WBC始まる

2017年3月7日から、いよいよWBCが始まりました。^±^

まず最初に予定を。

1.1次ラウンド

3月7日、日本VSキューバ
3月8日、日本VSオーストラリア
3月10日、日本VS中国

2.2次ラウンド

3月12日から16日まで。

3.決勝ラウンド

3月20日から22日まで。

ただ、今回はメジャーリーグの投手が出ないんですよね。
メジャーから参加は青木選手だけだし。
加えて、日ハムの大谷選手も出ないんですよね。
選手が次々とけがなどで戦列を離れて、やる気があるんだかないんだか。
2次ラウンドに行けるのかなあ・・・という杞憂があるのですがね。^±^;
というわけで、もうね、ぎりぎりまで興味なし。^±^;

しかしながら、WBCが開幕したら、それはそれで気になるものなのだなあ。

3月7日は、10回延長で、韓国がイスラエルに1-2で敗れました。
さらに韓国はオランダにも0-5で敗れ、早くも1次予選突破も難しくなりました。
そのイスラエルですが、台湾戦も15-7で勝って、こちらはどうやら予選突破するようです。

また、3月8日は、日本とキューバ戦でこのグループは幕を開けました。
いきなり強豪ですね。+±+
その前の練習試合でも負け越している侍ジャパン。x±x
一瞬最悪のシナリオが・・・。

しかしそれは杞憂でした。^±^ノ

先発は石川投手。1回に、青木選手と筒香選手のヒットで1点先制。
しかし3回に1点を返されますが、4回に山田選手がスタンドへ。
ところが、ここで思わぬ珍プレー。^±^;
外野にいた観客のチャラ男がグラブでスタンドに入る前にボールを取ってしまったのだ~。
すぐさま、審判はビデオ判定の協議。
角度から見ても、何もしなければ恐らくスタンドに入ってるんじゃないかと思うんですが・・・。
判定結果は、「二塁打」に。
山田選手は、きっとがっかりっすね。
スタンドに入っていなくても、そのまま3塁に行ってたので、ツーランホームランでないにしろ、もう1点取れました。
残念だなあ。x±x

そして5回、今度は本物のホームラン。
松田選手がスタンドに叩き込んで、スリーラン。一時は7-1に。
20170307・WBCキューバ1

これでキューバは意気消沈かと思いきや、徐々に復活。
キューバだけに、急場しのぎと思えたホンデル・マルティネス選手が、楊枝を口に咥えながらの好投。
楊枝を口に咥える理由が、「落ち着くから」なのだとか。
そのうえ、則本選手が急に乱調。あっという間に点差が縮まり、気がつけば3点差まで詰め寄られます。

その後、筒香選手もホームランを打つも、点の取り合いに。
後半のイニングは、キューバの意地も感じました。

最終的には牧田投手が9回を0点に抑え、11-6で試合終了。
20170307・WBCキューバ2

・・・チャラ男がグラブを差し出さなければ、12-6だったのに。^±^; ボソッ
勝ったんだから、許してやれよ!(゚Д゚)ノx±x

日本は初戦を勝利で飾り、今後に弾みがつきました。^±^ノ
明日はオーストラリアとの試合か。
こちらも油断ができません。
それ以上に、イスラエルとオランダ、恐るべし。^±^;

~~~~~~~~~~~~~~

お知らせ。^±^ノ

3月4日、笑子さんのところに行ってきました。^±^
俳句による写真展ですね。^±^ノ
この様子は、13日からお知らせしますね。^±^ノ
ただ、写真展の様子は最終日になってしまいます。
また、WBCの勝敗によっては、途中経過も入れるかもしれませんが。
 
スポンサーサイト

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

リオパラリンピック、結果だけですが

パソコンが修理中であったため、リオパラリンピック、結果だけです。

金メダルがないのは残念でしたが、もっと放送しろよ、と言いたいです。
特に民放はひどいですね。

金0個

銀10個

柔道(男子60kg級)=広瀬誠選手
ボッチャ(混合団体)=木谷隆行選手、藤井友里子選手、杉村英孝選手、廣瀬隆喜選手
水泳(男子50m自由形)=木村敬一選手
陸上競技(男子400m)=佐藤友祈選手
自転車(ロード男子タイムトライアル)=藤田征樹選手
自転車( ロード女子タイムトライアル )=鹿沼由理恵選手
水泳(男子100mバタフライ)=木村敬一選手
陸上競技(男子1500m)=佐藤友祈選手
陸上競技(男子走幅跳)=山本篤選手
陸上競技(女子マラソン)=道下美里選手

銅14個

柔道(男子66kg級)=藤本聰選手
水泳(男子背泳ぎ)=津川拓也選手
柔道(女子57kg級)=広瀬順子選手
柔道(男子100kg超級)=正木健人選手
陸上競技(男子4×100mリレー)=山本篤選手、多川知希選手、芦田創選手、佐藤圭太選手
水泳(男子100m平泳ぎ)=木村敬一選手
水泳(男子50m自由形)=山田拓朗選手
車いすテニス(女子シングルス)=上地結衣選手
陸上競技(女子400m)=辻沙絵選手
車いすテニス(男子ダブルス)=国枝慎吾選手、斎田悟司選手
水泳(男子100m自由形)=木村敬一選手
水泳(男子200m個人メドレー)=中島啓智選手
ウィルチェアーラグビー(混合オープン)=池透暢選手、池崎大輔選手、今井友明選手、官野一彦選手、岸光太郎選手、島川慎一選手、庄子健選手、仲里進選手、乗松聖矢選手、羽賀理之選手、山口貴久選手、若山英史選手
陸上競技(男子マラソン)=岡村正広選手


特に印象深かったのは、女子車いすテニスの上地選手と、陸上の辻選手ですね。
それまでの苦労が報われたうれし涙が、特に印象的でした。^±^
しかし、世界のパラリンピックは急激に強くなったですね。
金メダル1つは欲しかったですね。+±+
お前がもらうんじゃないかんな!(゚Д゚)ノx±x。


以上、パラリンピックでした。^±^
 

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック総まとめ

今日は、リオオリンピックの総まとめです。^±^

今大会のオリンピックは、目覚ましいものがありましたね。
共通点としては、感動の大逆転、ですかね。^±^

おっとその前に、いくつか競技が続いていたのでした。
でもどっちでもいいや。^±^;
まあ、日本はメダルとは縁遠いものばかりだし。^±^;
何拗ねてるんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。
男子マラソン、面白いじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
日本選手に期待しなくても、猫ひろし選手が完走したしよっ!(゚Д゚)ノx±x

日本でオリンピックをやるときは、最終日はマラソンでなく、「競歩」のほうがいいと思います。

競歩!競歩!競歩!^±^ノ
気合いだー!気合いだー!気合いだー!^±^ノ
アニマル浜口さんじゃないからな!(゚Д゚)ノx±x
それを言うなら、「京子、気合いだ!」でしょうに!(゚Д゚)ノx±x
しかも、浜口京子さんはもう選手じゃないかんな!(゚Д゚)ノx±x。

というわけで、男子マラソンです。^±^

日本は佐々木悟選手の16位が最高で2時間13分57秒。残りは惨敗です。まあ、佐々木選手は及第点ですがね。
特に、北島寿典選手は、2時間25分11秒で、本職が芸人でカンボジア代表の猫ひろし選手でさえ2時間45分55秒なのに、20分しか差が離れていません。このタイムで日本の代表なのだから、どんな理由であれ、恥ずかしい成績です。
芸人やめて、無頼派で練習した猫選手のほうが立派です。^±^;
しかも猫選手は、140人完走したうちの139位で、最下位ではありませんでした。
15人が途中棄権しました。

お笑いタレントでカンボジア代表の猫ひろし選手(39)=本名・滝崎邦明選手=は、2時間45分55秒で、139位で完走した。最後は最下位のヨルダンの選手とのデッドヒートを制し、持ち芸の「ニャー」をしながらゴール。出場した155選手中で、完走した選手の中では下から2番目(リタイアが15選手)だったが、初めての五輪の舞台で、最後まで走り抜いた。
ゴールすると、スタンドの観客をあおり、カンボジア大コールが巻き起こった。猫は満面の笑みを浮かべ、観客に応えていた。
猫は5キロ通過時点が17分58秒で、トップから2分30秒近く遅れた最下位。しかし10キロでは、最下位のヨルダン選手に35秒差を付けて1つ順位を上げた。その後もリタイアする選手が出る中で、ジワジワと順位を上げた。
猫は五輪代表を目指し、2011年にカンボジア国籍を取得。12年ロンドン五輪の同国代表に一度は選出されたが、国籍を取得してから短期間であることがネックとなり、出場が認められなかった。
やっと立った五輪のマラソンコースを、42・195キロを走り抜いた。

それでもオリンピックの大舞台で完走したし、ビリではなかったし、カンボジアの国にとっても決して恥ずべき成績ではなく、「誇り」だったと思います。
でも、「持ち芸のニャーをしながらゴール」って・・・^±^;

その後のインタビューです。

リオデジャネイロ五輪マラソン男子は21日に行われ、カンボジア代表として出場したタレントの猫ひろし選手(本名滝崎邦明選手、39)は2時間45分55秒で完走140人中139位だった。
――完走後の気分は?
猫 ちょっと冷静になって。42キロ最高でしたね。でも、選手としてはタイムがあまり良くなかったんで。もうちょっと粘りたかったですね。でも、カンボジアの人も、日本の人も、ブラジルの人もみんな応援してくれたので、本当にありがとうって言いたいです。
――ゴールしたときはニャーポーズですか?
猫 そうですね。ニャー。カンボジア語でミャーっていうんですけどね。
――リオで最高の“ニャー”をしたいと言っていた
猫 そうですね。できました。
――タイムは45分台
猫 きつかった。最後は足動かない。
――ロンドンは出られず。4年間の思いも含めてレースを振り返って
猫 最後、ほんとうにきつくて。きついなと思ったんですけど。絶対に歩かないようにしようと思って。そこだけは、きつかったけど頑張りました。最後、1人後ろの選手がいて。押してくれたんですよ。そしたらもうこれ、負けられないなと思って。ちょっと頑張りました。だから、最後、握手しに行きました。
――最後、会場で盛り上がった
猫 ブラジルの人が盛り上がっていたから。ここは乗るしかないなと。元日本人の現カンボジア人の僕の中のブラジル魂がうずきましたね。
――カンボジアコールが起こった
猫 最高ですね。
――4年後も出ますか
猫 とりあえず、おいしい物食べたいです。それで、ちょっとゆっくりして。ゆっくり考えて。でも、チャンスがあるんだったら、もちろんやりますよ。50になっても60になっても。猫だったら3回ぐらい死んでますんで。次の五輪は。本当に分からないんですけど。でも、こうやって応援してくれるカンボジアには感謝しかないんで。何かしら、五輪とかに、カンボジアに関わることはできるんで。もちろん走ることは続けるんですけど、どうやって関わっていくのかは、一生懸命やっていれば見えてくると思うんで。また考えたいと思います。
――カンボジア国旗を着けて走る気持ちは
猫 カンボジアでも放送されてますから。見てる人もいますから。そこで、情けないところは見せられないですよね。絶対、走り抜こうって思いました。あとは走ってて、凄い、観客の人が盛り上げてくれたので、それに応えて、僕もばーってやったんで。こうやって盛り上げられるのは、タイムは遅いですけど、僕しかいないなと思ったんで。だったら、やってやろうと思って。とにかく見ている人を楽しませようと思ってやりました。もちろん一生懸命走ってですけどね。
――レースに悔いはないですか
猫 ないっすね。走り終わったんで。とにかくゴールしたんで。選手としては色々ありますけど。とりあえず、胸張って帰ります。カンボジアに。カンボジアに帰って、日本に来日して仕事します。


「カンボジア語でミャーっていう」って・・・^±^;

それに比べて日本のマラソンのテンションの低さといったら。^±^;
20160822・マラソン

マラソンは、男女とも、メダルには程遠いなあ。^±^
卓球の中国みたいに、ケニアから選手を亡命させるしか方法はないのかねえ。^±^;
でも、そんな売国奴みたいなのは嫌だし。^±^;
何をぶつくさぼやいてるんだよっ!(゚Д゚)ノx±x

とうとう、リオオリンピックも閉会式です。
東京のセレモニーもありましたが。^±^;
残念ながら、最初だけちょこっと見ただけで終わりました。+±+
20160822・閉会式

悪いけど、退屈で退屈で。^±^;
それに輪をかけて不快だったこと。
閉会式を解説する女子アナが、いつまでたっても日本人が出ないのに、イライラしてたようだったし。
「日本の選手、なかなか出ませんねえ」って。
いいじゃんか、日本人だけ出てるんじゃないんだから!(゚Д゚)ノx±x
その料簡の狭さ(アンチグローバル)を見ただけでしらけちゃったし。x±x

聞くところによると・・・。
和服で五輪旗を振る小池百合子東京都知事と、「マリオ」に扮した安倍晋三首相だってんでしょ?
いいや、別に、これも見なくってもいいかな、と。^±^;
だって政治のにおいがプンプンするんだもん。^±^;
まず、アニメとかゲームのキャラクターを世界にアピールするのって、恥ずかしい。
ああ、恥ずかしい。^±^;
それに着物なんて、きょうび、成人式や結婚式ですら、ほとんど着ないし。
おばさんが来ても萌えないなあ。^±^;
失礼なことを言うなよなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x

だったら、スカイツリーとか、東京タワーとか、葛西臨海公園とか、桜坂とか。
もっと「これが東京!」というのを出せよ、って話。^±^;
桜坂が東京のイメージかよ!(゚Д゚)ノx±x
なんてわけで、いよいよ次回、4年後は東京です。
まだ東京は問題山積ですが、今後はどうなっていくでしょうか?^±^


~~~~~~~~~~~~~~~

リオデジャネイロオリンピック、メダル総数は?

金12個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)
登坂絵莉(レスリング)
伊調馨(レスリング)
土性沙羅(レスリング)
高橋礼華、松友美佐紀(バドミントン・ペア)
川井梨紗子(レスリング)

銀8個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)
太田忍(レスリング)
水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴(卓球・団体)
吉田沙保里(レスリング)
樋口黎(レスリング)
山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(陸上・リレー)

銅21個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)
錦織圭(テニス)
白井健三(体操・跳馬)
福原愛、石川佳純、伊藤美誠(卓球・団体)
乾友紀子、三井梨紗子(シンクロナイズドスイミング)
奥原希望(バドミントン)
荒井広宙(競歩)
箱山愛香、乾友紀子、丸茂圭衣、三井梨紗子、中牧佳南、中村麻衣、小俣夏乃、吉田胡桃、林愛子(シンクロナイズドスイミング)


総合メダル数41個は、日本のメダル数の新記録となりました。^±^ノ

メダルランキングは、日本は6位でした。

メダルランキング

順位  国名 (金メダル-銀メダル-銅メダル=総計)

01位 アメリカ (46-37-38=121)
02位 イギリス (27-23-17=67)
03位 中国 (26-18-26=70)
04位 ロシア (19-18-19=56)
05位 ドイツ (17-10-15=42)
06位 日本 (12-8-21=41)
07位 フランス (10-18-14=42)
08位 韓国 (9-3-9=21)
09位 イタリア (8-12-8=28)
10位 オーストラリア (8-11-10=29)
11位 オランダ (8-7-4=19)
12位 ハンガリー (8-3-4=15)
13位 ブラジル (7-6-6=19)
14位 スペイン (7-4-6=17)
15位 ケニア (6-6-1=13)
16位 ジャマイカ (6-3-2=11)
17位 クロアチア (5-3-2=10)
18位 キューバ (5-2-4=11)
19位 ニュージーランド (4-9-5=18)
20位 カナダ (4-3-15=22)
21位 ウズベキスタン (4-2-7=13)
22位 カザフスタン (3-5-9=17)
23位 コロンビア (3-2-3=8)
24位 スイス (3-2-2=7)
25位 イラン (3-1-4=8)
26位 ギリシャ (3-1-2=6)
27位 アルゼンチン (3-1-0=4)
28位 デンマーク (2-6-7=15)
29位 スウェーデン (2-6-3=11)
30位 南アフリカ (2-6-2=10)
31位 ウクライナ (2-5-4=11)
32位 セルビア (2-4-2=8)
33位 ポーランド (2-3-6=11)
34位 北朝鮮 (2-3-2=7)
35位 ベルギー (2-2-2=6)
35位 タイ (2-2-2=6)
37位 スロバキア (2-2-0=4)
38位 ジョージア(グルジア) (2-1-4=7)
39位 アゼルバイジャン (1-7-10=18)
40位 ベラルーシ (1-4-4=9)
41位 トルコ (1-3-4=8)
42位 アルメニア (1-3-0=4)
43位 チェコ (1-2-7=10)
44位 エチオピア (1-2-5=8)
45位 スロベニア (1-2-1=4)
46位 インドネシア (1-2-0=3)
47位 ルーマニア (1-1-3=5)
48位 バーレーン (1-1-0=2)
48位 ベトナム (1-1-0=2)
50位 台湾 (1-0-2=3)
51位 バハマ (1-0-1=2)
51位 コートジボワール (1-0-1=2)
51位 IOA (1-0-1=2)
54位 フィジー (1-0-0=1)
54位 ヨルダン (1-0-0=1)
54位 コソボ (1-0-0=1)
54位 プエルトリコ (1-0-0=1)
54位 シンガポール (1-0-0=1)
54位 タジキスタン (1-0-0=1)
60位 マレーシア (0-4-1=5)
61位 メキシコ (0-3-2=5)
62位 アルジェリア (0-2-0=2)
62位 アイルランド (0-2-0=2)
64位 リトアニア (0-1-3=4)
65位 ブルガリア (0-1-2=3)
65位 ベネズエラ (0-1-2=3)
67位 インド (0-1-1=2)
67位 モンゴル (0-1-1=2)
69位 ブルンジ (0-1-0=1)
69位 グレナダ (0-1-0=1)
69位 ニジェール (0-1-0=1)
69位 フィリピン (0-1-0=1)
69位 カタール (0-1-0=1)
74位 ノルウェー (0-0-4=4)
75位 エジプト (0-0-3=3)
75位 チュニジア (0-0-3=3)
77位 イスラエル (0-0-2=2)
78位 オーストリア (0-0-1=1)
78位 ドミニカ共和国 (0-0-1=1)
78位 エストニア (0-0-1=1)
78位 フィンランド (0-0-1=1)
78位 モロッコ (0-0-1=1)
78位 モルドバ (0-0-1=1)
78位 ナイジェリア (0-0-1=1)
78位 ポルトガル (0-0-1=1)
78位 トリニダード・トバゴ (0-0-1=1)
78位 アラブ首長国連邦 (0-0-1=1)

以上でした。^±^ノ


(8月21日現在(閉会式)=日本時間・8月21日夜~22日朝現在)=23日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・安心してください。メダルは続いてますよ。^±^ノ

いつものリオオリンピックですが、今回もまた、2日分です。

安心してください。メダルは続いてますよ。^±^ノ
しかも一つじゃないです。^±^
わかったから、先に進めよな!(゚Д゚)ノx±x

まず、8月19日夜から、20日朝にかけてです。^±^

競歩。見てましたわ。^±^;
正直、日本記録に向けて努力しなくなったマラソンより、今は面白いです。

荒井広宙(ひろおき)選手、銅メダルです。
ゴールの直後、倒れるほど気力を使い果たすほどぎりぎりの戦い。
そして、一度は、手にした、日本の競歩の歴史を変えた、初めてのメダル。
ところが、それが失格どうかという問題に発展し、銅メダルが剥奪(はくだつ)されかけました。
ゴール前のデッドヒートで、荒井選手はカナダのダンフィー選手と接触。
それを「妨害」だと訴え、4位のカナダ側が抗議。
抗議は一時認められて、荒井選手は「失格」扱いに。
ところが、今度は日本陸連から「それはおかしい」と「失格の取り消し」を求め、上告した結果、再び、銅メダルが荒井選手に届きました。
その様子を自分もリアルタイムで見てましたが、こちらが見る限りは妨害はなかったですね。
確かに、ダンフィー選手は荒井選手に追いつきました。
ただ、その足元が既に、だいぶふらついていてもう限界であり、接触というよりも、ダンフィー選手の足元が引き攣っていたのが原因で遅れたように見えました。
荒井選手は、その時にはさらにその先のオーストラリアのジャレド・タレント選手を見据えて歩いていましたが、これは惜しくも届かず、銅メダルでした。
1位から4位までは、誰が金メダルを取っても不思議でないほど接戦で、はらはらしながらも面白いレースでしたわ。
荒井選手は40キロ過ぎに一時期トップという時もありましたが、金メダルを獲得したスロバキアのマテイ・トート選手に並ばれ、それでも我慢してしばらく一緒に歩きました。
しかし、やがて、トート選手は勝負をかけ、少し突き放されましたが、そこから根性で離されないように必死で歩いたところ、その背後からダンフィー選手が徐々に追いつき、デッドヒート。
そこで今回の事件が起こったのでした。
しかしその時にはダンフィー選手も限界で、フラフラの状態。荒井選手は比較的しっかりとした足取りで、まだ2位に迫る勢いでしたが、惜しくも追いつきませんでした。
その時、荒井選手も反則を1つもらっていて、反則が3つになると失格になるために無理もできない状態でしたが、ゴール時に足元がしっかりしてたのはトート選手と荒井選手でした。
それと、一時はトップ独走していたフランスのヨハン・ディニズ選手(ヨアン・ディニ選手)。
大丈夫でしたかね。
途中で、歩けなくなり止まり、二度目は路上に倒れて。
それでも歩き続けて、8位の入賞ですわ。^±^;
でもその真意は、マラソンにいたショーター選手よろしく、ウンコモレチャウ現象だったとか。
ああ、だから競歩ってあんな格好で歩いてるのか。^±^;
違うからな!(゚Д゚)ノx±x
みんながみんな、ウンコモレチャウわけじゃないかんな!(゚Д゚)ノx±x。

それにしても50キロって、過酷だよなあ。^±^;
荒井選手、銅メダルおめでとうございます。^±^ノ
20160819・競歩

そしてシンクロナイズドスイミングです。
日本、銅メダルです。よくやりました。^±^
シンクロナイズドスイミング、チーム・フリールーティンで、95・4333点。
18日の演技のテクニカルルーティン(TR)93・7723点との合計点で189・2056点で、4位のウクライナに勝って銅メダルです。
日本が演じたフリールーティンのテーマは「天照大神(あまてらすおおみかみ)」。
井村監督の集大成でした。
そして、井村監督のもと、不動の「銅メダル」が復活しそうです。
箱山愛香選手、乾友紀子選手、丸茂圭衣選手、三井梨紗子選手、中牧佳南選手、中村麻衣選手、小俣夏乃選手、吉田胡桃選手、林愛子選手・・・。
おめでとうございます。^±^ノ
20160820・シンクロ

ただ、それ以上に、ロシアと中国のレベルが高いです。
特にロシア。完璧です。脱帽の演技でした。
叩き出した99.1333点は、誰をもたどり着くことは不可能。それどころか、日本はまだそこに近づくこと知らできないです。
とにかく、細かいミスさえないんですよね。
例えば、日本は塔から着水するようなわずかなミスがありましたが、それさえもないです。
これがどんどん点差を離された原因でしょうけど・・・。
井村監督、東京までに、そこまで持って行きそうだなあ。^±^;
ロシアが合計196・1439で金メダル、中国が192・9841で銀メダルでした。

レスリングの男子もよかったですよ。^±^ノ
レスリング男子フリースタイル57キロ級の樋口黎(れい)選手が、決勝でジョージアのウラジーミル・キンチェガシビリ選手と対戦し、惜しくも逆転されましたが、堂々とした銀メダルでした。
というより、後半、キンチェガシビリ選手は手をつかんだまま戦いに持ち込ませずにいましたが、これは本来、反則ではないかと思うのですがね。
疑惑の金メダルです。^±^;
当然、日本側から、長い間手をつかんだままだったのは反則ではないかという点で「チャレンジ」。
あの変な猫みたいな人形を投げたのかよ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ナゲタ、ナゲタ
ただ、そのチャレンジも虚しく認められませんでした。
したがって、3-3ではなく、3-4の負けでした。x±x

競歩も納得いきませんでしたが、男子レスリングも納得いかないなあ。+±+
ただ、その前に、樋口選手も、返されてしまったのがすべてでしたからね。
まあこれは宿題、次の東京でリベンジ、ってことで。^±^
20160820・レスリング男子

そういえば、オリンピックが始まる頃は、国名の変わったジョージアを「グルジア」と注釈をつけてましたが。
今ではすっかり、注釈もつけなくなったなあ。^±^
首を絞められて、グルジア。+±+
毎度毎度、くだらないダジャレを言いやがって!(゚Д゚)ノx±x
本当に首を絞めてやろうかっ!(゚Д゚)◇x±x。・・・グルジイ~

そして、日本の陸上にまた新しい時代が動きました。
陸上男子400メートルリレーで、山県亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手とつなぎ、ジャマイカに次いで、史上初の銀メダルを獲得しました。
おまけに、37秒60の好記録。
日本新記録とアジア記録も予選のタイムよりもさらに更新しました。
金メダルはジャマイカで、37秒27。アサファ・パウエル選手、ウサイン・ボルト選手がいて強豪です。
その強豪相手に、引けを取らないレースでした。少なくても、ジャスティン・ガトリン選手のいるアメリカ相手に、失格をしていなくても上回っていたのですから、すごいの一言。
特に最初の山県選手は、ジャマイカのパウエル選手よりも上でした。
アメリカは3位に入りましたが、失格となり、カナダが繰り上げで銅メダルでした。
中国が4位、イギリスが5位、ブラジルが6位で、アメリカと、トリニダード・トバゴも失格でした。

登場するときに、「ニンジャスタイル」のパフォーマンスで、さっそうと登場。
スタートのピストルが鳴ってからも、緊張の面持ちが4人に見当たらず、バトンの引き渡しも大変にうまく、コンビネーションも最高で、山県選手、飯塚選手、桐生選手、飛鳥選手と、ほぼスムーズに、自然にバトンが渡ります。
そして、第3走者の桐生選手が、飛鳥選手へ、ラストスパートを託すように大声でエールを送っているようにも見えました。

ゴールの瞬間、しびれたぜ~。^±^ノ
20160820・リレー

日本は「バトンパス」の方法に、下から差し上げるように行うアンダーハンドを採用し、これがスムーズにいったのが、最大の勝因でしょうか。
このバトンパスは、失敗するとリスクも多く、よほどの呼吸がかみ合わないと難しいのですが、かみ合えば千人力。速度のハンデも充分にカバーできるんですよね。

山県亮太選手、「メダルを目指してやってきて、いざ取れるとなると感慨深いものがありますね。予選よりいいスタートが切れてよかったです。歴史を作れてうれしいです」
南海キャンディーズの山里亮太さんは、山県亮太選手と一字違いということでツイッターで間違えられて以来、恐縮しつつ、応援しているようです。

飯塚翔太選手、「興奮しました。歓声が思ったよりすごくてアドレナリンが出ましたた。信頼感のおけるメンバーでミスすることは考えませんでした。次の東京五輪に向けてスタートできたと思います。また頑張ります」
「和製ボルト」という異名があります。サッカーが盛んな静岡県出身なのですが、陸上の前は、スイミングスクールに通っていたそうです。また、ジュニアオリンピックでは異なる競技である「走幅跳」で8位に入ったこともあります。

桐生祥秀選手、「よりいい順位でケンブリッジさんに渡せるように、がむしゃらに走りました。このメンバーで走れて、本当に最高な日になりました」
サニブラウン・アブデル・ハキーム選手とともに、日本のトラック界を将来を嘱望(しょくぼう)されている選手です。リオデジャネイロオリンピック日本代表には3位で内定。しかし、3位というのが悔しくて、レース後の取材エリアでは悔し涙を流したそうです。

ケンブリッジ飛鳥選手、「3人が完璧な位置で持ってきてくれたので、気持ちで走りました。最後はちょっと硬くなってしまいましたが、しっかり2番でゴールできて良かったです。ボルトさんが走ってるのを見て、興奮しました」
ケンブリッジ飛鳥アントニオ選手は、父親がジャマイカ人で母親が日本人の「ハーフ」です。2歳までジャマイカで暮らし、その後、大阪へ移住しました。尊敬する選手がボルト選手といいます。

銀メダルには恐れ入りました。^±^;・・・嬉しかろう


続いて、8月20日夜から、21日朝にかけてです。^±^

この日のメダルは、ありません。x±x

ただ、ゴルフ女子で、野村敏京選手は惜しかったですな。^±^;
銅メダルに1打及ばず、4位で終わりました。
首位と8打差、通算3アンダーの15位からの猛チャージでしたから。
最終日に6バーディーとスコアを伸ばし、通算9アンダーの4位タイにまで持ち込んだのですからね。

実に惜しかったです。^±^;


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月19日~20日

樋口黎選手=
山県亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手=
荒井広宙選手=
箱山愛香選手、乾友紀子選手、丸茂圭衣選手、三井梨紗子選手、中牧佳南選手、中村麻衣選手、小俣夏乃選手、吉田胡桃選手、林愛子選手=


日本時間8月20日~21日

選手=
選手=
選手=


メダル総数は?

金12個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)
登坂絵莉(レスリング)
伊調馨(レスリング)
土性沙羅(レスリング)
高橋礼華、松友美佐紀(バドミントン・ペア)
川井梨紗子(レスリング)

銀8個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)
太田忍(レスリング)
水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴(卓球・団体)
吉田沙保里(レスリング)
樋口黎(レスリング)
山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥(陸上・リレー)

銅21個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)
錦織圭(テニス)
白井健三(体操・跳馬)
福原愛、石川佳純、伊藤美誠(卓球・団体)
乾友紀子、三井梨紗子(シンクロナイズドスイミング)
奥原希望(バドミントン)
荒井広宙(競歩)
箱山愛香、乾友紀子、丸茂圭衣、三井梨紗子、中牧佳南、中村麻衣、小俣夏乃、吉田胡桃、林愛子(シンクロナイズドスイミング)


(8月19日&8月20日現在=日本時間・8月20日夜~21日朝現在)=22日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・ドラマチックな大逆転での金メダル。^±^ノ

さて、いつものリオオリンピックですが、今回は2日分です。

まず、8月17日夜から、18日朝にかけてです。^±^

レスリング女子、幸先良しです。^±^ノ
ドラマチックな大逆転での金メダルが続きました。^±^

女子48キロ級の登坂絵莉(とうさかえり)選手、女子58キロ級の伊調馨(いちょうかおり)選手、女子69キロ級の土性沙羅(どしょうさら)選手と、つまり、この日に出て来たレスリング女子の選手の全員が、決勝に進出しました。
しかも3人そろって、逆転からの金メダルでした。^±^ノ

レスリング女子フリースタイル48キロ級の登坂絵莉選手は、準決勝で中国の孫亜楠選手に逆転勝ち、決勝に進みました。
そして、その決勝の相手は、アゼルバイジャンのマリア・スタドニク選手。
残り3秒まで、1-2のビハインドでした。
まさに、「残り3秒のMagic」で、2点の技を出して大逆転。初の五輪で金メダルです。
表彰台で、スタドニク選手は、しょげてしまって、銀メダルを掲げる元気もなくなっているほどでした。
かわいそうでした。^±^;

レスリング女子フリースタイル58キロ級の伊調馨選手は、準決勝でアゼルバイジャンのユリア・ラトケビッチ選手をテクニカルフォール勝ち、決勝に進みました。
決勝は、ロシアのワレリア・コブロワゾロボワ選手。
こちらも苦しめられ、残り8秒まで1-2の劣勢でした。こちらもまた、終盤での大逆転。
五輪全競技を通じて史上初の女子個人種目4連覇は立派です。
しかし、それ以上に、今回の伊調選手の金メダルは特別なもので、絶対に獲得したかったものだったようです。
2年前に母親が亡くなって、絶対に金メダルを、と、誓ったそうです。
生前、「何が何でも勝つんだよ」との母親の言葉を胸に、表彰台に遺影を持って行こうと思ったそうですが、残念ながらそれは叶いませんでした。
コブロワゾロボワ選手はといえば、表彰台ではスカッとした顔をして、銀メダルも嬉しそうに受け取っていました。
なjかなか、かわいかったですよ。^±^
チュニジアのマルワ・アマリ選手が銅メダル。チュニジアでは初めての快挙だったそうです。
もう一人はインドのサクシ・マリク選手。
この二人の銅メダルの嬉しそうな顔も、やけに印象的でした。

女子フリースタイル69キロ級の土性沙羅選手は、準決勝でスウェーデンのアンナイエンニュ・フランソン選手に逆転勝ち、決勝に進みました。
決勝では、ロシアのナタリア・ボロベワ選手に、こちらも試合が終わる30秒前で大逆転でした。
それまで0-2と、1点も取っていない状態から、2ポイントの技を出して大逆転。
それを、反則にならないように、丁寧に守り切り、それでも販促にならないように大胆に攻めて終了
参考までに、レスリングの場合、1ポイントを2回取る点数より、2ポイントを1回取るほう点数のほうが勝敗に優先され、同点で試合終了となった場合は、取った点数が大きいほうが勝利者となります。
そしてこちらも初出場。
土性選手は、ノーシードで1回戦から戦っています。そして金メダルも初めて。世界選手権でさえも、もらっていなかったとか。

うれしいオリンピックになりましたね。^±^
20160818・レスリング

このように、三者三様の金メダルでしたが、偶然にも、ぎりぎりの時間で粘って勝ち取った、価値のあるメダルなのです。

ところで、レスリングの「チャレンジ」で投げられる人形。
20160818・ヴィニシウス

これは「ヴィニシウス」といいます。^±^
五輪のマスコット人形ですね。
青コーナーの人形は青いシャツ、赤コーナーのは赤いシャツを着ているんですよ。
黄色い猫科の動物らしいです。^±^;・・・猫かなあ
チャレンジは、成功すれば何度も使うことができ、失敗すると相手に1点が入って、権利も行使できなくなってしまいます。

この日は、卓球男子団体の決勝戦もあるのでした。
相手は中国です。
水谷選手は、その中国の牙城を崩しました。^±^ノ
1試合目は丹羽孝希選手。相手はランキング1位の馬龍選手でしたが、強かった~。
ストレートで負けてしまいました。
そして2試合目は水谷隼選手。ランキングは6位で、相手の許キン選手のランキングは3位ですから、格上。
その格上相手に、第5ゲームまでもつれ込んだものの、最後はマッチポイントに持っていかれたのを逆転。
これは大金星でした。^±^ノ
3試合目はダブルスで、日本が吉村真晴選手と丹羽選手の組に対し、中国は張継科選手と許キン選手の組。
これも1セット目を取ったんですよね。^±^ノ
しかし、2試合目からは連続で取られて万事休す。
ただ、銀メダルで終わったとはいえ、全敗したわけでもなし、相手を揺さぶった、健闘した試合だったと思います。

水谷選手はランキングが上がるでしょうね。^±^ノ
20160818・卓球

レスリングがあると、柔道が終わっても楽しいですよね。


続いて、8月19日夜から、20日朝にかけてです。^±^

まずは、バドミントン女子ダブルスですが、高松ペアが金メダルです。^±^ノ
実はこちらも、ドラマチックな大逆転での金メダルでした。^±^
高橋礼華選手、松友美佐紀選手の「高松ペア」が、デンマークのリターユヒル選手とペデルセ選手の組に、18-21、21-9、21-19で、フルセットの末に勝ちました。
第1ゲームから、苦しい試合でした。接戦の末、18-20から強烈なスマッシュで決められてしまいました。
ところが、第2ゲームでは、打って変わって日本が主導権を握ります。序盤を11-5と先行し、そのまま21-9で逃げ切りました。
デンマークの選手たちは、体力を温存するために、半分試合を捨てていたかもしれませんね。
第3ゲームは、さらに接戦でした。後半から終盤は、息をのむ、得点ラリー。そして16-16からデンマークが3点取れば、日本は5連続で点を取り返します。
最後まで接戦で、21-19。
日本は悲願の優勝です。^±^ノ

もう一度おさらいしますが、特筆は、終盤の16-19で、デンマークに負けてたのを、奇跡の5連勝で大逆転。
誰が見ても負けだと思いました。
前日のレスリングのような、スリリングな大逆転でした。+±+
もう、見ているだけで胃が痛くなるような試合でした。^±^;
20160819・バドミントン

ああ、胃が痛い。x±x
やってるほうがもっと胃が痛いんだぞ!(゚Д゚)ノx±x
しかし、3ゲーム目で審判ともめていましたが、完全にデンマークの「二度打ち」でしたよね。
二度打ちって・・・^±^;
子供のころ、正月などにバドミントンで遊んで、よく二度打ちをしましたが、小学生じゃないんだから。
しかもデンマーク、「やってない」ってごまかして。^±^;

そうそう、テコンドーもやっていました。
でも浜田真由選手は、準決勝で負けましたが。
20160819・テコンドー

もうちょっと強いと思ってたのになあ。+±+
強くなったらコラムにします。今の実力じゃ、まだまだですね。x±x

あと、その他諸々ついでに。
女子高飛び込みで、板橋美波選手は初出場で8位入賞でした。それでも20年ぶりの入賞でした。
また、陸上の男子400メートルリレー予選で、山県亮太選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手が、37秒68で、アメリカに次いで2位で決勝進出です。
これは日本記録、いや、中国をも抜いてアジア新記録となりました。決勝も楽しみです。

そして、レスリングですが、女子フリースタイル75キロ級の渡利璃穏選手は初戦で敗れたものの、レスリング女子フリースタイル53キロ級の吉田沙保里選手と、レスリング女子フリースタイル63キロ級の川井梨紗子選手は、決勝に進出しました。
レスリング女子フリースタイル53キロ級の吉田選手は、決勝戦でアメリカのヘレン・マルーリス選手に逆転負けを喫して、銀メダルとなり、4連覇の夢も潰えて(ついえて)しまいました。
無念のメダルとの本人の弁ですが、銀メダルも立派なメダルでして、誰もが簡単に取れるものではなく、高みにいる者のみが取れる、偉大なメダルの一つです。
その無念の気持ちを知ってか、レスリング女子フリースタイル63キロ級の川井選手は、決勝戦で、ベラルーシのマリア・ママシュク選手を6-0で破り、金メダルを獲得しました。
元々は58キロ級だったのですが、伊調馨選手に次ぐ2番手だったために、陰に隠れてしまっていたため、階級を変えることを決意しました。
階級を変えたのは、渡利選手も同様なのですが、階級を変えると、無理に体重を増やしたり、または減らしたりしなくてはならないので、不利なんですよね。
それでも、才能をあたら無駄にするのはもっともったいないことで、無理してでも階級を変えるのですが、よほど精神力がしっかりしてないと大変なようです。

川井選手は、勝利の後、栄和人監督を投げ飛ばして、ご愛嬌のセレモニーで、会場のファンにサービス。
暖かい笑いを誘い、吉田選手が負けて重々しかった空気を和ませてくれました。

「投げたね。二度も投げた。おやじにも投げられたことないのに」
20160819・レスリング

お前はガンダムのアムロか!(゚Д゚)ノx±x。・・・

てか、何もこの写真を入れることないじゃんか!(゚Д゚)ノx±x
試合中の活躍したのを入れんかい!(゚Д゚)ノx±x。

投げられたのは、川井選手の大学、至学館大学のレスリング部の栄和人監督です。
監督も、投げられてうれしそうでしたね。^±^ノ

最後に、バドミントン女子シングルスの奥原希望(おくはらのぞみ)選手ですが、対戦相手である中国の李雪ゼイ選手が前十字靱帯を損傷し、出場不可能となり、棄権したために、銅メダルが確定しました。
シングルスでは「初」となりますが、前回のインドの選手に惨敗したとなればねえ。

ところで、21日は「ビミョーの会」がありますので、次回のリオオリンピックのコラムは22日を予定してます。
メダルは取れているでしょうか?^±^


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月17日~18日

登坂絵莉選手=
伊調馨選手=
土性沙羅選手=
水谷隼選手、丹羽孝希選手、吉村真晴選手=

日本時間8月18日~19日

高橋礼華選手、松友美佐紀選手=
川井梨紗子選手=
吉田沙保里選手=
奥原希望選手=


メダル総数は?

金12個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)
登坂絵莉(レスリング)
伊調馨(レスリング)
土性沙羅(レスリング)
高橋礼華、松友美佐紀(バドミントン・ペア)
川井梨紗子(レスリング)

銀6個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)
太田忍(レスリング)
水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴(卓球・団体)
吉田沙保里(レスリング)

銅19個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)
錦織圭(テニス)
白井健三(体操・跳馬)
福原愛、石川佳純、伊藤美誠(卓球・団体)
乾友紀子、三井梨紗子(シンクロナイズドスイミング)
奥原希望(バドミントン)


(8月17日&8月18日現在=日本時間・8月18日夜~19日朝現在)=20日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・卓球女子の勝因は福原選手の頭脳プレイ&シンクロが帰ってきた!^±^ノ

例によって、リオオリンピックです。^±^
毎回雑な出だしだな!(゚Д゚)ノx±x

まず、女子卓球3位決定戦ですが、相手はシンガポール。
しかし、出てきた選手は、中国人。
負けたドイツも、出てきた選手は、中国人。
これ、国籍変更選手っていうのですが、禁止にしませんかね?
しらけます。「やったもの勝ち」になるだけです。
「なんでもあり」になるじゃんか!(゚Д゚)ノx±x
特にドイツみたいに、出てきた選手がほとんど中国人だったら、相手が準中国との対戦と揶揄されても、文句言えまい・・・。
それだったら、日本だって、苦手の陸上で、ケニアの選手をどんどん日本人にすればいいんだし。
こういうことをやったら、きりがないんです。
第一、「国の代表」だからこそのオリンピックなのに、オリンピックの定義との辻褄(つじつま)が合わなくなります。
次の東京オリンピックまでには、亡命者の出場を禁止にして欲しいです。
但し、親のどちらかが母国、つまり二世の場合ならば、国を選んだうえで出場できるのは言わずもがなでして。
また、二世でなくも、恋愛関係のある国際結婚もありうるわけですので、政略結婚でなく恋愛関係の場合、国を選んで出場できるようにして欲しいです。
だから、猫選手もダメです。^±^;
てか、カンボジアって、猫選手を入れるんじゃなくって・・・。
普通に、ケニアの選手を入れればよかったじゃん。^±^; ボソッ
うまくすると、銅メダルくらい転がり込んだのに。^±^; ボソボソッ
日本だって、マラソンでケニアを雇えばメダルを取れるわけで、一番いい選手はケニアに残して、その次ぐらいの選手を日本に亡命させればいいわけですよね。
でもこれじゃ、しらけるでしょ。ほかの国が不愉快でしょ。
第一、こんなのオリンピックじゃないよね?
したがって、特定の国が海外に選手をばらまく行為を禁止することを望みます。
ああ、腹立たしい!(゚Д゚)ノx±x

さて、そんなシンガポール、いや、準中国(皮肉)に日本(純粋)は勝ちました。
ドイツ、いや、準中国(皮肉)には負けましたが。
第1試合で、福原愛選手は、準中国(皮肉)のユ・モンユ選手に、11-4、5-11、3-11、11-4、5-11と、2-3で負けました。
しかし、第2試合では、石川佳純選手が、準中国(皮肉)のフェン・ティアンウェイ選手に、12-10、11-6、11-7に、3-0の勝ち。
ストレート勝ちでした。
ちなみに、フェン・ティアンウェイ選手は、一見、シンガポール人と思いましたが、漢字で「馮天薇」と表し、北京出身の選手なので準中国人です。
ここで、流れは日本(純粋)に来ました。
第3試合は、福原愛選手、伊藤美誠(みま)選手組3-1ユ・モンユ選手、ジョウ・イーハン選手組
9-11、11-9、11-1、14-12の、3-1で日本(純粋)が勝ち。
ちなみに、ジョウ・イーハン選手ってのも、中国人の疑いあり。
でも確証がないので、「疑わしきは罰せず」。^±^ノ・・・我ながら寛容な対応だなあ
お前は裁判長かよ!(゚Д゚)ノx±x
てか、最後の選手が中国人だったら!(゚Д゚)ノx±x
オール準中国じゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
いい加減にしろよな!(゚Д゚)ノx±x。
一人ぐらい、自国で出てきやがれってんだ!(゚Д゚)ノx±x。
てか、「準中国」って・・・^±^;

第4試合で、伊藤選手は、準中国のフェン・ティアンウェイ選手に、11-9、11-4、11-6と3-0でストレートで勝って、銅メダル獲得。
20160817・卓球

ところで、その第4試合。
福原選手が、拍手に紛れて、伊藤選手にパチッ、パチッ、パチッと、手拍子。
あくまでも推測ですが、これはリズムが狂わないようにしてあげる、伊藤選手へのおまじないでしょうか。
「あせらないように、このリズムで戦ってね」と。
この音のリズムを自分の心に持ってゆき、伊藤選手も心理的に落ち着いたのだと思います。
くれぐれも言いますが、あくまでも推測ですよ。
声ではないので、反則ではないでしすよ。拍手ですからね。
もしも本当にそうだとしたならば、福原選手のこの頭脳作戦は、ナイスアシスト。
伊藤選手に勝ちをもたらせたのは福原選手だったかも。^±^ノ
だから、福原愛選手、泣かないでくれ・・・。
自分を責めないで、前を向いてくれ・・・。
むしろ、卓球女子の勝因は、最初こそ落としたけど、それを帳消しにするどころか、星を落とした負けを上回るアシストをしたあの拍手なんですから。
あれがなかったら、伊藤選手のペースが乱れてたと思うし。
福原選手の頭脳プレイが勝利をもたらしたといえるでしょう。^±^ノ

たまにはいいこと言うじゃんか!(゚Д゚)ノx±x。・・・いいことを言っても殴られるのか~


そして、感動も束の間、新たなる感動が。
久しぶりに、日本にシンクロが帰ってまいりました。^±^ノ
シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティンで、乾友紀子選手と三井梨紗子選手のペアが、ロシア、中国に続く3位で、見事、久しぶりに銅メダルに輝きました。
高得点、94・9333点に、テクニカルルーティーン(技術点)の93・1214点を加算され、合計188・0547点。
1位のロシアや2位の中国には遠く及ばなかったものの、テクニカルルーティーンで差をつけられていたウクライナを逆転し、4位から3位に。
見事、銅メダルを獲得しました。
20160817・シンクロ

しかしこれは、井村雅代監督の復帰が大きいですね。^±^
井村コーチは、スパルタ教育でも有名です。
少しでもへまをすると、怒声がどんどん飛んできます。
完璧主義だからこそ、高みを目指せる、そのようなプライドがあるのだと思います。
ただ、愛情も忘れないのが井村コーチで、メダルを取った選手に、「これだけやったもんな」と労う(ねぎらう)ことも忘れません。
普段は厳しい鬼監督であればあるほど、やわらかい笑顔と、労いの言葉をかけられれば、選手も「頑張ってよかった」と、ぐっと来てしまうでしょう。

うーん、ねぎらいの言葉より、ねぎラーメンのほうがいいや。^±^; ボソッ
井村監督より、ねぎら健壱さんと一緒に食べるほうがいいや。^±^; ボソボソッ
ラーメンのダジャレが出ました~。^±^ノ
それを言うなら、なぎら健壱さんだろうが!(゚Д゚)ノx±x
誰もがわかるような、林家木久扇級のダジャレを言うなよな!(゚Д゚)ノx±x。

とにかく、16日は井村監督66歳の誕生日だったそうで、いい誕生日プレゼントになったようです。
井村監督、肉まんをプレゼントしてもらったかなあ。^±^; ボソッ
「井村屋の肉まん」って言いたいんだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x
まあ、肉まんというより、中華まんね。^±^ノ・・・中国に行ってただけに
井村監督のダジャレが出ました~。^±^ノ

毎度毎度、失礼極まるダジャレで片づけやがって!(゚Д゚)ノx±x
林家木久扇級のダジャレを言うなって、さっきも言ったよなっ!(゚Д゚)ノx±x。

井村屋の肉まんより、たこ焼きのほうが好きとちゃうか?(゚Д゚)ノx±x
大阪出身だけに!(゚Д゚)ノx±x。・・・ソウカナア
何疑ってるんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。
しまいにゃ、井村監督をこの場に連れてくるからな!(゚Д゚)ノx±x。
そして怒声を飛ばしてもらうかんな!(゚Д゚)ノx±x。・・・コワイヨ~


では、お話しさせていただきます。^±^

バドミントンのペアの話。^±^ノ

高橋選手と松友選手で、タカマツペアというのは、やめろ!(゚Д゚)ノx±x
名前の頭文字を2文字ずつ使うのは、やめるんだ!(゚Д゚)ノx±x
そのうち大けがするぞ、間違いない!(゚Д゚)ノx±x。
今に、万田(まんだ)さんと、河野(こうの)さんが強くなるぞ!(゚Д゚)ノx±x
万田さん、約1600人も日本にいるぞ、気をつけろ!(゚Д゚)ノx±x。
それでも、2文字ずつ取るんですかねえ!^±^ノ
油断してると、万代さん、万谷さん、万木さん、万年さん、万波さん!(゚Д゚)ノx±x
続々と、バドミントンが強くなるんだ、間違いない!(゚Д゚)ノx±x
さらに、旧字体で書くほうの萬田さんや!(゚Д゚)ノx±x
さんずいの「満」のつく人も選手になるから、気をつけろ!(゚Д゚)ノx±x
ペアになるほうも、河野さん、河本さん、香田さんと!(゚Д゚)ノx±x
これがうまい具合に、集まってくるんだ、間違いない!(゚Д゚)ノx±x
日本全国のバドミントンが強い女性の万田さんと河野さん、集まれ~!(゚Д゚)ノx±x
それでも、マスコミがゴシップでペア名で2文字ずつ取ったら・・・。(゚Д゚)ノx±x
男の人気だけがぐっと増えるんだ、間違いない!(゚Д゚)ノx±x。・・・長井秀和さんかよ

てか、長井秀和さんの「お話しさせていただきます」、懐かしい。^±^;


なお、明日は空倶楽部なので、次回は20日に、それまでにオリンピックのメダルが取れましたらブログに入れます。
お楽しみに。^±^ノ


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月16日~17日

福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手=
乾友紀子選手、三井梨紗子選手=

メダル総数は?

金7個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)

銀4個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)
太田忍(レスリング)

銅18個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)
錦織圭(テニス)
白井健三(体操・跳馬)
福原愛、石川佳純、伊藤美誠(卓球・団体)
乾友紀子、三井梨紗子(シンクロナイズドスイミング)


(8月16日現在=日本時間・8月16日夜~17日朝現在)=18日の記事
 

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・出たよ出たよ出たよ出たよ、シライ2!^±^ノ

毎度おなじみ、リオオリンピックです。^±^

柔道や競泳の試合が終わり、日本が苦手とする種目の陸上で、バドミントンや女子レスリングもまだだし。
さすがにメダルがないだろう、と思いきや。

出たよ出たよ出たよ出たよ、シライ2!^±^ノ

まだ、体操個人があったのですわ。
とはいえ、内村選手の大変お疲れのあとの試合につられたのか、白井健三選手もそれにお付き合い。
メダルを逃す悔しい思いがあったのでしょう。
その悔しさを、床に続く得意の跳馬で晴らしてくれました。

男子種目別跳馬で、白井健三選手が銅メダルを獲得しました。
2本平均で15・449点。
実は、同点の選手はもう一人いました。
ルーマニアのドラグレスク選手です。
ところが、白井選手は1本目に、新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を見事に決めたのが上位の決め手となりました。
したがって、白井選手が上位で、逆にこれが決まらなかったら、4位で終わっていたでしょう。
しびれますわ。^±^;
この新技は、「シライ2」と命名されると思います。まだ決まってはいませんが、国際体操連盟により成功と認められればの話。
これは認めざるを得ないでしょう。^±^ノ

白井選手は、予選では3位でした。
決勝の1本目はよかったのですが、それが良すぎたのか、2本目は1本目の点数まで届かず。
しかし、着地に大きな失敗があったわけでもなかったのに、点数があまり伸びませんでした。
最後の着地で、ややふらついたのが点に響いたのかなあ。
そのあとに跳んだ北朝鮮のリ・ゼグァン選手が金メダル。
金選手は、2本ともに完璧な演技をしましたので、白井選手はその時点で2位に。
これで銀メダルが確定と思っていたのですが、その後、続々と一流選手が跳びます。
ウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手がその一人。
きっと、ベルニャエフ選手は、内村選手と同様に、あの総合の疲れが抜けなかったのでしょう。
2本目の着地でふらついてしまってしまったのが残念。
5位で終わりました。x±x
さらにそのあと、ロシアのデニス・アブリャジン選手が跳んで、白井選手より上回って、銀メダル。
うーん、アブリャジン選手、着地で結構ふらついていたような。特に1本目がねえ。
ただ、2本目はよかったので、それで逆転につながったのでしょうね。
また、アブリャジン選手の着地点が真ん中だったことも評価されたのかも。
白井選手の1本目は跳ぶ方向から見て右に着地し、なんとか線内にとどめたって状況でしたからね。

個人的には、ベルニャエフ選手にもメダルを取って欲しかったです。^±^
以下、体操総合の後の話
リオ五輪の体操男子個人総合で逆転優勝した内村航平選手に、記者から「わずか0.1ポイント差の勝利です。あなたは審判から同情を受けたと思いませんか?」という、失礼な質問が飛んできたんですよね。
その言葉に怒ったのが、激戦を繰り広げた2位のベルニャエフ選手。
「誰でも個人的な感情は持っているけど、スコアをつけることの公正さは、みんなが知っている。さっきの質問は全く意味がない。それは無駄な質問だ」と怒りを露わにした。
「コウヘイをハラハラさせるなんて全然予想していなかったから、僕はとても幸せなんだ。このスポーツには、弱い選手なんか誰もいない。(内村航平という)伝説の男と、僕らが戦ったという事実があるだけさ。これは、世界最高にクールなことだと思う。僕らは一緒に、この素晴らしいショーをやり遂げたんだ」。
スポーツマンシップです。ベルニャエフ選手。^±^ノ
そして、内村選手も、ベルニャエフ選手に賛辞を。
「世界選手権6連覇、オリンピック2連覇を成し遂げてきましたが、今回は0.1点差もないくらいまで迫った選手が出て来た。次にオレグ選手と試合をして勝てる自信はもうありません」。
またそのとき3位になったイギリスの銅メダルのマックス・ウィットロック選手も素晴らしいコメントでした。
「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。今日の最後の鉄棒は言葉がない。クレイジーとしかいえない」。
こちらも、粋なコメントですよね。^±^
そしてそのあと、内村選手とベルニャエフ選手は、同じバスに乗って宿舎に帰ったそうです。
バスの中での楽しく談笑してたらしいです。^±^ノ・・・すっかり友達になってたとか
なのに、朝の情報番組「とくダネ!」で、MCの小倉智昭さんもまた、顰蹙(ひんしゅく)を買いました。
「ベルニャエフはただ鉄棒を回っていただけ」 と、とても失礼なコメント。
これは記者が内村選手に放った言葉と同等の、無神経な発言。
内村選手が、もしこの発言をもし聞いてたら、きっとベルニャエフ選手と同じ言葉で怒るでしょうね。

とにかく、白井選手がまた日本体操界に、またひとつ、新しい息吹をかけました。
20160816・体操

東京オリンピックがまた楽しみになった瞬間ですね。^±^ノ

そして今度は卓球界にも新しい歴史が。^±^ノ
男子団体準決勝で、日本が3−1で第2シードのドイツを破り、初の決勝進出を果たしました。
つまり、これで銀メダル以上が確定しました。
第1セットは、吉村真晴選手がドミトリー・オフチャロフ選手に敗れました。
8-11、3-11、3-11で、ストレート負け。
オチャロフ選手に0-3の負けで、嫌な予感がしました。
♪オチャロフ、オチャロフ、オチャロフ、ホイ・・・φ^±^ノ
♪オチャロフ勝ったよ、オチャロフ、ホイ・・・φヽ(゚Д゚)ノx±xノ
それを言うなら、「オチャラカ、ホイ」だろうが!(゚Д゚)ノx±x。
・・・^±^;
その嫌な予感を、第2セットの水谷隼選手が払拭(ふっしょく)しました。
11−9、11−5、12−10で、ティモ・ボル選手に、今度は3-0のストレート勝ち。^±^ノ
最初6連続でポイントを取られて、どうなるかと思いましたがね。^±^;
水谷選手が、苦手にしていた選手でもあったし。この勝利が大きかったと思います。
第3セットでは、ここまでまだ出ていない、丹羽孝希選手とバスティアン・シュテーガーが登場。
第3セットはダブルスでして、丹羽、吉村組3−1ボル、シュテーガー組。
それぞれ、第1ゲームは11-5で日本。第2ゲームではデュースとなり、13−15で落としてしまいますが、第3ゲームで11−4、第4ゲームで11-5と大きく突き放し、3-1で勝ちました。
いよいよ第4セット。勝てば日本の勝利。
ここでエースの水谷選手、相手はシュテーガー選手。
今度は11-5、11-4、11-4と、水谷選手のストレート勝ち。

これで決勝進出です。もちろん、史上初ですね。^±^
20160816・卓球

女子は残念でしたが、男子は絶好調です。^±^
銀メダル以上は確定ですから、あとはのびのびといきたいですね。
ところで、吉村選手の顔面から球が出るような特有のサーブに、新技と認定すればいいと思うんですが、本人は、「真似されたくない」とコメントしてました。
バック(背中)から返す技も、新技ですよね。^±^

さらに、夜、朗報が。
バドミントン女子ダブルス、高橋礼華選手と松友美佐紀選手の高松組が韓国に勝利、決勝進出です。
二人は幼馴染であるだけに息ぴったり。^±^
銀メダル以上が決まりました。


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月15日~16日

白井健三選手=

メダル総数は?

金7個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人総合)
金藤理絵(競泳)

銀4個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)
太田忍(レスリング)

銅16個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)
錦織圭(テニス)
白井健三(体操・跳馬)


(8月15日現在=日本時間・8月15日夜~16日朝現在)=17日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・テニス界に歴史的1ページ!^±^ノ・・・SMAP引退の話から

続いているリオオリンピックも、柔道が終わったら、急にメダルがなくなりました。^±^

13日は残念ながら、メダルがなかったです。x±x
しかし、14日は、テニスで錦織圭選手が、また、男子レスリングのグレコローマン級で太田忍選手が、それぞれ活躍しました。

あ。その前に、SMAPが今年までで引退ですね。x±x
木村拓哉さんと香取慎吾さんとの軋轢(あつれき)がひどかったとの噂もありますが。
もともとは、メリー喜多川さんがSMAPの担当マネジャーである飯島三智さんを恫喝した、あの確執が原因だったと思いますね。
メリーさんにしてみれば、ジャニーズを継ぐのは自分の娘、藤島ジュリー景子さんということをあからさまにしたんですよね。
それで飯島さんがやめて、木村拓哉さんは、ジャニーズ側につき、そのほかは飯島さんの味方をした事件がありましたな。
推測するに、男気のある香取さんはそれに納得せず、育ててくれた飯島さんを差し置いて、ジャニーズの味方になった木村拓哉さんを「裏切り行為」と考えているのかも。
それが「解散を強く望む」との発言になったのではないかなあ。
そして、番組でもたまに共演するほど香取さんと仲のいい草彅剛さんも、香取さんと同調し、「SMAPの将来はどうでもいい」というほど無関心になったのでは。稲垣吾郎さんも香取さんの番組で共演してますからね。
中居正広さんは、すでに半分独立できている立場のため、もう少し様子を見て、さやに納まるならば収められれば、というような考えだっのかもしれませんね。
一時期、「無期限の活動休止」ということで決着したと思われるも、8月10日で急転し、解散に発展したのかなあ。
そして、普段ならば大騒ぎになろうものを、リオオリンピックでの、特に金メダルラッシュでの「どさくさ」ならば、解散報道に持っていけるチャンス、と思っての解散に至ったんじゃないだろうか・・・。

木村拓哉さんを悪者にしたり、逆に、香取慎吾さんが悪いとか、世間では騒いでるけど。
ただ、SMAPを壊したのは、元々、ジャニーズ事務所側の横暴じゃないかと思われ。

てか、メリー喜多川って、癇癪もちなんでしょうかね。^±^;

ちなみに、SMAPはですが。
Sports Music Assemble Peopleの略称ですね。^±^
1988年4月、スケートボーイズの中からグループを結成しました。
光GENJIの「ガラスの十代」のバックでスケートボードをやるグループです。
スケートボーイズの中から6名が選抜され、「SMAP」を結成しましたが、当時は、オートレース選手の森且行さんもいました。
初期のSMAPには、スケートボーイズの松元治郎さん、岩佐克次さんと、当時まだジャニーズJr.だった坂本昌行さん、佐藤功さん、国分太一さんの計5名が、サポートメンバーとして参加していました。


================

あ、スポーツですが、こちらはのっけからすごいですよ。

テニス男子シングルスからです。
やりましたね。^±^ノ
テニス男子シングルス3位決定戦で、第4シードの錦織圭選手が、スペインのラファエル・ナダル選手を破り、堂々たる銅メダルを手中に収めました。
あの天下のナダル選手が相手ですからね。^±^ノ
ランキングでも、錦織選手は世界ランキング7位、ナダル選手は世界5位ですから、格上です。
結果からみれば、6−2、6−7、6ー3で、2-1で勝ったというわけですが、随所に「エアー圭」も出ましたよ。
しかし、特筆は、準々決勝での、フランスのガエル・モンフィス選手との死闘があったからこそですね。
重要な第3セットでも、モンフィス選手を追いかけるように、1セットずつ負けていて、最後に追いつき、逆転でしたからね。
震えましたわ。^±^
あれは決勝戦で力が出なかったのもしょうがないです。^±^

とにもかくにも、日本勢でも96年ぶりのメダルです。
熊谷一弥(くまがいいちや)さんが、シングルス・ダブルスともに銀メダルを獲得したそうですが、それ以来の快挙です。
1920年(大正9年)、ベルギーのアントワープ五輪での出来事でした。
20160815・ テニス

さあ、これで、松岡修造さん、またうるさくなるぞ~。^±^;・・・たぶん泣くと思われ
あたかも自分が取ったように騒ぐものなあ。^±^;
まったく騒々しい、いや、しゅうぞうしいや。^±^;


そして、そのすぐあと、レスリングでも快挙です。
レスリンググレコローマン男子59キロ級で、太田忍選手が、キューバのスマエル・ボレロモリナ選手に完敗を喫したものの、準決勝までは、「向かうところ敵なし」と、相手を寄せ付けない強さで、快進撃を続けました。
太田選手には、「ニンジャレスラー」の異名があります。
その素早さたるや、ほれぼれするほど、動きが素早いです。
その素早さで、1回戦では、前回のロンドン大会55キロ級金メダルの、イランのソリアン選手に5−4の判定で逆転勝ちし、2回戦では、15年世界選手権3位のカザフスタンのケビスパエフ選手を、3回戦では、14年世界選手権3位のノルウェーのベルゲ選手を、準決勝ではロンドン五輪55キロ級銀メダルのアゼルバイジャンのバイラモフ選手相手に、それぞれ勝ち進んでの決勝戦でした。
20160815・レスリング

「悔しい気持ちです。金しか狙っていなかった。日本に帰ってしっかり練習します。プレッシャーも緊張もなかったのに」。
試合後の太田選手の感想です。
そのような強豪・猛者(もさ)が相手ですから、そりゃ、悔しかったでしょう。
でも、初参加で銀メダルは快挙以外の何物にも代えられないです。^±^


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月14日~15日

太田忍選手=
錦織圭選手=


メダル総数は?

金7個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)

銀4個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)
太田忍(レスリング)

銅15個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)
錦織圭(テニス)


(8月15日現在=日本時間・8月15日夜~16日朝現在)=17日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・柔道有終の美

毎度おなじみ、リオオリンピック、今日もメダルを量産しています。^±^

柔道は、またまたメダルラッシュです。男女ともに取れて、これは記録でしょうね。
最後までメダルを獲得して、有終の美を飾りました。

柔道女子78キロ超級で、山部佳苗選手は、準決勝戦で負けはしたものの、3位決定戦ではトルコのカイラ・サイト選手に大外刈で技ありを奪い、優勢の状態を保ち、銅メダルを獲得しました。
技ありを奪ってから後は、さんざん外国の選手がやったことを模倣にしたように、相手に攻めさせては時間を稼ぐ方法でいきました。
もう少し技を出すふりをしてもいいとは思ったのですが、これは、優勢になってから勝つ方法の一つなんです。
オりンピックで勝ちたいのならば、このやり方がとても有効で、あまりまともにやっては損をするんですよ。
今回のルールは改正でなく、改悪だったってことですわ。
でも、今それでポイントが取れるなら、メダルが欲しいのならば、そうすべきなんですよね。
ただ、それは相手が互角か、やや上の場合で、相手が強すぎると通用しません。それが男子柔道の決勝戦でしたが。
当然、消極的だったり何かしらで、指導はもらいます。
指導を3枚もらった時には、時間はもう残りわずか。
最後の数秒では互角に攻めて、試合終了。^±^ノ
試合終了後はほっとした表情でしたが、
「優勝した選手が喜んでいるのを見て、悔しい気持ちが強くなりました」。
表彰台で思った山部選手。
負けて悔しいと思う気持ちは、必要なことです。^±^ノ
表彰式を終えて、銅メダルを見つめ、
「この4年間やってきたことの積み重ねが、このメダルだと思うので、その点は良かったと思います。薪谷コーチと二人三脚でやってきたので感謝しています。ちょっとほろ苦い思い出になりました」。
ちなみに、山部選手、ももクロちゃんのファンだそうです。

続いて、男子100キロ超級で原沢久喜選手ですが、決勝でフランスのテディ・リネール選手に敗れはしたものの、堂々たる銀メダルでした。
というより、審判が非常におかしかったですわ、+±+
開始8秒で、原沢選手が首を抜いて指導を受けたのは納得。
そのあとの、消極的姿勢も、まあ納得。
しかし、リネール選手が終始逃げたにもかかわらず、指導は1回だけ、というのが非常に納得できません。
殊に、1分前から、終始逃げていて、技をかけさせなかったのに、それに対して指導がないというのが解せませんでした。
百歩譲っても、最後の8秒の「待った」では、リネール選手に指導があってもよかったのではないかと思います。
ゴールテ゛ンに持ち込めば、どちらが勝っても負けても、それは文句も言えない試合でしょうけど、審判がぶち壊した試合とも思えます。
それを言い訳にしない原沢選手は男らしかったですが、その後のコメントにもあったように、原沢選手も、もっと積極的に行くべきだったとも思いました。
ただ、あんなに相手が逃げてばかりいたら難しいんですよね。
リネール選手はチャンピオンなのだから逃げないで欲しかったですね。
まあ、原沢選手に怖気づいて、逃げるしかなかったんでしょうね。
そうでなければちゃんと戦いますからね。
とにかく、原沢選手は、初メダルにして銀メダル!^±^ノ
ちょっと食傷気味に終わった試合でしたがね。^±^; チャンチャン♪
20160813・柔道

そんなフランス柔道に対して、留飲を下げさせたのが、テニスです。
男子シングルス準々決勝の第3試合ですね。
錦織圭選手が、フランスのガエル・モンフィス選手に、7-6、6-4、7-6で勝ち抜きました。
しかし、これも一筋縄でいかない試合でした。
特に第3セットは、終始、モンフィス選手の先行。
モンフィス選手が1セットを取ったら、錦織選手が1セットを取り返し、モンフィス選手がさらに1セットを取り戻す・・・。
それがなんと6セットまで続きます。早い話、マッチポイントを3回しのいでの逆転だったのですね。
ついには、5-6から追いついて、6-6に持ち込み、逆転の7-6になった、という苦しくもタフな戦いでした。
おもしろかったなあ~。モンフィス選手もよくやりました。
錦織圭選手、とうとう4強です。
この次に勝つと96年ぶりにメダルが確定しますが、相手はイギリスのアンディ・マレー選手です。
さて、どうなるのでしょうかねえ。^±^;
201460813・テニス

そうそう、バドミントンの1次リーグで、男性の早川賢一、遠藤大由組が、世界2位のインドネシアのヘンドラ・セティアワン、モハマド・アーサン組にも勝ちましたね。
21—17、16—21、21—14と競り勝ちました。
これで準々決勝進出です。
こちらも期待したいですね。^±^

そうそう、卓球の水谷選手と波田陽区さんが似てると、こちらが昨日、コラムで書いたら、今日、マスコミで話題になってましたね。
皆さん、そう思ってたんですね。^±^;

今度は真似できないだろうってことで、これはどうだ!(゚Д゚)ノx±x。

題して、田嶋陽子先生、森三中に負ける。^±^ノ

もう一組の女子柔道78キロ超級3位決定戦でのこと。
こちらは、アシ゛アの選手同士の試合でした。
韓国の金珉程(キムミンジョン)選手は、中国の于頌(ウショウ)選手に敗れました。
これも力強い試合で面白かったですが。
金選手が田嶋陽子先生、于選手が森三中の大島さんに見えちゃって。^±^;

田嶋陽子先生って・・・^±^;
20160813・田嶋陽子先生

森三中って・・・。^±^;
20160813・森三中に負ける

茶化すなよな!(゚Д゚)ノx±x。

それにしても、田嶋陽子先生って・・・^±^;


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月12日~13日

原沢久喜選手=
山部佳苗選手=


メダル総数は?

金7個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)

銀3個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)
原沢久喜(柔道)

銅14個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)
山部佳苗(柔道)


(8月12日現在=日本時間・8月12日夜~13日朝現在)=14日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

リオオリンピック・手ぶら森ジャパン、柔道は快進撃

さて、リオオリンピックです。^±^

日本男子サッカーはダメでしたね。x±x
もっとも、きつい組に入っちゃったのも運が悪かったのですが、選手それぞれが若すぎましたね。
厳しく言えば、「何が何でも決勝進出を!」という気持ちが伝わらず、個人のモチベーションも上がらなかったもよう。
したがって、競泳では「手ぶらで帰さない」という結束が実ったのに。^±^;
サッカーの手倉森監督は、もろ、手ぶら森監督です。^±^;
手ぶら森監督の下で練習したメンバーは、「手ぶら森ジャパン」でした。^±^;
「手ぶら森監督」って・・・^±^;
「手ぶら森ジャパン」って・・・。^±^;

そして、ラグビーですが、こちらはフィジーに負けました。
フィジー、強いですね。
国自体も、メダルを取ったことがないそうですが、初のメダルで、金メダルが取れそうです。
そして3位決定戦の日本の相手は、なんと南アフリカ共和国。
ワールドカップで破った、あの国です。^±^;
さて、2匹目のドジョウはいるかなあ。^±^;
と思ったら、こちらも負けちゃいましたね。^±^;
しかも、14−54の大敗でした。+±+
二匹目のドジョウはいませんでした。x±x
ただ、負けたとはいえ、4強にいるだけでも、充分強いと思いましたが。

テニスは錦織圭選手が8強に入りました。^±^ノ
ただ、ダニエル太郎選手は惜敗でした。
しかし相手が悪かったです。
初戦で世界1位のノバク・ジョコビッチを破った、アルゼンチンのフアンマルティン・デルポトロ選手でしたから。
でもこの選手、恐るべし。x±x
今後の、四大テニスでも大暴れしそうな雰囲気です。
うーん、それにしても、「ダニエル太郎」選手の名前って・・・。^±^;

女子バスケットも大健闘です。^±^ノ
決勝進出が決定です。
しかし、最後のオーストラリアにも勝って、決勝トーナメントに行きたかったですが、86-92で逆転されました。
それも、第4クオータ(最終クォータ)の5分ほど経過するまでは日本、大勝ちしてたんですが。
反則を取られ、オーストラリアのスローイングを許したあたりから、急にゴールが遠のきました。
もっとも、この最終予選は、どちらも決勝戦に入れるので、流したのかもしれませんが。
勝って決勝トーナメントに進みたかったなあ。
20160812・女子バスケ

まあ、2位のオーストラリアじゃ、しょうがないか。^±^;
決勝トーナメントで、リベンジじゃ~。^±^;

男子のバドミントンでも快進撃のニュースが。
世界ランク8位の遠藤大由(えんどうひろゆき)選手、早川賢一選手の男子ペア組は、初戦で、中国の世界ランク5位の柴飆選手、洪煒選手の組に競り勝ち、好スタートを切りました。
5ポイントもビハインドされてからの大逆転でした。
それだけに、早川選手は「相手は格上。この1勝はでかい」と感想でした。
20160812・バドミントン

しかし次の戦いはもっと強いインドネシア。
これで勝てれば本物ですがね。^±^

柔道は、男子100キロ級で、羽賀龍之介選手が、敗者復活戦から再び勝ち上がり、3位決定戦では、ウクライナのアルチョム・ブロシェンコ選手に大内刈りで倒して、三角絞めを決め、「参った」をさせて一本。
見事な勝ちでした。^±^ノ
これで、特に男子柔道は、今まで全員メダルを獲得してますね。
次の100キロ超級でメダルを取れたら、それこそ全員メダル獲得という快挙です。
今大会の柔道は、あきらめない気持ちがあっていいですね。
こんなに強かったのは何大会前のことか、と過去を回顧してしまいます。
日本勢の同階級のメダルは2000年シドニー五輪を制した井上康生選手以来なんだそうです。

ところで、日本の選手がなぜ金メダルを取りにくくなったのか・・・。
理由は、日本で考えている「柔の道」と、オリンピックの「JUDO」は異なものとして考えたほうがいいってことを、まだ指導するほうが理解できてないからだと思います。
柔道は一つの精神的なもの、オリンピックは、あくまでも「競技」なんですよね。
本来、「道」には点がつけられないものなんです。
しかるに、柔道競技がグローバル化されていけばいくほど、世界的合理性で点をつけ、メダルを争わせていくのがオリンピックなんです。つまり、他人を欺いて戦っていかないと勝てないんです。
日本の選手たちは、「柔道」の「道」にこだわりすぎるところが弱点になっちゃってるんですよね。
相手を欺かないと勝ちにくいオリンピックルールと、相手を欺いてはいけない「道」の概念と、それぞれ、知らないうちに、心中で戦っている日本人のジレンマこそが、大きな足かせとなって、金メダルまで到達できない大きな理由となっているはずです。
「オリンピック柔道はあくまでも競技」と割り切って戦っていけば、本来「辛抱我慢」の精神論を持っている日本のほうが有利に働き、金メダルは必然的に増えていくはずです。
また、その中で「相手を思いやる気持ち」や「礼の心」を持っている人であるならば、なおさら、オリンピックでの柔道界からも、畏敬の念を持たれるでしょう。
相撲も同じですが、グローバル化された「道」には、勝つ「物欲」も必要なんです。
悲しいかな、日本人は、物欲に遠慮しすぎちゃってるんです。^±^;

最後に、柔道の基本である「乱取り」は怠らずに続けてください。^±^
乱取りは、怪我をしない自己防衛にも欠かせません。

卓球、よかったですね。^±^ノ
女子の福原愛選手は4位に終わり、がっかりとした空気が漂ってた矢先。
卓球男子シングルスで、水谷隼選手が銅メダルです。
今まで誰も成し遂げられなかった、卓球の個人でのメダルは、日本では初めての快挙です。
今までは中国の独壇場でした。^±^;
卓球で、金メダル、銀メダル、銅メダルの独占状態でした。
たまたまほかの選手が獲得しても、それは中国の帰化選手だったり。^±^;
しかし、水谷選手は、前評判もよかったとはいえ、素直にうれしいです。
水谷選手は、3位決定戦で、ベラルーシのウラジーミル・サムソノフ選手に4-1で勝ちました。
相手の選手は40歳の大ベテランですが、世界第9位の実力者。
「今日負けたら一生後悔すると思うし、死にたくなると思うので絶対に負けたくないという気持ちで頑張りました」
試合後、床に倒れ込んで力強くガッツポーズし、喜びを爆発させました。
20160812・卓球

あ、そうだ、大昔、床に倒れて悔しがったテニスプレーヤーもいたなあ。^±^
マッケンロー選手のことかよ!(゚Д゚)ノx±x
ただ、懐かしいだけじゃんか!(゚Д゚)ノx±x。
あ、話の腰を折ったついでに。^±^ノ
「水谷隼選手って、波田陽区さんに似てるよね」っていうじゃな~い。^±^;・・・銅メダル斬り~

そして、最後に、競泳でまたまた快進撃が。^±^
女子200メートル平泳ぎで、金藤理絵(かねとうりえ)選手が金メダルを獲得しました。
前半は横一線で食らいつくと、得意の後半でペースをつかみ逃げ切りました。金藤選手の課題は前半にあったので、前半から波に乗れたのがよかったのですが。
それにしても金メダルを取るとは。^±^ノ
おめでとうございます。^±^ノ
「どんな結末になっても今回が最後」という決意だったので、表彰式では万感の思いが胸にあったようです。
今回が最後なんて、もったいないなあ。^±^;
20160812・競泳

それに続くように、今度は萩野公介選手が、男子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得しました。
記録は1分56秒61でした。
1位は1分54秒66で、アメリカのマイケル・フェルプス選手。
いやー、フェルプス選手、強いですね。^±^;
これで萩野選手は、金、銀、銅のメダルを全部手にしたことになります。
なお、競技後、萩野選手は、
「もっといい勝負したかった。オリンピックを6日間通して戦っていく力がなかった。今は素直に疲れました」。
さらに4位に入った藤森太将選手、残念そうな顔が印象的でした。
「あと少しでメダルだったんで、悔しいです。自分はこの1本なんで覚悟決めて臨みました」
と。


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

日本時間8月11日~12日

金藤理絵選手=
萩野公介選手=
羽賀龍之介選手=
水谷隼選手=


メダル総数は?

金7個
萩野公介(競泳)
大野将平(柔道)
内村航平、白井健三、加藤凌平、田中佑典、山室光史(体操・団体)
田知本遥(柔道)
ベイカー茉秋(柔道)
内村航平(体操・個人)
金藤理絵(競泳)

銀2個
坂井聖人(競泳)
萩野公介(競泳)

銅13個
近藤亜美(柔道)
高藤直寿(柔道)
三宅宏実(ウエイトリフティング)
瀬戸大也(競泳)
中村美里(柔道)
海老沼匡(柔道)
松本薫(柔道)
羽根田卓也(カヌー)
永瀬貴規(柔道)
萩野公介、江原騎士、小堀勇気、松田丈志(競泳・リレー)
星奈津美(競泳)
羽賀龍之介(柔道)
水谷隼(卓球)


(8月11日現在=日本時間・8月11日夜~12日朝現在)=12日の記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長