FIFAワールドカップロシア大会決勝T・日本対ベルギー戦

日本はワールドカップ、日本はベルギー戦ですね。^±^;

いよいよ決勝トーナメントです。

日本は初の「ベスト8」を目指すべく、ポーランド戦も主力選手を休ませ、今日の試合に賭けたようです。
しかし、相手チームは、FIFAランキング3位のベルギー。
簡単に勝てる相手ではありません。x±x
まあ、とにもかくにも・・・。
ベルギーは「赤い悪魔」と言われるほど、名うてのチームです。^±^;
ルカク選手を筆頭に、アザール選手、カラスコ選手など、世界のトップ選手がうじゃうじゃいます。

しかし、日本も、ポーランド戦と違って、最強のメンバー。
切り札を切っていると思います。

前半、ベルギーのキックオフ。
いきなり香川選手のシュートから入ります。
ベルギーにとって、「お手並み拝見」だったのか、余裕がありそうな気配。
前半は、ルカク選手のシュートブロックを心掛けますが、怒涛のシュートで、どうしても守りに入る時間が増えてしまいます。
最初こそ攻撃する日本も、ほとんどが「我慢の時間」を強いられます。
その中で、吉田選手、長友選手に、川島選手がよくぞ守り抜きました。
守りに守り抜いて、アディショナルタイムも1分。
0-0で終わります。

後半は日本のキックオフから入り、なかなか動きもよく、なんと後半3分、
原口元気選手がシュート。
20180625・ロシアワールドカップベルギー1

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
GOOOOOL^±^ノ1-0!

さらに、後半7分、今度は、乾貴士選手が、シュート。
20180625・ロシアワールドカップベルギー2

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
GOOOOOL^±^ノ2-0!

立て続けにゴールを決め、2-0にします。
ところが、ベルギーの反撃はここから。
油断もあったのでしょうか。最初に1点返されたのは、後半24分。
川島選手のボールをはじくのが中途半端だったところからフェルトンゲン選手にヘッドで入れられてしまいます。
その後、後半29分、今度はフェライニ選手にゴールを押し込まれ、2-2にされてしまいます。
そして、後半30分からは一進一退。
ベルギーが攻めれば日本も攻め返します。
後半36分、柴崎岳選手がOUT、山口蛍選手がIN。
同じく後半36分、原口元気選手がOUT、本田圭佑選手がIN。

そうして後半のアディショナルタイムは4分。

この4分でドラマは起こります。+±+
まず、チャンスだったのは日本。
コーナーキックで本田圭佑選手がキック、そしてゴールへとクロスするも阻まれ、それが相手のカウンターを生むことに。
誰も追いつかず、途中交代で入ったシャドリ選手にゴールを決められて、無情にも笛が鳴り、試合終了。
2-3の逆転負け。x±x

しかし、面白い試合でした。^±^ノ
善戦ですよね。^±^ノ
正直、日本はいいところなく敗れると思っていたのに、赤い悪魔・ベルギーから先制点で2点もぎ取り、あわよくば3点目、というチャンスもありました。

こんな悔しい負けはないと思いますが、「好事魔多し」でしたかね。
日本は予選も含めて、一番いい試合をしたと思います。
いえ、日本がワールドカップに出場して以来、一番の試合だったんじゃないかと思ってます。
世界で強豪のトップクラスと言われるベルギーに、まったく引けを取らない、こんなに見ごたえのある試合は初めてです。
胸を張っていいです。^±^ノ
もちろん、勝つチャンスは充分にありました。
これを勝ち上がっていかないと世界の壁を超えるのは無理なんでしょうけど・・・。
惜しくもベスト8進出にはなりませんでしたが、充分サムライの怖さを見せつけた好試合だったと思います。
ベルギーも、こんなに苦しんだのは初めてだったと思いますから。
原口選手と乾選手、それから動きの良かった大迫選手、柴崎選手、酒井選手などは有名なチームからオファーが来そうな予感がします。

そして、長友選手の、戦い抜いた、さばさばとした表情が印象的でした。
日本の敗因を強いて挙げるのであれば、「身長の高さの差に負けたこと」だったと思います。
だけど、こればかりはどうしようもないものね。^±^;
「身長の高さ」はセノビックを飲めとでも言うのか!(゚Д゚)ノx±x
それと、「層の厚さ」でしょうかね。^±^;
ベルギーは交代した選手が点を入れましたから。
これもどうしようもない・・・。^±^;・・・天才が5~6人出るのを期待するぐらいかな

それに加えて、反則などしないで正々堂々と戦ってくれたベルギーの選手にも感謝します。
日本の選手もほとんど反則をしなかったけどね。
両国の選手とも、見ていて清々しかったです。^±^ノ
反則をしないで勝つ国が本当に強いんだと思います。^±^ノ

望むならば、ベルギーとコロンビアが勝ち進んでほしいです。
そして異口同音に、「日本戦が一番きつかった」とコメントしてくれたら、こんなにうれしいことはないですし、それだけのことを日本代表はやったと思います。
 
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

FIFAワールドカップロシア大会・日本対ポーランド戦&西野監督がワールドカップのシステムの節穴を見つける

いよいよ、ロシアワールドカップの第3戦です。
予選の最後は、日本VSポーランドです。
現地の試合開始は28日17時、日本時間では28日の23時のキックオフでした。

ポーランドといえばレバンドフスキ選手ですが、その選手が不発、というのが不気味です。
ただ、油断がなければ日本のほうが分がいいことは間違いなしで、ポーランドは特に守りがバラバラで、チャンスはカウンターからのシュートですね。

ここで、日本が決勝ラウンドに行く条件として、
1.日本が引き分け以上で決勝ラウンド進出、勝利すれば、1位通過の可能性が高くなる。
2.日本が負けても、反則と上を取られずに1点差での負けならば、コロンビアが勝利してもセネガルが勝利しても決勝進出。
以上の通り、だいぶユルユルの条件ですがね。^±^;
お前のお尻だって、ユルユルじゃんかよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ホットイテヨモー

・・・ところが、日本、この日は攻撃がダメでしたね。
ポジションのパターンを変えたのもありましょうけど、動きがちぐはぐ。
悪くいうならば将棋で負ける手前の「形作り」のような試合運びで、致命傷にならなくって良かったです。
奇しくも、ドイツが、最終戦でレギュラーを温存しようとしたら、それまで1勝もできなかった韓国に足元をすくわれ、グループの最下位にまで落ちてしまった試合の「二の舞」になるんじゃないかという、最悪なシナリオまで頭をよぎりました。
温存のために6名の大量の交代という作戦は失敗だったといえるでしょうね。
最初から場慣れしている選手を出すべきだったと思うのですが、たぶん西野監督の思惑は、サブメンバーでいい選手がいたら使おうという「取らぬ狸の皮算用」があったに違いないです。
または、ワールドカップに出場する機会が今後ないであろう選手に、「チャンス」を与えたのではないかとも思うのですが、これが失敗だったと思います。
かといって、サブにも満たないメンバーは怖くて使えなかったのでしょうけどね。

その代わり、ゴールキーパーの川島永嗣選手が大活躍。
前半から、2本もナイスセービング。
攻撃はいつになく緩慢(かんまん)でしたが、こういう時って、守備がしっかりするものなのでしょうか。
これこそが攻守のバランスというのでしょうか、はたまたラッキーなだけなのでしょうか。
でも守備だけでは点は取れないんですよね。^±^;

前半のアディショナルタイムは1分。
それも特に記すことなく、前半終了。^±^;

後半のホイッスルが鳴って、しばらくして、
後半1分、岡崎慎司選手に代わり、大迫勇也選手がIN。
後半7分も、川島選手が好セーブ。
ところが、後半14分、ポーランドにシュートを決められてしまいます。0-1に。
後半20分に、宇佐美貴史選手に代わり、乾貴士選手がIN。
試合は、日本が劣勢のまま、なんの決めてもなく、時間だけが過ぎていきます。
ところが、ここで奇跡が起こります。
後半29分、もう一つの試合で、コロンビアがセネガルに1-0で勝ちます。
そして、おそらくその情報を知っているであろう、長谷部誠選手を投入。
後半37分、武藤嘉紀選手がOUT、長谷部選手がIN。
これは、キャプテンの立場としての伝令という役割もありますが、ぜひともイエローカードを払拭(ふっしょく)させたい、という理由もあると思います。
いわゆる、「一石二鳥」です。^±^ノ
何はともあれ、西野監督の大きな「賭け」に出ました。^±^ノ
西野監督は以下の通りに思ったのではなかろうか(推測)。^±^;
推測でモノを言うなよな!(゚Д゚)ノ。x±x。
「ここからポーランドを攻めていって1点を入れて引き分けにしたとしてもコロンビアが勝っていれば日本は2位、順位が変わらない、ましてや、今から2点を挙げて勝利するのはリスクがあまりにも高すぎる。ポーランドも勝利に満足して、これ以上は攻めてこないだろう・・・」
これも、その後、セネガルが猛攻して、もしも1-1に追いついてしまえば、そのまま日本は敗退、というリスクがあるんですが。
ただ、1-1に追いついてから逆転すれば日本は決勝進出ですし、また、さらにコロンビアが再び均衡を破っても日本が進出しますので、0-1でもよしとして、それ以上反則をもらったり点を取られないようにしながら、現状のまま試合終了を待とう、と考えたようです。

というわけで、日本は自陣で徹底的なパス回し。
このざまです。^±^;
20180625・ロシアワールドカップポーランド

この作戦は見事に的中。
ポーランドも、日本がパス回ししているおかげで、最後の選手交代もできませんでしたがね。
交代したい選手、最終的にグラウンドで寝っ転がってましたもん。^±^;
でも、ポーランドも2点目を取りに来てくれなくて助かった、というのもありますね。(ありがとうです)
後半のアディショナルタイムは3分ありましたが、それも無難にこなし・・・。
パス回しで試合終了。^±^ノ

日本がポーランドに0-1で負けた1分後、コロンビアがセネガルに1-0で勝利。
日本とセネガルは得失点差が同点、反則の差(フェアプレーポイント差)で決定。
セネガルは6枚、日本は4枚でした(この日を含めて)。
薄氷で、ヒヤヒヤ~。^±^;
試合に負けて、勝負に勝った・・・。^±^;

日本が決勝進出。^±^ノ

次回はベルギーと戦わなくてはなりません。^±^;
イングランドだったとしても、どっちも嫌だけどなあ。^±^;
むしろ、過去の成績では、日本はベルギーとは相性がいいので、イングランドよりベルギーでよかったかも。
その点では、1位でも2位でも、次戦が厳しいことには間違いないんですがね。
とにかく、今回は、川島選手に助けられました。
取られた1点はセネガルでもコロンビアでも防げないですからね。^±^ノ
そして、自分も思った通り、コロンビア、モンスターでした。^±^
H組では一番強かったです。^±^;

ところで、今回の日本が0-1で負けてるのにパス回しした行為って、「ワールドカップ」の「節穴」のような気がするなあ。
将棋のコンピュータならば、「バグ」みたいなやつね。^±^;
パスを回している限りは試合に問題はないわけだし、何の反則も問われない・・・、おまけに、相手が勝っていることに満足していれば相手もボールを取りに来ないよね。
取りに行って逆に奪われて引き分けにされるのを恐れます。
その一方で、「遅延行為」は反則で、イエローカードも出されます。
でも今回の方法は、「遅延行為」でも何でもない、なぜなら、ボールは回ってますから・・・。
完全に節穴ですね。
西野監督はそれを見抜いて、実行しただけなのです。^±^;
もっとも、今後の戦いはトーナメントなので、それはできなくなりますが。

もしもこの節穴をふさぎたいのならば、今後、ワールドカップは、現在の予選システムを廃止して、全部をトーナメント式にすればいいだけの話です。
たとえば、予選では、なるべくFIFAランキングの順位を反映させつつ、「エリアの違う2組ずつ」に分けて「予選第1トーナメント」として、それぞれ勝った方を次の「予選第2トーナメント」に行けるようにします。
「予選第2トーナメント」で勝った方を、今度は全部抽選にして、「決勝T」として、優勝を決めるのはどうでしょうか?

とにかく、西野監督の方法は戦略であって(ひんしゅくを買うかどうかは別問題として)、決して反則行為でもなく、むしろワールドカップの節穴を西野監督が見つけただけです。
だから、西野監督を責めるのはお門違いで、ワールドカップのシステムを責めるべきだと思うのです。

これに加えて、今回からVARシステム(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されましたよね。
ゴール判定やPK判定、もしくは一発退場なので、主審が手を四角く描いて、ビデオ判定にする方法です。
あれも、節穴がありそうですね。^±^;
利点としては、明らかに公平なジャッジになるということですが、欠点は試合の流れが止まることでしょうか。
ただ、今までは有名な選手だからというだけで怪しいシュートも点に入ってたというケースもあったわけで、そういう公平性は出てきたものの、勝負の緊張感が抜けることも多々ありそうですね。

てか、ワールドカップの節穴って・・・^±^;
節穴だらけの目の、お前が言うなよな!(゚Д゚)ノx±x。

・・・次回は、日本時間の7月3日3時ですか。^±^;
夜中だなあ。^±^;・・・草木も眠る丑三つ時だよなあ
 

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

FIFAワールドカップロシア大会・日本対セネガル戦

さて、ロシアワールドカップの第2戦目は、日本VSセネガルです。
試合開始は2018年6月24日20時。
日本時間では25日の0時からとなりました。^±^ノ

日本、力強いです。^±^ノ

FIFAランキングは、ポーランドが8位、コロンビアが16位、セネガルが27位、そして日本は61位です。
完全な下克上です。^±^;
しかし上には上がいて、ロシアは70位ですけどね。
もっとも、少なくとも、差し引き無しで、ロシアは日本より強いと思うんですが。

セネガルはFIFAランキングこそ低いですが、このH組では最速と思います。とにかく足が速い・・・。
前半は開始直後から、セネガルが怒涛の攻撃。
そして、前半11分、セネガルのマネ選手が、川島永嗣選手の中途半端なパンチングをまともに蹴ってゴール。
いきなり0-1とされてしまいます。+±+
しかし、日本もその後は建て直し、速攻には速攻で負けていません。
そして前半34分、柴崎岳選手が長友佑都選手にロングパス、長友選手から乾貴士選手にアシストし、乾選手がシュート。
ボールはそのままゴールに突き刺さり、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
GOOOOOL^±^ノ1-1!
20180625・ロシアワールドカップセネガル1

同点に追いつきます。さらに、原口選手がシュートするも展にはつながりません。
守っては長谷部誠選手のカバーがうまかったですね。^±^ノ
前半のアディショナルタイムは1分。
セネガルの反撃も抑えて、前半終了。

そして後半は、日本、セネガルとも、メンバー交代なしでキックオフ。
それだけ、両チームともこのメンバーが調子いい、ということでしょう。
後半も出だしこそ、セネガルに追い込まれますが、中盤は日本が攻撃。
柴崎選手から酒井宏樹選手へとつなぎ、大迫勇也選手から乾選手へとつなぐもシュートは決められず。
そうこうしているうちに、後半26分、セネガルのワゲ選手にゴールを決められて、再び1-2と、セネガルが勝ち越します。
ところが奇跡は二度起こるんですよね。^±^ノ
後半27分、香川真司選手から本田圭佑選手に、後半30分、原口元気選手から岡崎慎司選手に代えると、流れが変わります。
後半33分、乾選手からのボールを本田選手がきれいに合わせて、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
GOOOOOL^±^ノ2-2!
20180625・ロシアワールドカップセネガル2

再び同点に。
本田△(本田さんかけっけええ)。^±^ノ
この時、岡崎選手のキーパーへのさりげないディスターブもグッジョブ。
さすが、泥臭いです。^±^ノ
後半42分、乾選手が宇佐美貴史選手に交代し、後半のアディショナルタイムは4分。
セネガルも必死で反撃するも、日本は耐えて、ついにホイッスル。

2-2の勝ち点1は大健闘以上です。^±^ノ
最初のチョンボの失点はともかく、それがなくとも、試合以上にセネガルが必死で日本を攻めたでしょうから、結果的には、2点は失っていただろうと思います。

試合としては、セネガルのほうが日本に勝ちたかったのではないかと思います。
日本はポーランド、セネガルはコロンビアを残してますからね。
それにしても、セネガルの選手って、フェアでいいわ。^±^ノ
負けても力の差、とあきらめもついたけど・・・。
日本、よくぞ引き分けに持ち込んだわ。^±^
追いついて、引き分けに持ち込めたのはグッジョブです。

特に、今回は、本田選手と、乾選手と、柴崎選手、よかったですね。
本田選手は後半からですが、柴崎選手は前半から最後まで、大活躍でしたよね。

日本、グッジョブ。^±^ノ
でもセネガルもいいチームだったなあ。^±^・・・セネガルもグッジョブ
これはお互いなのですが、長谷部選手が後半、けがをした時も待ってくれてたし、とてもフェアに感じました。
フェアであって、さらに強い。
これが本当の強さだと思いましたね。^±^ノ

~~~~~

コロンビアはポーランドに3-0で勝ちました。
実はこれも見てました。^±^;・・・ネムイワ
コロンビアは力の差があったと思います。
市井(しせい)の評価では、セネガルが一番強い、と言っているようですが。
個人的には、セネガルよりもコロンビアのほうが強かったなあ。^±^;
セネガルは最速、コロンビアは最強では?
日本、あんなモンスターみたいなチームによく勝てたなあ。^±^;
その一方で、日本は11人対11人でも、「引き分け」ぐらいになってた気もします。


思っちゃったんだから、しょうがない。^±^;

セネガルの、あの、色合いって・・・。^±^;
どうしても「永谷園のお茶漬け」の袋みたいに見えるんだよなあ。^±^;
大好物だけに、セネガルのあの色合いを見ると、おなかがすくなあ。^±^;
思っちゃったんだから、しょうがない・・・。^±^;
しょうがなくねえよっ!(゚Д゚)ノx±x
失礼極まるだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

FIFAワールドカップロシア大会・日本対コロンビア戦

いよいよ、ロシアワールドカップが始まりました。
2018年5月19日、初戦を飾るのは、日本VSコロンビア・・・。
これはのっけから厳しい相手です。x±x
試合開始は現地時間では15時、日本時間では19時からキックオフでした。

ワールドカップ直前のキリンカップでは、ガーナには0-2で敗れ、スイスに0-2で敗れ、どうなることかと思いました。
最終の親善試合では4-2でパラグアイに勝ちましたがね。^±^;

さて、その初戦のコロンビア戦ですが。
やりました。^±^ノ
面白かったですね。
というか、ロドリゲス選手、元気なかったような・・・。

前半5分、コロンビアのカルロス・サンチェス選手がレッドカードで一発退場。
何と、ハンド。^±^;
のっけから日本が11人でコロンビアの選手が10人と、数的にも優位となり・・・。
また、前半6分、PKで香川選手が決めてくれて。
20180619・ロシアワールドカップコロンビア1

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
GOOOOOL^±^ノ1-0!

前半は、長友選手が攻守に活躍。
ところが油断大敵・・・。+±+
前半39分、キンテロ選手にフリーキックを決められて、1-1に。
アディショナルタイムは1分、それでも、何とかしのいで1-1で前半終了。

いつもの日本ならば、後半、逆転負けで悪いパターンのはず。
ところが今回はなんか違う、うん、チョイッと違う・・・。^±^ノ
後半14分にコロンビアのキンテロ選手がハメス・ロドリゲス選手と交代。
ところがロドリゲス選手に元気がありません。なんだか足が重い・・・。
むしろ交代してくれてありがたく、キンテロ選手のままならば、2-2になってたかもしれないなあ。ラッキー。
というわけで、後半戦は終始日本のペース。

後半24分には香川選手が本田選手と交代。

そして、後半28分。
本田選手のコーナーキックがドンピシャのアシスト。大迫選手が、半端ないヘッドで押し込み・・・。
20180619・ロシアワールドカップコロンビア2

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
GOOOOOL^±^ノ2-1!

後半35分、柴崎選手が山口蛍選手と交代。
後半40分には、大迫選手が岡崎選手と交代。
ロドリゲス選手は、精彩がないうえに、イエローカードまでもらう始末。
後半のアディショナルタイムは5分。
遅延行為でGKの川島選手がイエローカードをもらうも、まあまあ、しょうがない・・・。
そして、しのいで、コロンビアのコーナーキックのところで、試合終了!

2-1で勝ちましたわ。^±^;
FIFAランキングでは日本は61位、コロンビア16位ですから、11人と10人でちょうどハンデかな、と思ったら、そうでもなかったですね。
日本は後半が強かったですね。
スピードが衰えないどころか、むしろ後半のほうがスピードがありましたよね。

あ、そうそう。我が家の居間のドアのところ。
20180619・ロシアワールドカップコロンビア3

香川選手がいるんですよ。^±^ノ
20180619・ロシアワールドカップコロンビア4

まあ、朝日新聞のポスターですがね。^±^;
母が貼りましたです。^±^;

また、セネガルが格上のポーランドを2-1で破り、ダブル下克上です。^±^;
特に後半、大迫勇也選手をはじめ、酒井宏樹選手、柴崎岳選手、乾貴士選手の動きもよかったですね。
サランスクの軌跡ですね。^±^ノ

というか、西野朗監督、ダンディですし。^±^ノ
それ以上に、大迫半端ないって。^±^ノ
 

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

平昌パラリンピック・オリンピックもパラリンピックも閉会。そしてパラリンランキング

今日の平昌パラリンピックの結果です。

あのー、気が付いたら・・・。^±^;
オリンピックとパラリンピックと、見終わったその結果・・・。^±^;
村岡選手に完全に骨抜きにされちゃってましたわ。^±^;
選手の誰よりも、ベスト選手として、インプットされましたわ。^±^;
平野選手、小平選手もよかったけど、結果的にそれ以上でしたわ。^±^;
羽生選手ファンにはごめんなさいですが、羽生選手以上ですわ。^±^;
さらに、カ-リングファンにもごめんなさいですが。^±^;
カーリングはそこまで興味がないんですわ。^±^;
自分は、「障害を持つ人を見て感動する」という考え方は嫌いで、その考え自体が差別的だと思ってます。
障害の域を超えて差し引きのない部分、すなわち、オリンピックもパラリンピックも同じ「舞台」として見たうえで、そこで一番感動したのが村岡選手でした。
チェアスキーは「私の生き方」、と言い切る村岡選手の生き方、ものすごくかっこいいと思いますし、「メダルを首にかけてると、首が取れてしまうような重さを感じられてすごく幸せ」という言葉には、こちらまで幸せにさせてくれました。

完全無欠の骨抜きかよっ!(゚Д゚)ノx±x。

18日で、平昌パラリンピックも終わってしまいました。
ただ、ここからずっとアジアのオリンピックやパラリンピックが続きますね。
東京も、もう2年後ですか。
考えると早いです。^±^
今大会の「平昌パラリンピック」は進化したような気がします。
というのも、以前のパラリンピックというのは、クラス別に分けたとしても、時計の速さが一緒なので、その分、どうしても、「不公平」感がありました。
今大会は、選手の重度によって、時計の速さを調節して、公平に計測をしており、近未来的には、オリンピックとパラリンピックとを合併し、一緒に競技できないかなあ、と思ったりします。
現実的には、おそらくはコース取りも違ったりするかもしれないので、難しいかもしれませんが、「時間」的には、一緒にできそうな方向に一歩近づけたんじゃないか、と。
あとは放送ですね。^±^;
NHKだけでなく、民放もどんどんパラリンピックを積極的に生で放送してほしいと、夙に(つとに)思ってましたが、ぜひ実現をお願いします。


さて、村岡桃佳選手が、最初に銀メダルを取ったときに、「私に始まり、私に終わる大会ですから、メダルはうれしいです」と、インタビューで答えてましたが、「有言実行」でした。
村岡選手、銀メダルを獲得しました。^±^ノ
なんと、出場全部で、5個メダルを獲得したのは村岡選手が初めてです。
ちなみに、4個獲得はアイススレッジスピードレースの土田和歌子選手たちがいましたが、それを更新しました。
また、一つの大会で金銀銅すべてのメダル獲得は、長野パラリンピックの大日方邦子選手(現会長ですね)以来でした。
コース、大変に荒れてましたね。+±+
1回目で57秒22で滑り、2位。
2回目で、村岡選手の車いすが大きくオーバーランして、危うくコースアウトかと思いましたが、そこはうまく留まり、コースに戻ることができました。そのためニ、5秒ほどタイムがロス、若干遅れたのですが、後半は積極的に滑って前半を取り戻し、1分3秒97。村岡選手はこの時点でトップに躍り出て銀メダル以上が確定。
トップのドイツのアンナ・リナ・フォルスター選手が、ミスなく滑ったので金メダルは逃しましたが、堂々たる銀メダル獲得。
合計タイム2分1秒19と、2位で終わり銀メダル獲得、有終の美を飾りました。
優勝はドイツのフォルスター選手、3位はオーストリアのハイケ・イダー選手でした。
村岡選手は日に日に成長し、パラリンピックの間でも、進化した選手だと思います。
コースアウトをなんとか留まれたのも、村岡選手の高い技術力がそうなったと思います。

村岡選手、銀メダルおめでとうございます。
20180318・平昌パラ9・女子回転

最後の最後までメダルとはすごいです。それに沿うメダルの半分を村岡選手が一人で獲得しているのも。


そして、距離のリレーも、面白かったです。「男女混合10キロリレー」ですね。
結果は4位と、メダルまであと一歩でしたが、1番手の新田佳浩選手が2位を保ち、2番手の出来島桃子選手が3位にとどまり、3番手の阿部友里香選手が再び2位へ。トリの川除大輝(かわよけたいき)選手が最後にドイツとカナダに抜かされましたが、見事に4位に入りました。
「目標は6位入賞」だったので、これは大健闘です。^±^ノ

うちの大学の後輩のよしみで・・・。
3位から再び2位に引き上げた、阿部友里香(あべゆりか)選手です。^±^;
20180318・平昌パラA・距離混合リレー

新田選手はリーダー格、そのほかの選手が皆若手なので、次の大会が楽しみです。


パラリンピック、高校生や大学生が多かったですね。^±^ノ

高校生
高橋幸平選手(アルペン)=岩手県・盛岡農業高校
川除大輝選手(距離)=富山県・雄山高校
星沢克選手(距離・バイアスロン)=北海道・立命館慶祥高校

大学生
村岡桃佳選手(アルペン)=早稲田大学
本堂杏実(ほんどうあんみ)選手(アルペン)=日本体育大学
阿部友里香選手(距離・バイアスロン)=大東文化大学
新田のんの選手(距離・バイアスロン)=北翔大学

若い選手なので、今後に期待です。阿部友里香選手と、それ以上に川除大輝選手。二人のリレーでの活躍で思ったのですが、中国のパラリンでメダルを量産しそうな気がします。

その他、メダリスト以外の注目選手でした。
鈴木猛史選手(アルペン)=このLL1では、いつもならば狩野亮選手が引っ張る形でしたが、今大会はそれ以上に活躍目覚ましく、活躍しました。
小栗大地選手(アルペン)=成田選手がどうしても目立ちましたが、その陰で、この選手も実力発揮。男子バンクドスラロームで6位入賞は立派でした。
高村和人選手(距離・バイアスロン)=盲目のクロカンの選手です。ヘルパーと息ぴったりでした。普段は盛岡視覚支援学校の教員だそうです。


それにしても、今大会のパラリンピックくらい面白い大会は今までになかったです。
そのなかでも、村岡桃佳選手の活躍が目立ちました。^±^ノ
埼玉県深谷市生まれで、所沢市の早稲田大学に通ってるゆえに、応援しましたが、まさか、こんなに活躍するとはねえ。
個人的には、村岡選手は、オリンピック、パラリンピックを通じて、一番好きで印象に残った選手です。
それと、成田緑夢選手もよかったです。^±^ノ

オリンピックの印象に残った(好きな)選手を発表します。

1位 村岡桃佳選手(パラ・アルペンスキー)
2位 小平奈緒選手(スピードスケート)
3位 平野歩夢選手(ハーフパイプ)
4位 羽生弓弦選手(フィギュアスケート)
5位 成田緑夢選手(パラ・スノーボード)

・・・村岡選手の爽やかさ、小平選手の友情の厚さ、平野選手の謙虚さ、羽生選手のずば抜けた演技、成田選手の逞しさと、それぞれが皆、良かったです。
6位は、パラリン・距離の新田佳浩選手ですね。
印象的だったのが新田選手が金メダルを取った時、メダルではなく、スキー板にキスをしたこと。
普通ならメダルにキスしますよね。メダルをかじったりしますよね。
「スキー板に感謝」ということはすなわち、競技に感謝、という意味と解釈し、ものすごく好印象でかっこよかったです。そのあとの競技者からよき二人の子供の「パパさん」ぶりも、こちらの相好(そうごう)を崩してくれましたが・・・。
リスペクトします。^±^ノ
7位以下は、あまりにも混沌としているので省略します。^±^;・・・カオスなんで
省略するなよな!(゚Д゚)ノx±x。
スピードスケートの高木選手の姉妹に佐藤選手、パラリンリレーで感動した阿部選手や川除選手、ジャンプ女子の高梨選手、あとはフィギュアの宇野選手が印象に残りましたがね。
楽しいオリンピックとパラリンピックでした。^±^ノ


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

3月18日(日本時間3月18日)

村岡桃佳選手=


メダル総数は?

金3個
村岡桃佳(アルペンスキー女子大回転)=座位
成田緑夢(スノーボード男子バンクドスラローム)=LL2
新田佳浩(ノルディックスキー距離男子10キロ・クラシカル)=立位

銀4個
村岡桃佳(アルペンスキー女子滑降)=座位
森井大輝(アルペンスキー男子滑降)=座位
新田佳浩(ノルディックスキー距離男子スプリント・クラシカル)=立位
村岡桃佳(アルペンスキー女子回転)=座位

銅3個
村岡桃佳(女子スーパー大回転)=座位
成田緑夢(男子スノーボードクロス)=LL2
村岡桃佳(女子スーパー複合)=座位

(3月18日現在=日本時間・3月18日現在)


==========


さて、平昌冬季オリンピックが終わりました。
日本は、総合メダル数10個です。

メダルランキングですが、日本は9位でした。大健闘です。
まあ、その半分が村岡選手が獲得したのですがね。^±^;


メダルランキング

順位  国名 (金メダル-銀メダル-銅メダル=総計)

01位 米国 (13-15-8=36)
02位 NPA(ロシア) (8-10-6=24)
03位 カナダ (8-4-16=28)
04位 フランス (7-8-5=20)
05位 ドイツ (7-8-4=19)
06位 ウクライナ (7-7-8=22)
07位 スロバキア (6-4-1=11)
08位 ベラルーシ (4-4-4=12)
09位 日本 (3-4-3=10)
10位 オランダ (3-3-1=7)
11位 スイス (3-0-0=3)
12位 イタリア (2-2-1=5)
13位 英国 (1-4-2=7)
14位 ノルウェー (1-3-4=8)
15位 オーストラリア (1-0-3=4)
16位 フィンランド (1-0-2=3)
16位 韓国 (1-0-2=3)
16位 ニュージーランド (1-0-2=3)
19位 クロアチア (1-0-1=2)
20位 中国 (1-0-0=1)
20位 カザフスタン (1-0-0=1)
22位 オーストリア (0-2-5=7)
23位 スペイン (0-1-1=2)
24位 スウェーデン (0-1-0=1)
25位 ベルギー (0-0-1=1)
25位 ポーランド (0-0-1=1)
  

テーマ : パラリンピック
ジャンル : スポーツ

平昌パラリンピック・新田佳浩選手、銀メダルに続いて金メダルも。^±^ノ

今日の平昌パラリンピックの結果です。

やばいです。^±^;

本当、やばいです。^±^;

今大会のパラリンピック、面白すぎて、気が付いたら、こちらのコラム、オリンピック並みに更新してしまいました。
面白いからしょうがないのですが、パラリンピックで「逆転勝ち」や「接戦」が増えましたよね。
お陰で、一昔前ならば取れたメダルも、なかなか手が届かなくなりましたが。
個人的には、このほうが面白いです。^±^
これはもう、ひとえに選手たちの努力の賜物なのでしょうけど、世界中の選手が切磋琢磨して、ますますパラリンピックのメダルへの道を厳しい方向に導いてほしいのが、個人的な願いです。
あと、口を酸っぱくして言ってますが、NHKだけじゃなくて、民放もどんどんパラリンピックの放送をして欲しいです。
選手間の駆け引きはかなり緻密で、クロスカントリーなどは同じ位置にいなくても順位が変わっていくので、どこでどう逆転しているか、詳しく見てみたいのです。

パラリンピックの男性の「滑降」のスピードは100キロを超えると言いますし、今回の新田選手でも、10キロの長い距離をスキーで滑って、計算タイムとしても25分を切るのですから相当早いです。オリンピックは別としても、国代表レベルでは歯が立たない速さだと思いますし、おまけに恐怖心はその何乗になるかわからないほどあると思います。


クロカンですが、新田佳浩選手が、2大会ぶりの悲願の金メダルです。新田選手は長野オリンピックからの参加で、長年活躍しました。
レジェンドの新田佳浩選手、一時は引退も考えたらしいですが、金メダルへの気持ちがより強かったのですね。
新田選手は、立ち上がりそうそう、転倒がありまして、すぐに立ち上がって走りましたが、その影響か、6.7キロまで順位は3位でした。しかし、タフですね。9.17キロで逆転し、さらに走る走る・・・。
最後、ゴール前は、新田選手は自分自身との闘い、と思えるほど早いこと。計算タイムで、24分06秒8で優勝。
10キロで24分って、どれだけ早いんだ~。^±^ノ

前回は倒れこんでの「悔しい」雄叫びでしたが、今回は「嬉しい」雄叫び。
2位はウクライナのボブチンスキー選手、3位はカナダのアレンズ選手でした。

新田選手、金メダルおめでとうございます。^±^ノ
20180317・平昌パラ8・男子距離10キロ

すごいですよね。^±^ノ


そうそう、阿部友里香選手、うちの母校だったのね。^±^
阿部選手は国際関係学部、自分は文学部日本文学科だけど。^±^;
学部は違うけどね。^±^;


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

3月17日(日本時間3月17日)

新田佳浩選手=


メダル総数は?

金3個
村岡桃佳(アルペンスキー女子大回転)=座位
成田緑夢(スノーボード男子バンクドスラローム)=LL2
新田佳浩(ノルディックスキー距離男子10キロ・クラシカル)=立位

銀3個
村岡桃佳(アルペンスキー女子滑降)=座位
森井大輝(アルペンスキー男子滑降)=座位
新田佳浩(ノルディックスキー距離男子スプリント・クラシカル)=立位

銅3個
村岡桃佳(女子スーパー大回転)=座位
成田緑夢(男子スノーボードクロス)=LL2
村岡桃佳(女子スーパー複合)=座位

(3月17日現在=日本時間・3月17日現在)
 

テーマ : パラリンピック
ジャンル : スポーツ

平昌パラリンピック・成田緑夢選手が金メダル。^±^ノ

今日の平昌パラリンピックの結果です。

パラリンピックは、数年前までほとんどメディアにも取り上げてくれませんでしたが、今年は違いますね。
村岡桃佳選手の活躍もありますが、特にアルペン、クロスカントリーなどは連日放送して、しかも面白いです。
逆に、数年前までは日本の選手はメダルを量産してましたが、最近は、レベルが高くなったこともあり、なかなかメダルが遠くなりましたね。
身体による障害は、最早「オリンピック」と変わらず、いや、競技によってはそれ以上に技術力が高い競い合いとなり、ました。
また、ハンデ別にタイム差が設定出るので、オリンピックの選手と一緒に競い合うことも可能ではないかというレベルまで来ていると思います。
それほどスピード重視の競合になったわけですから、したがって、必然的に義手・義足で参加される選手が増え、それにより「車いす」などの開発の力が優先となってしまい、そのために、知的障害の方のオリンピックへの道、そこまでに到達するレベルが遥かに遠くなってしまったのは、今後の課題かと思います。


さて、パラリンピックの競技ですが、この日の主役は、成田緑夢(なりたぐりむ)選手でした。
もともと、上宮高校時代は、トランポリンで名をはせていました。
その実力は、ショーン・ホワイト選手の大技である「ダブルマックツイスト1260」を1回で決めてしまうほど。
もちろん、オリンピック候補であったのですが・・・。
ところが、2013年4月、トランポリンの練習中に着地に失敗し、左足の腓骨神経麻痺となり、「オリンピックの道」は断たれてしまいました。
自力で動けるには動けますが、左足を引きずるために、靴が1か月持たないらしいです。
ところが、成田選手はそんなことにはめげません。パラリンピックで出場を目指し、今年、ついに夢がかない、おまけにメダルも取りました。
夏は走り幅跳びも目指しています。
素晴らしい~。^±^ノ

その成田選手、今度はバンクドスラロームで金メダルです。
バンクドスラロームは、オリンピックではまだ正式競技ではないのですが、これは、近々正式競技になるかもしれませんね。見ていて面白いですね。
「LL2」は、「下肢障がい」のことなのですが、これもまた面白かったです。
1本目では50秒17。これにはほかの選手が誰も成田選手の記録を抜けず、1位通過。
2本目では49秒61。1本目を上回ります。アメリカのマイク・シェア選手が50秒01、同じくアメリカのエバン・ストロング選手が50秒17と、1本目の成田選手の記録を抜いたのに、成田選手がさらに早かったので、この回も誰にも抜けず、成田選手が50秒台を切っての1位で通過。
3本目では48秒68。2本目よりもさらに記録を更新します。ところがほかの選手も、「3本目が照準」だといわんばかりに記録を更新してくるんですよね。今まで51秒台で不振ではあったが不気味な存在だった、フィンランドのマティ・スール・ハマリ選手が49秒61と、成田選手の2本目の記録を抜きます。そして、アメリカのストロング選手が49秒20、同じくアメリカのシェア選手も49秒70と、気がつけば、4位まで50秒を切ってきたのです。
したがって、もしも成田選手が2本目の記録に甘んじて満足していたら、3位の銅メダルだったわけで、3本目の好成績がいかに良かったかを物語ります。
成田選手自身も、3本目は転倒と紙一重のところを滑っており、まかり間違えれば銅メダルだったほど、世界のレベルが高かったのでした。
見ていて身震いしました。^±^ノ
こんなに身震いしたのは、パシュートとか、高木菜那選手のマススタート以来、いや、それ以上かもしれません。
村岡選手の金メダルは、余裕があった気がしますが、成田選手のこの戦いは、少しでも気を抜くとメダル圏外に行きかねない緊張感がありましたから。
これが興奮しないで、誰が興奮するのかなあ。^±^ノ

かっこいいわ~、成田緑夢選手!^±^ノ
金メダルおめでとうございます。^±^ノ
20180316・平昌パラ7・バンクドスラローム

次の東京オリンピックの目標として、オリンピックとパラリンピックに出場といいます。
実現したらすごいですね。応援します。^±^ノ


そして、今日、注目したのはバイアスロンです。
バイアスロン女子座位の新田のんの選手ですね。^±^
名前はかわいいけど、インタビューを受けてる時の顔は、さらにかわいいです。受け答えもはきはきと、的確に答えて分析をしているし、これから可能性が無限にありそうな女子大学生の選手です。
しかし、競技では打って変わって真剣そのもの、きりっと引き締まります。
今回、途中で、車いすが転倒して、その拍子にスキー板が折れてしまいましたが、これが最も残念です。
射撃では30発中、外したのはたった1発と、射撃では3位でしたからね。
スキー板さえ折れなければ、確実に上位に入ってたはずです。板を取り換える時間もかかってしまいましたからね。
しかしこちらも面白かったです。^±^ノ


気が付いたら、コラムのネタ数も、「平昌オリンピック」とほぼ同じくらいになってしまっていますが、今回のパラリンピックは、自分が見たパラリンでは一番盛り上がり、面白かったですね。
NHKだけじゃなく、民放の中継もどんどん増えて欲しいです。^±^ノ


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

3月16日(日本時間3月16日)

成田緑夢選手=

メダル総数は?

金2個
村岡桃佳(アルペンスキー女子大回転)=座位
成田緑夢(スノーボード男子バンクドスラローム)=LL2

銀3個
村岡桃佳(アルペンスキー女子滑降)=座位
森井大輝(アルペンスキー男子滑降)=座位
新田佳浩(ノルディックスキー距離男子スプリント・クラシカル)=立位

銅3個
村岡桃佳(女子スーパー大回転)=座位
成田緑夢(男子スノーボードクロス)=LL2
村岡桃佳(女子スーパー複合)=座位


(3月17日現在=日本時間・3月17日現在)
 

テーマ : パラリンピック
ジャンル : スポーツ

平昌パラリンピック・村岡桃佳選手、ついに金メダル。^±^ノ

今日の平昌パラリンピックの結果です。

いやー、パラリンピックで、こんなに盛り上がるとは。
ビデオで録画してまで見ています。^±^ノ
今日一日だけで、またまたメダルの嵐です。

面白すぎて、鼻血が出ましたわ。^±^;
しかも、ドバっと・・・。+±+
そんなに興奮するなよな!(゚Д゚)ノx±x

前日も書きましたが、特に、「ノルディック」に限っては、オリンピックより面白いです。
さらに、それだけにとどまらず、クロスカントリーまで面白いとは。
くどいようですが、どちらも、オリンピックより面白いです。^±^ノ
本当にくどいぞ!(゚Д゚)ノx±x。←クロスカントリーでくどくて、これが本当のクドカン


まずは「ノルディックスキー距離、男子スプリント・クラシカル立位」ですが、新田佳浩選手、頑張りましたねえ。37歳です。
いわゆる「レジェンド」というでしょうけど、さらにトップに立ったのが、驚くべきことに、カザフスタンのアレクサンドル・コリャージン選手が、45歳。
レジェンド対スーパーレジェンド。^±^ノ
スタートは新田選手が絶好調で、常にトップを保っていましたが、ゴール前の直線で、あれよあれという間に、比較的ハンデの軽いコリャージン選手に抜かされて、一瞬、3位に落ちてしまいました。
ところが、ここからの新田選手が、真骨頂でした。
コリャージン選手に粘ってついていって、その結果、すぐに3位の選手を抜き返し、銀メダル。
ゴールは劇的でした。
3位の銅メダル争いがまた壮絶で、カナダのアレンズ選手と、フィンランドのトゥオミスト選手が写真判定に。
結局、同時ということで2人に銅メダル。
ところで、ゴール直後、新田選手は倒れこみ、何かを叫んでましたが、読唇術で、「くそ~~!」と口が動いていた模様。
その直後でも、インタビューで開口一番、「悔しかったです」。
金メダルを取るために挑んだ、と付け加えてましたが、その直後、2人の子供たちを抱きかかえ、優しいパパに早変わりでした。

新田選手、銀メダル、おめでとうございます。^±^ノ
20180314・平昌パラ5・男子距離

そしてこの日のメインは、村岡桃佳選手。
アルペンスキー女子座位、大回転で悲願の金メダル。
日本の選手にとっても、初の金メダルです。^±^ノ
1本目は1分13秒47、これで充分トップでしたが、「攻めの桃佳ちゃん」がさく裂。
2本目はなんと、1本目を上回るタイムで、1分13秒06。
合計で2分26秒53となり、2位のオランダのリンダ・ヴァン・インペレン選手、3位のオーストリアのクラウディア・ローシュ選手を大きく突き放し、余裕での金メダルでした。

村岡選手は、金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル3個と、4個のメダルを一人で取り、最後の競技、回転でもメダルを取るとパーフェクトです。
もちろん、冬のオリンピックで日本人が1人で4個メダルを取ったことはいまだかつてなく、しかも、金銀銅メダルと、全種類のメダルをもらってます。
最後の競技で、コンプリートしてくれると嬉しいのですが、ご本人曰く、
「回転は苦手」・・・。
しかし、パラリンピックの競技が終わるごとに、進化している村岡選手。
5個取れたらすごいなあ。^±^;

村岡選手、またまたおめでとうございます。^±^ノ
20180314・平昌パラ6・女子大回転

いやあ、パラリン、本当に面白いわ。^±^;
今日はコラムを書こうと思わなかったのに、積極的に書かせるほどですから。

~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

3月14日(日本時間3月14日)

村岡桃佳選手=
新田佳浩選手=


メダル総数は?

金1個
村岡桃佳(アルペンスキー女子大回転)=座位

銀3個
村岡桃佳(アルペンスキー女子滑降)=座位
森井大輝(アルペンスキー男子滑降)=座位
新田佳浩(ノルディックスキー距離男子スプリント・クラシカル)=立位

銅3個
村岡桃佳(女子スーパー大回転)=座位
成田緑夢(男子スノーボードクロス)=LL2
村岡桃佳(女子スーパー複合)=座位


(3月14日現在=日本時間・3月14日現在)
 

テーマ : パラリンピック
ジャンル : スポーツ

平昌パラリンピック・オリンピックと同じくらいに、いやアルペンはそれ以上に、面白いぞ

今日の平昌パラリンピックの結果です。

いや、パラリンピック、改めて見て、面白いですわ。^±^
参加者がもっと増えていったらさらに面白くなりそうです。
女子も充分に面白いですが、男子のスキー・スノボ系はスピードがより速くて、より迫力がありますね。
一触即発のような競い合い、ポジション争い、これは手に汗握ります。
平昌パラリンピック・オリンピックと同じくらいに面白いです。^±^
いや、アルペンに関して言えば、何もメダルも取れずに惨敗したオリンピックより面白いですね。

でも、競技場のスタートラインの装置、何とかしてくれだわ。
小栗大地選手だけを滑走させて、機械が壊れてるからってもう一度やり直しさえるのって、どうよ?
小栗選手の滑走は記録として残し、ブラジルの選手が一人で滑ればよかったんじゃ?
おまけに、機械が動かないのをいいことに、1時間くらい待たせて・・・。
わざとやったんだろうって感じがします。x±x
お陰で余計な体力を使わせて、準々決勝で敗れたじゃん。+±+
あれも最初から手動にすればよかったわけですよね。
どうせ「ちゃち」なんだから。^±^;
まあ、とにもかくにも・・・。^±^;
ぼろっちい機械だったよなあ、あれ・・・。^±^;
ぼろっちい脳みそのお前が言うな!(゚Д゚)ノ。x±x。

スノーボードクロス男子で、成田緑夢選手が銅メダルでしたが。
金メダル、いけるんじゃないかと思ってました。
予選はぶっちぎりのトップでしたからね。
ただ、準決勝の転倒は厳しいですね。+±+
ちょっと転んだのが命取りになるほど、差が出てしまうんですよね。
障害有無のハンデなしの大会で、優勝するほどの実力を持っている成田選手ですよ。
世界は強いですね。
ただ、裏を返せば、パラリンピックは、オリンピックと同じ「強さ」、「タフさ」を持たないとだめなんですね。

それでも、この競技では日本で初メダルですから、銅メダルでも「大健闘」以外にありませんよね。
成田選手、おめでとうございます。^±^ノ
20180312・平昌パラ3・男子スノボ

てか、緑の夢で、グリムと読むのかあ・・・。^±^;
ならば、ボードもグリーンにするといいのになあ。^±^ノ


そして13日、またまた村岡選手です。^±^ノ
アルペンスキー女子スーパー複合座位で、銅メダル。
どこまでメダルが取れるか、楽しみです。
しかし、今回は、金メダルのチャンスでもありましたね。というのも、ドイツのシャフェルフーバー選手も失速気味だったので、もう少し攻めていたら、面白かったかも。
ただ、なかなかうまくいかないのがオリンピックやパラリンピックの「魔物」ですね。
今回は、逆に銅メダルを狙って、丁寧にゴールすることを考えていたのかも。
それは村岡選手もシャフェルフーバー選手も同じ気持ちだったのでしょうけどね。
村岡選手、おめでとうございます。^±^ノ
20180313・平昌パラ4・女子アルペン複合

今後の活躍が、ますます楽しみになりました。
ただ、金メダルがないのが寂しいですが・・・。^±^;


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

3月12日(日本時間3月12日)

成田緑夢選手=

3月13日(日本時間3月13日)

村岡桃佳選手=


メダル総数は?

金0個

銀2個
村岡桃佳(アルペンスキー女子滑降)=座位
森井大輝(アルペンスキー男子滑降)=座位

銅3個
村岡桃佳(女子スーパー大回転)=座位
成田緑夢(男子スノーボードクロス)=LL2
村岡桃佳(女子スーパー複合)=座位


(3月13日現在=日本時間・3月13日現在)

テーマ : パラリンピック
ジャンル : スポーツ

平昌パラリンピック・早速銀メダルラッシュ

平昌オリンピックの興奮が冷めやらぬまま、平昌パラリンピックが始まりましたね。

パラリンピック、もっとテレビで取り上げてくれないかな、とふと思います。
オリンピックと同等に面白いんですが、なぜかマスコミは取り上げてくれないんですよね。
できれば、オリンピックとパラリンピックを合併したらいいのに。^±^
しかし、パラリンピックは、オリンピックよりもはるかに難しいだろうなあ、と思うことが、毎度、見るたびに沸き起こります。
それは障害の度数による分け方です。
軽い選手から重い選手まで、全員が競技をしますが、その差は非常に激しく、どう分けるべきか、難しいです。
現在は、「係数」をつけて選手間の「ハンデ」とするのですが、それはまだ「一括り」の範疇(はんちゅう)でして、本来はもっと細かく、できれば一人ひとりの選手にそれにふさわしい係数を入れなければならないと思います。
どこからどこまでという境目が本当にないのですが、それでも無理にでも、もっと細かく分けなくてはならないと思うのです。

さてさて、パラリンピックは始まりましたが、早速銀メダルです。
初日から、幸先がいいです。^±^ノ
初の銀メダルは村岡桃佳選手です。座位滑降女子で、ドイツのアナ・シャフェルフーバー選手に次いで、2位です。村岡選手は、早稲田大学の学生だそうです。
本人にとっても初メダルです。おめでとうございます。^±^ノ
金メダルのシャフェルフーバー選手、こちらは強すぎです。
上位の2選手が次々と転倒するのを横目に、巧みに滑っていきます。
「巧みに」とはいえ、早い早い。^±^;
7名参加中、途中棄権が3名という悪い雪質。しかも、4位に入った選手も一度は転倒、それを立ち直ってのゴールでしたからね。
村岡選手も、試合後、「怖かった」との一言。
コースの難しさを物語ってます。オリンピックですら次から次へと転倒してましたからね。

さらに、森井大輝選手も銀メダル。アメリカのアンドルー・クーカ選手に次いで、2位です。
2大会ぶりといいますから、ソチパラリンピック以来ですね。
おめでとうございます。^±^ノ
20180310・平昌パラ1・男子アルペン

今回は乾燥するのが難しそうで、次々と、メダル候補が、男女問わず出ていますね。
2連覇を狙った狩野亮選手ですら、途中棄権というところが、この大会のコースの難しさを物語っています。
「滑降・座位」というのは「座って滑る」ということで、村岡選手ですら、時速60キロほどのスピードが出ているといいます。
男子は100キロ、いや、もっと出ているはずで、見るからに「怖い」の一言ですが、このスキー場は雪質が悪いので致命的です。


11日も競技がありました。
またまた村岡桃佳選手が快挙、今度は女子スーパー大回転座位で銅メダル獲得です。
「桃佳」の「桃色」というわけで、すっかり、「ピンクのチェアスキー」でおなじみになりましたね。
個人的にも埼玉県ご出身だし、そのうえ、こちらの地元の大学にいるので、応援してます。
しかし、中盤あたりでチェアスキーが跳ね上がってヒヤッとしました。
村岡選手も、「もうだめかと思った」と話してましたが、あれがなければ銀メダルをもらってたかもしれません。
ここでも、ドイツのアナ・シャフェルフーバー選手が金メダルでしたね。
あまりにも強いや。^±^;

それでも、大健闘ですよね。
ただでさえ、このコースは転倒やコースアウトが多く、最後まで滑りきるのも難易度が高いというのに。
オリンピックでさえ、転倒者続出だったことを考えると、滑りきっただけでも大変でしょう。
村岡選手、銅メダルおめでとうございます。
20180311・平昌パラ2・女子アルペン

うーむ、男子は残念でした。+±+
スピードを出さないとメダルはもらえないし、かといって、スピードを出せばコースアウトや転倒が待ち構えてる・・・という、最悪のコース(というかスキー場)ですからね。
ただ、そのどちらもできなかった中途半端さが敗因ともいえますが、本当に雪質の悪いところだねえ。
「風雲たけし城」じゃないんだからなっ!(゚Д゚)ノx±x。
とにかく、怪我が最悪ですからね。怪我をしなくてよかったけど。

うーん、たしかに、「風雲たけし城」だよなあ、ここ・・・。^±^;・・・こ懐かしいや
谷隼人さんはどうしたっ!(゚Д゚)ノx±x・・・シランガナ~
石倉三郎さんはどうしたんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・たけしからは三太夫と呼ばれてたんだよね


~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日のメダルは?

3月10日(日本時間3月10日)

村岡桃佳選手=
森井大輝選手=

3月11日(日本時間3月11日)

村岡桃佳選手=



メダル総数は?

金0個

銀2個
村岡桃佳(アルペンスキー女子滑降)=座位
森井大輝(アルペンスキー男子滑降)=座位

銅1個
村岡桃佳(女子スーパー大回転)=座位


(3月11日現在=日本時間・3月11日現在)

テーマ : パラリンピック
ジャンル : スポーツ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長