FC2ブログ

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第8弾、(鳥取県境港~長崎県平戸)

羽田さん、田中さんでおなじみの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第8弾、今日は、鳥取県境港から長崎県平戸までです。
いつものことですが、ネタバレ注意です。^±^;・・・こちらでは2019年1月5日に放送されました

メインは、田中要次さんと羽田圭介さん。そしてマドンナは、佐藤藍子さんです。
佐藤さん、相変わらず美人で、どこに行っても行く先々で「きれい」とか「美しい」といわれ、実際に美人です。
目玉が大きいのも相変わらずです。^±^;
奇遇にも、境港は「ゲゲゲの鬼太郎」の街、あちこちで鬼太郎のモニュメントなどが建てられてますが、目玉の親父を佐藤藍子さんが触ってるのを見て、「仲間の目玉を・・・」とついつい思っちゃいました。
「仲間の目玉」って・・・^±^;
余計なことを言わなくていいんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。

1日目

ここからはとりあえず、関門海峡までどう行けばいいのかが問題です。
境港から、9時25分の松江城に行くバス(一畑バス)に乗ります。
このバスに果たして乗るべきか、最初から疑う3人でしたが、境港から松江までなら大都市であること、目的地に近づいていく場所であること、ということで一致、9時30分出発のバスに乗車します。
で、バスの中でいきなり鳥取県から島根県へ。
「島根県、だ。ぴょ~ん」。
田中さんは、初日の目標を石見銀山にしようと提案するも、温泉津温泉(ゆのつおんせん)が近くにあり、温泉があるから目標にしているんだろう、と羽田さんから指摘されます。
うっ、鋭い指摘・・・。^±^;
それで初日の目標は浜田か広島に。
松江駅で早速、案内所に聞き込みすると、松江から大東方面まではバスが出ているも、その先が不明で、「玉造方面に行っても、宍道湖方面に行ってもバスはつながらないと思います」といわれ、決め手がないまま、案内所を出た直後の10時35分出発の大東駅行きのバスを見逃してしまいます。
(たしか、太川さん&蛭子さんたちの回でもこのルートは使っていて、迷わず大東行きに乗ってた記憶があります)
しょうがなく、もう一度情報収集。すると、やはり大東に行くのが正解で、「三刀屋(みとや)へ行けば、出雲方面にも広島県方面にも行くことができる、とのこと。
次のバス学っるまで観光しようと、一行は松江城まで行きます。
松江城では、「あ、Zの人だ」と言われ一同苦笑い。^±^;・・・Zの人って
結局2時間のロス。3人は、「だんだん」で出雲そばを手繰り(たぐり)、昼食です。
昼食後、松江を出発、一畑バスで移動。13時30分に大東駅に到着。
大東から三刀屋行きのバスに乗ろうと、バス停で調べていると、遠くにバスが停車。
田中「これ、乗っちゃう?」
羽田「乗っちゃだめですよ」
運転手がやってきたので、この先のルートを聴いてみます(羽田さん、積極的になったなあ)。
「江津(ごうつ)~浜田~益田はバス便があり、問題はそこに行くまで。山のほうは山越えルートもあるが、本数が少なく、広島県境から三次(みよし)へ向かうバスもある、」とのこと。
とりあえず、大東から吉田行きのバスがありますが、2時間待ち。ならば、14時55分発の「かもてらす」行き(出雲市民バス)に乗って終点から3キロほど歩いて三刀屋(みとや)をショートカットして伊萱(いがや)まで行くか、出雲へ行くのにそっちの方が早く到着する可能性もある、と協議した結果、歩いてみることにします。
「かもてらす」から歩きながら地図を見る佐藤藍子さん。
佐藤「地図見るの、好きなんですよ」。
途中で「加茂バスストップ、1.5キロ」の標識を見つけます。
田中「バスストップかも。だったらいやだよな」
期待して行くも、高速道路のバス停で一同がっかりします。x±x
3キロと思ってた歩行距離は実際には6キロ弱で、伊萱のバス停到着が16時09分。16時56分に出雲市駅行きのバス(三刀屋出雲線、谷本ハイヤー)があり、40分以上待たなくてはなりません。結局はバスで行っても歩いても一緒だったんですが・・・。
そこに反対側からバスがやってきます。このバスに乗って三刀屋バスセンターまで戻ってもの乗車バスは一緒、ということで何もない場所で時間つぶしをするよりは、という考えにより、バスに乗車をし、バス内で時間稼ぎをします。
同じ場所を再び通過する際、
田中「懐かしいな、ここ」。
「出雲市駅」到着は17時45分ごろ。案内所にさっそく聞き込みをすると、「バスは海沿いに小田まで行けるが小田から先がない」といい返事がありません。本当ならば、大田市(おおだし)まで、17キロもバスがつながらないことになります。その小田行きも1日3本しかなく、この日は出雲市駅で打ち止め。
泊りは「ツインリーブスホテル」。「よしだ屋」で夕食、地の海産物を食します。
全然進んでないことに一同、愕然するも、翌日は挽回すべく、山口県の萩を目標にします。

2日目

JR出雲市駅から、昨日の案内所に再び訪問し、確認したら、思わぬ朗報が。
新たに、大田にはコミュニティバスがある、とのこと。そんな担当の小川さんからのメッセージには、羽田さんを「直木賞作家の」と言ったり、「佐藤藍子さんカワイイ」とあったり、走り書きもユニークでした。
しかし当人の羽田さん、乗ったバスの中でも、「直木賞作家って・・・」と、ショックを隠し切れない様子でしたが。
とにかく、出雲市駅を8時08分発のバスに乗り、小田駅に到着すると、そこに「多伎循環バス」のワゴン車を見つけます。
早速運転手に聞き込みをすれば、このバスで「口田儀(くちたぎ)まで行けば、10メートルくらい歩いて、乗り継げる、とのこと。
8時46分発、この循環バスに乗って、口田儀に到着したので降り、時刻は9時04分。すぐに「越堂」バス停を見つけます。10時42分発の「大田バスセンター」行きのバス(石見交通)を確認。
大田からは江津(ごうつ)、さらに江津から浜田、益田まで乗り継げると聞き、一同は大喜びします。
江津行きのバスが12時で、30分ほど時間があるので、「喫茶ビオニィ」にて、カツを食べて、これが昼食。
バスを気にしながらの昼食で、食事時間といえども、気が抜けません。
バスは1時間30分で江津駅に到着します。ところが江津駅に着くと、バス停がありません。そこに体よく浜田方面へ向かう周布(すふ)行きの石見交通のバスが来て、うまく乗り込みます。
浜田駅到着は14時01分。さらに、浜田駅からは、益田駅行きの石見交通バスが15時40分に出発するのを確認します。
比較的スムーズに事が運び、時間は少々待ちますが、これで40キロ先の益田まで一気に距離を稼げます。
1日目のロスを何とか取り戻した感じです。
夕方17時08分に益田到着。さて、益田から、萩に行くか、津和野に行くか・・・。
なお、津和野行きの石見交通のバスは最終が17時で、もうありません。
萩行きの直接のバスがない、というので、ここで3人がもめます。
津和野に変更し、翌日に行動するか、それとも萩の途中の江崎港行きに乗って山口県へ県境越えをし、そこから萩までを考えるか・・・。
そこで江崎に向かうバスの運転手に聞いてみると、17時40分発の江崎のバスに乗車しても直接萩に行くバスはない:ということなので、それならば翌日朝一番の、6時45分のバス(石見交通)に乗ろうということで、一致。今日はここ、益田で泊り。
「瑞穂イン石見益田」で宿泊が決まり、「いろはにほへと」で夕食、2日連続で魚介を堪能。連続で6時前に足止め。
田中「今日は早めに潰れましょう」
(潰れるって・・・^±^;)

3日目

まだ暗い中、津和野温泉行の6時45分発、始発バスに乗り込む3人。
朝8時前には津和野駅に到着、津和野からは萩まで、バスも今までの石見交通から防長交通に。
トンネルを抜けると、
一同「山口県だ、ぴょ~ん」^±^ノ
1時間40分後、「萩バスセンター」に到着。
ここからは、長門市に行っても、秋芳洞に行っても、バスがつながるといわれ、どちらがいいのか戸惑います。
長門市方面は青海大橋行きが11時33分発で、秋芳洞行き(防長交通)が10時57分発。
「料亭高大」で作戦会議。コーヒーで一息入れ、こちらのマスターにバスのことを訊ねれば、「距離的には秋芳洞が短い」というので、秋芳洞経由に決定します。バス出発の時刻も早いですから。
バスの車窓から、秋吉台の景色を見ながら、秋芳洞には12時08分に到着。
まずバス停から目に飛び込んだのは。13時30分発の「新山口行き」。
ところがその時ちょうど「美祢(みね)駅」に向かうバス(船鉄バス)がやってきて、運転手も、美祢駅から下関行きが来ることを教えてもらい、即乗車。
JR美祢駅には12時40分に到着。到着するやいなや、下関行き(サンデン交通)のバスがやってきて、なんと乗り換え時間は1分。
秋芳洞、美祢駅ともに、時刻表を見るのもそこそこの連続ミラクル。
運転手に路線バスでは関門海峡を渡れない、と言われ、「御裳川(みもすそがわ)」で下車。
(かつて蛭子さんが「みもすそば」といった場所。^±^;)
ここからは、地下トンネルで歩いて九州へ。自撮りをしては進み、やがて県境へ。
一同「福岡県だ、ぴょ~ん」
3人並んで、ぴょ~ん。^±^;
関門海峡の人道トンネルの歴史も長く、
田中「関門トンネルは還暦ですね」
トンネルを出るとバス停があり、「関門トンネル人道口」。14時56分発の小倉魚町」行きのバス(西鉄バス)に乗り、バスを待っている間に乗客が教えてくれた「砂津」で下車。
砂津に着いたのは午後4時前。案内書で聞くと、福岡までの直接の路線はなく、田川から特急バスが博多まであるそうで、そこに行くには守恒(もりつね)でで乗り換えて田川へ行けます、とか。実際には博多行きのバスはないようで、また、天神行きのバスも高速道路を使うので無理、など選択肢が書着られる中、ひたすら「下の道」を通るよう、バスを使います。
16時07分発の守恒行き(西鉄バス)に乗り、田川行きに乗り、途中の「後藤寺営業所」で乗り換え、さらに篠栗北(ささぐりきた)へと向かいますが、昼食を食べる時間も惜しみ、そういう時に限ってバスがスムーズに来たりして、「昼食よりも先に進めれば行ってしまおう」との結論も一致し、行動。
「篠栗北」到着はすでに夜の8時。ここから篠栗駅まで歩き、20時34分発の天神行き(西鉄バス)に乗車し、呉服町で乗り換え、西鉄バスで博多駅へ。
博多駅に到着したのはすでに22時過ぎ。ここにバス乗り場案内図もありましたが、
佐藤「これ見てるだけで頭が痛くなるわ」
無理もないです。^±^;
・・・案内所も終わってました。今日はこれで打ち止め。気がついたら、15時間動きっぱなし・・・。
すぐに見つけたホテルは。「ホテルルートイン博多駅前」。
羽田さんが交渉に。
戻ってきた羽田さん。
羽田「宿泊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あるよ」
非常に長いタメでした。^±^;
夕食は、ShinShinで、博多ラーメン。昼食も抜いたほどでしたから、相当おいしかったのでは?
羽田さんの、「ビール一気飲み」炸裂が、それを物語ってました。
あらためて皆が驚くほど、距離を稼いでいました。
佐藤「(時間が)足りなーい。やってみると、4日あっという間じゃん」
長かったけど充実した時間があったのでしょう。

4日目(最終日)

「博多バスターミナル」に朝8時に向かい、聞き込み開始。
バスは都市型で高速バスが中心、という答えにがっかり。下道で行くには、大野城、洗出(あらいで)経由、甘木に抜けるルートがあることを知り、
田中「甘木~~~越え」
歌ってしまう。^±^;
イオン大野城行き(西鉄バス)は8時45分出発。そこからは下大利駅行きのバスに乗り、ここから歩きます。
30分ほど歩き、「洗出」のバス停を発見したのが10時36分。11時の甘木行きのバス(西鉄バス)を利用します。
11時47分、甘木営業所に到着。
早速甘木営業所で情報を聞くと、田主丸(たぬしまる)まで行けば久留米に着くというのですが、今利用したバス停の「希声館前(きせいかんまえ)」からバスが出ていたということを知り、ショック。ただ、希声館前まではさほど遠くなく、歩いてもすぐというので急いで営業所を出て、バス停を探します。ところがそこに偶然、田主丸行きのバスが。バス停探しで右往左往するうちに、行ってしまいます。ようやくバス停を探した一行は次の12時41分発の時刻を確認し、昼食にします。
食事は「濱かつ」で、かつを食べて必勝祈願です。
食後、「希声館前」バス停に戻り、甘木観光バスに乗車。久留米に行く方法を聞くと「田主丸中央病院」で乗り換え、同バス停である西鉄バスの「田主丸中央」から西鉄久留米行きのバスがある、とのj情報。
西鉄久留米駅から、佐賀行き(西鉄バス)が出ているそうで、さらに竹尾方面までバスは綱飼っているという情報を耳にします。
ここからは時間との勝負で、次第に焦る3人です。
西鉄久留米駅到着が13時58分、「佐賀駅バスセンター」行きのバスが14時10分発。
そしてバスの中で県境越え。
一同「佐賀県だ、ぴょ~ん」
佐藤「ぴょ~んを出すのも、あと1回ですね」
羽田「あと1回かあ・・・」
佐賀駅で聞き込み開始。一同、これから最終的にどうすれば平戸に着くか考えたところ、伊万里(いまり)経由がいいのでは、との結論が出たのですが、佐賀からのバスは武雄までしか行かず、そしてその先は伊万里行きの最終バスが間に合わない、と聞かされショック。
さあ、どうする?
佐賀で絶体絶命です。+±+
鹿島行きのバスもありますが、そちらは伊万里へ大きく迂回するので間に合いそうもない・・・。
そこで考えたのが唐津方面。
聞いてみると、唐津方面に向かうには途中の山本で降りて乗り換えれば、つながるかもしれない・・・との返答。
早速、一行は、10分後に出る唐津行きにかけることに。この先は、いつバスが終わってもおかしくない時間。
16時30分発の唐津行き(昭和バス)に乗車、山本到着は18時12分。
そこで、一縷(いちる)の望みが・・・。
山本から伊万里駅行きのバス(昭和バス)が、18時56分発にあったのでした。
急いで伊万里駅に向かうも、到着したのが19時26分。
さて、次の佐世保にまで行けるか・・・。
現在、19時39分。
・・・しかし、最終バスが17時59分。x±x

失敗。x±x

平戸へ向かうルートが他にないか、伊万里駅で聞き込みをしましたが、もう休み。あきらめきれない田中さん。
田中「じゃあ営業所へ行ってみよう」
(こんなこと、今まで「Z」になかったです。^±^ノ・・・この一言を心待ちにしてた)
しかし、その甲斐もなく、5時台が最終、と言われ、ようやく諦めました。
うーん、
「長崎県だ、ぴょーん」^±^ノ
見たかったのですが。
長崎県にすら入れず。x±x

まあ、1日目が遅々として進まなかったのがすべてですかね、それでも2日目は順調で、しかも3日目は、昼ご飯を返上するほど、あんなに頑張ったのにね。
3人に、非は全くなしですね。最後まであきらめなかったこと、昼食を返上までして進もうとしたことなどは、今までだらっとやっていた(気がした)「Zの旅」にはなかったことで、「これからも続きそう」と予感できる、霞が晴れた瞬間でもありましたし。
今回は、誰も責められないと思います。+±+
マドンナの佐藤さんの対応がよかったのかもしれませんが、田中さんや羽田さんの成長を感じたので・・・。

逆に言えば、スタッフたちの成長が感じられないです。

いつも思うのですが、到着時間や、どこのバス停で降りたのか、などをテロップで具に(つぶさに)教えてくれないのは不親切が極まり、楽しさも半減です。太川さんと蛭子さんのころは、もっと事細かに教えてくれてたんですけどね。
せめて、失敗時は、どういう風に行くのが正解だったのか、どういう意図で目標を設定してるのかを教えて欲しいです。
教えてくれないで、ただただ目的地を設定してるのであれば、それは卑怯極まります。
「卑怯極まる」って・・・^±^;
ひきょうもらっきょもあるかいっ!(゚Д゚)ノx±x。

でも、本当にスタッフが下見に行ってるのか疑います。^±^;
スタッフを、前の太川さんや蛭子さんたちがやっていた人たちに戻してくれれば、この番組、もっと面白くなるんじゃないかなあ。
悪いけど、今回は、スタッフの力不足のみが残った1本でしたね。

あと、太川さんのナレーション、もういらないかな・・・。
太川さんは、現役でバリバリやっていたころは面白かったのですが、ナレーションはキートン山田さんだけでいいかも。
 
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

1970年全日本道路地図帖~目次

ついにネタが無くなったので、「1970年全日本道路地図帖」を立ち上げてみました。
今回は、その目次です。

ようやく、地図帖の内容を決めましたので、目次にします。^±^ノ

地図はすべて、すべて、1280ピクセルの高画質で入れます。

1970年全日本道路地図帖・01=「日本道路地図帖」と凡例
1970年全日本道路地図帖・02=国道一覧

1970年全日本道路地図帖・03=東京都区内

1970年全日本道路地図帖・04=房総、大島
1970年全日本道路地図帖・05=房総市街図(館山市・羽田周辺・千葉市・船橋市・木更津市・市川市)

1970年全日本道路地図帖・06=東北・常磐1(東京~土浦~水戸・東京~春日部~古河~国分寺)
1970年全日本道路地図帖・07=東北・常磐2(水戸~日立~いわき・国分寺~宇都宮~白河)
1970年全日本道路地図帖・08=東北・常磐3(いわき~浪江~原町~鹿島・白河~郡山~松川)
1970年全日本道路地図帖・09=東北・常磐4(鹿島~相馬~仙台・松川~福島~仙台・米沢~山形~村山)
1970年全日本道路地図帖・10=東北・常磐5(仙台~古川~一関~平泉・村山~新庄~雄勝)
1970年全日本道路地図帖・11=東北・常磐6(平泉~北上~盛岡)
1970年全日本道路地図帖・12=東北・常磐7(盛岡~三戸~名川町)
1970年全日本道路地図帖・13=東北・常磐8(名川町~十和田市~青森)
1970年全日本道路地図帖・14=東北・常磐9(下北半島・北海道最南部)
1970年全日本道路地図帖・15=東北・常磐市街図1(日立市・土浦市・水戸市・宇都宮市・福島市・会津若松市・郡山市)
1970年全日本道路地図帖・16=東北・常磐市街図2(仙台市・米沢市・山形市・盛岡市・青森市)

1970年全日本道路地図帖・17=奥羽1(村山~新庄~雄勝・温海~酒田~遊佐・酒田市)
1970年全日本道路地図帖・18=奥羽2(雄勝~横手~秋田・遊佐~本荘~秋田・秋田市)
1970年全日本道路地図帖・19=奥羽3(秋田~能代~大鰐)
1970年全日本道路地図帖・20=奥羽4・奥羽市街図(大鰐~弘前~青森・弘前市・鶴岡市・能代市)

1970年全日本道路地図帖・21=上信越1(東京~熊谷~高崎)
1970年全日本道路地図帖・22=上信越2(高崎~渋川~湯沢・高崎~長野~妙高高原町)
1970年全日本道路地図帖・23=上信越3(湯沢~小千谷~長岡~三条・妙高高原町~直江津~柏崎・長岡)
1970年全日本道路地図帖・24=上信越4(三条~新潟~村上~山北町・佐渡)
1970年全日本道路地図帖・25=上信越市街図1(浦和市・大宮市・高崎市・前橋市)
1970年全日本道路地図帖・26=上信越市街図2(小諸市・上田市・長野市・直江津市・長岡市・新潟市)

1970年全日本道路地図帖・27=甲信1(東京~八王子~甲府~韮崎)
1970年全日本道路地図帖・28=甲信2(韮崎~諏訪~塩尻)
1970年全日本道路地図帖・29=甲信3・甲信市街図1・(塩尻~松本~長野・立川市・八王子市)
1970年全日本道路地図帖・30=甲信市街図2(甲府市・諏訪市・岡谷市・塩尻市・飯田市・松本市・大町市)

1970年全日本道路地図帖・31=東海道1(東京~藤沢~小田原~箱根)
1970年全日本道路地図帖・32=東海道2(箱根~沼津~静岡~磐田)
1970年全日本道路地図帖・33=東海道3(磐田~豊橋~名古屋~四日市)
1970年全日本道路地図帖・34=東海道4(四日市~亀山~京都~大阪)
1970年全日本道路地図帖・35=東海道市街図1(川崎市・横浜市)
1970年全日本道路地図帖・36=東海道市街図2(小田原市・熱海市・伊東市・沼津市・清水市・静岡市・浜松市・豊橋市)
1970年全日本道路地図帖・37=東海道市街図3(名古屋市・四日市市・大津市・京都市)

1970年全日本道路地図帖・38=美濃飛騨木曽1(名古屋~中津川~藪原・名古屋~美濃加茂~下呂~小坂)
1970年全日本道路地図帖・39=美濃飛騨木曽2(藪原~塩尻~松本~長野・小坂~高山~富山)
1970年全日本道路地図帖・40=美濃飛騨木曽市街図(岐阜市・大垣市・多治見市・高山市)

1970年全日本道路地図帖・41=北陸1(彦根~敦賀~福井・福井~金沢~小矢部)
1970年全日本道路地図帖・42=北陸2(小矢部~高岡~富山~糸魚川~直江津・能登半島)
1970年全日本道路地図帖・43=北陸市街図(金沢市・福井市・富山市・高岡市)

1970年全日本道路地図帖・44=大阪市

1970年全日本道路地図帖・45=阪奈紀勢1(大阪~和歌山~有田~奈良・淡路島)
1970年全日本道路地図帖・46=阪奈紀勢2(有田~田辺~串本~新宮~尾鷲)
1970年全日本道路地図帖・47=阪奈紀勢3(尾鷲~長島~松阪~津)
1970年全日本道路地図帖・48=阪奈紀勢市街図1(奈良市・和歌山市・伊勢市・津市)
1970年全日本道路地図帖・49=阪奈紀勢市街図2(堺市・大和高田市・天理市・田辺市・海南市・新宮市・松阪市)

1970年全日本道路地図帖・50=山陽1(大阪~神戸~姫路~三石)
1970年全日本道路地図帖・51=山陽2(三石~岡山~福山~三原)
1970年全日本道路地図帖・52=山陽3(三原~広島~岩国~徳山)
1970年全日本道路地図帖・53=山陽4(徳山~防府~下関・萩市)
1970年全日本道路地図帖・54=山陽市街図1(神戸市・姫路市・岡山市)
1970年全日本道路地図帖・55=山陽市街図2(広島市・山口市・下関市)

1970年全日本道路地図帖・56=山陰1(京都~福知山~兵庫鳥取県境)
1970年全日本道路地図帖・57=山陰2(兵庫鳥取県境~鳥取)
1970年全日本道路地図帖・58=山陰3(松江~出雲~浜田~益田)
1970年全日本道路地図帖・59=山陰市街図(舞鶴市・福知山市・鳥取市・米子市・出雲市・松江市)

1970年全日本道路地図帖・60=四国1(四国北東部)
1970年全日本道路地図帖・61=四国2(四国北西部)
1970年全日本道路地図帖・62=四国3(四国東南部)
1970年全日本道路地図帖・63=四国4(四国西南部)
1970年全日本道路地図帖・64=四国市街図(高松市・徳島市・松山市・高知市)

1970年全日本道路地図帖・65=九州縦貫1(門司~福岡~久留米~八女)
1970年全日本道路地図帖・66=九州縦貫2(八女~熊本~八代)
1970年全日本道路地図帖・67=九州縦貫3(八代~水俣~川内)
1970年全日本道路地図帖・68=九州縦貫4(川内~鹿児島)
1970年全日本道路地図帖・69=九州縦貫5(佐世保~長崎)
1970年全日本道路地図帖・70=九州縦貫市街図1(北九州市・佐賀市・福岡市・大牟田市)
1970年全日本道路地図帖・71=九州縦貫市街図2(佐世保市・長崎市・熊本市・鹿児島市)

1970年全日本道路地図帖・72=東九州1(門司~中津~別府)
1970年全日本道路地図帖・73=東九州2(別府~大分~延岡・延岡市)
1970年全日本道路地図帖・74=東九州3・東九州市街図(延岡~宮崎・宮崎市・別府市・大分市)

1970年全日本道路地図帖・75=北海道中央縦貫1(函館~森~長万部)
1970年全日本道路地図帖・76=北海道中央縦貫2(長万部~倶知安~小樽)
1970年全日本道路地図帖・77=北海道中央縦貫3(小樽~札幌~岩見沢~滝川~富良野)
1970年全日本道路地図帖・78=北海道中央縦貫4(富良野~狩勝峠~帯広~浦幌)
1970年全日本道路地図帖・79=北海道中央縦貫5(浦幌~釧路~厚岸~浜中)
1970年全日本道路地図帖・80=北海道中央縦貫6(浜中~厚床~根室・根室市)
1970年全日本道路地図帖・81=北海道中央縦貫市街図1(函館市・小樽市・札幌市)
1970年全日本道路地図帖・82=北海道中央縦貫市街図2(岩見沢市・旭川市・帯広市・釧路市)

1970年全日本道路地図帖・83=北海道胆振日高1(札幌~苫小牧~室蘭・新冠)
1970年全日本道路地図帖・84=北海道胆振日高2(新冠~浦河~襟裳岬~大樹)
1970年全日本道路地図帖・85=北海道胆振日高市街図(室蘭市・苫小牧市・名寄市・留萌市)

1970年全日本道路地図帖・86=北海道稚内1(旭川~士別~名寄)
1970年全日本道路地図帖・87=北海道稚内2(名寄~美深~音威子府~幌延)
1970年全日本道路地図帖・88=北海道稚内3(幌延~豊富~稚内・稚内市)

1970年全日本道路地図帖・89=北海道網走1(旭川~上川~北見)
1970年全日本道路地図帖・90=北海道網走2(北見~美幌~網走)
1970年全日本道路地図帖・91=北海道網走3(湧別~紋別~興部~雄武・士別市・網走市・北見市)


ここまでです。^±^ノ

なお、沖縄(沖縄県)が日本に復帰したのは1972年(昭和47年)5月20日。
沖縄がまだ日本ではなかったので、沖縄県の道路地図は含まれていません。

また、ちょくちょく、「政令指定都市」の話を入れていますが、これは作成時期の、2018年までの分とさせてください。
2019年以降も政令指定都市に移行する地域はあるかもしれませんが、枚挙にいとまがないので、特に2020年以降は、割愛させていただきます(2019年中に政令指定都市になった場合は、書き直すかもしれませんが)。

ご了承くださいませ。+±+
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

にゃ~にゃ~の日(2019年1月)・ネタがないので、我が家の暖房のこと

さて、今日も「にゃ~にゃ~の日」がやってまいりました。^±^

今月の猫ちゃんは、どうかな~?^±^ノ

といいたいのですが、今日も猫ちゃん、現れず。+±+

しょうがないので・・・。
我が家の「てくっぺの部屋」の暖房の話。^±^;

我が家の寝室ですが、こたつで寝てます。
いわゆる、
♪猫はこたつで丸くなる・・・φ^±^ノ
という状態ですわ。^±^;
貧乏くさいなっ、お前の部屋はよっ!(゚Д゚)ノx±x
20190115・我が家の暖房01

でもこたつはほとんど使いません。^±^ノ
これ、スイッチですが、自動でオンオフができます。
オンにしているのは、電気アンカだけです。^±^ノ
20190115・我が家の暖房02

あ、このゴザの下にはシュラフがあり、その中でカメさんが冬眠中です。
これまた貧乏くさいなっ!(゚Д゚)ノx±x。
電気カーペットを敷いていますが、常に最弱にしています。
これも先ほどのスイッチでオンオフができます。
こちらは寒い夜には付けます。
カメさんは、寒すぎると冬眠どころか、そのまま死んでしまうらしいというので・・・。
過保護だなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20190115・我が家の暖房03

さて、この部屋は、よほど寒くない限り、こたつもつけません。
シュラフだけで大丈夫です。^±^ノ
なぜなら、じゃ~ん。^±^ノ
20190115・我が家の暖房04

シュラフの中に電気コードがあるぞ!(゚Д゚)ノx±x。
20190115・我が家の暖房05

そう、電気アンカを忍び込ませているからです。^±^ノ
これ、意外と暖かいんですよ。^±^ノ
まず、微量のアンカの暖かさで、シュラフの中はぽかぽか。
さらに、こたつをつけなくても、電気アンカの熱がこたつ全体にこもって、ずっと暖か。
氷点下の気温になっても、これだけで大丈夫。
さらに、電気カーペットが若干部屋を暖めているので、震えるほどの寒さではないのです。
それでも・・・。^±^;
パソコンを打つ手はかじかんで寒いですが。^±^;
20190115・我が家の暖房06

そして、部屋のドアの入り口によしずがありますが、これも意味があります。
本当に貧乏くさいなっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
20190115・我が家の暖房07

ドアは手前に開閉式なのですが、パソコンのコードを隣の部屋からつないでいまして・・・。
20190115・我が家の暖房08

ドアを閉じてもすきま風が入ります。^±^;
その風を入れないための、よしずです。^±^;
20190115・我が家の暖房09

ついでに我が家の玄関も・・・。^±^;
すきま風が入らないように、新聞紙をはさんでます。^±^;
最後の最後まで貧乏くさいなっ、お前の家はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20190115・我が家の暖房10

参考までに、1階の部屋はストーブがありますよ。^±^ノ
2階の部屋は、カメさんが暖かさで冬眠から覚めないようにしなくてはいけないので、ストーブ等は使いたくても使えないのです。
以上、我が家の「てくっぺの部屋」の暖房の話でした。^±^;

ジュレさんのにゃ~にゃ~の日

詳しくは、ジュレさんのところへへどうぞ。^±^ノ

皆様も、ご参加をお願いします。^±^ノ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

びみょーなる一族(2019年1月)

今日のビミョーは、プリンです。^±^

だぁなさんの「ビミョーな人々」の原点に戻って、なんだかなあの「食べ物」です。

えー、年末、群馬県安中の叔父が持ってきてくれたプリンですが。
サムネイル版です。
(クリックすると画像が大きくなります)
20190115・ビミョー1・中

よく見ると「プリンもどき」ですわ。^±^;・・・もどきって
さすが、そりゃ、「カスタード風」って、「風」が付きますわ。
「こんにゃく粉入り」ですわ。^±^;
20190115・ビミョー2

うーむ。^±^;
ゼリーに見立てて寒天をこんにゃくで代用、ってのはありますが。
さすがに、プリンって・・・。^±^;
これ、いつ食べようかなあ。^±^;
こんにゃ、食う。^±^ノ
そんな、昭和でも、うけないギャグを今更っ!(゚Д゚)ノx±x

毎月21日が会合日です。^±^ノ
ご入会されたい方はだぁな様のところへ。^±^
下記をクリックしてみてね。^±^

だぁなさんのだぁな神殿

ジャネバ~イ。^±^ノ

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

芸能人格付けチェック2019

毎度、正月の恒例になりましたね。「芸能人格付けチェック」です。
毎度ですが、ネタバレ注意です。^±^;

今年のチームです。

チーム・1951年生まれ=中村雅俊さん、三宅裕司さん
チーム・仲良し=大地真央さん、郷ひろみさん
チーム・女優=稲森いずみさん、観月ありささん
チーム・芸人=志村けんさん、千鳥(大悟さん、ノブさん)
チーム・ハケン占い師アタル=杉咲花さん、間宮祥太朗さん
チーム・トリビアの泉=高橋克実さん、八嶋智人さん
チーム・欅坂46=長濱ねるさん、菅井友香さん、守屋茜さん、渡邉理佐さん
チーム・YOSHIKI&GACKT=YOSHIKIさん、GACKTさん

チェック1=ワイン
チェック2=四重奏
チェック3=味覚(3択で、正解、不正解、絶対アカン食材、とあり、絶対アカン食材を選ぶと2ランクダウン)
チェック4=オーケストラ
チェック5=盆栽
チェック6=牛肉(間違えると2ランクダウン、正解すると2ランクアップ)

正解を外すたびに、一流芸能人~普通芸能人~二流芸能人~三流芸能人~そっくりさん~映す価値なし、トランクが下がり、そこでの扱いも徐々に「雑」になってゆきます。もちろん、ふるまわれる食べ物にも大幅な格差ができます。
特に、チェック3の味覚では、三択になり、誰も外さないだろうという一品を入れ、それを「アカン食材」と称し、選ぶと2ランクダウンします。
また、最後の牛肉は、当たればワンランクアップ、外せば2ランクダウンの「運命の分かれ道」です。

チェック1のワインは、正解がA。
大地真央さん、観月ありささん、志村けんさん、間宮祥太朗さん、欅坂46の長濱ねるさん、菅井友香さんがAを選び正解。中村雅俊さんと八嶋智人さんがBを選び、早くもワンランクダウンの「二流芸能人」に。
中村雅俊さんのコンビの三宅裕司さんいわく、「何もしないで二流だものなあ・・・」。
欅坂46、良く当てました。しかも、長濱ねるさん、菅井友香さんともに「A」で一致とは。
チーム・YOSHIKI&GACKTのYOSHIKIさんは、余裕で正解。だってワインブランドを自ら持ってるくらいですから。
チーム・1951年生まれ、チーム・トリビアの泉が「普通芸能人」です。

チェック2の四重奏は、正解がA。
郷ひろみさん、千鳥さん、杉咲花さん、欅坂46の守屋茜さんと渡邉理佐さん、正解。
三宅裕司さん、稲森いずみさん、高橋克実さん、不正解。
チーム・YOSHIKI&GACKTのGACKTさんも正解して、56連勝。
GACKTさんは、「引っかけ問題」だと言ってましたね。^±^;
GACKTさんはバイオリンの音で正解を導いたそうですが、タケモトピアノをよく聴いてみると音が無駄に飛んでたような・・・。
チーム・女優が「普通芸能人」に格下げ、チーム・1951年生まれ、チーム・トリビアの泉が「二流芸能人」です。

チェック3の味覚は、正解がC、アカン食材がB。
「C」を選んだのは、チーム・1951年生まれ(二人ともC)、チーム・仲良し(大地さんB、郷さんCで、選んだのはC)、チーム・女優(二人ともC)、チーム・芸人(志村さんがA、千鳥の大悟さんがC、ノブさんがBで、割れるところを、大悟さんが圧倒的な自信あり、志村さんが同意して正解に導かれる)、チーム・トリビアの泉(二人ともC)。
「A」は誰もいませんでした。
「B」を選んだのは、チーム・ハケン占い師アタル(杉咲さんがA、間宮さんがBで、間宮さんのほうを選んでしまった)、欅坂46(三人が「B」だったので、多数決に)。
チーム・YOSHIKI&GACKTも正解。GACKTさんはこれで57連勝。
一流芸能人=チーム・YOSHIKI&GACKT、チーム・仲良し、チーム・芸人
普通芸能人=チーム・女優
二流芸能人=チーム・1951年生まれ、チーム・トリビアの泉、チーム・ハケン占い師アタル、チーム・欅坂46

チェック4のオーケストラは、正解が「B」。
ここで、1問目と同様、中村さんと八嶋さんが外します。郷さん、観月さん、志村さん、杉咲さん、欅坂46さん、正解。
YOSHIKIさんも正解です。これは外すわけはないですね。
一流芸能人=チーム・YOSHIKI&GACKT、チーム・仲良し、チーム・芸人
普通芸能人=チーム・女優
二流芸能人=チーム・ハケン占い師アタル、チーム・欅坂46
三流芸能人=チーム・1951年生まれ、チーム・トリビアの泉

チェック5の盆栽。「三流芸能人」にまで下がてしまった「チーム・1951年生まれ」と、「チーム・トリビアの泉」は正念場。このままずるずるといかないことを祈ります。正解は「A」でした。
正解は、稲森さん、間宮さんでした。
不正解者は、三宅さん、大地さん、千鳥さん、高橋さん、欅坂46さんです。
これは難しかったです。x±x
一見しても見分けがわからず。+±+
YOSHIKさんは正解してました。
GACKTさん曰く、「ここで参加してたら不正解になってました」。
なお、びっくりしたのは、志村けんさん。^±^
・・・これ、当ててました。志村さんが回答していればなあ。
一流芸能人=チーム・YOSHIKI&GACKT
普通芸能人=チーム・仲良し、チーム・芸人、チーム・女優
二流芸能人=チーム・ハケン占い師アタル
三流芸能人=チーム・欅坂46
そっくりさん=チーム・1951年生まれ、チーム・トリビアの泉

いよいよ最後の問題が「牛肉」。正解すれば1ランクアップですが不正解だと2ランクダウン。
正解は「A」。
GACKTさんももちろん正解、58連勝と、記録を伸ばして終わりました。
正解者は、GACKTさん、中村さん、郷さん、観月さん、志村さん。
不正解は、杉咲さん、八嶋さん、欅坂46さん。

一流芸能人=チーム・YOSHIKI&GACKT(全問正解)、チーム・仲良し(全問正解)、チーム・芸人(全問正解)、チーム・女優
普通芸能人=なし
二流芸能人=なし
三流芸能人=なし
そっくりさん=チーム・1951年生まれ、チーム・ハケン占い師アタル
映す価値なし=チーム・トリビアの泉、チーム・欅坂46
20190101・ 格付け1

まあ、とにかく、志村けんさんが目立ちました。^±^ノ
間違えたのは食材だけ、それも「アカン食材」ではなく、正解とちょっと違う食材を選びました。
チョイスするときの志村さんの顔は真剣そのもので、おちゃらけの一つも見せませんでしたね。
「おちゃらけ」って・・・^±^;
おちゃらけてるのはお前だけじゃ!(゚Д゚)ノx±x。

それと、郷ひろみさんがすごかったですね。^±^ノ
また、観月ありささんが大健闘しました。^±^ノ
二人とも、ほとんど正解だったですよね。^±^

優勝=YOSHIKさん
(準優勝=GACKTさん)
殊勲賞=
敢闘賞=郷ひろみさん、観月ありささん
技能賞=志村けんさん

控え室でのYOSHIKIさんとGACKTさんとのお菓子の「インスタ撮り」、あれはひどかったなあ。
お菓子カウンターは29でした。^±^;
20190101・ 格付け2

まあ、よくモグモグと。^±^;
モグモグタイムにも、ほどがあるよ、って話。^±^;

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

空倶楽部・成人の日の穏やかな空

今回、空倶楽部はネタが少なめですが。

1月成人の日の穏やかな空です。
家を出て。
20190114・近所の穏やかな空01

穏やかな日差しと。
20190114・近所の穏やかな空02

穏やかな晴れた空・・・。
20190114・近所の穏やかな空03

穏やかな気持ちにさせます。
20190114・近所の穏やかな空04

桜田商店街の街灯と空ですが。
「ワン・トゥー・スリー」って・・・^±^;
20190114・近所の穏やかな空05

暖かい日ざしがぽかぽかです。
20190114・近所の穏やかな空06

こちらは小谷公園。
20190114・近所の穏やかな空07

真冬とは思えない暖かさ。^±^ノ
20190114・近所の穏やかな空08

久々の散歩の足も進みます。^±^ノ
20190114・近所の穏やかな空09

この木は、というと。
20190114・近所の穏やかな空10

沢田倉庫の大きな木と空。
20190114・近所の穏やかな空11

さて、家に戻ります。
20190114・近所の穏やかな空12

なぜか庭先に電球。^±^;
20190114・近所の穏やかな空13

「犬にフンをさせるな看板」と空です。^±^;
20190114・近所の穏やかな空14

この雲、プリマドンナみたい。^±^ノ
白鳥の湖、踊ってます。^±^ノ
20190114・近所の穏やかな空15

そしていつもの、カーブミラーと青空。
20190114・近所の穏やかな空16

もう一丁です。^±^ノ
20190114・近所の穏やかな空17

でもって、我が家に戻ります。^±^
20190114・近所の穏やかな空18

空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

1970年全日本道路地図帖~その16=東北・常磐市街図2(仙台市・米沢市・山形市・盛岡市・青森市)

ネタがなくて、苦し紛れに始まりました。^±^;
1970年全日本道路地図帖」から抜粋です。

今日は、東北・常磐市街図2(仙台市・米沢市・山形市・盛岡市・青森市)です。

仙台市北部
20181223・道路地図16-1・仙台市北部

仙台市南部
20181223・道路地図16-2・仙台市南部

米沢市
20181223・道路地図16-3・米沢市

山形市
20181223・道路地図16-4・山形市

盛岡市
20181223・道路地図16-5・盛岡市

青森市
20181223・道路地図16-6・青森市

杜の都、仙台市は政令指定都市ですが、1989年(平成元年)4月1日に発足されました。
青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区、ですね。
泉区は、泉市から編入されたのですが、市制施行されたのが1971年(昭和46年)11月1日です。
したがって、このころはまだ「宮城郡泉町」でした。

次回は、奥羽のシリーズに入ります。^±^ノ

テーマ : 古地図
ジャンル : 趣味・実用

1970年全日本道路地図帖~その15=東北・常磐市街図1(日立市・土浦市・水戸市・宇都宮市・福島市・会津若松市・郡山市)

ネタがなくて、苦し紛れに始まりました。^±^;
1970年全日本道路地図帖」から抜粋です。

今日は、東北・常磐市街図1(日立市・土浦市・水戸市・宇都宮市・福島市・会津若松市・郡山市)です。

日立市・土浦市
20181223・道路地図15-1・日立市・土浦市

水戸市
20181223・道路地図15-2・水戸市

宇都宮市
20181223・道路地図15-3・宇都宮市

福島市
20181223・道路地図15-4・福島市

郡山市
20181223・道路地図15-5・郡山市

会津若松市
20181223・道路地図15-6・会津若松市

次回も市街図です。^±^ノ

テーマ : 古地図
ジャンル : 趣味・実用

1970年全日本道路地図帖~その14=東北・常磐9(下北半島・北海道最南部)

ネタがなくて、苦し紛れに始まりました。^±^;
1970年全日本道路地図帖」から抜粋です。

今日は、東北・常磐9(下北半島・北海道最南部)です。
シリーズは東北」ですが、「北海道南部」も入っています。

函館・大間
20181223・道路地図14-1・函館・大間

むつ・大畑
20181223・道路地図14-2・むつ・大畑

木古内・江差
20181223・道路地図14-3・木古内・江差

竜飛・松前
20181223・道路地図14-4・竜飛・松前

この時、当然、青森から北海道へ行くには、または北海道から青森に行く場合も、利用するのは「青函連絡船」ですね。
青函トンネルは、鉄道専用トンネルで、1988年(昭和63年)3月13日、海峡線の中小国~木古内間の開業とともに供用開始しました。
途中、吉岡海底駅、竜飛海底駅が開業。
青函連絡船は、同時に廃止されました。+±+
自動車はどうするんだよっ!(゚Д゚)ノx±x

その海底駅も、現在は、新幹線開通とほぼ入れ替えで、海底駅は廃止されました。
「ドラえもん海底列車」なんてのもあったのになあ。^±^;

青函連絡船、自動車問題はご心配なく。^±^ノ
フェリーは廃止されていません。^±^
参考までに、青函連絡船は、国鉄・JRが経営するもので、JR北海道(函館支社)が経営してました。
なお、フェリーは民営で、2か所あります(2018年現在)。
「津軽海峡フェリー」(本社は北海道函館市)が函館港~青森港と函館港~大間港まで運航しています(2018年現在)。
もう一つは「青函フェリー」(本社は北海道函館市)で、栗林商船グループの共栄運輸と日本通運グループの北日本海運が共同運航です。函館港~青森港を運航しています。

明日から、「東北・常磐」の市街図です。^±^ノ

テーマ : 古地図
ジャンル : 趣味・実用

1970年全日本道路地図帖~その13=東北・常磐8(名川町~十和田市~青森)

ネタがなくて、苦し紛れに始まりました。^±^;
1970年全日本道路地図帖」から抜粋です。

今日は、東北・常磐8(名川町~十和田市~青森)です。

野辺地・陸奥横浜
20181223・道路地図13-1・野辺地・陸奥横浜

八戸・十和田市
20181223・道路地図13-2・八戸・十和田市

青森・三厩
20181223・道路地図13-3・青森・三厩

弘前・五所川原
20181223・道路地図13-4・弘前・五所川原

いよいよ、東北の道路も大詰めへ。

このあたりの地図を見ると、太宰治の「津軽」を思い出します。
「津軽」は、個人的に太宰治の作品の中で一番好きで、金木・中里・小泊など、地名もたくさん出てきますね。

明日は道路では「東北・常磐」の最終回、各市街図へと続きます。

テーマ : 古地図
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    12 | 2019/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長