3人が待つバス停にはバスがやって来なかったのでした。
結局、7キロどころか、途中下車をしてしまったために、歩く距離も2キロ増え、つごう9キロも歩かなければならない羽目になってしまいました。
途中、マンゴーを食べながら進むのですが、初日から思いやられると痛感した一行でした。
宮の下まで2時間半歩いて、くたくたになりながらも、15時20分に宮の下に到着。
16時29分発の日向市行きのバスを待つ間、ファンから「とらやの羊羹」の差し入れを頂きます。
とりわけてやることもないので、ブランコに乗りながらバスを待ちます。
やがてバスはやって来て、無事に日向市行きのバスに乗れました。
日向市駅からは、延岡行が到着した反対側の駅西口からバスが出ると聞いて、回ってみてもなかなか見つかりません。
実はバスは駅前を通らず、少し歩いた先の道路を通るという情報を聞いて、その路上でもバス停の存在をなかなかつかめません。
やっとのことで、ファンから乗り場を教えてもらい、「北町」18時13分発の延岡行きのバスに乗り込みます。
バスは土々呂(ととろ)バス停を通り、はいださんが「となりのトトロ」の真似をしましたが、太川さんも蛭子さんもポカーン状態。
(お客さんは「似てる」と言ってましたがね。^±^;)
延岡に到着すると、さらに高千穂バスセンター行きのバスがあることを見つけ、今回は行ける所まで行こうと、そのバスにも乗ると決めて案内所へ行ってみると案内所は終わった後でした。
ただ、ちょうど係員がいたので呼び止めると、いろいろとその後の予定をその場で調べてくれました。
「翌朝、高千穂バスセンターから一旦、熊本空港まで行って、そこから特急バスの乗れば大分や別府まで行くことができる」・・・。
それはとても良い情報で、今回のチェックポイントに、高千穂と別府が入っているので、どうしてもそちらに向かわなくてはならないことを考えると好都合でもありました。
「やったー、すごいルートだね」
と、太川さんも蛭子さんもこのルートの大胆さにびっくり。
なにしろ、大分に行くのに、反対側の熊本まで足を運ぶのですから。
そして、延岡から20時発の高千穂バスセンター行きのバスに乗り込みます。
バスの車内では、怖い話をしようということから、ひょんなことで神様の話に変わります。
ちなみにこの日、青島からのバスでは蛭子さんは神様を信じないと言ってたのに、このバスの中では自分が神様という始末。
蛭子「えびすって、神様なんだよ」
太川「嘘だよ、詐欺師だろ」
一同大笑い。^±^;
この日は蛭子さんの好きなビジネスホテルに泊まります。途中、素敵な旅館があったにも関わらず、蛭子さんがビジネスホテルにまっしぐらだったため。
はいだ「蛭子さんって、本当に旅館がダメなんだね」
と図星を指されていましたとさ。^±^;
到着が遅くなったにもかかわらず、居酒屋も発見でき、比較的充実した1日を過ごしました。

2日目。

2日目は7時30分集合し、高千穂峡へ。
この日の目標を日田に設定して、景色に癒やされた後、8時31分発の熊本空港行きのバスに乗り込みます。
確認を怠ったと、太川さんは後悔と反省しきりでしたが、もうすぐ県境。
思いもよらぬ、熊本県に突入。
熊本空港から待ち時間6分で、10時44分発の大分県庁行きのバスに乗ります。
別府行きのバスも13時にあったのですが、阿蘇駅前までルートが一緒なので、それまでに次のルートを考えるということでとりあえず乗ることにします。
ところが、太川さんが調べてみると、大分と別府の間のバスがどうもつながりにくそうだ、というので、途中の阿蘇駅で降りて、別府へ乗り換えることに決定しました。
阿蘇駅から別府行きのバスまでは3時間待ち。時間もあるので、昼食も兼ねて、「草千里」へ足を伸ばしてみようということになり、乗馬をする3人。
蛭子さんは乗馬を楽しみながらもブツブツと不平を言ってましたが。^±^;
草千里では馬に乗り、馬からバスに乗り換え、阿蘇駅から別府行きのバスに。
「やまなみハイウェイを」通り、さほど苦労もなく別府へ。
運転手が、別府駅の1つ前の「北浜」で降りると次のバスを選びやすいという情報を流してくれたので「別府北浜」で下車。
時間は18時半。すでに午後6時を大きく回っていたため、案内所も完全に閉まっています。
しょうがないので、今日はここ止まり。
途中で通過した鉄輪温泉(かんなわおんせん)の山水館に宿泊。次の目標を佐賀に決めて食事をしました。

3日目

別府の温泉でマンホールから温泉の湯気を見て、蛭子さんはまたトンチンカンな言葉を発します。
蛭子「ここを開けて入れるのかな」
キートン「入ってみれば?」
ナレーションのキートン山田さんから、すかさず返されます。^±^;
7時30分に出発。まずは別府駅まで戻ります。
そして別府駅から再び熊本行きの路線バスに乗り込みます。
バスは途中の南小国で乗り換えれば、杖立(つえたて)を経て、日田方面へ向かうことができるとか。
南小国バス停からの杖立方面へのバスは11時11分出発。
ところが、別府市内は大渋滞。
しかもこのバスは鉄輪を経由するので、そのまま温泉前のバス停から乗ればよかったと、今更のごとく気が付きます。
確かに放送ではバス停も確認できてたのに。^±^;
渋滞を抜け、温泉前を通過し、バスは「やまなみハイウェイ」を抜けて、ほぼギリギリで南小国へ。
ところが災難は更に続きます。
南小国の1つ手前のバス停は「黒川温泉」で、そこに団体客が乗り込みます。
刻々と迫る次のバスの出発時間。補助席を使うほど増える乗客。
また、降りる寸前でも、わざわざ補助席を他の乗客におろしてもらって通ります。
(最初から前に行けばよかったのに。^±^;)
ようやく南小国に到着した時間はなんと11時10分。出発の1分前。
11時11分の杖立温泉行きに、ギリギリで間に合いました。^±^;
杖立温泉では7分待ちで、11時55分発の日田バスセンター行のバスに乗り継ぎましたが、これも乗り損なうと次は14時までバスがなかったのでした。
まさにぎりぎりの綱渡りの路線バスの旅です。^±^;
そしてようやく、前日の目標の日田に行き着くことができました。
日田からは西へと向かいます。
日田の案内所では、日田から久留米へ直接行くバスが無くなったので、杷木(はき)と吉井乗り換えで、久留米へ向かうルートうぃ使えばいいとのこと。
次の杷木行きが14時35分発ということで、ここで昼食と豆田町(まめだまち)の観光を取り入れます。
さらに「アラスカンカフェ」とある喫茶店を見つけます。
この店は折り紙が店内いっぱいに飾られていて、思わぬ折り紙のおみやげも頂いて、案内所へ向かいます。
すると、案内所ではその間も調べてくれていて、杷木から吉井までのバスの便がまことに悪く、むしろ杷木から浮羽まで4キロを歩いたほうがいいと言うご意見でした。
浮羽まで行けば、久留米までのバスが多くなるとのこと。
そこで、案内所の意見に従い、浮羽まで歩くことに決めます。
15時15分、杷木に到着。
筑後川を渡り、浮羽へ向かう3人。知らず知らずのうちに福岡県に入っていました。
ところが、その間、はいだしょうこさんの足に違和感。
なにしろ、初日に7キロの徒歩が決定した際、「25メートルプールでの泳ぎの何往復分ですか」と太川さんに質問したほど、普段は歩かない人のようで、足の弱いマドンナでした。
(「足の弱いマドンナ」って・・・^±^;)
そんなはいださんなので、たったの4キロでもヒーヒー。+±+
(ヒーヒーとは何だよ!(゚Д゚)ノx±x…マルシアさんより弱いよ~)
今回は他の回よりも歩く距離が少ないのに、足が攣り、太川さんに助けを借ります。
蛭子さんがようやく浮羽のバス停を発見しましたが、蛭子さんも、はいださんに気を使っているのか、
蛭子「4キロっていったけど、それ以上あった気がするなあ」
ちょっとだけフォローしてました。
「浮羽発着所」から久留米行のバスは16時31分発。僅かの待ちでバスがやって来ました。17時30分に久留米着。
さらに、久留米駅から佐賀に行くバスが18時にあり、これまた急にスムーズに。
バスの中で、番組初の佐賀県に突入。
バスの中で、今度は蛭子さんの恋の話になります。
蛭子さんは一度だけスチュワーデス(本人談)と付き合ったことがあるといいます。
ところが、デートでは食事をして映画を見ただけ。
連絡をとらないでいたら、いつの間に疎遠になったとか。^±^;
そしてその後、再会したら、相手はまだ独身だったとか。
蛭子「どうも、こっちを好きだったらしいんだよ」
太川「何それ自慢なの?」
(どうせ、錯覚だろうに。^±^;)
(意地の悪いことを言うなよな!(゚Д゚)ノx±x。)
佐賀到着は19時。
ここからは、鹿島方面へ向かうか、武雄方面へ向かうか二者択一のようですが、蛭子さんのお薦めは鹿島に南下。
最終バスも出てしまったうえ、疲れているのででこの日はこちらで宿泊。
近くのホテルも無事に取れ、居酒屋で串焼などを食べて乾杯。

4日目

この日は、佐賀駅バスセンターから、7時30分出発の武雄温泉行きのバスに乗ります。
長崎へ行くには嬉野温泉を経由するルートが有力で、距離ならば武雄温泉、利便性なら鹿島からバスも入ったほうがよいと運転手に言われますが、決め手がないままの3人。
さらに鹿島から「県界」までバスで行くコースも有るのがわかり、ようやく乗り換える決心をして、肥前山口駅前で降ります。
肥前山口駅前から祐徳神社前行きのバスに乗り換え、鹿島方面に向かいます。
そして鹿島からは9時20分発の県界行きのバスに乗り、終点まで行くと小さな橋があり、そこが佐賀県と長崎県との堺。
とうとう46都道府県を番組で踏破。^±^ノ
佐賀県側の県界バス停と長崎県の県界バス停とは橋を挟んでわずか。
なんと長崎県川のバス停の名前も一緒で「県界」。
たぶん、今まで歩いて超えた県界で、個々が一番楽だったのでは?^±^;
ところがバスの本数に不安が。+±+
11時19分発の諫早営業所行き。約1時間ちょっと待ち。
少しでも長崎に近づいておこうと海辺の道路を歩くと、漁協の直売所を発見。
立ち寄って、買い物。
3人は、「てんぷら」と海苔を買います。
ここで「てんぷら」とは、衣のついたものではなく、さつま揚げのこと。
「てんぷら」に海苔を巻いて食べるとおいしいようです。^±^
漁協付近の「阿弥陀崎」バス停からバスに乗り、諫早バスターミナルで乗り換え、バスを探していると思わぬ展開に。
なんと長崎駅前行の直行のバスがあったのでした。^±^ノ
長崎駅前行きのバスが12時23分に発車。
一気に距離を稼ぎ、ここからは地元の蛭子さんの独壇場。
得意気に、「グラバー邸に行くには駅に行くより中央橋で降りたほうがいいですよね」と乗客に聞いて、
蛭子「よし行くぜ!」
まるで水を得た魚のよう。^±^;
本当に鼻を高くして画面に映ります。^±^;
「腕の見せ所」とばかりに、バスが着くたびに、このバスがグラバー邸に行くか聞き出す蛭子さんでしたが、結局は地元の乗客に助けてもらっているだけ。
ようやく、「川原」行きのバスがグラバー邸に行くことがわかり、すぐに乗り込み、「グラバー邸入口」バス停に到着。

成功。^±^ノ

到着してハイタッチをする3人。
そこで待ってたのが、なんと蛭子さんの兄と姉。^±^;
つまり、蛭子三兄弟揃い踏み。^±^
「蛭子三兄弟」って・・・^±^;)

3人、目がそっくり。^±^;
蛭子さんとその兄弟、太川さん、マドンナのはいだしょうこさんと「長崎ちゃんぽん」を味わって、めでたく放送終了。

今回は旅行も楽しめたし、初日を除けば、さほど歩かないですんだし。
とてもラッキーな旅行で、今までの中で一番楽だった気がします。^±^ノ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

マリコさん

マリコさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
お久しぶりでした。^±^ノ
おお、路線バスの旅ですね。時間がずれているため、ネタバレになってしまってるようでごめんなさいね。
今回は、ポイントを言いますと、蛭子さんのお膝元(ふるさと)ということで、蛭子さんが故郷にワタを飾るかですね。
いえ、ワタではありません。それはニシキですね。綿を飾ってどーする、と言う話ですよね(^±^;)
いつもよりも鼻の穴が膨らんでる蛭子さんにご注目です。^±^ノ

暑いですねぇ

来週この番組がそちらより遅れてあります。
予告をしていました。
今から楽しみです。

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長