イソップ童話概説297.農夫と鶴

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説297.農夫と鶴

(原文ママ)

小麦を播いた(まいた)ばかりの農夫の畠(はたけ)を、鶴が荒らしまわっていた。農夫は長い間、石を番えずに(つがえずに)投石器を空打ちして、音で怖がらせて追い払っていた。やがて鶴は、投石器を空気で鳴らしてもこたえなくなって、それからは馬鹿にして逃げなくなった。とうとう農夫も、もはやそれまでのやり方は止めて、実際に石を飛ばしたら、随分の鶴を打ちすえた。鶴たちは、畠を後にしながら、叫び交わして、
「ピグミーの国へ逃げて行こう。この男はもうわれわれを脅すだけではないようだ」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

これは烏や猿の害に似たものがありますよね。^±^;
しかし現実的には、奴らはもっと頭がよく、実際に石を当てても、次の知恵を考えるんですよね。
夜やってくるとかね。

注釈が二つ書かれていました。
「投石器」の説明ですが、革紐(かわひも)を二つに折り、谷底の部分に石を乗せ、紐二本を持って降りまわしつつ巧みに片方を放して、遠心力で石を投げる仕組みなのだそうです。
「ピグミー」とは、アフリカ、インド、スキュティアなどに住むとされた小人族だそうです。ホメロス「イリアス」(3・6以下)では、鶴群が冬の嵐を避けて南へ渡り、ピグミー族に死をもたらす、というそうです。
 
スポンサーサイト

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説296.農夫と助けられた鷲

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説296.農夫と助けられた鷲

農夫が罠にかかった鷲を見つけましたが、その美しさに感心して逃がしてあげました。
すると、鷲は、崩れかけた壁の下に農夫が座っているのを見て、頭にかぶった帽子をさらいました。
安全な場所で鷲が帽子を落とすと、農夫はそれを拾い上げ、戻ると、座っていた壁が崩れ落ちていました。
農夫は、鷲が恩返ししてくれたのだな、と感じました。
善い行いは報われるということですね。

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

今回は本当に「ひとこと」になりますが。
これはいいお話でした。^±^
人から善いことをしてもらったら、善行でお返ししましょう、ってお話ですね。
心が洗われました。^±^ノ

「ひとこと」でもないじゃんか!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

空倶楽部・ヒメサユリ旅行総括&七夕の夜(大きい画像)

今月は、ヒメサユリ月間、ということで、今回が南会津旅行総まとめです。
すべて、1280ピクセルの大きな画像でお届けします。^±^ノ
今回は、空あり、花ありです。^±^ノ

駒止湿原(こまどしつげん)、撮影中。
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括01

カクマ谷地、初ヒメサユリ。
ヒメサユリは、クッピーラムネの香りがします。^±^;
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括02

南郷スキー場のヒメサユリと、界(さかい)集落。
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括03

南郷スキー場のヒメサユリ。
やはり、クッピーラムネの香りでした。^±^;
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括04

でも、クッピーラムネのウサギとリスって、偽善っぽいですね。^±^;・・・これだけはサムネイルではありませんわ
撮影の手前、ニコニコしてますが・・・。^±^
バチボコ、お互いに紅蓮の炎がメラメラですわ。^±^;
リス、ラムネ落としてるし。^±^;
それをいち早く、ウサギが目敏く(めざとく)見てるし。^±^;
絶対ウサギ、拾い食いするな・・・。^±^;・・・「拾い食い」って
それが原因で、こいつら、喧嘩するな、きっと。^±^;・・・カルシウム入り
勝手にストーリーを考えるなよなっ!(゚Д゚)ノx±x。
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括04追加

♪チャッチャチャッチャチャッチャ~・・・φ^±^ノ
新聞によりますと~。^±^ノ
クッピーラムネを排他的領域で搾取したウサギが~。^±^ノ
歯痛に悩まされてリスを訴えるというお粗末な事件がありました~。^±^ノ


「ウイークエンダー」じゃねえんだからよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・こいつ、本当に悪い奴ですよ

事件のポイント

その1:持っているラムネの数が、ウサギが3個に対し、リスが4個。
リスが1個多くガメる。
その2:リスがそのうち1個落としているのを、ウサギが目敏く(めざとく)見つける。
その3:ウサギは「1個多くとったからだ、ザマミロ」と、内心で思って、隙あらば拾い食いをと、計略する。
その4:リスも自分が落としたラムネに気づき、ラムネの所有権を主張する。
(所有権の主張って・・・^±^;)
その5:ウサギは地面に落としたのを見計らって、たちまち、それを搾取、口に放り込もうとする。
(意地汚いなあ・・・^±^;)
その6:リスはリスで、落とした位置を「排他的領域内」とあくまでも権利は自分にあり、主張する。
(「排他的領域内」って・・・^±^;・・・ミサイルを落としたんじゃないんだから許してやれよって話)
(そもそもラムネが資源かよ、って話も。^±^;・・・というか、たかがラムネでドケチだなあ)
その7:結局、ウサギが強引に口に入れ、それがきっかけで歯痛(はいた)に悩み、治療費をリスに請求する。
(自業自得だろうが、って話。^±^;・・・それになんかオチもわかって来たぞ)
その8:これがきっかけで裁判沙汰になり、仲たがいする。
(一般にこれを、「クッピーラムネ・歯痛的領域所有権財産事件」と呼ぶ。^±^;)


・・・くだらない事件だなあ。^±^;・・・ちっとも財産じゃないや
お前が勝手にストーリーを作ってくだらなくしたんじゃないかよっ!(゚Д゚)ノx±x
てか、最後は子供だましのダジャレかよっ!(゚Д゚)ノx±x。
あ、くれぐれも、ポイントは「排他」と「歯痛」ね。^±^;・・・今治水(こんじすい)でも塗ればいいのに
そんな子供だましのダジャレ、誰でもわかるわい!(゚Д゚)ノx±x。・・・提供は丹平製薬でした

「さゆり荘」到着後の夕陽がきれいだったなあ。
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括05

日が沈んでゆく時間に、夕食でしたが。^±^;
20170618・湿原とヒメサユリの旅総括06

翌日、早朝のさゆり荘前も良かったです。
遠くの山に、朝もやがかかってました。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括07

朝もやの山にも行きたかったですが、遠そうなので止めちゃいました。
前日に行った「カクマ谷地」へ行きました。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括08

宮床湿原(みやとこしつげん)も、規模こそ大きいとは言えませんが、景色は良かったです。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括09

タテヤマリンドウが咲いてました。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括10

湿原には、ヒツジグサでしょうか。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括11

山の上の小さな湿原に広がる空が、きれいでした。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括12

湿原の規模が小さいだけに、ワタスゲが目立った湿原地でした。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括13

さてこちらは、矢ノ原湿原(やのはらしつげん)。
南会津町の隣の、昭和村にあります。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括14

こちらも神秘的な、矢ノ原沼の水鏡が見られました。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括15

ヒツジグサが浮かんでいる水鏡です。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括16

こちらは一番最後に行った観音沼。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括17

クリンソウが咲いてました。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括18

こちらの木の形が、やけに印象的でしたね。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括19

とっぷりと陽が沈んでしまった観音沼です。
時間がなかっただけに、もう一度行ってみようかと思ってます。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括20


さらに、おまけの画像です。^±^ノ
観音沼の観音堂です。こちら、表向きは仁王様が鎮座してましたが。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括おまけ1

その裏は、アルフィーの高見沢俊彦さんみたいな狛犬でした。^±^;・・・メリーワン
メリーアンだろうが!(゚Д゚)ノx±x。
一応こちらも「阿吽」で、阿吽の「阿」。^±^・・・角が生えてますし
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括おまけ2

もう一対の阿吽の「吽」。
髪の毛と目の所が、高見沢さんに似てます。^±^;・・・星空のディスワンス
「星空のディスタンス」だろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括おまけ3

狛犬は狛犬で、変な球を転がしてるし。^±^;
20170619・湿原とヒメサユリの旅総括おまけ4


さらに、2017年7月7日の七夕の様子です。^±^
こちらも特別、1280ピクセルで。

今回の七夕は、珍しく雨ではありませんでした。
20170707・七夕空1

この日は、同時に、月と土星との位置が最接近、ということで・・・。
天気が良ければ土星が見られるはずだったのですが。
20170707・七夕空2

残念、そこまで天気は良くなかったです。
第一、月は見えても星が見えないです。^±^;
20170707・七夕空3

我が家の近所の夜です。
20170707・七夕空4

7月14日、北野天神社で八雲祭を開催するようです。
20170707・七夕空5

それと、納涼盆踊りが、7月15日に行うとのことで。
結局、どっちも行きませんでしたがね。^±^;
20170707・七夕空6


空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

イソップ童話概説295.鍬をなくした農夫

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説295.鍬をなくした農夫

(原文ママ)

農夫が葡萄畑(ぶどうばたけ)に溝を掘っていくうちに鍬(くわ)がなくなったので、一緒にいた作男の誰かが盗んだのではないかと、調べてみた。誰も取ったとは言わないので、どうしてよいか分からず、誓約して言わせるため、全員を町へ連れて行くことにした。田舎に住む神々はぼんやりだが、城壁の中の神々は誤ることなく、すべてお見通しだ、と言われていたからである。
城門をくぐり、小物袋は横に置いて、泉で足を洗っていると、町の触れ役が大声で、神殿から盗まれたもののありかを教えたら、賞金千ドラクメ出すぞ、と叫んでいる。農夫はこれを聞いて言うには、
「やってきたのも無駄だったわい。自分のものを盗み出した犯人が分からず、知っている者はないかと賞金を出して探すような神様に、どうして他所(よそ)の家の泥棒が分かるもんか」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

この話は少々長いですが、省略するとわからなくなるので、あえて「原文ママ」にしました。
まあ、そんなものですね。町の神様は。^±^;
ちなみに、ドラクメとは貨幣の単位ですね。
ローマの銀貨で、1ドラクメが一日の賃金分と言います。^±^
1万円ぐらいじゃないかと。^±^;
まあ、ちょうど、ドラクエを買える値段でしょうかね。^±^;
「ドラゴンクエスト」はこの時代にはないかんな!(゚Д゚)ノx±x。

「1ドラクメでドラクエを買う」、って・・・^±^;
だからあ!(゚Д゚)ノx±x
ドラクエはこの時代、ないって言ってるだろうが!(゚Д゚)ノx±x
わからんやっちゃなっ!(゚Д゚)ノx±x
それどころか、ファミコンもないわ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説294.鶴と孔雀(くじゃく)

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説294.鶴と孔雀(くじゃく)

(原文ママ)

灰色の鶴が、金色の翼で羽ばたく姿のよい孔雀(くじゃく)と競い合った。鶴の言うには、
「しかし、君はこの羽根の色を馬鹿にするけれど、僕はこれで星の側まで飛んで行って歌うのだ。君なんか鶏(にわとり)みたいに、地上で金鍍金(きんめっき)の羽根をばたつかせるだけだ。高く上がれもしない」
錦を着て夜行くよりも、襤褸(ぼろ)を纏って(まとって)称えられたいものだ。

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

嘘だあ~。^±^;
「僕は星の側まで飛んで行って歌う」って。^±^
どうせ、粋がっても、成層圏を出られないし。^±^;・・・現実を見ろよって話

夢も希望もないことを言うなよな!(゚Д゚)ノx±x
せめてもの、鶴の強がりなんだからよっ!(゚Д゚)ノx±x。

イソップに逆らう法はないけど。^±^;
でも、世の中って、錦を纏う方が称えられるんだよねえ。^±^;
悲しいけど、人間界ってさ・・・。^±^。 ホロリ
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

2017年大相撲名古屋場所

2017年名古屋場所です。

2017年名古屋場所の番付です。
サムネイル版ですのでクリックしてご覧下さい。
20170724・相撲01・大

十両の成績です。
20170724・相撲02・十両

次場所の予想番付です。
20170724・相撲03・予想番付

優勝と三賞です。
優勝=白鵬(39)
三賞は後述します。
20170724・相撲04・優勝三賞

十両以下の優勝者です。
20170724・相撲05・十両以下優勝・中

番付の東、上位です。
20170724・相撲06・番付東上位

番付の西、上位です。
20170724・相撲07・番付西上位

幕内・十両までの改名力士・岩崎=翔猿(とびざる・十両)

幕内・十両までの引退力士・=(なし)
佐田の富士が西三段目6枚目で、朝赤龍が西幕下14枚目で引退しました。

優勝者星取表です。
20170724・相撲08・白鵬=優勝

白鵬の優勝回数です。
20170724・相撲09

続いて、三賞です。

殊勲賞=御嶽海
白鵬に勝ったのが負い大きいですね。
20170724・相撲10・御嶽海=殊勲賞

敢闘賞=碧山
13勝2敗、これは堂々たる成績です。
20170724・相撲11・碧山=敢闘賞

技能賞=該当者なし

ただ、今場所は三賞候補が多いですね。
三賞候補が多すぎて、逆に三賞をあげられなかったのかも。技能賞は、宇良が勝ち越せばもらえたのかもしれませんが、残念ながら負け越したため、該当者がいなくなったのでしょう。
では、勝ち越し力士の三賞候補を考えてみました。

嘉風(東小結)
上位を次々と破って、前半の目玉でしたね。また、大雨の被災地・大分県に大きなエールを送りました。
20170724・相撲12・嘉風

栃ノ心(東前頭2枚目)
前半から後半まで、コンスタンスに強かったですよね。充分、上位にも強かったです。
20170724・相撲13・栃ノ心

北勝富士(西前頭2枚目)
初挑戦で、大関以上に3勝3敗は立派。三役にも2勝2敗で、上位に五分でした。前半の目玉でしたね。三賞は千秋楽に勝てば殊勲賞と、条件付きだったのかも。
20170724・相撲14・北勝富士

栃煌山(西前頭5枚目)
12勝もしたのですから条件付きで三賞に挙げてもよかったと思うんですが。それも大関の高安に勝ってでの12勝なんですから。
20170724・相撲15・栃煌山

阿武咲(西前頭6枚目)
この位置で10勝は立派。それも面白い相撲が多かったです。技能賞の候補にあげてもよかったのでは、と思います。
20170724・相撲16・阿武咲

以下は、三賞候補外ですが・・・。
成績が良かったので入れておきます。^±^ノ
どうせ写真数の調整のためだろうが!(゚Д゚)ノx±x。

千代大龍(東前頭10枚目)
まあ、この位置ですからね。ただ、時折、好調な力士を倒すので面白かったですが。
20170724・相撲17・千代大龍

松鳳山(西前頭10枚目)
こちらもこの位置でこの成績は当然かもしれません。後半、どんどん勝っていきましたね。
20170724・相撲18・松鳳山

そのほかは、全体の番付をご覧下さい。

==================

さて、毎回のお約束、次の場所の予想をしましょう。

今場所は、三役、幕内ともに、陥落者が少ないので、入れ替えはどちらも少なそうです。

関脇と小結の予想です。
関脇は、御嶽海と嘉風ですかね。玉鷲が7勝なので、小結にとどまりそうです。また、前頭2枚目で9勝の栃ノ心が小結でしょうか。
というのも、碧山は常に大関以上の上位と戦ってないので、前頭上位でとどまると思います。

幕内と十両の入れ替え予想です。
幕内から十両陥落は、東16枚目で3勝の臥牙丸、西前頭15枚目で4勝の琴勇輝は確実に陥落ですね。この2人は、一気に十両の中位から下位くらいまで落ちそうです。
また、西13枚目で6勝の蒼国来が陥落しそうです。東ならばとどまっても、西での6勝は厳しいです。したがって、どうもここまでは陥落が決まりそうです。
さらに、東9枚目で4勝の徳勝龍も陥落危機ですね。それから、前西3枚目で休場し、2勝しかできなかった遠藤まで陥落がありそうです。というのも、遠藤は前頭上位とはいえ、三役以上と対戦してないことを見ると、もしかすると陥落でしょう。前頭西9枚目で5勝の隠岐の海よりも、陥落の可能性は高そうです。
蒼国来はともかくとして、徳勝龍と遠藤は、本来ならば陥落対象にならない成績なので、こればかりはなんともわかりませんが・・・。
あくまでも兼ね合いということでしょうが、相撲協会は頭を悩ませるでしょうね。
十両から幕内に上がれそうなのは、東筆頭で10勝の魁聖は決まりでしょう。しかし、それ以降は、団子状態なんですよね。
東5枚目で11勝の豊山、西5枚目で11勝の朝乃山は昇進でしょう。ここまでは昇進確実と思います。
ただ、東4枚目で10勝の妙義龍、西4枚目で10勝の安美錦と、本来ならば昇進してもおかしくない成績なんですね。ここが、徳勝龍、遠藤との兼ね合いになるかと思います。
したがって、入れ替えは3~5人になるかもしれません。
なお、大奄美は、十両優勝しましたが、幕内にそこまで落ちる力士がいないのと、位置が東十両8枚目なので、昇進はありえないと思います。

十両と幕下の入れ替え予想です。
こちらは4名ほどの入れ替えがありそうですが、幕内入れ替えに比べて、こちらの方がわかりやすいです。
東十両13枚目で3勝の里山、東十両12枚目で5勝の北太樹、西十両14枚目の幕尻で6勝の翔猿、西十両13枚目で4勝の力真は幕下陥落が確実です。
幕下から十両に上がれそうなのは、東幕下11枚目の矢後が15枚目以内で全勝優勝したので文句なく昇進です。
あとは、東2枚目で6勝の北磻磨 (きたはりま)と、東筆頭で4勝の希善龍は昇進確実でしょう。
それから、東3枚目で5勝の大成道(だいせいどう)も昇進でしょう。
ちょうど4名の入れ替えで決まると思います。

~~~~~~~~~~~~

北勝富士情報。^±^ノ

北勝富士(大輝)関の実家が、我が家の散歩コース内なので、特に応援してたりします。

20170724・相撲14・北勝富士

前頭2枚目まで昇ると、初日から大関か横綱に当たりますね。
負け越しても5勝ぐらいすれば拍手をあげたい、と思ったのに。
それどころか、前半は、名古屋場所の「目玉」のような大活躍。^±^ノ

北勝富士の初日は新大関の高安でしたが、よく勝ちましたね。しかも決まり手は堂々の「押し倒し」。
初めて大関以上にあたったのですが、見事に初日に勝利を収めました。
ただ、同じく新鋭の貴景勝も大関の照ノ富士に勝って、目立たなくなりましたが。
さらに、北勝富士が勝ったのを引き金として、貴景勝の他にも、栃ノ心が大関・豪栄道に勝って、また関脇・御嶽海が横綱・稀勢の里に、小結・嘉風が横綱・日馬富士に勝ち、荒れた場所になりました。
2日目は関脇の御嶽海ですが、天敵ですね。技も出せず、萎縮しちゃってます。「蛇に睨まれた蛙」です。
肩の力を抜いて、もっと気楽にやったらいいと思いますが。
3日目は横綱の鶴竜。これは北勝富士のほうが当たりが良かったですね。
相撲の基本である、顎を引いて戦うのが功を奏して、横綱初挑戦にして金星をあげました。
顎を引いてるので、相手も力が出せなくなったようで、これは殊勲でもあるかもしれませんが、技能的な戦いでもありました。
4日目は大関の照ノ富士ですが、これまた北勝富士が押し出して勝ちました。
これで3勝1敗です。しかも大関と横綱には今のところ全員勝ってます。
なお、横綱の鶴竜は押し出されたのが原因で休場しました。もはや、上位陣のほうが委縮してますね。
ちなみにこの日は貴景勝が白鵬と対戦しましたが、こちらは全然まだ歯が立たなかったです。しまいには、白鵬が本番中に、ぶつかり稽古の練習よろしく、相手に胸を貸してやる、という体現で、余裕を見せつけられちゃったし。
5日目、横綱日馬富士には簡単にやられましたが、これが普通です。^±^;・・・ドンマイ
6日目も横綱白鵬ですからね。負けは当然で、すべて勉強。それよりもオール上位相手でここまで3勝3敗は大健闘以上です。
7日目は小結の嘉風です。危なかったですが、勝ちました。。終始押され気味で、土俵際での大逆転。足が残ってたんですよね。
8日目は大関の豪栄道です。横綱の稀勢の里が休場したので、大関以上との対戦はこれが最後ですね。しかし、簡単に押し出され、相撲にならないです。そういえば高校の先輩だし、きっと萎縮するんでしょうね。4勝4敗。勝ち越しが難しそう。
同時に、この日は宇良が横綱の白鵬と対戦しましたが、まだまだ歯が立たないです。
9日目の勢には勝って欲しかったです。この相撲を見て、もう今場所の勝ち越しはないかな、と思ったほどです。ちなみに、この日、宇良は堂々、横綱日馬富士に勝ちました。
10日目も、輝に勝ったことは勝ちましたが、これも褒められた相撲ではありませんね。7日目あたりから、急に相撲が雑になり、引き技が多くなりました。正直、後半大失速ですね。
11日目。栃ノ心にいいところもなく負けました。うーん。守りに入ってるんでしょうか。或いは疲れでしょうか。それとも変な欲が出てしまったのでしょうか。
12日目。貴景勝になんとか勝ちましたが、相手の足が滑ってラッキーでした。苦し紛れな相撲が続きますね。
13日目。相手は関脇の玉鷲ですから、簡単に負けるかと思いきや、今日は久しぶりに良かったですね。積極的に押し出し、この日の相撲が今後の北勝富士の試金石(しきんせき=力量を図る基準)となるでしょうね。これで7勝6敗です。
14日目は、石浦でした。今日の相撲も積極的でした。相手が力に屈し、そこを押し出し、とうとう勝ち越しました。8勝7敗。
千秋楽は小結の琴奨菊ですね。琴奨菊はこの時すでに負け越して小結から転落です。
実は、この日は八王子の温泉に出かけてて見なかったんですが、勝っていたら何か賞をもらえてたのかもしれませんね。
でもここで負けるということは、まだ稽古が足りないでしょうね。

結論。北勝富士は、今回は良かったです。よくぞ勝ち越しました。それだけでも褒めたいです。
ただ、弱点は「スタミナ」で、これからの大きな課題だと思います。
せっかく前半勝っても、中半から後半にばててはどうしようもなく、それには稽古あるのみです。
もっとも、後半も前半と同じくらい強くなれば、大関相撲ですけどね。^±^
それともう一つの弱点は、苦手な力士に何もできないことがありますね。どうも権威に弱く、学生力士の先輩には弱そうです。御嶽海や豪栄道あたりに勝たないと、今後はだめですね。それから個人的に勢にも弱いので、今後は、しっかりと対策を取って、研鑽していったほうがいいのかと思います。

それでも実力は充分で、そこそこの上位には通じると思いますので、今後の稽古次第では、楽しみです。
この位置だと、「大負け」しても不思議ではないですからね。
しかるに、研究される次の場所こそ、正念場、鬼門になるかと思います。
何はともあれ、今場所はよくやりました。^±^ノ・・・お疲れ様でした

~~~~~~~~~~~~

それでは、来場所、またお目にかかりましょう。^±^
ではでは~。^±^ノ

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

雑草倶楽部(2017年7月)・湿原とヒメサユリの旅の花々

今月の花です。^±^

1.駒止湿原(こまどしつげん)

見えますか。丸い、ゼンマイのような小さな赤いものがそうなのですが。
ツアーのガイドさんに教えてもらいました。
マルバノモウセンゴケ。モウセンゴケ科、モウセンゴケ属。丸葉毛氈苔。
20170618・南会津植物01・駒止・マルバノモウセンゴケ

コシアブラは、小さい芽を天ぷらにすると美味らしいですよ。
コシアブラ。ウコギ科、ウコギ属。漉油。
20170618・南会津植物02・コシアブラ

ニッコウキスゲは正式にはゼンテイカ。
言ってみれば、ノカンゾウやヤブカンゾウなど、「ワスレグサ」と呼ばれる花の親類みたいなものですが。
少し前は、「ユリ科」として分類していたのではないかと思いますが。
ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)。ススキノキ科、キスゲ亜科、ワスレグサ属。禅庭花(日光黄萓)。
20170618・南会津植物03・ニッコウキスゲ

ミズバショウも4月に狭山湖周辺で見ましたね。カタクリの季節に咲いていました。
ミズバショウ。サトイモ科、ミズバショウ属。水芭蕉。
20170618・南会津植物04・ミズバショウ

このオレンジ色が魅力的ですよね。花の形も「大雑把」なところが好感が持てます。
レンゲツツジ。ツツジ科、ツツジ属。蓮華躑躅。
20170618・南会津植物05・レンゲツツジ

こちらは準グランプリです。雑草ではないですけどね。^±^
タテヤマリンドウは高山植物で、春型リンドウですね。可憐な、小さな花です。
花は日があたっている時だけ開き、曇天、雨天時は、筆先の形をした蕾状態になって閉じているそうです。
うーむ、確かに、日が差し始めた時にちょうど見かけたのが良かったかも。
タテヤマリンドウ。リンドウ科、リンドウ属。立山竜胆。
20170618・南会津植物06・タテヤマリンドウ

まるでイチゴの果実のように見える花です。和名の由来は、花の様子が仏像が身につけている装身具の「瓔珞(ようらく)」に似ているところから。
ウラジロヨウラク。ツツジ科、ヨウラクツツジ属。裏白瓔珞。
20170618・南会津植物07・ウラジロヨウラク

今回の「駒止湿原」の第一のお目当てはこれ。
実は、駒止湿原で一番の名物はワタスゲの咲く季節、つまり今頃ともいわれてます。
別名、スズメノケヤリ(雀の毛槍)というそうです。
ワタスゲ。カヤツリグサ科、ワタスゲ属。綿菅。
20170618・南会津植物08・ワタスゲ

ショウジョウバカマですが、変色してしまって黄色くなっています。これはこれでキレイですが。
花が赤いのを猩々(しょうじょう=中国の伝説上の動物のこと)になぞらえ、根生葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたとのこと。
参考までに、ツアーのガイドさんは、「少女袴」としてたとえていて、「今見てもババアバカマだ」と笑ってましたが。
口が悪いよなあ。^±^;
ガイドさんは、毒蝮三太夫さんかよ!(゚Д゚)ノx±x
ショウジョウバカマ(変色)。メランチム科、ショウジョウバカマ属。猩々袴。
20170618・南会津植物09・ショウジョウバカマ(変色)

水位器の根元に、モウセンゴケが。見えますかね。
モウセンゴケ。モウセンゴケ科、モウセンゴケ属。毛氈苔。
20170618・南会津植物10・モウセンゴケ

ヒメカイドウ、ミツバカイドウ、ミヤマカイドウ、コリンゴ、コナシ、サナシなどともいわれます。
樹皮を煮詰めると染料になるとか。
ズミ(蕾)。バラ科、ナシ亜科、リンゴ属。酸実、桷。
20170618・南会津植物11・ズミのつぼみ

ズミの花です。
ズミは、つぼみはピンクが買ってますが、花は白いです。
20170618・南会津植物12・ズミの花

ヤマドリゼンマイは、この地方では「カクマ」というそうです。
「カクマ」とは、「カクマリ」の転訛したもののようです。信越地方では「リョウメンシダ」をカクマと呼び、食用としたようです。
もっとも、シダの古名を「カグマ」といい、「イシカグマ」という植物もあるんですがね。
参考までに、「カグマ」を充てる漢字はありません。
ヤマドリゼンマイは、ゼンマイよりも毛深く、黒いです。
ヤマドリゼンマイ(カクマ)。ゼンマイ科、ゼンマイ属、ヤマドリゼンマイ亜属。山鳥薇、山取り薇。
20170618・南会津植物13・ヤマドリゼンマイ(カクマ)

こんな高地に、ネコヤナギがあるとは思いませんでした。
ネコヤナギ。ヤナギ科、ヤナギ属。猫柳。
20170618・南会津植物14・ネコヤナギ

ツボスミレの中でも、高地に咲く白い菫ですね。
ミヤマツボスミレ。スミレ科、スミレ属。深山坪菫。
20170618・南会津植物15・ミヤマツボスミレ

なんだかかゆくなりそうな名前ですが、漢字で書いてもズバリそのものの字です。
別名は「ニオイコブシ」。文字通り、匂うこぶしです。
また、「カムシバ」ともいわれ、それは「噛む柴」の意味で、葉を噛むとキシリトールのような甘味がするからだとか、それが転じて「タムシバ」になったとも。
タムシバ。モクレン科、モクレン属。田虫葉。
20170618・南会津植物16・タムシバ

クロモジは高級なつまようじの原料になります。枝はいい匂いがします。
クロモジ。クスノキ科、クロモジ属。黒文字。
20170618・南会津植物17・クロモジ

こちらも高山のスミレです。
ミヤマスミレ。スミレ科、スミレ属。深山菫。
20170618・南会津植物18・ミヤマスミレ

ミヤマガラシ(深山芥子)とも呼ばれます。山地に自生します。
ヤマガラシ。アブラナ科、ヤマガラシ属。山芥子。
20170618・南会津植物19・ヤマガラシ

心なしか花が大きいんですが、でも形からノミノツヅリですよ、ね?
ノミノツヅリ。ナデシコ科、ノミノツヅリ属。蚤の綴り。
20170618・南会津植物20・ノミノツヅリ

2.カクマ谷地(かくまやち=高清水自然公園)

ヒラドツツジ。ツツジ科、ツツジ属。平戸躑躅。
20170618・南会津植物21・カクマ谷地・ヒラドツツジ

これはウラジロヨウラクより、がくの部分が長いので区別できます。
しかし、ウラジロヨウラクと一緒くたにしてる方もいらっしゃいます。
ガクウラジロヨウラク。ツツジ科、ヨウラクツツジ属。萼裏白瓔珞。
20170618・南会津植物22・ガクウラジロヨウラク

シャガより一回り小さいです。しかし、花は少なく、絶滅危惧です。
ヒメシャガ。アヤメ科、アヤメ属。姫射干、姫著莪。
20170618・南会津植物23・ヒメシャガ

この一見扁平に見える花びらが特徴的ですね。
スイカズラの仲間なんですね。
タニウツギ。スイカズラ科、タニウツギ属。谷空木。
20170618・南会津植物24・タニウツギ

名前の通り、黄色いレンゲツツジですね。
きれいです。^±^ノ
キレンゲツツジ。ツツジ科、ツツジ属。黄蓮華躑躅。
20170618・南会津植物25・キレンゲツツジ

これは文句なくグランプリです。^±^ノ
雑草どころか、絶滅種ですが。^±^;
オトメユリは、5~6年育てて、やっと花が一輪策というほど、手入れも大変です。
さらに1年育てて2輪花が付くというから非常に大変のようですね。
日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳、朝日連峰、周辺にしか群生していない貴重な植物です。
オトメユリ(ヒメサユリ)。ユリ科、ユリ属。乙女百合(姫早百合・姫小百合)。
20170618・南会津植物26・オトメユリ(ヒメサユリ)

こちらもタニウツギでしょうか。こちらのほうがかわいいですね。
ただ、花が扁平に見えないですし、タニウツギとは見るからに違った風体です。
むしろ別種として扱ってもいいのではないかとも思ってます。
20170618・南会津植物27・こちらもタニウツギと思う

ブナ帯林の山地の林縁などでよく生育するようです。
ミヤマニガイチゴ。バラ科、イチゴ属。深山苦苺。
20170618・南会津植物28・ミヤマニガイチゴ

基準産地は福島県会津とのこと。茎の高さが1メートルほどあり、大きかったです。とげが痛そう。
オニアザミ。キク科、アザミ属。鬼薊。
20170618・南会津植物29・オニアザミ

全草を肥料・牧草にするので、馬の肥やしという意味でこの名前が付いたらしいです。
実は地中海が原産で、江戸時代ごろに日本に入ってきたらしいです。唐草(からくさ)、特牛肥やし(こっといごやし)とも。
ウマゴヤシ。マメ科、マメ亜科、シャジクソウ連、ウマゴヤシ属。馬肥、苜蓿。
20170618・南会津植物30・ウマゴヤシ

百合の仲間かと思いきや、さにあらず。
小さくて可愛らしいことから「稚児ユリ」と呼ばれ、花言葉は恥ずかしがり屋、純潔。
チゴユリ。イヌサフラン科、チゴユリ属。稚児百合。
20170618・南会津植物31・チゴユリ

別名は岩黄櫨(いわはぜ)とも。
花が終わると萼が成長し、果実を包み込み、赤色の果実となり、食べられます。甘くておいしいそうです。
その赤い実が「赤桃(あかもも)のようだからということで、これが訛って(なまって)、「アカモノ」になったらしいです。
アカモノ。ツツジ科、シラタマノキ属。赤物。
20170618・南会津植物32・アカモノ

ウマノアシガタの八重咲を「キンポウゲ」というそうです。金鳳花ですね。
ですから、キンポウゲ科というのも、ウマノアシガタのことなのです。
名前の由来は、根生葉を馬の蹄に見立てたものらしいです。
ウマノアシガタ。キンポウゲ科、キンポウゲ属。馬の足形、毛茛。
20170618・南会津植物33・ウマノアシガタ

これは赤松の雄花でしょうか。花を見たのは初めてかもしれません。ちょっと感激。
アカマツ。マツ科、マツ属。赤松。
20170618・南会津植物34・アカマツ

我が家の周辺では、4月に咲いていたギンランですが、こちらで今頃咲くのですね。
2か月ほどの気温差がある、ということですかぃ。(゚Д゚)ノ
ギンラン。ラン科、キンラン属。銀蘭。
20170618・南会津植物35・ギンラン

3.さゆり荘付近

花に白っぽい線状の模様のあるカキツバタ。かわいい花ですね。
カキツバタ。アヤメ科、アヤメ属。燕子花、杜若。
20170618・南会津植物36・カキツバタ

4.宮床湿原(みやとこしつげん)とその周辺

「アジサイのような感じで、あ、でも、アジサイじゃないや」、などと思ったら、この花かアマチャ、ノリウツギあたりかと。
もっとアジサイに近いのでコアジサイもあり得ますが。^±^;
ヤブデマリ。スイカズラ科、ガマズミ属。藪手毬。
20170619・南会津植物37・ヤブデマリ

コバイケイソウは、駒止湿原はまだ開花したばかりでしたが、こちらの宮床湿原では、もう少し成長しているようです。
猛毒で、口にしないように。
全草にプロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持ち、誤食するとたちまち嘔吐や痙攣を起こし、死に至ることもあります。
侮れないなあ。+±+
コバイケイソウ。ユリ科、シュロソウ属。小梅蕙草。
20170619・南会津植物38・コバイケイソウ

宮床湿原は、駒止湿原と同じ種類の花が咲いているので、同じ種類の花は省略します(タテヤマリンドウ、ワタスゲなど)。

5.高清水自然公園

オオイワカガミは、ふわふわっとした花なのですが、残念。これはもう花はつき終わり、実のようですね。
実になったオオイワカガミもかわいいですけどね。^±^;
オオイワカガミ(実)。イワウメ科、イワカガミ属。大岩鏡。
20170619・南会津植物39・オオイワカガミ(実)

6.観音沼

ショウブの中で異彩を放つ、キショウブ。ほかの勝負はみんな青ですからね。
ハナショウブにはピンクもあるぞ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ア、ソウカ
キショウブ。アヤメ科、アヤメ属。黄菖蒲。
20170619・南会津植物40・キショウブ

クリンソウも見つけました。準々グランプリです。

 沼辺の君 どこから見ても クリンソウ

クリンソウは東西南北、上下、どの位置から見てもクリンソウですね。
どんな角度でも、どんな方向からでも、花びらが笑いかけるようで、かわいいです。
クリンソウ。サクラソウ科、サクラソウ属。九輪草。
20170619・南会津植物41・クリンソウ

みたらせ沼にはヤマオダマキが多いです。
ランプのような花は、女王様のように美麗を皆に伝えています。
ヤマオダマキ。キンポウゲ科、オダマキ属。山苧環。
20170619・南会津植物42・ヤマオダマキ

フタリシズカですね。小さなヒトリシズカよりも花らしいといえば花らしいけど。
でも、本当に花らしいのかというと、もやもやする・・・そんな花ですよね。
かわいいけどね。^±^
でも、どうしても・・・。^±^;
ドラえもんに出てくる源静香ちゃんのほうがかわいいよなあ。^±^;
てか、「チャラン属」って・・・^±^;
チャーザー村の林家こん平さんかよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・チャラ~ン
フタリシズカ。センリョウ科、チャラン属。二人静。
20170619・南会津植物43・フタリシズカ

サラサドウダン。高い木の上で、赤いランプのように花をつけていました。
ドウダンツツジは白いランプのようですがね。^±^;
サラサドウダン。ツツジ科、ドウダンツツジ属。更紗灯台、更紗満天星。
20170619・南会津植物44・サラサドウダン

最後はヤマボウシ。大きな花びらが特徴ですね。
ヤマボウシ。ミズキ科、ミズキ属。山法師、山帽子。
20170619・南会津植物45・ヤマボウシ

では、最後に、ヒメサユリの花を3枚、どうぞ。

19日、高清水公園に咲いてたヒメサユリです。
20170619・南会津植物46

18日、南郷スキー場で咲いていたヒメサユリで濃いピンクの花です。
20170619・南会津植物47

同じく18日、南郷スキー場で咲いていたヒメサユリ。こちらは薄いピンク色。
20170619・南会津植物48

おまけです。^±^ノ

2017年7月1日、緑の森博物館で見かけた花。

ホタルブクロ。キキョウ科、ホタルブクロ属。蛍袋。
20170701・ちょこっと緑森植物01・ホタルブクロ

オカトラノオ。サクラソウ科、オカトラノオ属。丘虎の尾。
20170701・ちょこっと緑森植物02・オカトラノオ

タケニグサ。ケシ科、タケニグサ属。竹似草。
20170701・ちょこっと緑森植物03・タケニグサ

ネジバナ。ラン科、ネジバナ属。捩花。
20170701・ちょこっと緑森植物04・ネジバナ

スイバ。タデ科、ギシギシ属。酸葉。
20170701・ちょこっと緑森植物05・スイバ

ヤブカンゾウ。ユリ科、ワスレグサ属。藪萱草。
20170701・ちょこっと緑森植物06・ヤブカンゾウ

まだ成長してないので、じっくり見られるのが珍しいかも。
アオダモ。モクセイ科。トネリコ属。青梻。
20170701・ちょこっと緑森植物07・アオダモ

ゼニアオイ。アオイ科、ゼニアオイ属。銭葵。
20170701・ちょこっと緑森植物08・ゼニアオイ

ハタザオギキョウ。キキョウ科、ホタルブクロ属。旗竿桔梗。
20170701・ちょこっと緑森植物09・ハタザオキキョウ

アジサイの花、だいぶ周りのがくの部分が落ちてしまいましたけどね。
アジサイ。アジサイ科、アジサイ属。紫陽花。
20170701・ちょこっと緑森植物10・アジサイ

前述同様、まだ小さいので、花を見られるのは珍しいかと。
ナンテン。メギ科。ナンテン属。南天。
20170701・ちょこっと緑森植物11・ナンテン

ヒメザクロ。ザクロ科、ザクロ属。姫石榴、姫柘榴、姫若榴。
20170701・ちょこっと緑森植物12・ヒメザクロ

それからこちらをご覧になられた後は・・・。
雑草倶楽部の皆様のところへ、ゼヒゼヒ、ご訪問してね~。^±^ノ
よろしくお願いしますね~。^±^

ついでに「高橋さんのスポーツ云々・時々芸能」もたまにやってますよ。^±^

高橋さんのスポーツ云々・時々芸能

こちらもよろしくです。^±^ノ

あ。

祝100回記念。^±^ノ・・・おめでとう!

あわててノレン出すなよな!(゚Д゚)ノx±x。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

イソップ童話概説293.捕まった鼬(いたち)

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説293.捕まった鼬(いたち)

(原文ママ)

鼬(いたち)を罠で捕まえた男が、縛りあげ、水の落ち合う淀みで溺れ死にさせようとした。
「鼠や蜥蜴(とかげ)を捕って(とって)役に立ってあげてきたのに、何てひどいお返しだ」と鼬が抗議するので、男が言うには、
「それは認めてやる。しかし、鶏を残らず絞め殺し、家中丸裸にして、役に立つより害の方が大きいぞ」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

自分の害を差し置いて、益の部分だけ主張する人に向けてこの話は適用するんですね。

そういえば、自分が所沢に引っ越してきたばかりのころ、我が家の周辺にはイタチが何頭かいましたね。
夜になるとフクロウが鳴き、窓を開ければカブトムシが飛んできて、我が家の真ん前には、アオダイショウもいましたよ。
今はもういなくなりましたね。
それでもタヌキはたまに出ます。^±^;
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説292.耕作する牛とロバ

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説292.耕作する牛と驢馬(ろば)

(原文ママ)

牛を一頭しかもたぬ男が、牛と驢馬(ろば)を軛(くびき)に繋いで耕作していたが、貧しさゆえにこれも止むをえないことだった。仕事が終り、軛から外されようとする時、驢馬が、
「誰が爺さんの道具を運ぶのだい」と尋ねるので、牛が答えるには、
「運び慣れている方さ」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

本当は半分ずつ運べばいいのに、と思うのは、自分だけでしょうか?

牛を一頭だけ、ということは牛は大切にされるとは思いますが、驢馬がかわいそう。
ところで、牛一頭しかもたぬ男は貧乏とイソップは言ってますが、犬の場合は?
さて、何と呼ばれるでしょうか?^±^ノ

答えは、イヌイット。^±^ノ

何だ、クソみたいなダジャレかよ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

にゃ~にゃ~の日(2017年7月)

さて、今日も「にゃ~にゃ~の日」がやってまいりました。^±^

今月の猫ちゃんは、どうかな~?^±^ノ

まず、「道の駅たじま」にあったイラストです。^±^;
旅行では、本物の猫ちゃんに会えませんでした。
1024ピクセルのサムネイル版です。

赤べこの里のあられ、この横に、猫ちゃん発見。(゜∀゜)ノ
20170618・湿原とヒメサユリの旅にゃーにゃー1・中

「ももちゃん」というらしいですがね。^±^;
今月はイラストのみをお許しください。+±+
許さん!(゚Д゚)ノx±x。
20170618・湿原とヒメサユリの旅にゃーにゃー2・中

お詫び、というほどではないですが、「こんな大きな画像が果たしてアップできるか」という実験として、特大の画像を入れます。
1680ピクセルの特大画像のサムネイル版です。

「カクマ谷地」にて。
白樺とワタスゲの湿原。
20170618・湿原とヒメサユリの旅特大画像1

早朝の「カクマ谷地」。
朽ちた木道でも咲く、けなげなレンゲツツジ。
20170618・湿原とヒメサユリの旅特大画像2

「カクマ谷地」の沼。
水鏡の樹と沼。
20170618・湿原とヒメサユリの旅特大画像3

観音沼森林公園にて。
嶽観音堂、仁王門と境内。
20170618・湿原とヒメサユリの旅特大画像4

うまく画像になってるかなあ。^±^;

でもって、7月1日にオリンピックにカメさんのえさを買いに行ったときに見た猫ちゃんです。
1024ピクセルのサムネイル版です。

カメさんのえさを買うためにオリンピックに行きました。
20170701・にゃーにゃー01

DOG&CATコーナーの猫ちゃん。
20170701・にゃーにゃー02

どちらも12万円前後かあ。かわいいけどね。
20170701・にゃーにゃー03

こちらは15万8000円です。
20170701・にゃーにゃー04

こちらは3万円でありますが。
20170701・にゃーにゃー05

かわいいけどね。^±^;
カメさんを飼うので精一杯ですし。
20170701・にゃーにゃー06

こちらの猫ちゃんもかわいかった。
20170701・にゃーにゃー07

ゆりかごで寝てました。^±^
20170701・にゃーにゃー08

しかし、今回はカメさんのえさを買いに来たのであった。
20170701・にゃーにゃー09

あった、あった、ここここ。^±^ノ
20170701・にゃーにゃー10

税込みで2051円。1.5キロ入り。
20170701・にゃーにゃー11

カメさん、お土産だぉ。^±^ノ
クロは水中で寝てましたが。
てくにいたっては甲羅の中に頭を入れて寝てました。^±^;
20170701・にゃーにゃー12

続いては、やる気ないけど、今月の回文。^±^ノ

しかも、簡単短歌。^±^ノ

簡単短歌、カンタンタンカ。
逆から読んでも、カンタンタンカ。^±^ノ

ちっとも簡単じゃないぞ、ってよっ!(゚Д゚)ノx±x
先月も言ったはずだぞ!(゚Д゚)ノx±x
苦労して作ったこっちの身にもなってみろってんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ワカッタワカッタ
わかってないってば!(゚Д゚)ノx±x。

夏になりました。夏祭りといえば喧嘩、ですがね。^±^;

夏祭り 痛い喧嘩の 嗜みな 下の関係 対立待つな
(ナツマツリ、イタイケンカノ、タシナミナ、シタノカンケイ、タイリツマツナ)

・・・苦しい回文ですがね。^±^;

最後に・・・。^±^

思っちゃったんだからしょうがない。^±^;

YモバイルのCMに出てる桐谷美玲さんって、一緒に出てる猫のフテニャンの目と同じ目をしてるね。
・・・思っちゃったんだから、しょうがない。^±^;

ジュレさんのにゃ~にゃ~の日

詳しくは、ジュレさんのところへへどうぞ。^±^ノ

皆様も、ご参加をお願いします。^±^ノ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長