ロシアワールドカップ最終予選、オーストラリア戦

2017年8月31日、ロシアワールドカップ最終予選、日本対オーストラリア戦が行われました。

泣いても笑っても、ホームゲームはこれが最後です。
残りはアウェーですので、ここで落とすと、一気にワールドカップの道が断たれる、という分岐路でもありますね。
また、引き分けであればまだしも、もし万が一、ホームゲームの出場できるかできないかの分岐点で負ければ、下手をすると、ハリルホジッチ監督の監督生命どころか、日本のサッカー熱が一気に冷めてしまいかねない状況でもあります。
まさに天国と地獄との境目の一戦なんです。^±^; ヒヤヒヤ~

最初の流れはオーストラリアにありましたね。
ボールを持つのは日本よりもオーストラリアのほうが長く、これは毎度のパターン。
でも、いつもとは違う「強さ」が日本にありました。
一度ボールを取ると、ゴールへ向かうのは日本。
以下にボールを持つかより、ボールを持ってから相手を攻撃するまでの時間が圧倒的に早い・・・。
酒井宏樹選手、長友選手、大迫選手、乾選手、浅野選手、皆、動きがよかったです。
前半38分、オーストラリアに大きなチャンスがあり、吉田選手に当たり、あわやオウンゴール寸前。
しかしこれは、ゴールのポストに跳ね返り、ヒヤヒヤ。^±^;
しかし、ピンチの後にはチャンスがあるとはよく言ったものです。
とにかく、今日は、ホームで決めなくては・・・。^±^;
20170831・オーストラリア戦1

そして、前半戦も終わりに近づき、前半は0-0かと思った矢先・・・。
前半41分に、 長友選手がドリブルでつないで、浅野拓磨選手が貴重なゴール。^±^ノ
GOOOOOL^±^ノ1-0!
20170831・オーストラリア戦2・浅野選手が1点目

ただ、その直後、遅延行為で、大迫選手がイエローカードをもらってしまいます。
これはちょっと残念。+±+
勝ってるからいいじゃんか!(゚Д゚)ノx±x。・・・ソラマアソウダケド
前半のアディショナルタイムが1分で、この1点を守り切り、1-0で日本が勝利のまま、前半終了。

後半25分、日本が苦手とするケーヒル選手が登場。
後半30分、乾選手と原口選手が交代。
後半37分、その交代した原口選手が巧みに井手口選手にパスを出すと、今回、攻撃だけでなく守備でもいい活躍をしていた井手口陽介選手が、ペナルティーゴールの手前から、突き刺さるようなゴール。
GOOOOOL^±^ノ2-0!
20170831・オーストラリア戦3・井手口選手2点目

後半42分には大迫選手が岡崎選手と、後半43分には浅野選手が久保選手と交代。
その後は危なげなく、後半のアディショナルタイム3分も難なく過ぎて、試合終了のホイッスル。
2-0と完封しました。^±^ノ
ワールドカップ戦では、初めてオーストラリアに勝利して・・・。
ロシアワールドカップ出場決定。^±^ノ
20170831・オーストラリア戦4

ハリルホジッチ監督、泣いてましたがね。^±^;

最終日は9月5日(日本時間は6日深夜)ですが、これにも勝って・・・。
せっかくですから、1位通過したいですね。^±^ノ
 
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ワールトカップ最終予選・UAE&タイ戦

2017年3月23日はワールドカップロシア大会最終予選UAEとのサッカーがありました。
WBCで日本はアメリカに負けましたが、今度はサッカーに切り替えましょう。
こちらは前回、日本がホームなのに負けたので、今度こそ負けられません。

さて、今回は、故障した長谷部選手が心配であることと、それ以上に、審判どもが余計なことをしなければいいな、というのを半分に見てました。
それと、今回のGKは川島選手。
肝心なところでやらかさないか、ドキドキしましたわ。^±^;
でもどちらも杞憂でしたね。
今回の審判は公平で上手でしたし、長谷部選手の代役のはずが、今野選手は得点をあげましたからね。
また、川島選手はやらかすどころか、相手からのシュートをセーブしてくれましたし。
試合は、日本が2-0と、無難に勝ちました。
前半14分に久保選手が、51分(後半6分)に今野選手がゴールをねじ込みました。
何とか前回の屈辱のリベンジはしましたが、日本はUAEにはやや苦手意識があるんでしょうかね。
2点しか取れない、というのが正直な感想です。^±^;
それでも勝ちは勝ちですがね。^±^ノ
おそらく、野球のWBCでの大健闘に、未だに脳内が興奮していて、2点くらいの勝ちでは満足しないんでしょうかね。
それとも、今までの活躍のできてない日本のサッカーに、大きな1勝の事実が覚醒されていないのかもね。
・・・何という贅沢な、我が脳内でしょう。^±^;
20170323・ワールドカップUAE

日本は23日時点で、サウジアラビアに次いで2位ですが、オーストラリアとの勝ち点差は離れました。
サウジアラビアは、タイに3-0と勝ったために1位をキープ。
オーストラリアはイラクと1-1と引き分けたために、勝ち点の差が離れました。

~~~~~~~~~~

ところで、もう一つの組で、中国が韓国に1-0で勝ちました。
その際、また「非人道的プレー」があったとか。^±^;・・・イツモノコトジャン
発端は中国が1−0でリードして迎えた88分、中国の尹鴻博(イン・ホンボー)選手が倒された際に、尹選手の胸元にあったボールを「韓国の19番」ファン・ヒチャン選手が思い切り蹴りつけたそうです。
ボールを腹部に受けた尹選手は悶絶し、双方は乱闘寸前に。
中国代表のリッピ監督も思わずベンチを飛び出して審判に猛抗議したそうです。
このプレーについて、中国のスポーツメディア・新浪体育は、「(韓国は)試合に負けて、人としても負けた」と題する記事で「負けていて焦る気持ちは理解できるが、盲目的に汚いプレーをするのはプロとしての道徳に問題ありだ」と批判していたそうです。
「試合に負けて、人としても負けた」って・・・^±^;

~~~~~~~~~~

さて、3月28日はタイとの試合でした。^±^

大量得点!^±^ノ
・・・と、言いたい素直に喜びたいのですが、「大丈夫か、今後・・・」というのが正直な気持ちでした。

この試合は、結果的には、4-0で日本が勝ちましたが、勝った気がしない戦いでした。
確かにタイが強かったのもありますが、それ以上に日本のボーンヘッド、つまらないパスミスばかりが目立ち、しかも、全般にわたって、最初から最後まで肝心なところで球を取られる繰り返しで、食傷気味で、しっくりしない戦いではありました。
いとも簡単にボールを取られるわ、攻め込まれたら止まらないわで、決して褒められた試合ではありませんでした。
たしかに、「勝ちは勝ち」ですが、日本、強いな、と思ったのは最初の10分、香川選手が1点を入れた直後まででしたね。
ただ、「勝ちは勝ち」といっても、そんなにのんきな気分でもありません。
おそらく、サウジアラビア、オーストラリアのクラスなら、何点取られたかわからないほどひどかったです。
それでも、攻撃される中で、随所で、間隙を縫って得点を入れた、香川選手、岡崎選手(前半19分)、久保選手(後半12分=57分)、吉田選手(後半38分=83分)は立派でした。
20170328・ワールドカップタイ

特筆すべきは久保選手の活躍ですね。^±^ノ
「1ゴール2アシスト」と、この試合の第一人者の活躍ぶりでした。
しかし、それ以上に、守りに守った川島選手のキーパーはさすがと思いました。
随所でのセーブ、特にPK戦では、うまくはじいてくれて、0点に抑えました。
実はこれが大きいんですけどね。^±^;
サウジアラビア、オーストラリア、日本は、それぞれ成績が拮抗(きっこう)しています。
したがって、勝ち点だけでなく、1点でも多く入れないと、1点の不足が致命傷になります。
少しでも得点を稼がないと、同率1位でも、得失点差で足元をすくわれるのです。
その点、4点を取った以上に、失点を0点の抑えたのが大きいのです。

今日はオーストラリアがUAEに2-0で勝って、一時期(勝敗不明である試合中)は日本は3位に陥落しましたが、勝ったために暫定で1位になりました。
ただ、29日深夜にサウジアラビアとイラクとの試合があり、サウジアラビアが3点差でイラクに勝つと、日本はサウジアラビアよりも下位になり、再び2位に落ちてしまいます。
最終的にトップになればいいので、焦らずに身構えてもいいのですが、今日のような試合ではちょっと先行きが心配でもありますね。

~~~~~~~~~~

サウジアラビアとイラクとの試合ですが、サウジアラビアがイラクに1-0で勝ちましたので、勝ち点16で並びましたが、1点差ということは、日本が暫定1位です。
ただ、現在の成績はあまり関係ありませんがね。^±^;
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

WBC決勝トーナメント、準決勝でアメリカに惜敗

さて、野球のWBC決勝ラウンドは、21日のプエルトリコとオランダは、4-3でプエルトリコが勝ちました。
オランダはバレンティン選手の活躍が最後まで目立ちました。
この選手が、アメリカの大リーグでなく、東京ヤクルトスワローズにいるんですから、すごいですよね。

日本はというと、22日に試合が行われましたが、アメリカが相手でした。
まあ、現役の大リーガーがゴロゴロいるのですからね。^±^;
胸を借りるつもりで、と言いたいのですが、せっかくここまで勝ち上がってきたのですから、勝ちたいですね。

今回もいい試合でした。^±^ノ
毎回ごとに息をのむほど、緊張の連続。
少しでも気が緩めば、両チームとも大差になってしまうような「緊張感」が、そこにありました。

先発は菅野投手でしたが、今日はよかったですね。
今までの中で一番いい内容です。
4回こそ、エラーがらみで1点を失いましたが、6回を投げて、自責点は0です。

二番手の千賀投手も、内容はよかったです。
こちらは2回を投げて失点1、自責点1ですが、8回表、松田選手がうまく取れて、本塁をめがけて投げていればタイミングはアウトだったかもしれませんが、投手や野手の責任じゃないですね。
なぜならば、松田選手はその後、持ち直して、1塁に投げてアウトにしたのですからね。ワンアウトを稼ぐのも野球の基本です。
まあ、相手が悪かった、ってことに尽きますね。^±^;
バリバリの現役のリーガーが相手でしたからね。^±^;

そのあと託された、平野投手、秋吉投手がまたよかったです。
最後まで1点差で追いつめていたのは、確かに「継投」のうまさはありました。

しかし、試合が終わり、いろいろと考えますね。^±^;
こちらも、現役の大リーグピッチャーたちが出てたら、勝てたのかも。
ダルビッシュ投手、田中投手、前田投手など・・・。
また、怪我で離脱した、大谷選手が参加してたらどうだったか。

「たられば」を語るのはよくないですが、考えざるを得ません。+±+
それほど際どい試合が最後まで続いた、ということです。^±^
でも、案外、参加してても結果は一緒だったかもしれませんね。
なぜなら、侍ジャパンは、結束力が抜群に良かったから、^±^ノ

・・・負けて、気が抜けちゃった。^±^;

お前は最初から気が抜けてるじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
それだけじゃなく、脳みそも抜けてるじゃんか!(゚Д゚)ノx±x
この、抜作がよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ソコマデイウコトナイジャン

結局、この1点の差で負けてしまったので、敗戦投手は千賀投手になりましたが、試合内容はよかったです。
唯一ホームランが出たのは日本のほうで、菊池選手であったし、三振の山を築いたのはむしろ日本だったわけで、これは胸を張って帰れる内容ですね。
アメリカの2点の得点、どっちもしょぼかったですから。^±^;
だけど、それでも、「勝ちは勝ち」です。^±^;

決勝は23日、アメリカとプエルトリコとなりました。
どちらが勝つか見ものですね。^±^ノ

6回裏に出た、菊池選手のホームランにはびっくりでした。
20170322・WBCアメリカ・菊池選手

「勝負に勝って、試合に負けた」という言葉が適切じゃないかなあ。^±^
日本のほうが大味で、「大リーグ選手」っぽかったし。
アメリカはというと、アメリカではかつて「ないがしろ」にしていたイチロー選手みたいなヒットの量産でしたから。
皮肉なものですね。^±^;

でも考えてみたら、自分が子供のころ、かつての日本は野球は到底アメリカに勝てるものでなく、日本のプロ野球の代表を集めても、1年に1回来る大リーガーとの戦いでは常に負けていて、ひどければコールドでした。
それも、日本にやってきたのは現役の大リーガーたちでなく、「3A」程度の選手がやってきては負けていたんですからね。
つまり、「イスラエル」の力の選手たちに、いいようにあしらわれていたわけで、そう考えれば、日本人でも気づかないけど成長したと思います。
今戦ってるのは現役の大リーガーですからね。
それを、青木選手以外、こちらは日本人のプロで戦ってきましたから。
それだけじゃなく、オランダのバレンティン選手など、大リーガーでもびっくりの選手が、日本のプロ野球でゴロゴロいるんですから。
もう「外国人助っ人」って言葉は、ふさわしくないですね。^±^ノ

でも、WBC、ああ、面白かった。^±^ノ
この試合はもっと枠を増やして、今後も戦ってほしいです。^±^ノ

勝利投手 ダイソン1勝
セーブ  グレガーソン3S
敗戦投手 千賀1勝1敗
本塁打 菊池(1号)

~~~~~~~~~~

決勝戦は、アメリカが勝ちました。
プエルトリコに、8-0でした。^±^
アメリカ、おめでとうございます。^±^ノ

アメリカは、日本戦のほうがよほど苦戦してたみたいですね。^±^;
日本は、アメリカに続いて、世界2位の実力はあると思いますよ。^±^
 

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

WBC2次予選の結果

さて、WBC第2ラウンドは、ますます厳しい戦いに。

12日はオランダ戦。
一日休んで、14日がキューバ戦。
そして、15日がイスラエル戦。

気の休まる戦いはありません。
少しでも気を抜いたら、敗戦真っ逆さま。x±x

~~~~~~~~~~

2017年3月12日。
はじめはオランダ戦でしたが、これがもうヒヤヒヤ。^±^;

もっとも、第1ラウンドでも胃が痛くなる野球でしたよ。+±+
そりゃ、第2ラウンドは厳しいとは思いました。x±x
さすが、現役の大リーガーが粒ぞろいのオランダは、強さが違います。

先発は石川投手で、最初こそよかったものの、要所でホームランを打たれ、3回に、せっかく中田投手が本塁打を打ち、秋山選手が追加で2点、打点ヒットを放つも、その後乱れて引き分けにされます。
その後、投手を次々と変えてゆきますが、千賀投手は目を見張るほどよかったですね。
5回、同点にされてから再び突き放します。嶋捕手に代わって出た小林捕手は、今や時の人。
いいところでタイムリーを打って、6-5と、再び1点突き放します。
9回裏、これで勝ちかと思った矢先、則本投手が乱れ、1点取られ、終了寸前で6-6に。
それでもサヨナラ勝ちを許さない日本は踏ん張って、緊張は続きます。
延長11回以降は「無死一、二塁からの攻撃」という規定により、日本の攻撃から。
ここで、鈴木選手がうまいバントで犠牲打、これにより、ワンアウト2、3塁に。続く中田選手が、値千金の2打点ヒット。
さらに、坂本選手もヒットと続きますが、山田選手が併殺打に倒れ、8-6に。
その裏、10回から投げている牧田投手が続投。
そして、好投しました。
20170312・オランダ・牧田投手

3人でぴしゃりと押さえ、日本、勝利。^±^ノ

勝利投手 牧田1勝1S
敗戦投手 ストフベルゲン
本塁打 J・スクープ(1号) 中田(3号) バレンティン(1号) 

~~~~~~~~~~

2017年3月14日。キューバ戦もしびれました。^±^ノ

先発は菅野投手でしたが、今回もまたホームランに泣きます。
1回の裏、山田選手が初ホームランを放つのですが、2回、すぐさま、キューバにホームランで逆転を許します。
その後も、3回に日本は追いつけばすぐそのあとの4回表に2点を取られます。
2-4と、2点ビハインドの日本は、5回裏、小林選手のヒットを皮切りに、筒香選手のタイムリーなどで2点を挙げ、4-4に。
さらに、6回の表にキューバが再び1点を取りますが、その裏、すぐさま反撃。松田選手の振り逃げをきっかけに、今回のラッキーボーイの小林選手がまたまたタイムリーヒット。5-5の同点に。
そして、8回裏。
松田選手がエラーで出塁すると、キューバの守護神のラエラ投手を相手に、秋山選手がヒットを打ち、ワンアウト1、3塁に。
ここで絶好調の小林選手に代わり、代打に内川選手。きっちりと外野に犠牲フライを打ち、勝ち越します。
これに気落ちをしたのか、ラエラ投手は山田選手にダメ押しのツーランホームラン。8-5と勝ち越します。
投げては、2番手の平野投手、4番手の松井投手、そして勝利投手となった5番手の秋吉投手、きちんと要所を抑えます。
勝ち越し後の9回は、もちろん守護神の牧田投手。
今回は代打が出た関係で、炭谷捕手が出て、水を得た魚のように、キューバ相手に三振と凡打に仕留め、ゲームセット。
8-5で、日本が勝ちました。^±^ノ
そうです。牧田投手と炭谷捕手は、気心知れたライオンズバッテリーなのでした。

しかし今回の一番の功労は山田選手ですね。
2本のホームランは、立派以外に言葉が出ません。^±^ノ
20170314・キューバ・山田選手

うーむ、キューバよりオランダのほうが数段強いなあ。x±x
もし、オランダ相手に、今日の試合をやってたら、勝てなかったと思います。
オランダは、勝たせるチャンスさえ与えてくれなかったわけで。
勝てば追いつかれの連続で、4点勝っても、その後すぐに4点を一気に追いつかれましたからね。
先制をされてたら、追いつけなかったと思います。

そういえば、今日勝った秋吉選手、伊集院光さんと同じ高校出身なのな。
足立新田高校の話、してたわ。^±^;

勝利投手 秋吉1勝 
敗戦投手 ラエラ1敗
セーブ 牧田1勝2S 
本塁打 ガルシアル(1号) 山田(1号) 山田(2号)

~~~~~~~~~~

2017年3月15日。

第2ラウンドの最後は、新進気鋭のイスラエル。
しかしこのチームは侮れません。
国はイスラエルですが、実態はアメリカ出身ばかり。
しかも大リーガーがゴロゴロいます。+±+
いわゆる、オランダと同じような強い相手。

次のイスラエル戦、先発、誰かなあ。
千賀投手あたりだと面白いかも。^±^ノ
・・・と思って前日見ていたら、本当に先発に。

千賀投手は、練習生から入った苦労人。
育成の選手で、しかも無名だったんですよね。
最初の背番号、何番だと思う?^±^ノ
答え、128番。^±^・・・3桁だったんだよなあ

今日はその千賀投手が圧巻。^±^ノ
5回を投げて、相手に1点も与えません。
20170315・イスラエル・千賀投手

0-0のまま続き、均衡が崩れたのは6回の裏。
筒香選手のソロホームランから始まり、内川選手がフォアボールを選ぶと、坂本選手がヒットを打ち、1、3塁に。
松田選手のタイムリーツーベース、小林選手の内野安打などがあり、この回5-0と、一挙に5点をもぎ取ります。
千賀選手の次に投げた平野選手も立派。ハラハラせずにみられる選手の一人です。
もっとメディアは取り上げていいのでは?^±^ノ
さらに8回にも3点を追加し、8-0と一方的な試合。
このまま完封じゃないかと思いきや、まさかの牧田投手の乱調で3点を失いますが、なんとか逃げ切って8-3で試合終了。
日本はこれで6戦全勝で、決勝トーナメントへ。

実は、今日はイスラエルに負けても、「3点以内に抑えれば1位通過で決勝トーナメントに行くことができた」ために、「オランダを苦しめるために、負ける」という選択肢もあったのですがね。
ところが、5回一気に点を取ったことにより、負けられなくなりました。
もしも逆転負けを喫したら、「総合の失点差」の関係上、日本よりもオランダのほうが上位になり、再びイスラエルとプレイオフを戦わなければならなかったからです。
結局勝ったので、問題にはなりませんでしたがね。^±^;

大きな収穫は、決勝トーナメントで、千賀投手が使えること。
何しろ、長く投げられそうです。^±^ノ

勝利投手 平野1勝
敗戦投手 アクセルロッド1敗
本塁打 筒香(3号)

アメリカ(ロサンゼルス)での決勝トーナメントは、準決勝が2017年3月21日18:00(日本時間22日10:00)から。
もし勝ったとして、決勝は、2017年3月22日18:00(日本時間23日10:00)から。
楽しみですね。^±^
 

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

WBC1次予選の結果

プールBで、最初の試合でキューバに勝った日本。^±^
その後のWBCはどうなったでしょう。

その前に、キューバ戦試合結果。
日本11-6キューバ
勝利投手 石川1勝
敗戦投手 イエラ1敗
本塁打 松田(1号) デスパイネ(1号) 筒香(1号)

キューバ戦は、石川投手が勝利投手だったのですね。^±^
公式戦ルールでは、5回に達しない選手は「勝利投手」の権利がないとされていますがね。

ここで、WBCの投球制限ルールも紹介しておきます。

WBCでは「球数制限」がありまして、1次ラウンドは65球まで、2次ラウンドは80球まで。準決勝ラウンド及び決勝ラウンドは95球までと、それぞれ決められています。
なお、ある選手がバッターボックスに立ち、途中で球数制限にかかった場合は、その打席が終わるまでは投げられます。
また、敬遠の場合は、「敬遠と判断されたところからの球数は球数制限に含まれません。
50球以上投げた試合の後は4日間、その投手は投げられません。
また、30球以上投げた試合、2日連続で投げた投手は、翌日の登板ができません。
2次リーグ、準決勝の前に最大2人、登録選手を入れ替えられます。
ただし、一度登録を外れた選手は、再登録できません。

登録選手は28人以内です。そのうち、投手は13人以上、捕手は2人以上登録しなければなりません。

5回以降で15点差以上、7回以降で10点差以上、点差がある場合はコールドが成立、点数の多いチームの勝ちとなります。

さらに、「タイブレーク制度」もあり、延長11回以降は「無死一、二塁からの攻撃」という形式になります。
ソフトボールのルールですね。^±^;
その際の打順は、直前のイニングから継続します。

公式戦とルールが違って戸惑いますね。

プールAでは、早くも、イスラエルとオランダが2次ラウンド進出が決定しました。
韓国もチャイニーズ台北も、残念ながらどちらも出られないという、番狂わせがありました。

さて、プールBの1次ラウンド、第2試合はオーストラリアとの試合です。

先発は菅野投手でした。菅野投手は、2回裏に先制のソロホームランを許したものの、4回1/3を投げて自責点1点で抑えたのは立派です。球数制限により、岡田投手と交代し、なんとか0点に抑えます。
ここまで0-1のビハインドでしたが、5回表、坂本選手の2ベースヒットを皮切りに、鈴木選手が内野安打で1、3塁とし、松田選手が外野に犠牲打で1-1に。その裏から千賀投手が三振の山を築き、日本に追い風を吹かせます。
すると、7回、先頭バッターの中田選手がソロホームラン。初ヒットがホームランでした。
さらに、8回には筒香選手がキューバ戦の続いて、ツーランホームラン。
20170308・WBC豪州

8回裏に宮西投手、9回裏には牧田投手とつないで、4-1で日本がオーストラリアに勝って、連勝。
2次ラウンドへの切符をほぼ手中にしました。

最後に勝利インタビューで思っちゃったんですが・・・。
中田選手と筒香選手って、顔が似てますよね。^±^;
おまけに顎にちょびひげを生やしてるし。^±^;
兄弟かと思うほど似てます。^±^;
思っちゃったんだから、しょうがない・・・。^±^;

勝利投手 千賀1勝
敗戦投手 ウィリアムズ1敗
セーブ 牧田
本塁打 デサンミゲル(1号) 中田(1号) 筒香(2号)

~~~~~~~~~~~~

続いて、10日に行われた、中国戦です。

先発は武田投手。しかしあまりピリッとしなかったですね。中国の先発、甘泉(ガン・チュエン)投手にお付き合いしなくていいのに。
3回にレイ・チャン選手にタイムリーヒットを打たれたのも証明されます。
さて、日本は、2回に小林選手の2ランホームラン、3回に中田選手が2ランホームランを打って、7-1で勝つには勝ちましたが。

藤浪投手、増井投手、松井投手らは無難に、こなしましたね。
しかしそれ以上に目立ったのが、中国のピッチャーですね。孟偉強(モン・ウェイチャン)投手がなかなか良かったです。
大野選手、鈴木選手と連続三振を取ったのにはびっくり。
4回投げて、4イニング目で失点した2点も、エラーがらみでした。せっかく打ち取ったのに、暴投で点を取られました。
西武ライオンズあたりは、早や、練習試合で目をつけてるようで、スカウトもあるかもしれません。
厳密にいえば、オリックスあたりが獲得しそうですがね。^±^;
孟投手は、登録は「捕手」です。しかし、外野も、投手でも試合をこなせます。いわゆる、中国の大谷選手ですかね。
今回の「投手」としての登板も、合格点だと思います。
27歳ですから、脂ものってます。敵ながらあっぱれです。
20170310・WBC中国・孟投手

日本代表では、小林選手が活躍しました。
まさか2ランホームランを打つとは思いませんでした。
キューバ戦、オーストラリア戦では、「犠打」に徹していたので。
ただ、オーストラリア戦で、2番手で出た岡田投手がピンチで、ストライクが全く入らず、危うく炎上するところを救ったのが、小林捕手でした。
この時は、陰の功労者でしたが、今回は、「日の目を見たホームラン」でした。
20170310・WBC中国2・小林投手

勝利投手 武田1勝
敗戦投手 甘泉(ガン・チュエン)1敗
本塁打 小林(1号) 中田(2号)

ともあれ、日本はこれで3連勝。
今回は青木選手、坂本選手を休ませて、温存させました。

第1ラウンドは通過しましたが、第2ラウンドはさらに厳しくなりそうですね。
3月12日にオランダと、3月14日にキューバと、3月15日にイスラエルと戦います。
上位2チームが準決勝進出です。

ついでにサッカーワールドカップ最終予選も始まりますね。
UAEが23日に、タイが28日にあります。
 

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

U-23サッカー優勝&大阪マラソン。^±^ノ

2016年1月31日、U-23サッカーで優勝しました。^±^

あ、これは関係なく、我が家の玄関の様子です。^±^
手前がロウバイで、その向こうがキク、さらに一番奥に、ピンクのシクラメンです。
本当に関係ないぞ!(゚Д゚)ノx±x
20160131・サッカー01

さて、本題のサッカーです。^±^

サッカーのU-23は、谷間世代といわれてましたが、とんでもないです。
一人で何点も取る選手はいませんが、誰が出てもゴールに絡む「粒ぞろい」のチームです。
さて、その「手倉森ジャパン」ですが、強さの秘訣は「おにぎり」だそうです。^±^
テレビでは、「おにぎりとは贅沢ですが、まあいいでしょう」なんて、トンチンカンなコメントを言ってましたが。
おにぎりは誰でも食べるってば。^±^;

決勝戦の相手は、韓国でした。

韓国は強かったですね。
今まで戦ったアジアのほかの国々とは、ひとまわりもふたまわりも違いました。

決勝前半、日本は韓国の猛攻にやられ、オフサイドでなかったらさらに2点取られるほどでした。
今までの疲れかもしれませんが、あっという間にゴール前に迫られ、シュートの嵐。
前半は0-1でいいことなしで終了。

後半も、浅野拓磨選手が交代されるまでは0-2の大ピンチ。
20160131・サッカー02

ところが、浅野選手が入ったとたん、流れは変わりました。
後半22分、矢島慎也選手のアシストから、浅野選手が、・・・。
23分にはその矢島選手がゴール。^±^ノ
立て続けのゴールで、あっという間に同点。^±^ノ
さらに、36分、中島翔哉選手からのパスに、そのまま抜けていった浅野選手が3点目の決勝ゴール。
20160131・サッカー03

ジャガーポーズも出ましたね。^±^ノ

後半20分までは0-2だったのが、15分ほどで逆転。
これだからサッカーはわからないですよね。^±^;

結局、大逆転の3-2で、試合終了。^±^ノ

よかったですね。モグラモリ監督。^±^ノ
手倉森監督だってば!(゚Д゚)ノx±x

あ、てくラモリ監督ですね。^±^ノ
手倉森監督だってば!(゚Д゚)ノx±x
20140921・てくラモリ監督

クロラモリ監督。^±^ノ
手倉森監督だってば!(゚Д゚)ノx±x
20140921・くろラモリ監督

もはや、しゃれにもなってないじゃんか!(゚Д゚)ノx±x。…でも顔の色が黒いってば
大きなお世話だぞ!(゚Д゚)ノx±x。

てか、手倉森誠監督は、カンニングの竹山さんに似てますよね。^±^; ボソッ
準決勝のイラク戦でオリンピックが決まり、水をかぶせられたのですが・・・。
水をかぶったら、ますます似てたし。^±^;
まあ、手倉森監督のほうがおとなしそうですがね。^±^;
冷静な竹山さんですがね。^±^;
人から好かれそうです。^±^ノ
俳優の村田雄浩さんにも似てるじゃんか!(゚Д゚)ノx±x…タシカニ~
20160131・サッカー04

とにもかくにも、リオオリンピック出場に、花を咲かせました。^±^ノ

そして、1月31日の昼過ぎには大阪マラソンもありました。^±^
こちらは女子マラソンですが、福士加代子選手がすごかったですね。
2時間22分17秒。
久しぶりに大台に乗った記録でした。^±^ノ
もちろん、リオオリンピック選考は合格でしょう。

というか、福士選手、33歳だったのですね。^±^;
失礼ですが、もっと「上」と思ってました。^±^;
それほど「ベテラン」といいますか、オリンピックなどで目立ってたという印象が強いんですよね。

しかし今回の大阪マラソンでの福士選手は強かったです。
マラソン距離の半分ちょっとの、25キロ過ぎには、早くも独走でした。
そして、最後まではスピードも落ちず、上半身がぶれない、安定したフォームで最後まで、与力を残して走りました。
ゴールした時点でも、倒れこんでゴールする者が普通であるはずが、まだ走れるんじゃないかと思われるほど元気で、めちゃめちゃ明るい表情で、インタビューで、放送している横で鼻をかむ始末。
こちらまで幸せになれるほど、嬉しそうでした。^±^ノ

「かけっこで一等賞」を旗印に、今回は参加したと言います。
この旗印どおり、気張ることなく、最初から最後までリラックスして、自然体で走ったのがよかったですね。

それと、解説を続けていた増田明美さんが、ちょうど福士選手が最後の競技場に入るとき、感動の余り、涙で声にならなかったのも印象的でした。
それほど、女子マラソンの記録の面でも、苦汁をなめ続け、この好記録は、久しぶりの快挙に当たる、ということなのでしょう。
もちろん、福士選手の汗と涙の努力を知っている上で・・・。

それと、ケニアのチェピエゴ選手の様態も気になりましたね。
30キロ過ぎで、急に倒れこみ、それっきり動かなかったです。
リタイアで、救急車で運ばれたらしいですが。
優勝後、その様子をモニターで見てた福士選手の心配そうな顔も忘れられません。

・・・というか、大阪マラソンは未だに、アルフィーの曲を流してるのね~。^±^;
アルフィー、好きだけど、正直、「またかよ~」って気持ち。^±^;
そして、「アルフィーが流れると誰か選手が失速する」というジンクスもあり、その風評にもうんざり。
うんざりざり~。+±+
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

ラグビーワールドカップ・サモアにも快勝

イングランドで開催するラグビーワールドカップですが、最初の南アフリカに続いて、強豪サモアにも26対5と快勝しました。

これで3位に浮上です。^±^ノ…試合直後は2位だったのに

前半の終了直前に飛び込んだ山田選手のトライ、これはしびれました。^±^ノ
その前に、立て続けにサモアの選手がシンビンによりイエローをもらい、10分間の出場停止。
それが、「焦り」を加速させ、サモアの大量失点に繋がってしまいました。

後半になると、ますますサモアの選手にイライラが募るばかり。
ようやく意地の1トライをするも、時すでに遅し。^±^

それと五郎丸選手の、ところどころでの相手の攻めを止める動きがよかったですね。

さて次回は12日ですか。いまだ勝ち星のないアメリカとの戦いですね。
ほかのスポーツにはかなわないアメリカ、でもラグビーでは日本のほうが格上です。
こうなったら、勝ち点5を目指したいですね。^±^ノ
20151003・ラグビー1

ただ、ベスト8は厳しそう。+±+
アメリカに勝ち点5で勝ったとしても、上位の南アフリカとスコットランドに及ばないといいます。
試合直後は2位だったのに、南アフリカがスコットランドに勝ったため、現在は3位。
というか、ここまで日本は2勝1敗で、スコットランドに負けただけなのに、それも大差で負けたわけではないのに、この順位には納得できないです。
うーむ、最終的に3勝1敗で終わるなら(その可能性は高そうですが)、ますます納得できませんね。
3位で終わる可能性も高いですが。^±^;
まあ、それにつけても、日本が3位で終わるなら、大健闘では?、とも思います。
アメリカがいるので最下位はなかったでしょうけど、南アフリカとサモアに勝ったのは「まぐれ」ではなく、れっきとした「実力」だったとわかったことですし。
次の日本での大会につながる力を出したけどね。^±^ノ
20151003・ラグビー2

でも、3位はどうしても納得できないなあ。x±x

最後に、高校の体育のラグビーの練習試合ですが。^±^;
スクラムを組んでも、すぐに押しつぶされたよなあ。^±^;…トオイメ

テーマ : ラグビー
ジャンル : スポーツ

勝つべくして勝ったのかも(女子ワールドカップ準決勝カナダ大会)

女子ワールドカップカナダ大会の準決勝、イングランド戦
堂々たる試合で渡り合うなでしこジャパン。

正直、まさかこんなに活躍するとは思ってませんでした。^±^ノ
別に見くびってたわけではなかったのですが、準決勝も、ブラジルを破ったオーストラリア相手だったので、勝てるかなあという不安のほうが先立ちました。

しかしふたを開ければ、オーストラリアに1ー0・・・。
ぎりぎりのところで勝利をつかみました。^±^

その前の試合のオランダ戦も、2ー1と、勝利といえども、苦しみが先行するような試合、薄氷を踏むような勝利。

そして、日本時間2015年7月2日の対イングランド戦も・・・。

前半、有吉選手がペナルティエリアで倒されてPKに。
沈着冷静な宮間選手のPKで、「決まった!」と思いきや、数分後には逆にイングランドがPKで追いつかれます。
でもまあ、それは「ふりだしに戻った」だけのこと。
勝ってから、その1点のために、守りについてしまったのが原因だから。
「たてなおし」をしたなでしこは攻める姿勢に戻りまして、試合は一進一退の攻防。
前半はアディショナルタイムもなく、あっけなく引き分け。

そして後半。
のっけからイングランドの猛攻にあいます。x±x
キーパーの海堀選手がよく守った!^±^ノ
守っても守っても、球が飛んでくる・・・。
それにも耐えて、球をゴールに入れまいとパンチングなどでクリア。
海堀選手、まるで千手観音かと思いましたよ。^±^ノ

あと、守りでは、熊谷選手がキレキレに切れてた・・・気がします。^±^

とうとう後半アディショナルタイムに。
アディショナルタイムは3分。
その2分後、川澄選手が走って、大儀見選手にパスするも、イングランドのバセット選手のところに。
それをクリアする予定が、痛恨のオウンゴールに。
これが決勝点となり、2ー1で、日本が決勝進出になりました。^±^ノ

オウンゴールはかわいそうでした。
ただ、その数分前、イングランドのキーパーが疲れたのかアクシデントがあったのか、ゴール前で座り込んでいたのを見逃しませんでした。
だから、バセット選手の責任ではありません。
イングランドは、日本以上に、いっぱいいっぱいだったのかなと思います。

おまけに交代カードも、1人は怪我で使い、後半で3人の枠を全部使い果たしたのに対して、日本は1枚しか使ってなかったし。
その交代も功を奏しましたよね。
若い岩渕選手が動き回りシュートを打ってくれたおかげで、それまで日本エリアで攻められ続けてた流れを変えてくれました。
それまで耐えて耐えて、開花したなでしこ。^±^ノ
後半の30分過ぎあたりからは、勝つべくして勝った試合だったのかも、と思いました。

さて次回はいよいよ決勝、アメリカ戦ですね。^±^ノ
次も面白そうです。^±^ノ

それと比べては残酷なのかもしれないけど・・・。+±+

悪いけど男子は面白くない・・・。x±x

佐々木監督、面白いし。^±^…おやじギャグも炸裂するし

ところであの白い熊さん・・・。^±^
どこで売ってるのだろう。^±^
安藤選手の代わりらしいが・・・。

あと、熊谷選手が白い熊さんを抱くと、親子だと思っちゃうのは、自分だけでないはずだ・・・。

・・・思っちゃったんだから、しょうがない。^±^;
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

フィギュアスケート。良かったですな。^±^ノ

いいですね。フィギュアスケートって。^±^
男女とも、ちょっとマイブームです。^±^ノ

しかし鈴木明子選手、すごかったですなあ。
曲の「オペラ座の怪人」にのせて。^±^
すべる姿に魅了しました。^±^ノ
あの、のっけから、柔らかそうな鈴木選手の指先・・・。
これを撮影したテレビカメラもグッジョブ。^±^ノ
さらに目をそらせないほどの力強いとした演技もすごいの一言で。^±^
村上選手も、最高の演技でしたが、今回の鈴木選手にはかなわなかったですよね。
完璧でしたからね。
二人ともノーミスでした。^±^ノ
そして、宮原選手もよかったですし。今井選手もよくがんばりました。
さらに失敗はしましたが、浅田選手は余裕のあった演技で、それこそ「オリンピックの練習」という感じで滑っていましたね。
それでいて3位ですから、たいしたものだと思います。^±^ノ

あ、昨日ほどではないですが、村上選手、今日も泣きましたね。^±^;
大きなお世話だぞ!(゚Д゚)ノx±x
お前もぶん殴って泣かせてやろうかってんだよ!(゚Д゚)mx±x。~☆←既に泣いてるし

昨日は東京のフリー切符の旅から帰って、男子フィギュアも見てましたが。
旅ってほどでもないだろうが!(゚Д゚)ノx±x
新小岩で買い物をしただけじゃんか!(゚Д゚)ノx±x

羽生選手、町田選手、小塚選手、織田選手もそれぞれよかったですが。
高橋大輔選手、最初こそ失敗しましたが、そのあとの演技は羽生選手以上のものがあったし。
良かったです。^±^ノ
そして、アクシデント。演技中の流血。
あれもテレビがよく映したなあ。^±^;
本人はその場の点数であきらめてましたが、選考は難しいだろうなあと思ってました。^±^
長い間培った栄光の結晶を、たった一日で覆ることはないとも思ってました。^±^ノ

で、女子では、鈴木明子選手、浅田真央選手、村上佳菜子選手。
男子では、羽生結選手、町田樹選手、高橋大輔選手。
それぞれソチオリンピックの代表選手に決まりました。^±^
おめでとうございます。^±^ノ

うーん。^±^;
埼玉アリーナ、行けばよかったなあ。^±^;
東京に行ってたくせに、心にもないことを!(゚Д゚)ノx±x。

言い忘れました。^±^;

^±^ノ

クリスマスの前ですが、いいものを連日見せていただきました。^±^

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

ブラジル最終予選・オーストラリアとの戦い

ブラジルワールドカップ最終予選です。
6月4日はオーストラリア戦がありました。^±^ノ

4-2-3-1、つまり4バックに戻したザックジャパン。
これは正しいと思います。
動きやすい体制で行くのがベストだと思います。^±^ノ

前半戦。
終始攻撃してたのは日本でした。
川島選手が前に出すぎたことを除けば、危ないところもほとんどなく、アディショナルタイムは0分。
やけに重々しい出だし。
後半も、このまま終わるかなと思ってました。
終わってくれればいいな、と。

後半戦。
オーストラリアのパターン、ちょっと読めました。^±^
オーストラリアは後半30分過ぎから強くなるんですね。
それまでに1点は取っておきたかったのに。
日本は決定力なさすぎ~。+±+
というより、オーストラリアのキーパーシュワルツァー選手を中心にディフェンスが良かったともいえるんですが。

試合のおいしい部分はやはり後半30分過ぎから。^±^…思ったとおりだ
オーストラリアが後半37分、なんと終わり間近にゴール。+±+
もう残り8分しかないのに1点先制されます。
しかも、オーストラリアのディフェンスは相変わらず悪くなく、鉄壁の守りでした。
そんな中、45分になってすぐ・・・つまり、3分のアディショナルタイムに入ってすぐ。
右のコーナーキックで清武選手がショートコーナーを選び、さらに、本田選手の打ち放したシュートがなんとオーストラリアのマッケイ選手の腕に当たり、なんとハンド。

ハンドって・・・。^±^;
20130604・ザック1

そしてPKで本田選手が、値千金の、
GOOOOOL^±^ノ1-1!
20130604・ザック2

その後、アディショナルタイムは慎重にボール処理され、ついに試合終了。^±^ノ
日本、この瞬時に、2014年ワールドカップブラジル大会出場が決定しました。^±^

試合後、本田選手に笑顔はありませんでした。
ホームゲームで勝つべき試合を勝てないのもあったでしょうけど、本田選手ご本人が自分自身に納得いかなかったのでしょうね。
でも1-1に決めてくれたのは本田選手、あなたの鋭い足なんですがね。^±^ノ…しびれたぞ

たしかに、今日の試合は、うちも満足できません

日本が特別よかったわけではありませんからねえ。
ただただ、オーストラリアに元気がなかったから引き分けられたという印象だけの、しょっぱい内容でした。
現に、後半ロスタイムのハンドはありえないほどのチョンボなんだし。^±^;…日本、ついてたよなあ
オーストラリアの守りは良いのですが、攻撃がヨタヨタしてるといいますか・・・。
そのヨタヨタしてるオーストラリアに点を入れられたんですからね。
解説者は、この失点を「不運」という言葉で片付けてましたが、不運でもなんでもないです。
精彩がない日本に、とられるべくしてとられた、油断の失点です。
日本が勝った試合ではなくて、オーストラリアに助けられたような試合でした。

オーストラリアはよほど不調といいますか、重症といいますか・・・。
つまり、日本も同じことが言えまして、前回負けたブルガリア戦、いや、その前に負けたヨルダン戦からザックジャパンは本調子でなく、非常に懸念してるんですが。
前回のブルガリア戦は親善試合で、手の内を見せないように戦ったとおっしゃる方もいますが、それは逃げです。
親善であったとはいえ、格下に負けたというのは事実なのです。
わざわざ手の内を見せたくないからといって負けるのだったら、親善試合などする価値がないじゃないですか。

今日は勝たなければいけない試合。
なのに勝てなかった・・・。
というか、負け試合。
オーストラリアのハンドに助けられただけ。
日本はいまだ、本調子になれないまま・・・。
今日の試合は、それだけの印象です。^±^;

日本はワールドカップ出場をこれで決めたけど、手放しでは喜べないモヤモヤした気持ちのうちの心の中は、
バンザーイ、ナシヨ。x±xノノ
「スター誕生」の欽ちゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
それと、ぼやきがひどいぞ!(゚Д゚)ノx±x
お前はつぶやきシローの弟子のぼやきサブローか!(゚Д゚)ノx±x…そんな芸人いないってば

日本は、世界一早く、ブラジル行きの本戦に出場を決定させました。^±^
それはそれで嬉しいのですが、現在の状況ですと、決勝トーナメントには到底進められないはずです。
その原因のひとつに、本田選手や香川選手ら、代表アスリートたちに頼りすぎてます。
今回も、彼らがいなかったら大敗を喫するところでした。
とにかく、皆が皆、ひとりひとりが、「自分が世界一だぞ」という自負心、いい意味の「うぬぼれ」を持たなくては。
あと、今の状態では守りがまるっきり良くないので、ここも修正して欲しいですね。
守りが弱いのは、ザックジャパンの前々からの課題なんですけどね。^±^;
特に、最近のキーパーの川島選手には、はらはらします。+±+

せめて、最終戦は、「アジアの雄」の見せしめに、きっちりとイラクに勝ってくださいよ。
揺るぎない力強さで、1位通過を決めてください。^±^;
そして、強い日本を見せつけて、心の底からバンザイをさせてくださいよ。^±^
日本はこんなもんじゃないはずです。^±^;

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長