FC2ブログ

磐梯旅行ベスト

2018年6月16日から17日の磐梯旅行の様子です。^±^ノ

1280ピクセルの大きな画像です。
サムネイル版ですので、クリックしてお楽しみください。

1.2018年6月16日

01.雄国沼(おぐにぬま)、霧のコバイケイソウ
20180616・磐梯旅行記ベスト01・霧のコバイケイソウ

02.雄国沼、霧のレンゲツツジとニッコウキスゲ
20180616・磐梯旅行記ベスト02・霧の雄国沼

03.雄国沼、霧のニッコウキスゲとワタスゲ
20180616・磐梯旅行記ベスト03

04.雄国沼、山に霧がかかる
20180616・磐梯旅行記ベスト04

05.山が霞む雄国沼その1
20180616・磐梯旅行記ベスト05

06.山が霞む雄国沼その2
20180616・磐梯旅行記ベスト06

07.霧がかかる雄国沼湿原
20180616・磐梯旅行記ベスト07

08.レンゲツツジとニッコウキスゲと遠くに雄国沼
20180616・磐梯旅行記ベスト08

09.レンゲツツジとニッコウキスゲとのせめぎあい
20180616・磐梯旅行記ベスト09

10.雄国沼水鏡
20180616・磐梯旅行記ベスト10

11.雄国沼にかかる橋
20180616・磐梯旅行記ベスト11

12.霧が晴れて、話しかけるコバイケイソウ
20180616・磐梯旅行記ベスト12

13.また霧が出てきた・・・
20180616・磐梯旅行記ベスト13

14.あっという間に幻想的な世界に
20180616・磐梯旅行記ベスト14

15.湧き上がる雄国沼からの雲
20180616・磐梯旅行記ベスト15

16.五色沼青沼
20180616・磐梯旅行記ベスト16・五色沼青沼

17.五色沼弁天沼
20180616・磐梯旅行記ベスト17・五色沼弁天沼

18.五色沼るり沼
20180616・磐梯旅行記ベスト18・五色沼瑠璃沼

2.2018年6月17日

19.南黄連沢山(みなみおうれんさわやま)の沼
201080617・磐梯旅行記ベスト19・沼の名前不明

20.桧原湖
201080617・磐梯旅行記ベスト20・桧原湖

21.磐梯山と秋元湖
201080617・磐梯旅行記ベスト21・磐梯と秋元湖

22.国見台の絶景
201080617・磐梯旅行記ベスト22・国見台

23.浄土平(じょうどだいら)から、一切経山(いっさいきょうざん)
201080617・磐梯旅行記ベスト23・浄土平・一切経山

24.浄土平(じょうどだいら)から、吾妻小富士(あずまこふじ)
201080617・磐梯旅行記ベスト24・吾妻小富士

永久保存版ですが、いかがでしたか?^±^ノ
スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記9・吾妻小富士&ワンゴの日、飛び入り参加

長い間お付き合いいただいた磐梯の旅も、いよいよ最終回です。^±^;

最後は吾妻小富士に登ってます。
201080617・磐梯旅行記9-01

何回か折れた階段状の道を、ひたすら登ります。
201080617・磐梯旅行記9-02

だいぶ登りました。^±^;
もう浄土平の広場もこんなに小さく見えます。
201080617・磐梯旅行記9-03・振り向くと

7分ほどで、吾妻小富士の山頂に到着。^±^ノ
一気に登りました。^±^ノ
普通は10分くらいかかるとみていいと思います。
201080617・磐梯旅行記9-04

山頂は時折雲がかかって。
201080617・磐梯旅行記9-05・すぐ山頂

山頂から浄土平を見るとこんな感じ。
201080617・磐梯旅行記9-06・浄土平

山頂から噴火口を見ると、すり鉢状でした。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-07・すり鉢風

外輪山も1周できますが、この時点ではどのくらい時間がかかるかわからなかったので途中まで。
201080617・磐梯旅行記9-08

そうそう、安中の叔父と、中野の叔父は、写真を撮ってるかなあ。
201080617・磐梯旅行記9-09

ああ、いますね。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-10

まあ、お釈迦様の手のひら、ですがね。^±^;
えらそうにっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
調子に乗るなよなっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
201080617・磐梯旅行記9-11・お釈迦様の手のひら風

せっかくなんで、あの変な形の大きな岩場の真上まで行ってみようかな。
201080617・磐梯旅行記9-12・変な岩の真上まで

しかし、思ったよりも道が滑ります。+±+
201080617・磐梯旅行記9-13・結構滑る。_±_

5分ほどで、岩の上に到着。^±^ノ
しかし、覗くと怖いなあ。+±+
いっそのこと、すり鉢の底に落ちちゃえよなっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・コワイヨ~
201080617・磐梯旅行記9-14・覗くと怖い。x±x

帰りも又怖いです。+±+
滑りやすいうえに、ここは道幅が狭かったよなあ。x±x
どうせなら、風にあおられちまえよっ!(゚Д゚)ノx±x
201080617・磐梯旅行記9-15・道幅も狭い。x±x。

滑るので、こわごわ歩きます。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-16・こわごわ。x±x

あとはそのまま、吾妻小富士の山頂から降りてゆきます。
201080617・磐梯旅行記9-17

浄土平が大きくなってきました。
201080617・磐梯旅行記9-18

下りは5分で降りました。^±^ノ
もう麓の登山口です。
201080617・磐梯旅行記9-19

ところが、そこで、叔母や母たちを発見。
皆をエスコートしつつ、もう一度登ることにしました。
再び、吾妻小富士の山頂です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記9-20

山頂で、見るとワンちゃんにも出会えました。
ワンちゃんたち、山頂を一周したそうです。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-21

叔母や母は、山頂のケルンを積んでました。^±^;・・・一つ積んでは親のため~
201080617・磐梯旅行記9-22

帰り道。すれ違いに、先ほどとは別のワンちゃんに出会いました。
これから登るそうです。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-23

こちらは、さすがに2往復すれば、もうお腹いっぱい。+±+
201080617・磐梯旅行記9-24

吾妻小富士の全容です。^±^;・・・荒幡富士よりは大きいわ
201080617・磐梯旅行記9-25

またもや、浄土平の標識です。
名残惜しいですが、これで旅は終了です。
201080617・磐梯旅行記9-26

我々は安中の叔父を高崎まで送り、中野の叔父の車とは、その場で別れました。
高崎には夜の19時半過ぎに到着。
安中の叔父、沼袋の叔父・叔母と夕食をとりました。
「ラーメンつけ麺承太郎」です。^±^ノ・・・ラーメン、ツケメン、ボクイケメン
201080617・磐梯旅行記9-27

こちらのラーメン、おいしかったなあ。^±^
201080617・磐梯旅行記9-28

サムネイル版です。じっくり吟味ください。^±^ノ
上の部分でですが、「肉マシ(+3枚200円)マシマシ(+5枚300枚)」とあります。
「5枚300枚」って・・・^±^;・・・5枚食べたら300枚返さなくちゃいけないのかなあ
揚げ足取りだなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
201080617・磐梯旅行記9-29・中

でも、ああ、おいしかった。^±^;
そりゃ、お前はおいしいだろうよっ!(゚Д゚)ノx±x。
「皮肉」という肉もたっぷりきかせてよっ!(゚Д゚)ノx±x
201080617・磐梯旅行記9-30

いかがでしたか。^±^ノ
今回も、ああ、楽しかった。^±^
そりゃあお前は楽しいだろうよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・イツモコノパターンネ


~~~~~~~~~~~~

そうそう、今日は15日で、「ワンゴの日」ですね。
 今回も、ワンゴの日(=15日)に飛び入り参加です。^±^ノ

というわけで、tanega島さん、よろしくお願いしますね。^±^

ワンゴ写真は、吾妻小富士に登ってたワンちゃん。
かわいいので、もう一度、1280ピクセルの大きなサムネイル版でお届けします。
クリックして、大きな画像でお楽しみくださいね。

吾妻小富士山頂にて。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ1

吾妻小富士から降りたときにすれ違いました。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ2

どっちもかわいかったなあ。^±^ノ
 
以下はおまけです。^±^ノ

うちのカメさん、その1。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ3

うちのカメさん、その2。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ4

浄土平のイソツツジ。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ5・イソツツジ

浄土平のイワカガミ。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ6・イワカガミ

いかがでしたか?^±^ノ
 

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記8・浄土平湿原

引き続き、2018年6月16日からの磐梯旅行の様子です。^±^;
浄土平湿原を歩いています。

吾妻山地域案内です。
サムネイル版です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記8-01・中

時間があれば桶沼まで行こうと思ったのですがね。^±^;
だったら指をさすなよな!(゚Д゚)ノ。x±x。
201080617・磐梯旅行記8-02・指は刺したけど行けず

浄土平湿原の橋を渡ると赤い川が・・・。
201080617・磐梯旅行記8-03

これはイソツツジの花です。
201080617・磐梯旅行記8-04・イソツツジ

ご存知、ワタスゲですね。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記8-05・ワタスゲ

ここでようやく昼食です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記8-06・ここで昼食

食事をしているとまた、突然晴れました。
201080617・磐梯旅行記8-07

池塘(ちとう)でしょうかね。
201080617・磐梯旅行記8-08・池塘

先ほど渡った、赤い川です。
霧の中とはまた雰囲気が変わりますね。
201080617・磐梯旅行記8-09

霧が晴れたので、沼袋の叔父と吾妻小富士に登ってみることに。
201080617・磐梯旅行記8-10

こちらは駐車場の奥、一切経山(いっさいきょうざん)の登山口でもあります。
201080617・磐梯旅行記8-11

登山道の雰囲気もいいですね。
今回は時間がないので登りません。登るのであれば半日以上は欲しいところです。
201080617・磐梯旅行記8-12

浄土平ビジターセンターです。
こちらでパンフレットをいただきました。
201080617・磐梯旅行記8-13

目的の吾妻小富士です。
比較的すぐに登れそうです。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-14・吾妻小富士に

その前にちょっとトイレです。
201080617・磐梯旅行記8-15

トイレを済ませて、駐車場に余計なパンフレットを置いてゆきます。
201080617・磐梯旅行記8-16

駐車場の出入り口に、バス停がありました。
201080617・磐梯旅行記8-17

福島交通の「浄土平」バス停です。
201080617・磐梯旅行記8-18

時刻表を見ると、1日2本。^±^;・・・しかも季節運行かよ
サムネイル版です。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-19・中

浄土平の看板です。
201080617・磐梯旅行記8-20

吾妻山の危険を促す看板です。
201080617・磐梯旅行記8-21・中

それではそろそろ、吾妻小富士に登りましょうか。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-22

吾妻スカイラインを渡ると、そこは吾妻小富士の登山口です。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-23

指なんかさしてないで、早よ登れやっ!(゚Д゚)ノx±x。
201080617・磐梯旅行記8-24

明日はいよいよ、最終回です。^±^;・・・どうでもいいけど、ずいぶんもったいぶったなあ
吾妻小富士に登って、旅行を終えます。^±^
 

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記7・三湖パラダイス~浄土平

2018年6月16日から行った、磐梯旅行の様子です。^±^ノ

桧原湖を一周する途中、カメさんを発見。^±^ノ
よく見りゃ、ボートじゃんかよっ!(゚Д゚)ノx±x
201080617・磐梯旅行記7-01

桧原湖を一周すると、ちょうどお昼になりまして。
吾妻スカイラインの浄土平へ持って行くお弁当を買い込みます。
201080617・磐梯旅行記7-02

途中、レークラインを経由しました。

「三湖パラダイス(さんこぱらだいす)」という3つの湖の見える場所です。
サムネイル版です。
あいにく、小野川湖が見える場所は通過してしまいました。+±+
戻れよなっ!(゚Д゚)ノx±x。
201080617・磐梯旅行記7-03・中

こちら、案内図の写真。
201080617・磐梯旅行記7-04

実際に見た、秋元湖と磐梯山です。
201080617・磐梯旅行記7-05・秋元湖と磐梯山

こちら、案内図の写真。
201080617・磐梯旅行記7-06

実際に見た、桧原湖です。
201080617・磐梯旅行記7-07・桧原湖

車はレークラインを過ぎ、下ってから再び吾妻スカイラインを登り返すと・・・。
そこが国見台(くにみだい)です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-08・国見台

霧がかかる山の様子です。
201080617・磐梯旅行記7-09

その一方では青空。^±^
201080617・磐梯旅行記7-10

山の天気は変わりやすいですね。^±^;
201080617・磐梯旅行記7-11

さらに車は進み、今日のメインの浄土平(じょうどだいら)に到着。
201080617・磐梯旅行記7-12・浄土平

ビジターセンターの裏山、噴煙を上げてます。^±^;
201080617・磐梯旅行記7-13

駐車場に車を止めたら、また雲がかかってまいりました。
201080617・磐梯旅行記7-14

こちら、一行は、浄土平湿原に向かいます。
201080617・磐梯旅行記7-15

地上に雲が流れ、前日の雄国沼とはまた違った不思議な景色です。
201080617・磐梯旅行記7-16

木道の下に、イワカガミが咲いてました。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-17・イワカガミ

木道の先は霧の中。^±^;
201080617・磐梯旅行記7-18

浄土平湿原の案内です。
サムネイル版です。
201080617・磐梯旅行記7-19・中

ワタスゲです。雄国沼でも咲いてましたが、こちらのワタスゲの雰囲気もいいですね。
201080617・磐梯旅行記7-20

今日も又、ちょっと幻想的な写真が撮れましたよ。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-21

と思ったら、間もなく、浄土平湿原は晴れだしました。
201080617・磐梯旅行記7-22

一切経山(いっさいきょうざん)では噴煙が上がる一方で。
201080617・磐梯旅行記7-23

ほぼ横並びの山で、鎌沼の方でしょうか、万年雪が見られました。
対照的な景色に感動です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-24

次回は、浄土平湿原の様子です。^±^

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記6・桧原湖にて

2018年6月16日からの磐梯旅行の様子です。^±^;
6月17日になりました。今回は桧原湖の様子です。

クラッシック・イン・ロビンソンの朝食です。
朝もがっつりいただけます。
がっつりなのに、味はさっぱりとして、いくらでも食べられちゃいます。
201080617・磐梯旅行記6-01

いよいよ、2日目の出発です。
カメさんも車に乗せて、いざ。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-02

途中、雄子沢登山口(おしざわとざんぐち)、またの名を「せせらぎ探勝路」という、雄国沼まで歩く(沼まで1時間20分ほど)コースがあるのですが、観光バスやら、車の駐車やらで渋滞してました。
そりゃあ、今日は天気がいいし、絶好のハイキング日和ですが、人が多いということは、前日のようにのんびりと沼を満喫できなかった、ということですよね。
コースも雄国沼を初日にしてよかったです。^±^ノ
実は、吾妻スカイラインから入る、逆のコースも考えていたのですが。
もしも逆コースだったら、幻想的な写真も撮影できなかったし、高山植物の見学もうんざりとまではいかないまでも混んでいて満喫はできなかったでしょう。木道も狭いから、撮影どころじゃなかったかも。いずれにせよ、前日ほど楽しめなかったでしょうね。
すべてにおいて、ラッキーでした。^±^ノ

さて、こちらは、福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字南黄連沢山(ふくしまけんやまぐんきたしおばらむらおおあざひばらあざみなみおうれんさわやま)。
桧原湖沿岸南西側、「道の駅裏磐梯」の北側にある沼です。
仮に、「南黄連沢山沼(みなみおうれんさわやまぬま)」としておきましょう。^±^;
この沼がなかなか味わいがあります。
201080617・磐梯旅行記6-03・沼の名前不明

サムネイル版です。1280ピクセルの大きな写真です。
ゴイサギが飛んでいますが、見つかりますか?^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-04・ゴイサギが飛んだ・大

答えはこちら。^±^ノ
小さくて見えねえよっ!(゚Д゚)ノx±x。
201080617・磐梯旅行記6-05

そんな名もなき沼ですが、水鏡もきれいでした。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-06・きれいな空

そして、桧原湖沿岸を北へと進みます。
「史蹟細野牧場跡」とありましたが。
201080617・磐梯旅行記6-07

「私有地につき、立入禁止」でした。+±+
201080617・磐梯旅行記6-08

わずかに北に行くとキャンプ場があるのですが、このあたりの桧原湖の景色もよかったです。
201080617・磐梯旅行記6-09・桧原湖

釣り船も浮かんでました。^±^ノ
大きい島は「中の島」かなあ。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-10

コウリンタンポポ、発見。(゜∀゜)ノ
201080617・磐梯旅行記6-11・コウリンタンポポ

これは、ミヤコワスレかしら。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-12・ミヤコワスレ

湖のほうに行くと、キショウブの花です。
201080617・磐梯旅行記6-13・キショウブ

普通のショウブも咲いてます。
201080617・磐梯旅行記6-14・ショウブ

車は野鳥の森のキャンプ場で駐車。
201080617・磐梯旅行記6-15

バス停もありましたよ。
201080617・磐梯旅行記6-16

「野鳥の森」という停留所でした。
サムネイル版です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-17・中

こちらのキャンプ場には、清水が沸いていまして。
201080617・磐梯旅行記6-18

水を管理されている、お店のご厚意で、カメさんにもおいしいお水のご相伴(しょうばん)を。
201080617・磐梯旅行記6-19

安中の叔父、中野の叔父は、カメラに夢中。
201080617・磐梯旅行記6-20

お水をいただいたお礼で、サイダーを買ったら。^±^ノ
こちらのお店の奥様が植物がお好きで、叔母とともに、意気投合。
201080617・磐梯旅行記6-21

かわいい、クリンソウを見せていただきました。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-22・クリンソウ

白いクリンソウもありました。
なお、クリンソウを売ってほしいと思ったのですが、クリンソウは土地に好き嫌いがあるらしく、育てるにはその環境によって難しいみたいです。
1年目はうまく咲いても、2年目から咲かない場合もあるらしいのです。
201080617・磐梯旅行記6-23

こちらは、スズラン。
これも可愛い花でした。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-24・スズラン

なお、お店のご主人様もまたカメラがご趣味。^±^ノ
気さくで、おいしいお水もいただけて、こちらもありがたかった~。
この場をお借りして、どうもありがとうございました。^±^ノ

次回は、三湖パラダイスから、いよいよ佳境の吾妻スカイラインへ。

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記5・五色沼その2&ロビンソン

2018年6月16日に行った磐梯旅行です。
今日は五色沼の続きからです。^±^ノ

五色沼は、正式には「五色沼湖沼群」といいます。
五色沼を東から西へたどっていくと、毘沙門沼(びしゃもんぬま)、赤沼(あかぬま)、みどろ沼(みどろぬま=深泥沼)、竜沼(たつぬま)、弁天沼(べんてんぬま)、るり沼(るりぬま=瑠璃沼)、青沼(あおぬま)、柳沼(やなぎぬま)の順番に点在し、その沼の総称を五色沼というのです。
なお、柳沼の向かいには、母沼(ははぬま)、さらに道路沿いには父沼(ちちぬま)もあり、さらに五色沼湖沼群の南側には弥六沼(みろくぬま)もあります。

五色沼自然探勝路は、全長約3.6㎞で片道約1時間10分から1時間30分程度で回れます。
距離的にありそうですが、神秘的な雰囲気のなか、うっとりとしちるうちに、いつの間にか回ってしまうと思います。
比較的平坦なので、歩くのは楽ですよ。^±^ノ・・・ゼヒゼヒ、ゼヒ~

五色沼の最後に、「るり沼」にも寄りました。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-01

「るり沼」は、瑠璃沼の意味だと思います。
そこにあった看板、サムネイル版です。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-02・中

るり沼です。
20180616・磐梯旅行記5-03

こちらもなかなかきれいでした。
20180616・磐梯旅行記5-04

るり沼もエメラルド色でしたが、柳沼、青沼、弁天沼もそうでした。
ただ、それぞれ、微妙に違った色なんですよね。
20180616・磐梯旅行記5-05

さて、そろそろ戻らなくては。^±^;
20180616・磐梯旅行記5-06

途中、「遠藤現夢翁の碑」の看板を見ましたが。
20180616・磐梯旅行記5-07

時間がないのでまたの機会に。^±^;
お前、最初から行く気がないだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・バレタカ
サムネイル版です。
20180616・磐梯旅行記5-08・中

では、宿へと急ぎましょう。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-09

先ほどの柳沼です。
20180616・磐梯旅行記5-10

間もなく駐車場ですね。
サムネイル版です。
20180616・磐梯旅行記5-11・中

柳沼です。
20180616・磐梯旅行記5-12

その後、中野の叔父、安中の叔父は写真撮影をしていたので、こちらが五色沼から宿まで、車でのピストン回送。
結局、3往復しました。
もっとも、片道3キロほどで近いのですがね。^±^;

クラシック・イン・ロビンソンに到着したのが夕方6時前後。
写真に夢中組は、直接ダイニングです。^±^;
野方の叔母、母、自分は再訪でしたが、そのほかの親せきは初めての宿泊。
20180616・磐梯旅行記5-13

相変わらず、素敵な調度品です。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-14

頼んだのはもちろん洋食コース。
20180616・磐梯旅行記5-15

他にも90分食べ放題の「しゃぶしゃぶコース」もあるのですが、皆は洋食のほうがいい、と言ってました。
20180616・磐梯旅行記5-16

食後のケーキです。^±^ノ
これは洋食、和食、どちらのコースにもつくんですがね。^±^
20180616・磐梯旅行記5-17

沼袋の叔母は、ケーキ食べ放題を気に入って、何度もおかわり。^±^;
20180616・磐梯旅行記5-18

あ、もちろんワインもいただきました。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-19

楽しく食事し、夜は深々と更けていきます。^±^;
20180616・磐梯旅行記5-20

さて、お風呂お風呂。^±^ノ
こちらは24時間入れる、自噴泉の「天然温泉」です。^±^ノ
五色沼で、それもペンションの自分の敷地内でしかも温泉、というのは大変に珍しいです。
しかも24時間は入れるのって。
サムネイル版です。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-21・中

ゆっくりとくつろぎました。
20180616・磐梯旅行記5-22

ベッドも広かったなあ。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記5-23

気が付いたら、夢の中でした。^±^;
20180616・磐梯旅行記5-24

次回は、うちの旅行中のカメさんの様子です。^±^ノ
 

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記4・五色沼その1

2018年6月16日から、磐梯に旅行に行きました。^±^
雄国沼(おぐにぬま)の後は、五色沼にも寄りました。^±^ノ

五色沼の、柳沼方面に到着。
20180616・磐梯旅行記4-01・五色沼

柳沼の隣の「母沼」です。
もっと道路沿いには父沼もあるのですが、父沼は小さいです。^±^;
20180616・磐梯旅行記4-02・母沼

裏磐梯物産館の駐車場で車を止めて、そこから降りていきました。
20180616・磐梯旅行記4-03

五色沼も久しぶりです。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記4-04

沿道に咲くアヤメです。
20180616・磐梯旅行記4-05

雄国沼にもありましたが、こちらも「熊注意」。
コワー。+±+
お前なんて襲われちゃえよ!(゚Д゚)ノx±x。
20180616・磐梯旅行記4-06

柳沼です。
20180616・磐梯旅行記4-07・柳沼

柳沼。「やなぎぬま」と読むのでしょうかね。
20180616・磐梯旅行記4-08

エメラルド色がきれい。
20180616・磐梯旅行記4-09

さらに進みます。^±^
20180616・磐梯旅行記4-10

途中で、假屋崎省吾(かりやざきしょうご)さんみたいな感じの男の人が感激してました。
「この先、ぜひ見ていった方がいいわよ~」、と言われましたので、早速行ってみることに。
本当に、しゃべり方が假屋崎さんにそっくりでした。^±^;

すると、柳沼よりももっときれいな沼が。
20180616・磐梯旅行記4-11

完全無欠のエメラルド色です。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記4-12

もう夕方でしたが、こちらまで来てよかった~。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記4-13

「青沼」というようで、さらに、假屋崎さん風の人は、「弁天沼の展望台」もいい景色だとおっしゃってました。
一見の価値があるから、と。
看板はサムネイル版です。^±^ノ
♪カンバンワ~、森進一です・・・φ^±^ノ
「こんばんは」だろうがっ!(゚Д゚)ノx±xノφ・・・♪オフクロサンヨ、オフクロサン←どうしてギャグではいつもこの歌なんだろう
20180616・磐梯旅行記4-14・中

看板のところから見た、青沼です。
20180616・磐梯旅行記4-15

さらに進むと。
20180616・磐梯旅行記4-16

弁天沼の展望台です。
20180616・磐梯旅行記4-17

展望台からの、弁天沼です。
こちらも見事な青。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記4-18

幻想的です。
20180616・磐梯旅行記4-19

いつまでいても飽きないです。
20180616・磐梯旅行記4-20

ただ、この辺で引き返さないと。^±^;
看板は、サムネイル版です。^±^ノφ ウズウズ
♪カンバンワ~、森進一です・・・φ^±^ノ
同じネタを何度もやるなよなっ!(゚Д゚)ノx±xノφ・・・♪オフクロサンヨ、オフクロサン
20180616・磐梯旅行記4-21・中

このあたりの湧き水ですか。
20180616・磐梯旅行記4-22

苔の色がまたいいのですが。
20180616・磐梯旅行記4-23

そろそろ、宿泊先の「クラッシック・イン・ロビンソン」に行かなくっちゃ。
20180616・磐梯旅行記4-24・そろそろロビンソンへ

次回は、五色沼の続きと、宿泊の様子です。^±^ノ
 

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記3・雄国沼その3

えー、雄国沼のコラムはまだ続いてます。^±^ノ
2018年6月16日の出来事です。

雄国沼(おぐにぬま)の向こうで新聞らしき門もを読んでるのは、沼袋の叔父です。
20180616・磐梯旅行記3-01

これはもう終わってしまったショウジョウバカマでしょうか。
20180616・磐梯旅行記3-02・終わったショウジョウバカマ

そして、湿原を凝らしてみると。
タテヤマリンドウも咲いていました。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記3-03・タテヤマリンドウ

霧に包まれかけている雄国沼で、写真を撮影中の、中野の叔父です。
それを写しているこちらも大概ですが。^±^;
20180616・磐梯旅行記3-04

山の右半分だけ霧に・・・。
20180616・磐梯旅行記3-05

そういえばこの木道、何周目?^±^;
20180616・磐梯旅行記3-06

雄国沼の霧も、だいぶ撮影しました。
20180616・磐梯旅行記3-07

霧の撮影もきりがないし、管理棟方面に向かいます。^±^ノ
ダジャレのつもりかよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20180616・磐梯旅行記3-08

オオヤマフスマの花です。
20180616・磐梯旅行記3-09・オオヤマフスマ

ウマノアシガタですね。
20180616・磐梯旅行記3-10・ウマノアシガタ

植物好きな、野方の叔母と。
20180616・磐梯旅行記3-11

こちらはオニアザミですね。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記3-12・オニアザミ

管理棟付近から、雄国沼を一望。
20180616・磐梯旅行記3-13・管理棟付近から

こちらの景色もなかなかですが、湿原地までが遠すぎますね。
20180616・磐梯旅行記3-14

雄国沼管理棟です。
20180616・磐梯旅行記3-15

叔母は管理棟の取水口まで行きましたが、特別には何も見えなかったそうです。
20180616・磐梯旅行記3-16

道をしばらく戻ると・・・。
向かって左側から歩いてきました。金沢峠は右の道をたどります。
20180616・磐梯旅行記3-17

標識もちゃんとあるので迷うことはありません。
20180616・磐梯旅行記3-18

その先からも雄国沼が見えます。
20180616・磐梯旅行記3-19

途中で花を見ながら歩いていたら、やがてトイレがありました。
100円取られますがね。^±^;
20180616・磐梯旅行記3-20

金沢峠に到着です。
20180616・磐梯旅行記3-21

ここでアクシデント。+±+
最終のシャトルバスの時間が刻々と近づいてきています。
ところが、安中の叔父がなかなか帰ってこないので、もう一度、沼の方から管理棟付近まで通って叔父を見つける羽目になりました。
結局、すれ違いとなり、自分がもう一周した時には到着してたんですがね。

金沢峠のところにも、ヒオウギアヤメが咲いていました。
20180616・磐梯旅行記3-22

いよいよ帰る時間です。
最終便の時刻は15時40分でした。
20180616・磐梯旅行記3-23

25分ほど、細い道をバスは降りてゆき、やがて、駐車場のある「萩平駐車場」に到着。
サムネイル版です。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記3-24・中

楽しかった~。^±^ノ
何よりもシーズン中の真っ盛りなのに大変すいていて、しかも写真は霧の幻想的なものも撮れましたし、言うことなしです。
次回は、五色沼の様子です。

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記2・雄国沼その2

さて、雄国沼の続きです。^±^;

まるで夢のような・・・。^±^
遠くに見えるのが雄国沼(おぐにぬま)です。
20180616・磐梯旅行記2-01

このときはまだ霧に包まれてましたがね。^±^;
20180616・磐梯旅行記2-02

だんだん霧が晴れてきました。いよいよ雄国沼が見えてきましたよ。
20180616・磐梯旅行記2-03

ワタスゲも咲いていました。
20180616・磐梯旅行記2-04・ワタスゲ

・・・と思ったら、また山から霧が出てきて。
20180616・磐梯旅行記2-05

あっという間に、湿原地を包み込みます。
20180616・磐梯旅行記2-06

でもこの幻想的な瞬間が好きなんですよね。^±^ノ
雄国沼の先が半分見えない、こんな状態もいいでしょう。
20180616・磐梯旅行記2-07

順路をたどっていきます。
20180616・磐梯旅行記2-08

叔父はこの位置でしばらく写真を撮影してましたよ。
20180616・磐梯旅行記2-09

叔父の写真の軌跡は果たしてこんな感じなのでしょうか、それとももっと先を写しているのでしょうか。
20180616・磐梯旅行記2-10

こちらの先にいらっしゃるのは、地元の高校生らしいです。
20180616・磐梯旅行記2-11

雄国沼の水鏡です。
20180616・磐梯旅行記2-12

「桟橋注意」って・・・^±^;
20180616・磐梯旅行記2-13

鯉さんが口を開けてました。^±^;
20180616・磐梯旅行記2-14

今日は、天気予報があまり良くないのと、土曜日だったこともあり、雄国沼は大変にすいてました。
20180616・磐梯旅行記2-15

コバイケイソウと湿原。
あれ、向こうに見えるのは中野の叔父かも・・・。
20180616・磐梯旅行記2-16

レンゲツツジで飾られたガラガラの木道は、何周しても飽きないや。^±^
20180616・磐梯旅行記2-17

再び、みたび、みるみるうちに、雄国沼は霧に・・・。
こんな状況が何分毎かでやって来ます。
20180616・磐梯旅行記2-18

雄国沼湿原案内です。拡大版は、10日のネオン版に入れますが、木道は細いので、一方通行です。
20180616・磐梯旅行記2-19

霧に包まれた桟橋です。
20180616・磐梯旅行記2-20

ここでようやく、後続のみんなと落ち合えましたよ。^±^;
20180616・磐梯旅行記2-21・やっとみんなに会えた

コバイケイソウ、レンゲツツジ、ニッコウキスゲと雄国沼。
20180616・磐梯旅行記2-22

山に霧がかかるのがまたきれいで。
向かいの山は猫魔が岳かなあ。^±^;
20180616・磐梯旅行記2-23

反対側も、ニッコウキスゲの野原。
20180616・磐梯旅行記2-24

安中の叔父と中野の叔父は、早くも写真に夢中です。
特に中野の叔父曰く、「花の写真」ではこんなにいい場所はない、と断言。
それはよかった~。^±^ノ
さらに明日に続きます。^±^ノ

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

磐梯旅行記1・雄国沼その1

2018年6月16日から、磐梯に行ってきました。^±^ノ

中野区野方に住んでいる叔母とは南大塚駅で待ち合わせです。
20180616・磐梯旅行記1-01

南大塚駅の改札口です。
20180616・磐梯旅行記1-02

定時に集合後、すぐに出発です。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記1-03・出発

どこに出発するかというと、雄国沼(おぐにぬま)。
福島県喜多方市の東側にあります。
中野に住んでいる叔父と、2台の車で、シャトルバスの出る、雄国萩平駐車場(おぐにはぎだいらちゅうしゃじょう)に集合です。
雄国沼へは、規制の関係で直接車では向かえません。

中野の叔父は東北自動車道で直接、萩平駐車場へと向かうようですが、こちらは、安中の叔父と高崎の叔父のお孫さんの家で集合です。
20180616・磐梯旅行記1-04・高崎

高崎から、北関東自動車道、東北自動車道、磐越自動車道と走り、磐梯河東インターチェンジで降りてから、さらに30分ほど。
さて、雄国萩平駐車場に到着したのが午前11時ぎりぎりで、叔父はガソリンを給油するというので、一足先に雄国沼へ。
カメラとスマホを持って出発です。^±^ノ
・・・あ、しまった、財布を車に忘れてしまいました。+±+
なにしろ到着が1分前だったもので・・・。x±x
まあ、車は施錠してますから大丈夫でしょうけどね。^±^;
取り急ぎバスに乗り、細い林道をバスが登ります。

ものすごく狭い道でした。^±^;
20180616・磐梯旅行記1-05・萩平から金沢峠へ

会津乗合バス、路線も書いてありました。
詳しくは、11日の「鉄」の日にサムネイル版で公開しますね。^±^ノ
今回はサムネイルではありませんので拡大できません。
20180616・磐梯旅行記1-06

25分ほど乗ると、「金沢峠(かねざわとうげ)」に到着。
20180616・磐梯旅行記1-07

シャトルバスである、会津乗合バスです。
峠に到着すると、あたりは霧の中でした。
20180616・磐梯旅行記1-08

霧の金沢峠です。^±^
20180616・磐梯旅行記1-09・金沢峠

1分ほど歩くと展望台があるのですが、雄国沼も何も見えず。+±+
20180616・磐梯旅行記1-10

地図が書かれてあっても、何も見えませんから。^±^;
20180616・磐梯旅行記1-11

「熊注意」の看板に用心しつつ、雄国沼湿原へと降りていきます。
20180616・磐梯旅行記1-12

途中、タニウツギの花がきれいでした。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記1-13・タニウツギ

結構急な坂道を降りていきます。
20180616・磐梯旅行記1-14

降りきったところに、ちょっとした穴場のような撮影スポットがあり、遠くにコバイケイソウを見ることができます。
20180616・磐梯旅行記1-15

なおも、木道を進みます。
木道は一方通行になっています。
20180616・磐梯旅行記1-16・雄国沼

もうニッコウキスゲが咲いていましたよ。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記1-17・ニッコウキスゲ

そしてレンゲツツジも。
20180616・磐梯旅行記1-18・レンゲツツジ

そして、湿原地は霧の中。
20180616・磐梯旅行記1-19

ニッコウキスゲとレンゲツツジが、幻想的に咲き乱れます。
20180616・磐梯旅行記1-20

何しろ霧の中なので、木道も、ちょっと先ぐらいしか見えません。
20180616・磐梯旅行記1-21

蜘蛛の糸も、きらきらと露に濡れて美しかったです。
20180616・磐梯旅行記1-22・蜘蛛の巣

ただ、雨に降られることはなく、これ以上ないほどの最高の「撮影日和」になりました。
20180616・磐梯旅行記1-23

ニッコウキスゲとレンゲツツジとコバイケイソウが同時に見られるのも大変にラッキーだそうです。
20180616・磐梯旅行記1-24・幻想的

明日に続きます。^±^ノ

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長