FC2ブログ

イソップ童話概説344.ライオンの中の狼

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説344.ライオンの中の狼

(原文ママ)

狼の中にひときわでかいのがいて、ライオンと綽名(あだな)されていた。思慮が足りず、その誉(ほまれ)だけで我慢できずに、同類を見捨ててライオンの仲間入りをしようとした。狐がからかって言うには、
「お前の今のいかれっぷりほど、良い(いい)気になりたくないもんだ。お前は狼の中では本当にライオンに見えるが、ライオンと比べりゃ、狼だ」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

下手な物まねをしてもたかが知れてる、ということでしょうね。^±^;
自分も、若いころ、草刈正雄の物まねをやって、ヒンシュクかったわ。^±^;
あれはひどいヒンシュクだったなあ。^±^;
お前も「思慮が足りず」、だなあ、おい!(゚Д゚)ノx±x。
しかもどこをとっても草刈正雄に似てねえぞ!(゚Д゚)ノx±x
思慮もへったくれもないぞ!(゚Д゚)ノx±x。

思慮もへったくれもないところで、今年は、おしまい。^±^;
来年もよろしくお願いします。^±^ノ
 
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説343.狼と犬の戦争

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説343.狼と犬の戦争

(原文ママ)

犬と狼の間に敵意が生じた。アカイア地方の犬が犬集団の将軍に選ばれたが、この犬は戦争巧者であったけれど、ぐずぐずと遷延(せんえん=引き伸ばし、のびのびになる)するばかり。皆から、先導しないつもりか、戦いを起こさぬつもりか、と迫られて言うには、
「聞いてくれ、何のために時を稼いでいるか、なぜ慎重に構えているかを。常に先慮が必要だ。敵は見たところ全員が同じ種族である。対して我々の方は、クレタから来た者もいれば、モロッシアとかアカルナニアから来た者もいる。かと思えばドロペス産もいるし、キュプロスやトラキアの出を誇る者もいて、要するに、ばらばらだ(※注)。我々の色も奴らと違って一つではない。黒や灰色や、褐色で胸に白い斑点のあるのや、真っ白などだ。さて、こんな不揃いな連中を指揮して、どうして何から何まで均一な奴らと戦わせられようか」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

こちらは、多少長い文章ですが、要約すると文にならないので敢えて「原文ママ」にしました。
というのもセリフの部分が長いので、要約は出来ません。
(※注)の「ばらばらだ」という個所ですが、本文の注釈によると、「アカイア以下、ギリシアの地域名が並ぶ。クレタ犬は猪狩に使われ、モロッシア犬は、今のマルチフに近い大型獰猛(ぼうもう)犬とされる」とあります。

うーん、すべてが、無駄に長い。^±^;

お前のコラム自体が、普段から無駄に長いじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

空倶楽部・クリスマスイブの空

今年のトリは、クリスマスイブの空です。^±^
すべて、1024ピクセルの中型のサムネイル版で入れてますので、クリックすれば若干大きくみられます。

以下すべて、サムネイル版です。

ネタを仕入れるべく、我が家を出ます。
これはクリスマスとは関係ない飾りです。^±^;
20171224・クリスマスイブの空01

今回も小手指方面に向かってます。
途中のヤマザキデイリーストアも、片隅でクリスマスケーキが売られてました。
ただ、自分は胃にもたれるので、クリスマスケーキは買わなかったんですけどね。
20171224・クリスマスイブの空02

途中の保育園です。
アンパンマンはサンタクロース、ばいきんまんはトナカイに扮しています。
プレゼントがばい菌だらけにならんか?^±^
ばい菌はお前のブログだっちゅうのっ!(゚Д゚)ノx±x。
20171224・クリスマスイブの空03

保育園の空です。
20171224・クリスマスイブの空04

クリスマスイブは、寒いといえば寒い一日でしたね。+±+
20171224・クリスマスイブの空05

美容院もクリスマスの飾りつけ。
20171224・クリスマスイブの空06

小手指駅南口です。
こちらのヤマザキデイリーストアでは、店頭販売はしてなかったです。
20171224・クリスマスイブの空07・小手指駅南口

小手指駅構内のTOMONIでも、クリスマスの商品が売られてました。
20171224・クリスマスイブの空08・小手指駅

小手指駅北口の、クリスマスイブの空です。
20171224・クリスマスイブの空09

こちらははなみずき通りですね。
20171224・クリスマスイブの空10

小手指駅とワンちゃんです。^±^
20171224・クリスマスイブの空11

さて、買い物をして、帰り道です。
再び小手指駅南口に。
「彩のクリニック」のクリスマスの飾りと空です。
20171224・クリスマスイブの空12

イルミネーションがきれいでした。^±^ノ
20171224・クリスマスイブの空13

今日は、寒かったですが、夕方まで天気は良かったです。
20171224・クリスマスイブの空14

こちら、教会かと思ったらカフェでした。^±^;
20171224・クリスマスイブの空15

さすがに冬至の数日後では、日が暮れるのも早いです。x±x
20171224・クリスマスイブの空16

ただ、冬の夕暮れの空は美しいねえ。
20171224・クリスマスイブの空17

クリスマスイブの鉄塔と空です。^±^ノ
20171224・クリスマスイブの空18

我が家ではなく、直接、ヤオコーに向かってます。
途中の亀八鮨さんです。
20171224・クリスマスイブの空19

ロゴはちゃんとカメさんの甲羅です。^±^;
20171224・クリスマスイブの空20

「いなせな味」って・・・^±^;
20171224・クリスマスイブの空21

さらに散歩して、ヤオコーに向かっています。
もう街灯がつき始めました。
20171224・クリスマスイブの空22

ヤオコーに到着。
インスタントコーヒー等、もろもろを買い込みました。
20171224・クリスマスイブの空23

帰り道、というより、もう我が家の近辺です。^±^;
スーパーマーケットを出たら、もう真っ暗になってました。
20171224・クリスマスイブの空24


空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^

思っちゃったんだから、しょうがない・・・^±^;

カタルーニャ、スペインから独立するんでしょうか。^±^
そうなると、ワールドカップも2つの国に分かれるのかなあ。^±^;
スペインは、「多くをカタルーニャ(語るな)」と言っているようですが。^±^;
誰も言ってないからなっ!(゚Д゚)ノx±x
お前が言ってるだけだかんな!(゚Д゚)ノ。x±x。
 

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

イソップ童話概説342.狼と犬の和解

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説342.狼と犬の和解

(原文ママ)

祖国を裏切る者は報いを受ける、ということ。
狼が犬に向かって言うには、
「君たちはあらゆる点で僕たちと同じなのに、どうして兄弟のように同じ考えをもたないのだ。考え方以外ではどこも違わないんだから。ただ、僕たちは自由に生きているのに、君たちは人間の卑屈に仕え、殴られても耐え、首輪なんぞはめられて、羊の番をする。食事の時だって、骨を投げてもらうだけだ。もし聞く耳をもつなら、羊を全部渡したまえ。すっかり分けあって、腹いっぱいになるまで食べようぜ」
犬はこれに従った。狼は洞穴に入るなり、真っ先に犬たちを殺してしまった。

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

うーん、認めたくないですが・・・。^±^
これが野生の厳しさなんですね。^±^;
狼に従った犬の考えが甘かっただけだよっ!(゚Д゚)ノx±x
何をたわごと言ってるんだ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説341.狂えるライオンと子鹿

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説341.狂えるライオンと仔鹿(こじか)

(原文ママ)

ライオンが発狂した。これを仔鹿が森から見て言うには、
「これはひどいことになるぞ。正気の時でさえ耐えられない奴だ。狂ったら、何をしでかすか」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

短い文章ですが、いきなり・・・。
「ライオンが発狂した。」で始まる文って・・・^±^;
お前だって正気でも耐えられないぞ!(゚Д゚)ノx±x ←こいつも発狂したら怖そう

発狂したら怖そうな芸能人ベスト5。^±^ノ

5位、羽田圭介さん
4位、姜尚中さん
3位、太川陽介さん
2位、草彅剛さん
1位、タブレット純さん

おとなしそうとか笑顔が絶えないのはひとたび発狂すると怖そう。^±^;
それと、静かなインテリ系は、あぶないよなあ。^±^;
「あぶない」とはなんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。

そのなかでも、タブレット純さんは本当に怖そう。^±^;
今にも爆発しそうだもんなあ。^±^;
芸人の永野さんも怖そうだけど、あれは半分発狂してるようなものだし。^±^;
ましてや、エガちゃんは、もともと発狂してるし。^±^;

草彅剛さんは、堀越学園で3年間「無遅刻・無欠席」の皆勤賞を取るほど真面目ですが、そういう人ほど発狂すると怖そう。
ドラマの「いいひと。」の主役というのも、その反動が怖いし。^±^;
そんな彼にも、実際、悲しい過去があるんですがね。^±^;
東京都港区の檜町公園で酔っ払いが騒いでいると近隣住民より通報を受けた警察官が現場へ向かうと、泥酔して全裸の草彅剛さんが一人だけおり、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された、という事件があり、本人も覚えていないほど泥酔してた、という悲しい過去もあったんだけどね。
これも、「発狂すると怖い」というのを実証したような出来事だったし。^±^;
泥酔してこれだから、発狂すればどうなるか・・・。^±^;・・・考えただけでも末恐ろしいや
でも、それを差し引いても、タブレット純さんの方が怖そう・・・。^±^;
タブレット純さん、全裸どころか、酔うと内臓とか骨まで出しそう。^±^;
歌を歌うと、たまに内臓が出そうな、断末魔のような声になるし。^±^;
それはお前だけのイメージだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。

太川陽介さんは、半分、蛭子さんに切れかかった前歴がありますが、それは冷静に考えれば誰もが怒る場面であって、必ずしも発狂ではありません。
また、不倫した妻の藤吉久美子さんに対してですら冷静に対処したことが、「怖さランキング」上位たるゆえんなのですが。
その代わり、太川さん、ひとたび発狂したら怖いと思うなあ。^±^;
それが原因で、地球滅亡にまで発展する恐ろしさを感じます。^±^;
まあ、太川さんに関しては、発狂とは無縁っぽいですがね。^±^;
でも、タブレット純さんにはそれがないんだよなあ・・・。^±^;
いつか発狂するような、時限爆弾を腹に巻いてるような。^±^;
「時限爆弾を腹に巻いてる」とは何だよっ!(゚Д゚)ノx±x。
ひどい偏見だなっ!(゚Д゚)ノ。x±x。

姜尚中(かんさんじゅん)さんも怖そうだなあ。^±^;
インテリで、しかも静かで説得力のあるような、あのものの喋り方の裏に・・・。
「いつでも牙を剥き出すぞ!」というような影が、ちらほらと映るのは・・・。
・・・自分だけでせうか?^±^;
お前だけだよっ!(゚Д゚)ノx±x。
姜尚中さんに関しても、発狂とは無縁っぽいですがね。^±^;
でも、どうしても、タブレット純さんにはそれがないんだよなあ・・・。^±^;
またかよっ!(゚Д゚)ノx±x。

新進気鋭なところでいうと・・・。
「ローカル路線バスZ」の羽田圭介さんも、怖そう。^±^; ゾ~
こっちは、笑顔がたえないわけではないけど、ひとたび正論が通らなくなると・・・。
そのうちに、突然、ギャ~ッと、素っ頓狂な声を出して・・・。^±^;
田中要次さんのハゲた頭に噛みつきそう。^±^;
田中要次さん、頭に歯形を残しながら、そこを指さし、
「・・・歯形、あるよ!」
・・・なんちゃって言ってから、おもむろに気絶しそうだよなあ。^±^;

他にも野々村真さんも怖そうだよなあ。^±^;
「世界ふしぎ発見!」で、黒柳徹子さんのタマネギ頭に噛みつきそう。^±^;

人を茶化すのもたいがいにしろよなっ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説340.ライオンと射手

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説340.ライオンと射手

弓の名人が狩りをしてました。動物たちは逃げ出しましたが、ライオンだけは敢然(かんぜん)と戦いを挑みました。
名人は、矢を放ち、「俺の露払いを迎えてから挑むか考えろ」と言い、矢を放つとライオンの内臓に命中、ライオンは怖気づいて谷へ逃げました。
それを見てた狐が、勇気を出して踏みとどまれと言いましたが、ライオンが答えるには、
「そう言って俺を惑わせたり罠にかけてもだめだ。露払いですらあんなに痛いのを送るのだから本人の恐ろしさが計り知れる」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

ライオン、相当に痛い思いをしたのでしょうね。^±^;
「射手(いて)」、だけに・・・。^±^;

やけに短い一言と思ったら!(゚Д゚)ノx±x
くそつまらないダジャレで終わりかよ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

雑草倶楽部(2017年12月)

あ、今日は・・・。

メリークリスマスです。^±^ノ

関東も、珍しく、クリスマスイブの夜からお湿りがあると、天気予報。
でも、いつも、この季節は「雨」なんですよね。x±x
子供の頃は、「雪のクリスマス」が何度かあったんですけどね。
最近は2月にならないと雪になりません。下手すると3月ですね。
季節がずれてるか、または温暖化の仕業なんでしょうかねえ・・・。^±^;
♪雪のメリークリスマスタイム、揺れる街のキャンドルナイト・・・φ^±^ノ
佐野元春さんか!(゚Д゚)ノx±xノφ・・・でも雨だったんだよなあ
「Christmas time in blue」かよっ!(゜Д゜)ノ。x±x。ノφ
♪愛してる人も、愛されてる人も・・・φ^±^ノ
だから何なんだよっ!(゚Д゚)ノx±xノφ

今月の花です。^±^

1.小手指散歩(2017年11月3日)

ナツメグゴールデンゼラニウム。フウロソウ科、ラルゴニューム属。Nutumeg geranium。
20171103・小手指散歩植物1・ナツメグゴールデンゼラニウム

アイノコセンダングサ。キク科、センダングサ属。合いの子栴檀草。
20171103・小手指散歩植物2・アイノコセンダングサ

キバナコスモス。キク科、キク亜科、コスモス属。黄花秋桜。
20171103・小手指散歩植物3・キバナコスモス

コスモス。キク科、キク亜科、コスモス属。秋桜、Cosmos。
20171103・小手指散歩植物4・コスモス

別名、アワコガネギクとも言います。
キクタニギク。キク科、キク属。菊渓菊。
20171103・小手指散歩植物5・キクタニギク

リュウノウギク。キク科、キク属。竜脳菊。
20171103・小手指散歩植物6・リュウノウギク

タカサゴユリ。ユリ科、ユリ属。高砂百合。
20171103・小手指散歩植物7・タカサゴユリ

ヤツデ。ウコギ科、ヤツデ属。八つ手。
20171103・小手指散歩植物8・ヤツデ

イヌホオズキ。ナス科、ナス属。犬酸漿。
20171103・小手指散歩植物9・イヌホオズキ

2.名栗散歩(2017年11月11日)

ビワ。バラ科、ナシ亜科、ビワ属。枇杷。
20171111・名栗散歩植物1・ビワ

フユザクラ。バラ科、サクラ属。冬桜。
20171111・名栗散歩植物2・フユザクラ

モクレン。モクレン科、モクレン属。木蓮。
20171111・名栗散歩植物3・モクレン

3.宵の口の小手指(2017年11月29日)

ヒメツルソバ。タデ科、イヌタデ属。姫蔓蕎麦。
20171129・宵の口の小手指散歩植物1・ヒメツルソバ

今回はこれを、グランプリにしましょ。^±^ノ
ミニバラというらしいのですが、ミニマムの意味ではなくて、「ミニマ」の略語のようです。
全然ミニじゃないと思ったんですがね。^±^;
ロサ・シネンシス・ミニマ。バラ科、バラ属。Rosa chinensis v.minima。
20171129・宵の口の小手指散歩植物2・サザンカ

木立ダリアは皇帝ダリアとも言いますね。
コダチダリア。キク科、キク亜科、ダリア属。木立ダリア。
20171129・宵の口の小手指散歩植物4・コダチダリア

ヤナギハナガサ。クマツヅラ科、クマツヅラ属。柳花笠。
20171129・宵の口の小手指散歩植物4・ヤナギハナガサ

またコスモスです。こちらは、夜のコスモスですね。
20171129・宵の口の小手指散歩植物5・コスモス

ツワブキ。キク科、キク亜科、ツワブキ属。石蕗、艶蕗。
20171129・宵の口の小手指散歩植物6・ツワブキ

それからこちらをご覧になられた後は・・・。
雑草倶楽部の皆様のところへ、ゼヒゼヒ、ご訪問してね~。^±^ノ
よろしくお願いしますね~。^±^

ついでに「高橋さんのスポーツ云々・時々芸能」もたまにやってますよ。^±^

高橋さんのスポーツ云々・時々芸能

こちらもよろしくです。^±^ノ

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第4弾、岐阜県岐阜城~鳥取県鳥取砂丘

2017年12月16日に、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が放送されました。

いつもながら、ネタバレですので、ネタを見たくない方はスルーでお願いします。

今回のマドンナは村井美樹さん。
メインは、芥川賞作家の羽田圭介さんと、ドラマHEROで、「あるよ」でおなじみの田中要次さん。
今回は岐阜県の岐阜城(岐阜公園)から鳥取県の鳥取砂丘までです。

1日目

今回は、長良川流れる岐阜城から。
鳥取砂丘までの大まかな地図を広げ、「今回は遠くないか?」と不安を募らせる3人。
こちらからどうしたらいいのかもわからず、とりあえず、「岐阜公園」バス停から、「岐阜駅」行きのバスに乗り込みます。
朝8時50分出発。のっけからてんやわんやで、先行きが不安そうです。
岐阜駅の案内所で聞いてみると、西に行くルートは、墨俣(墨俣)を通って大垣方面までは行けるとのこと。
他に、三重県へ向かうルートも北上するルートもなさそうなので、一夜上のある墨俣へ。
墨俣には10時19分に到着し、待ち時間8分で10時27分発の大垣駅行きのバスに乗り込みます。
午前11時前に大垣駅に到着。案内所に駆け込むと、琵琶湖方面へ直接行くバスは出ていない・・・と冷たくあしらわれ、いきなり暗雲が立ち込められます。
ただ、それでも、「牧田上野」を経由すれば、関が原までは行くことができそうで、10分の乗り換えで牧田へ。
牧田上野ではかわいい小型バスが止まっていましたが、関ケ原行きの出発は13時5分で、現在はまだ12時5分なので、とりあえずここで昼ご飯にします。
ところが近くのお店は定休日。しょうがなく、その近くのコンビニ(たぶんローソン)で昼食を買い、食べてバスに乗り込みます。
関ケ原駅へはおよそ10分で到着。
「いざ!関ケ原」との看板のいある案内所に行ってみますが、滋賀県方面に行く大きなバスが全くありません。県境まで5キロあり、いきなり歩く絶望感に、希望の光が。
関ケ原駅には町内バスも走っていて、ほぼ県境に近い「今須(います)」まで行くと言います。
そこで、時刻表を見ると、奇跡の13時20分発。そして、現在の時刻も13時20分。
バスは行っちゃったのか、と一瞬思ったのもつかの間、遠くからバスの姿が。
バスはやや遅れていたようですね。^±^;
コミュニティバスには「今須コース」とあって、一行はこれに乗り込みます。
25分ほど走って、県境から最寄りの「門間(かどま)交差点」で降りると、柏原駅までは2.3キロ。
なんと4.7キロも稼げたこととなり、一同は大喜び。
田中「滋賀県だ、ぴょん」
県境も比較的楽に越えられました。
やがて柏原駅に到着し、そこにバス停らしきものがありましたが、それは「まいちゃん号」といって、予約制。
デマンドバスです。^±^;・・・いやらしいバスだなあ
予約制バス(デマンドバス)は「路線バス」として扱ってないので、あきらめてもう少し歩こうか、と思ったら、国道の方にもバスがあると言われ、そちらに向かうと、湖国バスの「柏原」バス停がありました。
現在の時刻は14時53分。時刻表を見ると、15時23分発の「近江長岡駅」行きのバスが出るとあります。
もちろんこれに乗って、伊吹山を仰ぎながらの旅。
約15分でに到着した「近江長岡駅」からは、待ち時間なしで「長浜駅」行きのバスをたやすく見つけ、これに乗ることもできました。
バスの運転手が「長浜の営業所はもう閉まってる」というので、羽田さんがバスを飛び降りて案内所に行ってみると、16時半でぎりぎり開いてました。
ここからは、北に行くがいいのか南に行くがいいのか、大きく運命が変わる、「天下分け目」だったので、嫌でも慎重になります。
南のルートは米原から先からもうバスが走ってないようで、北のルートは、木之本までは行けますがその先はわからないとの答え。
木之本駅へのバスは17時23分発で、あと50分待ち。
米原駅へのバスは17時42分発で、あと1時間少々待ち。
村井「決定打がないですね」
さらに聞き込んでいくと、木之本行きのバスに乗れば、今津へ行って、さらに福井県の小浜まで行けるらしいというので、えいやっと、乗り込んでしまいます。
40分ほどで「木之本バスターミナル」に到着。
そこから、菅浦行きのバスもまだありましたが、宿がないと困るので今日はここで打ち止めにしました。
翌日は8時2分発のバスを逃すと、夕方までないそうで、必ずこの朝のバスには乗らなくてはなりません。
木之本で、タクシー乗り場の案内所で、「清泉閣」という宿を教えてもらいますが、満室。
そこで、さらに草野旅館を教えてもらいます。すると、本来はこの日は用事で休み予定を、宿の方が特別に止まらせてくれるというので、大喜び。
夕食は「福田屋」で、羽田さんはビールを一気飲み。
羽田「飲まなきゃやってられんす」
ここで鍋焼きうどんをいただき、宿でゆっくり休みます。

2日目

宿の方からおにぎりを作ってもらって、出発。
8時2分発の始発の菅浦行きのバスに乗ります。
この日は、村井美樹さんのお誕生日。^±^ノ
田中「ハッピーバースデートゥーユー」
と歌いながら、朝ご飯のおにぎりを渡します。
このやり取りに村井さんは複雑な涙。^±^;
村井「誕生日におにぎり渡されても・・・」
一行は、バスの運転手の教え通りに、菅浦の途中の「永原駅」で降ります。
ここからずっと歩き、「奥琵琶トンネル」を通り、その出口先にある「野口」まで3.6キロほどの歩き旅。
バスは午前9時ごろ通過するらしく、それを逃すと2時間待ちなので、なるべく早く行かなくてはなりませんが、あいにくの雨。
踏んだり蹴ったりですね。+±+
したがって、時間までに到着すべく、走る走る、3人。
トンネルを抜けてバス停を探していると、向かってくるバスを発見。
「近江中庄(おうみなかしょう)駅」行きのバスで、慌てて手を挙げて止めると、なんと止まってくれました。
そのバスはちょうど「フリー乗降区間」で助かりました。^±^;
バスに乗り、「マキノ病院前」で下車し、今度は「北深清水」のバス停まで1.6キロを歩きます。
現在10時24分。バスの時刻は、というと、「北回り10時26分」。
何ともドンピシャ。^±^ノ
「北深清水」バス停から「今津駅」行きのバスに乗り、「今津駅」までも行けますが、途中の「弘川口」バス停からは路線がダブるので降ります。
キートン山田「降りちゃうの? 今津で情報収集しなくて大丈夫?」
「弘川口」バス停に降り立ったのは10時54分。そして小浜駅行きのJRバスを見ると、なんと10時55分。
今津駅まで行ったら乗れてなかったと、一同感動。
田中「福井県だ、ぴょーん」
他、ばらばらに、「ぴょーん」「ぴょーん」
相変わらず覇気のない県境越えパフォーマンスは続きます。^±^;
ところが、小浜駅に到着し、「若狭おばま案内所」に入ると、小浜からは真鶴方面まで、20キロ以上、バスがない、とのこと。
さらに、南西に流星館行きの路線バスもあるが、それも先がつながらないとか。
絶体絶命。x±x
一旦今津に戻り、朽木(くちき)を通れば京都へ向かえると言われ、一同は来た道を戻ります。
バスは13時55分発があるので、その間、約1時間でここで昼食。
「小浜市まちの駅・かねまつ」で「日本海の刺身どんぶり」を食しながらの反省会。
羽田「舞鶴まで行けば、達成感はあるけど、バスで回っても京都に行く方が成功率は高い」
田中「滋賀に戻った、ぴょーん」
(ひとりごと=いちいち、「ぴょーん」をするのかよ。^±^;)

運転手からの情報によりますと、今津駅から1.6キロ歩いて、木津(こうづ)まで歩けば、朽木方面のバスがあるらしいです。
(ひとりごと=でも、仮にバスで今津まで行ったとしても、木津まで歩けば京都ルートの情報に巡り合えたかねえ。
個人的に、小浜まで行ったのは不可抗力だと思います。ましてや、いいタイミングでバスも来てたんだし・・・。
今回は、どっちみち、小浜までは行ってた可能性は高いです。^±^;)


15時、今津駅を出発し、木津まで歩きますが、その途中で3人は琵琶湖に架かる虹を見ます。
15時31分、木津バス停に到着、15時49分の新旭駅行きのバスに乗ります。
ところが、運転手に聞いてみると、昔は安曇川までバスが走ってたが廃止になってしまって、現在はバスがない、ということ。
しょうがないので、新旭駅からおよそ4キロ、安曇川(あどがわ)駅まで歩きます。
その途中、道路まで通行止め。
回り道を余儀なくされ、本当についていない一日です。
(ひとりごと=思えば、小浜の観光案内所のおばちゃん、罪重いよなあ。
全然、京都までつながってないじゃん。^±^;)


安曇川駅に着いたのは17時18分。ここでようやく、17時31分発の「朽木(くつき)学校前」行きのバスに乗ります。
村井「(地図を見ながら)・・・暗いなあ」
バスの中で、村井さんが地図を見てるとき、田中さんがコンパクトなランタンをかざしてあげます。
35分で「朽木学校前」に到着。時刻は18時過ぎ。隣のバス停の「朽木支所前」まで歩いて、ここで本日は終了。
京都どころか、滋賀県を脱出さえできず、一同はがっかり。
がっかりしてもしょうがないので、ここで宿探し。
「民宿安曇川荘」を発見します。^±^;
が、見た目は営業してるのかわからない宿で、おまけに電気もついていない・・・。
キートン山田「後半へ、続く」。^±^;
(ひとりごと=蛭子さんなら絶対拒否するような宿だよなあ。^±^;)

宿の看板に電話をかけると、宿泊は苦しいといいます。
田中「・・・というのも、暖房があるのは2部屋だけで、残りの1部屋は暖房もついていないんだよ」
羽田「別に僕は暖房なしのことこでもでいいですよ」
そこに宿のおかみさんが来て部屋を見せてもらいます。残りの部屋というのはエアコンでなく、ストーブだから、とのこと。
宿も確保し、「旬彩料理、和」で夕食。

3日目

「朽木支所前」から「梅ノ木」経由で、「堅田駅」までバスが走ってるというので、8時35分、「梅ノ木」行きに乗ります。
「梅ノ木」に到着したのは8時54分。ところが、「堅田駅」行きのバスは10時14分で、これが最終。
ということは、前日小浜に行こうが行くまいが、どのみち、バスに乗れなかったってことですね。
バスの中で、「途中」バス停に行くと、京都大原まで歩いて7キロで行くことができることを田中さんが発見。
そこで、「堅田駅」まで行かないで、「途中」で途中下車。^±^;
そして7キロ歩いて、大原へ。
小さな県境の標識を発見し、
一同「京都だ、ぴょん」
やっと滋賀県を脱出。^±^;
12時20分到着。大原からは京都駅に向かうバスを見つけ、待ち時間9分で京都行きに乗ります。
京都駅からは北西に向かうべく、バスチケットセンターでルートを教えてもらいます。
京都駅から亀岡駅を通り、園部まで行けば、さらに福知山駅までバスがつながるとか。
昼食を摂取する時間もなく、一同は買ってきたおにぎりを頬張ります。
そして13時50分、「亀岡駅」行きに乗ります。
「亀岡駅」到着は15時21分。早速バスを調べてみると、「園部駅西口」行きのバスは16時41分。
「湯の花温泉経由」とあり、泊まることのできないジレンマに、田中さんは、
田中「やらしいなあ、これ、湯の花温泉、経由ですよ、やらしいな、これ」
しかも田中さん、爆睡してたのに、
アナウンス「次は、湯の花温泉、湯の花温泉」
バスの案内が、湯の花温泉を告げると途端に目を覚まし、
羽田「温泉で(温泉って聞いたらそれだけで)起きるんですね」
田中「降りる?」
・・・。^±^;
園部駅には17時34分に到着。
福知山行きのバスは園部駅の東口から。
バスを確認すると、福知山駅行きのバスは最終がもう出てしまって先に進むには桧山(ひのきやま)止まり。30分遅かった・・・。
ただ、桧山行きは20分後にバスが出ます。
しかも桧山に行くバスは、17時51分、18時51分、19時51分、20時51分と、まだまだあります。
太川「桧山は福知山より、だいぶ手前なんですね」
キートン「宿の情報が欲しいですよね」
ここで、園部で早く宿を探し、ゆっくり休みたい村井さんと田中さんと、とりあえず桧山まで行って、帰りのバスもあるのだから。もしも宿がない町だったら戻ってくればいいじゃないかという羽田さんと、意見が分かれてしまいます。
そして、3人はそのまま変な空気になします。^±^ノ ヤレヤレ~
村井「明日桧山にいても、どうせバスはこの時間の始発、7時25分に乗るんでしょ」
羽田「でも、ここから福知山方面に向かってるバスもあるかもしれないんですよ」
田中「なかったら戻って来る?」
羽田「なかったらまた戻れるんじゃないですか」
そして、出発前に休んでいた桧山行きのバスの運転手に情報を聞くと、
運転手「桧山に行って朝一番のバスは7時9分にありますわ」
運転手は、桧山に宿があるか無線で聞く間、
田中「今日はここでビジネスホテルで泊まりたい」
運転手「桧山は宿があってももうやっていないかもしれませんが」
田中「じゃ、近場から探していきます」
というと、
羽田「あ、ちなみに、今日こちらから桧山に行ったとして、桧山からこちらに戻るバスでの最終は?」
運転手「19時30分、最終、(戻れるので)大丈夫ですよ」
羽田「乗って探せばいいじゃないですか」
(ひとりごと=ああ、羽田さん、前向き~。^±^ノ)

羽田「51分に出ちゃいますよ、これに乗るしかないですよ」
田中「行こうとしてる?」
村井「わあ、行きたくない」
田中「ないと思うよ」
羽田「ないと思ったで、ここでステイできますか? だって時間あるんですよ」
田中「めんどくせえなあ~」
村井「明日もし福知山から先、バスがなかったら20キロ歩く覚悟でいるんだけど、その体力を温存なくて大丈夫かなあ」
羽田「でもそりゃ、寝りゃいいんじゃないですか?」
田中「なんでこういう時、鬼になるんだ」
羽田「バスがいっぱいあるのに、ステイする論理は弱い!」
運転手「出てよろしいですか?」
羽田「行きましょう」
田中「どうせ出てないと思うよ」
村井「はぁ~」
その後、走り出したバスの中でも、
田中「今が一番魔の三日目!」
村井「今日一番気持ちがドーンときています」
田中「急に、気分悪くなったね」
村井「(やけくその笑いで)フッ・・・」
バスの中で、二人は嫌味を言いっぱなし。^±^;
キートン「ありゃま、変な空気・・・」
(ひとりごと=キートン、心ではけしかけてるくせに。^±^;)
(お前まで変な空気にしてどうするんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。)

18時23分。桧山バス停に到着し、バス停近くの寿司屋さんで宿があるか聞き込みます。
すると、寿司屋さんは宿に電話してくれ、おまけに空いていると。
3人は大喜び。
そのお礼に、「土佐寿司」で夕食。^±^ノ
田中・村井「さっきは、すみませんでした」
2人は羽田さんに謝ります。
羽田「いやいや、こちらも、まさか、泊まるところがあるとは思わなかった・・・」
そして、朝7時9分の始発に乗ることにして、「みずほガーデンロッジ」で宿泊。
お店の方のご厚意で送ってもらいました。
しかもいい部屋で・・・。^±^ノ

4日目

運命の最終日。
バスに乗る前に、案内所の人に先のルートを聞いて、7時9分発の始発バスに乗ります。
すると、土佐寿司の旦那さんまで、お見送りに。^±^・・・どこまでいい人なんだ
田中さんはバスの地図を手に入れてました。
田中「ルートも、・・・あるよ」
8時9分到着予定のバスが遅れて、「下夜久野」行きのバスが「福知山駅」で待機してました。
福知山駅で、田中さんが3人分払い、あとの2人は下夜久野行きのバスにすぐに乗り込む作戦で、何とかぎりぎりで乗車します。
さらに、「下夜久野」から「上夜久野」行きのバスはスムーズで、10分待機。
上夜久野駅からは、「道の駅やくも」経由で、国道19号に向かいます。
「道の駅やくも」で聞き込みをすると、1日2本しかバスがないと言います。
9時36分に「金浦」バス停に到着。「和田山」行きのバスを見つけます。
ところがこの日は運休。おまけに予約制の路線(デマンドバス)。
(ひとりごと=自分なら金浦のバス停のバス路線図にも注目してみます。
たとえば、途中の「桑原」あたりでは、路線が枝分かれしているので、デマンドバスが解除されてる可能性もあるでしょう。
さらに「和田山駅」ではなくて、「和田山」バス停にも注目します。
ひょっとすると、別の路線がここから出ている可能性が大いにありそうです)

バス停ですがね。^±^;

「金浦」バス停付近はもう京都府と兵庫県の県境で、
田中「今日も歩きで、兵庫県だ、ぴょーん」
と、県境を越えるも、その後、バス情報の何も手がかりもなく、和田山駅まで歩くことに。
村井さんは足に来ていて、途中で2分ほど休憩し、また歩き続けます。
(ひとりごと=まあ、歩くのにブーツじゃ、そりゃ、疲れる罠。^±^;)

と、そこに、追い抜いていくバスが・・・。
しかも、バスとは道路を挟んでいるので、すぐには道路を渡れない・・・。
悔し紛れにバスが行ってしまうのを見るしかない・・・。
最寄りの「玉置」バス停で確認すると、11時31分発の、養父(やぶ)経由の八鹿(ようか)駅行きのバスでした。
次は15時34分しかバスがないので、和田山駅まで歩くしかなくなります。
和田山駅に到着すると、13時57分発の「八鹿駅」行きのバスがあり、ちょうどお昼ということで食事に。
「ゆめじ」で名物のあんかけうどんを食します。
食後、八鹿駅のバスに乗り込み、到着は14時27分。
43分待ちで、15時10分発の「湯村温泉」行きのバスに乗り込みます。
情報では湯村温泉からは一気に鳥取の「砂丘センター」までのバスがあるというのですが・・・。
あとはもう、時間との勝負。
湯村温泉に到着したのは、16時25分。
田中「微妙な時間だね」

そして、「砂丘センター」までのバスは、というと。
15時5分が最終。
1日に2本しかない過疎路線だったのが命取り。x±x

1時間半前にあの逃したバスがすべて。
あれに乗れてれば。+±+

また、蒲生トンネルの先の「塩谷」まで行けば鳥取方面のバスがあるんですが。
そこまで11キロの山道で、最終は18時33分。さすがに11キロを1時間半で行くのは無理。

失敗。x±x

村井美樹さん、涙の失敗でしたが。+±+
これは太川さんと蛭子さんの時だったら、時刻表の関係で、ゴール出来たんですよね。
今回は、小浜に行ったことも含めて、滋賀県に戻ったのも正解だったかもしれないですし・・・。
何よりも、羽田さんの成長が好印象で、少しでも先に進んだことは間違いじゃなかったわけで。

まあ、惜しかったなあ・・・。^±^;
あの通過しちゃったバスに乗れてれば・・・。^±^;

・・・というわけで、自分が見たなりの教訓です。

1.バスがあるかもしれない場所では、道の左側を歩きましょう。
2.バス停では、路線図にも注目しましょう。
3.初めて歩く際には、バス営業所が途中にないか注目しましょう。


1番については、もしも急にバスが来たとき近くに停留所があれば、道路を横切らずにすぐに乗れる可能性は高いんですよね。
もっとも、バス停に気がついたら、の話もあったのですけどね。
2番については、結構重要で、どこを通るかにも注目する、ということです。
金浦から、偶然、羽田さんが「国道」を通ることを推奨しましたが、それも正解かもしれないですね。
大きな道には営業所や公共施設も多いですからね。そうでなくても、標識が建てられてるので、わかりやすいし。
惜しかったのが、オンデマンドだから、と片付けて駅まで歩くことだけ考えてしまったこと。駅までの途中に、四角く囲ってある「和田山」に注目しなかったのも、敗因の一つだったかも。
3番については、営業所だけでなく、道の駅、役場、病院等、大きな公共施設があったら、注目するということです。
これは3人がちゃんと道の駅で情報を聞いてますけどね。

でも、年々、バスの旅は厳しくなっていくよなあ。^±^;
本数が減るわ、廃止になるわで。
そのうえ車の免許を高齢者から取り上げて、どーすんのよ!(゚Д゚)ノx±x

それ以上に、何よりも、デマンドバス、嫌いだなあ。^±^;

何がオンデマンドだよっ!(゚Д゚)ノx±x
あまりにも部外者に冷たすぎるぞ!(゚Д゚)ノx±x。
バス会社も、工夫しろよなっ!(゚Д゚)ノx±x。

ほんっと、何とかならんかねえ。^±^;

・・・でもって、結論。^±^;

今回の、羽田圭介さんと田中要次さんとの園部事件ですが・・・。
危うく、2人の間柄に亀裂が走りそうでしたよね。
一瞬、ヒヤヒヤしました。^±^;

田中要次さんも、
「亀裂、・・・あるよ」
と言いそうな雰囲気でしたよね。^±^;

12月11日の、のぞみ号の重大インシデントかよっ!(゚Д゚)ノx±x。

2017年12月11日、この番組が放送された5日前ですね。

博多発東京行きの新幹線「のぞみ34号」が、最初の停車駅の小倉を発車直後、乗務員が焦げた臭いなどの異臭と異音に気付きました。
その後、保守担当者が岡山駅で乗り込み、その間、異臭を感じたので、「次の駅で停車したらどうか」と、点検を奨めました。
ところが、輸送指令側は「運行に支障がなく問題ない」と勝手に判断してしまったことで、保守担当は新大阪で下車、そのまま新幹線は走り続けました。
新大阪駅でJR東海の乗務員に交代し、車掌が京都駅を過ぎようとしてところでまた異臭を感じ、今度は名古屋で停車してから、点検をしました。
ところがその時には既に、油漏れとともに、台車は破断寸前で、台車の側面17センチのうち、大きな亀裂が14センチまで達していたことが判明しました。


田中要次さん、国鉄時代「保守」をやってたんだからなっ!(゚Д゚)ノx±x
どうせなら、「亀裂、・・・あるよ」ってよっ!(゚Д゚)ノx±x。
名古屋駅で停車してるのぞみ号に向かって言えばいいのによっ!(゚Д゚)ノ。x±x。

「亀裂、・・・あるよ」って・・・^±^;

・・・うーん、でも、田中要次さんなら言いそう・・・。^±^;
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第3弾、宮城県松島~秋田県あきた白神駅

2017年12月16日に、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が放送されました。
但し、この番組は昼に見たのですが、再放送です。

いつもながら、ネタバレですので、ネタを見たくない方はスルーでお願いします。

1日目

今回はラブリさん。^±^
モデルさんですね。
そして、いつもの田中要次さんと羽田圭介さん。
集合場所は宮城県の松島で、どう行ったらいいかわからぬまま、来たバスに乗り込み、9時51分に、物産館行きの出発しました。
前回の失敗から、そのトラウマでバスに乗れなくなった、と羽田さん。
初めての失敗が悔しく、また、よほどのショックだったようで。^±^;
さて1日目の目標は北上し、ただ、奥羽山脈の山越えもしたいとも。
物産館に到着後、ラブリさんが聞き込み。
停車中のグリーンネットバスを発見し、大和町(だいわまち)バスターミナルへ行くバスで、そこからは11時49分に大衡村(おおひらむら)の万葉バスもあるというので乗り込む3人。
大和町役場に到着し、ここで情報収集。
すると、800メートルほど歩けば「宮城交通吉岡営業所」があるというので、そちらへと急ぎます。
吉岡営業所ではバスがたくさんプールされていましたが、大衡村へと急ぎ、そこから古川行きに乗るといいと教えられ、そのルートを予定します。
ミヤコーバス吉岡営業所から大衡村役場に到着したのが昼過ぎで、古川行きの出発は13時20分。1時間ほど時間があるので、ここで昼食。
昼食は、万葉茶屋に行って、牛タンで舌鼓。^±^ノ
(料金が安かったなあ。^±^ノ)
食後はバスに乗り、古川へ。古川駅前も通ったのですが、1つ先ということもあり、ミヤコーバス営業所であることも考え、終点の古川営業所まで乗車します。
さて、バスの案内所によると、古川から西へは、鳴子までしか行くことができず、そこから西はずっと歩かなくてはならないので断念し、一関方面へ。
(たしかに、自分も今年東北旅行で、鳴子峡のバスを確認しましたが、鳴子峡周辺は紅葉時期だけの運転でした。)
栗原中央病院経由で一関方面のバスがあるといい、また、そのバスは古川駅前から出ているというわけで、一同は古川駅に戻ることに。ちょうどその時、タイミングよくバスが来てたので飛び乗ります。
古川駅から栗原中央病院に行く予定が、車内で女子中学生に出会い、これが大きなラッキーを生みます。
女子中学生の一人が「栗原中央病院」の手前の「築館高校前」で下車するのですが、そこからも一関行きのバスが通過する、ということで、要するに、栗原病院から築館高校の区間は、路線がダブっているらしいのです。
そこで3人は、それならばと、「築館高校前」で女子中学生と一緒に下車します。これが大変に功を奏しました。
「築館高校前」には16時43分に到着。そして、一関行きのバス艇を発見した時刻は16時49分。ここで時刻を見ると、一関行きは16時55分発、それも最終便でした。
これはファインプレー。^±^ノ
病院まで行ってたら、バス停の位置で迷ったり、渋滞に巻き込まれでもした場合、ひょっとすると、一関にはたどり着けなかったかもしれないのでした。
しかも、バスの中で県境を迎えられるというので、車内で、
田中「さて、岩手県だ、ぴょ~ん」
と、グダグダな掛け声で県をまたぎました。^±^;
一ノ関駅に到着したころはもう夕方で、駅前から厳美峡行きの最終バスが発車しているところを目撃してしまいました。
駅前には案内所もありましたが、すでに終了。+±+
さて、この先どうするか、途方に暮れる3人。
北上はまだできそうで、路線バスで「イオン前沢」までは行かれます。
そして、その途中の平泉に温泉旅館があることを知り、田中さんは大喜び。電話をすれば、あっさり、宿も取れたのが大きな喜び。
そこで、今夜は「イオン前沢」行きのバスに乗って「平泉駅前」で下車し、この日は宿泊、翌日は7時28分の始発でもう一度一関へ戻って、8時30分に案内所が開くというのを見計らって、そこで情報を集めよう、という作戦に。
この日は「武蔵坊」で宿泊、食事は「八つ花」で「いわて南牛」をいただきます。

2日目

一ノ関駅に戻り、早速案内所へ。ここで、北上すべきか西に向かうか。
西ルートは、厳美峡から先の須川温泉までは行けるが、その先は一切バスがなく、歩く距離でないことを確認。
北ルートに関しては、北上方面までつながるというので、再び北へ目指すことに。
8時5分発の「イオン前沢」行きに乗り、さらに「水沢駅前」へ。
途中、世界遺産の中尊寺があり、そこはバスで通過。
羽田「なんて非道な旅なんだ」
(最初の頃だったら降りてたかもね。^±^;)
「水沢駅前」から「金ヶ崎本町」で北上駅行きのバスに乗り換え。
「金ヶ崎本町」から「北上駅前」に向かうバスが13時16分発で、1時間ほど時間が開いたので、ここで昼食に。
「星萬」で刺身の昼食です。
昼食後はバスの乗って「北上駅前」まで行きますが、北上にはバスの案内所がないので、「コンベンション協会」で聞き込み。
時刻は午後2時。
コンベンション協会は、バスの案内とは違うので、
田中「申し訳ないなあ・・・」
コンベンション協会によると、西のルートは、北上駅から「ほっとゆだ駅」まではバスで行けるが、その先バスはなく、横手駅までのバスが走る相野々まで15キロ、歩かなければならないとのこと。それか、さらに北に行って、盛岡から田沢湖ルートがあるかどうかにかけるしかない、とのこと。
どちらも厳しそうな選択。
「ほっとゆだ駅」へのバスの最終は14時半出発で、これが最終便。あまり考えてる時間もない・・・。
ラブリ「私は歩く!」
この言葉で3人は、15キロ歩きを決断し、ここから西ルートへ。
北上駅から「ほっとゆだ駅」への路線バスに乗り込みます。
ほっとゆだ駅に到着し、案内所で聞き込むと、南郷夢温泉に向かう方が13キロなので多少距離が短いと。
覚悟を決めた3人は歩き始め、途中、「結ハウス」で牛乳などを買います。ここは「ゆだ牛乳」の直売所だそうです。
9月とはいえ、西日はきつく、途中で買ったシューアイスを食べ、牛乳を飲み、暑さと疲労を凌ぎます。
山道にヘロヘロになりながらも、岩手県から秋田県へ。
田中「秋田県だ、ぴょーん」
にも、あまり元気がなかったり・・・。^±^;
偶然、温泉の「共林荘」の看板を見つけ、本日の宿泊を、と思ったら満員。泣きっ面に蜂。
おまけに、歩いてる途中、地元のおばさんたちから、
おばさん「この辺、熊が出るよ」
と脅かされて、躊躇する3人。
さらに、もう夕方で、あたりは暗くなり、この先どうにも進めそうにない・・・。
そこで最寄りの黒沢駅に行ってみると、そこは無人駅だったが、最寄りの宿の案内もあり、宿も無事見つかります。
しかも駅で待っていれば迎えに来てくれるというので、羽田さんは早速アポを入れます。
羽田「今日は3部屋、泊まれますか? また、今、黒沢駅にいるんですが、迎えに来てもらえますか」
言うか言わないかのうちに相手は電話を切ります。
羽田「こちらの名前を言ってないのに切られちゃった」
暫くするとクラクションの音が聞こえ、喜ぶ3人。
ただ、宿は岩手県で逆戻り。^±^;・・・せっかく「秋田県だ、ぴょん」をしたのに
「大扇」でゆっくり休むことができ、食事は「春乃家」でそばを食べながら、翌日の検討。

3日目

宿のご厚意で、迎車で、最寄りのバス停まで連れて行ってもらい、「下南郷」バス停に7時55分に到着。
その間、再び、岩手県から秋田県へ、
田中「県境だ。ぴょーん」
「下南郷」バス停からは8時38分発の「横手バスターミナル」行きのバスがあり、それに乗り込みます。
バスは1日7本しかなく、これを逃したら10時台までバスはありませんでした。
横手バスターミナルからは、大曲、秋田のルートを予定にしようと、3人の見解。
「横手バスターミナル」に到着すると、「大曲バスターミナル」行きのバスがうまく出発。
余裕が出てくると、3人は車内で爆睡。^±^;
大曲の案内所でその先を検討すると、どうも、秋田方面に行くには、刈和野までしかバスがなく、秋田へはつながってないとか。
ただ、角館、田沢湖、八幡平、大館へと乗り継いで行くルートがありそうだといわれ、そのルートで向かうことにします。
さらに、角館では、途中の「市立角館総合病院」で降りた方が便利だという情報をもらいます。
11時40分のバスに乗って、角館病院で降りて、現在は12時15分。田沢湖行きのバスは12時24分。
角館では武家屋敷通りを目の当たりにし、観光ができない3人は悔しがります。
「田沢湖駅」では、13時20分発のバスが「八幡平」どころか、その先の「鹿角花輪駅」まで行けるというので、喜ぶ3人。
喜び勇んでバスに乗り込み、田沢湖畔を通り、「鹿角花輪駅」へ。
「鹿角花輪駅」からも、大館駅に行くバスが16時32分発で、乗り継ぎ時間がたったの20分。
ただ、順調すぎて、食事も満足に摂れないのが辛いのか、次第に田中さんの機嫌が悪くなります。
休みなくバスの乗ってるとそれはそれで不服な一面も出てきて、
田中「泊まれなかったら、もうテント買ってやるよ、どうせ昼飯ぬきだし・・・」
羽田「ホームセンターで買っちゃいましょう」
そこでラブリさんが、
ラブリ「とりあえずこれでつないで・・・」
途中、鹿角花輪で買った、「ヨモギ大判焼き」を出して皆で食べました。
(田中要次さんって、蛭子さんみたいなところがありますな。^±^;)
バスは大館駅に到着。3人はバス案内所に向かうが、終了。シャッターが閉まってました。
なんと、この日は、200キロも移動しました。
ここで鷹巣方面のバスを見ると、翌日は6時51分発が始発で、今晩はまだ26分、56分とバスも出ているようです。
ただ、鷹巣まで行くと宿がなくなることを恐れて、本日は大館で泊まることに。
田中「ルートイン、お部屋、・・・ないよ」
どうも、秋の行楽シーズンで満室らしいです。x±x
しょうがないので別の宿に・・・。宿のアポ取りは田中要次さんの役目です。
田中「グランドパーク、お部屋、・・・あるよ!」
この「あるよ!」ってのは、木村拓哉さん主演の「Hero」で、バーデンダーの役だった田中さんの名ゼリフですが。
まあ、これしか印象がないですが。^±^;
失礼なこと言うなよなっ!(゚Д゚)ノx±x。
グランドパークの宿は駅から遠いのが難点で、最寄りのバス停も確認します。
幸い、「大館大町」バス停がありました。
魚彦大館店で「焼ききりたんぽ」を食べます。

4日目

ラブリ「体の疲れが、・・・抜けません」
思わぬ展開にあたふたした、そんな思いもあったとか・・・。
朝の8時30分に開くのを待って、大館駅の案内所へ。
店が開くと、早速聞き込みです。
案内所曰く、
「能代方面へ行く場合、鷹巣までは1本で行けるバスがあるが、その先は「薬師山スキー場」までしかなく、そこからは5キロ先の二ツ井駅までバスがありません。二ツ井駅からは13時30分発のバスがありますが」
これはもう先に進むしかないので、覚悟を決めて、9時26分発の「鷹巣」行きに乗り、「鷹巣」からは11時56分発の「薬師山スキー場」まで行きます。
12時30分にスキー場に到着、ここから5キロを1時間で歩けば、「二ツ井駅」から13時30分出発のバスがあるといいます。
しかしそのバスの間に合わなかったら2時間待ちで、これは致命的です。
早速3人は、二ツ井へと急ぎます。
途中、能代市に入り、「道の駅ふたつい」に到着、そこにもコミュニティバスもありましたが、30分ほど前にバスは出てしまってました。さあ、残り29分。走る3人。
残り2キロで、バス発車まで23分。走る、走る。
あと1キロで、バス発車まで12分。走る、走る、走る。
ついに、二ツ井駅に到着。x±x
そこにちょうど、能代バスターミナル行きのバスがやって来ました。
ぎりぎりセーフ。^±^;
午後13時30分、「能代バスステーション」行きのバス乗ります。
14時30分、「能代バスステーション」に到着、すぐさま案内所に駆け込むと・・・。
ここから「あきた白神駅」方面のバスが直接走っており、出発が15時25分でそれが最終バス。
二ツ井駅で、次のバスでもいいと思ってたら、この最終バスには乗れず、大失敗に終わったところでした。
走った甲斐がありました。^±^;
3人は最終バスの「岩舘」行きのバスに乗り込み、無事、「あきた白神駅」に到着。

大成功。^±^ノ

ラブリ「(モデル時代も含めて)あんなに汗を出したことなんてなかったなあ」

ラブリさん、好印象。^±^ノ
地図をボロボロになるまで見てたり、適材適所で皆を引っ張ったり。
今回は、マドンナラブリさんの存在が大きく、また、大活躍はあったものの、メインの2人も大きく成長し、頑張ったと思います。
特に羽田さんの成長を感じました。^±^ノ
前回の失敗の悔しさで、少し吹っ切れたかも。^±^
Zシリーズでも、初めてほめたいです。
チームワークの勝利でしたね。^±^ノ

で、田中さんは相変わらず。^±^;
でもこのまま蛭子路線で行ってる方が、メリハリがついていいかも。
ある意味、温泉熱など、蛭子さん以上のクズっぷりがあったもん。^±^;

伊集院光さんが、「ローカル路線バスの旅」の時、「俺が太川さんだったら何発蛭子さんをぶん殴ってるか、『正』の字を書きながら見るのが楽しみ」と言ってましたが、今度は、伊集院さんが田中さんを何発ぶん殴るか、それも楽しみだなあ。

ただ、田中さんには・・・。
太川さんのような気配りと、仏心の思いやりもあるんだよね。^±^;
まあ、無縁仏、ですがね。^±^;
どさくさに紛れてなんてことを言うんだっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

にゃ~にゃ~の日(2017年12月)・ハンゲームのわくわくフィッシングの猫

さて、今日も「にゃ~にゃ~の日」がやってまいりました。^±^

今月の猫ちゃんは、どうかな~?^±^ノ

といいたいところですが、まったく猫ちゃん、見なかったです。^±^;
おまけにネタもなし。x±x
しょうがないので、ハンゲームのわくわくフィッシングにいる猫を入れます。

その名も、「ブニャ」。
猫が魚になったという、わけのわからないキャラクターです。^±^;
これは黄色ですが、色々なのがいます。
65.ブニャ(黄)

これは紫色。
こんな嘘めいたキャラクターの手玉に乗って、遊ぶ毎日です。^±^;
67.ブニャ(紫)

これはピンク。
結局、スタッフが色を塗り変えてるだけなんですが。^±^;
そんな「子供だまし」にだまされつつ、遊んでいます。^±^;
そこまでして遊ぶことはないだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x
68.ブニャ(ピンク)

こういうデブのブニャもいます。
往生際が悪く、手にマヨネーズを持ってます。^±^
そりゃあ、太るわ。^±^;
お前だって、こいつのことを悪く言えんぞ!(゚Д゚)ノ。x±x。
307.ブニャXL

ブニャキングです。
あんまり貫禄がありません。+±+
442.ブニャキング

こちらはブニャプリンス。
おなかに、ひらがなの「ぷ」が気になります。^±^;
443.ブニャ・プリンス

「ブブー」って・・・^±^;
もう猫だか豚だか魚だかわからない・・・。
無茶苦茶で、何でもありの設定です。^±^;
1263.ブブー

これはブニャノミです。
猫がカクレクマノミの着ぐるみを着ているだけです。^±^;
1337.ブニャノミ

ブニャサメ、サメに食われているのかと思いました。
着ぐるみでした。^±^
いっそのことそのままかじられろよ!(゚Д゚)ノx±x
1338.ブニャサメ

「ブニャンボウ」って・・・^±^;
てか、マンボウのあんな細い口の・・・。
いったいどこから入ったんでしょう。^±^;
というより、無理矢理、口をこじ開けてるし。^±^;
1340.ブニャンボウ

ブニャガミですが、別に神っぽくもありません。
けがれた神のような。^±^;
富岡八幡宮か!(゚Д゚)ノx±x。
10004.ブニャガミ

ブニャ釣り少年?
♪ブニャ釣り少年時代が~・・・φ^±^ノ
Kinki Kidsも歌ってましたよね。^±^;
「硝子の少年時代」だろうが!(゚Д゚)ノx±x・・・ア、ソウカ
10940.ブニャ釣り少年

それがロボット化されただけの、ブニャ釣り少年ロボ。
この辺で、わくわくフィッシングの手抜きをひしひしと感じます。^±^;
10947.ブニャ釣り少年ロボ

ブニャシップ。
もういい加減にしてくれ、ですわ。^±^;
10951.ブニャシップ

キングトモーブニャ。
先ほど、ブニャキングも出てましたが、絵に先ほどのキングのかけらもない!
とうとう、絵も矛盾してきました。^±^;
もう何とでもやってくれ、ですわ。^±^;
10955.キングトモーブニャ

真・タケシブニャ。
このタケシというのはこのゲーム内での、釣具屋のオヤジですが、スタッフの思い付きのネーミングはひしひしと伝わります。
伝わりますが、文句を言いつつも。^±^;
延々と遊ぶのであります。^±^;
文句言うなら遊ぶなよっ!(゚Д゚)ノx±x。
10958.真・タケシブニャ

キングブニャシップ。
適当に名前を付ければいいってもんじゃねえぞ!(゚Д゚)ノx±x
10961.キングブニャシップ

宇宙ブニャ。
どこでも行きやがれ、ですわ。^±^;
ついでにお前も一緒に、宇宙の藻くずになれよなっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ヤダヨー
11710.宇宙ブニャ

取り乱しました。^±^;
でも実は、楽しくやってます。^±^;

今年最後の、簡単短歌。^±^ノ

簡単短歌、カンタンタンカ。
逆から読んでも、カンタンタンカ。^±^ノ

毎月、いちいちプレッシャーになるんなら。(゚Д゚)ノx±x
いい加減にやめろよなっ!(゚Д゚)ノx±x。

宵以外 聖なる夜とは 言えないな 
       えい、鳩寄るな 威勢がいいよ

(ヨイイガイ セイナルヨトハ イエナイナ エイハトヨルナ イセイガイイヨ)

うーん、簡単川柳ならすぐにできたんだけどなあ。^±^;

クリスマス サンタが探査 済ます陸
(クリスマス サンタガタンサ スマスリク)


ジュレさんのにゃ~にゃ~の日

詳しくは、ジュレさんのところへへどうぞ。^±^ノ

皆様も、ご参加をお願いします。^±^ノ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    人生の ホールインワン

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長