群馬ツツジ旅4=スルス岩に登る、その2

さて、今回はいよいよスルス岩に登ります。^±^

前回の滑りやすい道を登って行くと狭い頂上へ。
ここがスルス岩の2段目の高みの場所です。
スルス峠から、岩の上に人がいるのが見えましたが、ここまで登ったと思われます。
20160529・群馬ツツジ旅4-01

ここからは、スルス峠と相馬山方面しか景色は見られません。+±+
20160529・群馬ツツジ旅4-02・スルス岩、下の岩より

それでも、岩ごしに見える景色は、絶景そのものですがね。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-03・スルス岩、下の岩

この先、足元はすっぱりと切れ落ちています。^±^;
高所恐怖症のタモリさんや徳光和夫さんだったら、足がすくみそうです。^±^;
いっそのこと、落っこちちゃえよな!(゚Д゚)ノx±x…コワイヨ~
20160529・群馬ツツジ旅4-04

景色を堪能したら、さらに岩の頂上へ行ってみましょうか。^±^;
相変わらず、岩混じりの道を登っていきますが、スルスルと行かないのはこちらも一緒です。
20160529・群馬ツツジ旅4-05・上の岩への道はさらに険しい

最後に鉄梯子を登りますが、鉄梯子の最上部から頂上への最後の段には梯子や鎖がないのでやや厳しいです。
まあ、50センチほどですがね。^±^;
特に下りは、岩をつかむ場所も少ないので細心の注意を要しますね。
20160529・群馬ツツジ旅4-06・最後にはしごを登ります

鉄梯子を登れば、スルス岩の頂上です。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-07・スルス岩、上の岩相馬岳方面

こちらは、頂上から左右に道が分かれています。
左に行けば相馬山方面、右に行けば榛名湖をはじめ沼ノ原の全体が見渡せます。

まず左側へ。
相馬山方面は、やや木で隠れて景色は岩の中断のほうが良かったです。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅4-08

続いて右へ。
こちらは圧巻です。^±^ノ
遠くに榛名湖が見えます。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-09・榛名湖方面

先客さんがいました。
おじいさん、おばあさん、お孫さんと一緒に登ったそうです。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-10・家族とお孫さんが登ってた

山頂には祠があります。
さらに一番目立つのが、榛名富士です。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-11

先客さんたちです。
景色を堪能して、これから下るそうです。
20160529・群馬ツツジ旅4-12

皆さん、お気をつけてね。^±^ノ
お孫さん、ヒョコヒョコと降りていき、たくましいです。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-13

山頂にある祠です。^±^ノ
榛名富士の山頂と背比べをしている様子です。^±^ノ
20160529・群馬ツツジ旅4-14

岩の横から。
沼ノ原のツツジが、小さく見えます。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-15

ツツジのオレンジ色もここからみるとイクラのようにつぶつぶです。^±^;
変な喩えをするなあ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x
20160529・群馬ツツジ旅4-16・絶景

そのツブツブに、叔父たちを発見。(゜∀゜)ノ
まずは、サムネイル版です。
20160529・群馬ツツジ旅4-17・大

そしてこちらが叔父たちです。^±^;・・・アア、イルワイルワ
20160529・群馬ツツジ旅4-18・叔父たちを発見。^±^;

榛名富士はやや遠目に見えました。
20160529・群馬ツツジ旅4-19

そのうちに、誰かがまた登ってきたので、降りることにします。
山頂は狭いうえ、これから赤城山にも行く予定なので、そうそうゆっくりはできません。^±^
下りは、最初のハシゴまでの取り掛かりがやや緊張しました。
なんとか降りて、ハシゴの下まで降りると、さらに次の登山客が登ってきていました。

さらに降りて行くと、先ほどの家族の方がいました。
子供の足では、ちょっとした岩でも体を使って降りなくてはならないので、難儀のようです。
20160529・群馬ツツジ旅4-20

どんどん降りて、右に行く道を左に間違えて辿ってしまいました。+±+
すると見慣れない階段状の登山道が延々と続いていたので、しばらく進んだ後、引き返しました。
20160529・群馬ツツジ旅4-21

帰宅後、地図で調べたら、榛名神社に行く道で、ここをどんどん降りたら全然別の場所に行くところでした。
しかし、登山魂が目覚めてしまい、次回は相馬山や掃部ヶ岳(かもんがたけ)にも登てみたくなりました。

道は徐々に良くなって。
20160529・群馬ツツジ旅4-22

すぐに沼ノ原のつつじ道に。
ここまでくれば駐車場まですぐです。^±^
20160529・群馬ツツジ旅4-23

少し歩いていたら、偶然にも、ちょうど叔父と合流。^±^
ちょうど写真を撮り終えたと言ってました。
叔父たちも誰会話に登っていると気がついたといいます。
まさか自分が登っているとは思わなかったと。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅4-24

一緒に駐車場まで行って、次回は、榛名湖で少し休んでから、赤城山方面へ。^±^ノ
スポンサーサイト

テーマ : 群馬県を散歩
ジャンル : 地域情報

群馬ツツジ旅3=スルス岩に登る、その1

ツツジが見頃の、榛名の散歩は続いています。^±^;

沼ノ原の県道を、ゆうすげ道を入って行くと、スルス岩がとりわけ綺麗に見えます。
数十分後、まさかこの上にいるとは。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-01・スルス岩

スルス岩に向かって歩くと、さながら西部劇のガンマンのようです。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-02

全然雰囲気が違うじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
砂漠でもおないし!(゚Д゚)ノx±x
大げさだな、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。

途中の道を、「スルス岩・あずまや」方面へと曲がります。
20160529・群馬ツツジ旅3-03

やがて、あずまやにぶつかりまして。
20160529・群馬ツツジ旅3-04・スルス峠

そこから見るスルス岩は、沼ノ原よりも更に大きく見えます。
20160529・群馬ツツジ旅3-05

この東屋のある場所は、スルス峠です。
漢字で書くと、「磨墨峠(するすとうげ)」。
サムネイル版です。^±^
20160529・群馬ツツジ旅3-06・大

峠は元々、「たむけ」から転じているそうで、「するす」は籾や粉をひく臼のことらしいです。
その形に似ているので、スルス岩らしいです。^±^;

スルス峠から見える、榛名富士です。^±^
榛名富士はでかいので、山の大きさはさほど変わりませんがね。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-07

峠の付近にはサラサドウダンツツジが咲いていましたよ。^±^
サラサドウダン。ツツジ科、ドウダンツツジ属。更紗灯台。
20160529・群馬ツツジ旅3-08・サラサドウダン

峠から、気持ちのいい緑の森の道を進んでいきますと。
20160529・群馬ツツジ旅3-09

途中で、ヤセオネ峠~松之沢峠に向かう道とぶつかります。
叔母や母たちは登らないというので、ここから一人です。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-10

ここで「ゆうすげの道」と分かれて、ちょっと榛名神社方面へと進んで行きます。
20160529・群馬ツツジ旅3-11

すぐに、スルス岩の行人洞に向かう道につながります。
20160529・群馬ツツジ旅3-12

そして、行人洞(ぎょうにんどう)への細い道を入っていきます。
20160529・群馬ツツジ旅3-13

結構藪っぽい道です。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-14

道なりに歩くと、3分ほどで洞窟にぶつかります。
20160529・群馬ツツジ旅3-15

行人洞に到着。
そこには石像や祠があります。
20160529・群馬ツツジ旅3-16・行人洞に到着

洞窟に祠が見えますね。^±^
20160529・群馬ツツジ旅3-17

こういう祠がいくつかあります。
20160529・群馬ツツジ旅3-18

全部で3体ほどありましたが、この祠は一番左にあったものです。
20160529・群馬ツツジ旅3-19

さて、岩に登るにはどこかと思って、洞窟のすぐ横の細い道を辿ったのですが。
20160529・群馬ツツジ旅3-20

辿るうちに、道はみるみる細くなりまして。^±^;
足元は滑るし。^±^;
そのまま滑落しちゃえよな!(゚Д゚)ノx±x。
20160529・群馬ツツジ旅3-21・スルス岩への道でなさそう

慌てて引き返し、洞窟の道を少し下った道を入ってみました。^±^ノ
20160529・群馬ツツジ旅3-22

しかし、木の根っ子に足を取られる、嫌な道です。^±^;
腰が悪いのにいきなりほろ苦デビューです。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-23

まあ、コルセットが楽なので大丈夫ですが。^±^;
コルセットをしている現在のほうが、怪我をする前よりも、むしろ楽です。

こんな道を、半分よじ登るように進みます。^±^;
名前は「スルス岩」なのに、スルスルと登れません。^±^;
20160529・群馬ツツジ旅3-24

スルス岩なのに・・・。^±^;

この続きはまた明日です。^±^ノ

テーマ : 群馬県を散歩
ジャンル : 地域情報

越生梅見ドライブ。^±^ノ7=最後に黒山三滝へ

こちらも、「山歩き」というジャンルではありませんが、黒山三滝を歩きます。
2016年2月27日の出来事でした。^±^

こちらのお店の前で駐車しました。
20160227・越生梅見7-01

では、出発。^±^ノ
20160227・越生梅見7-02

ここは越辺川(おっぺがわ)の源流なのですが、ここまで上流に来るときれいです。
ニンテンドー64の「ぬしつり」ゲームのグラフィックではありましぇん。+±+
似ていますが。^±^;
20160227・越生梅見7-03

しばらく歩くといいにおいがしてきました。
イワナ、ヤマメ、ニジマスなどを焼いているにおいでした。
20160227・越生梅見7-04

最初に天狗滝に行きます。登山道っぽい、石段を登ります。ちょっとスリルがあります。
20160227・越生梅見7-05

「天狗瀧」の石碑が横にあります。
20160227・越生梅見7-06

しばらく登って、この木の橋を渡れば、いよいよ天狗滝が見えてきます。
20160227・越生梅見7-07

この奥が天狗滝ですね。^±^ノ
20160227・越生梅見7-08

天狗滝です。
20160227・越生梅見7-09・天狗滝

そしてさらに登っていきます。
20160227・越生梅見7-10

登ったところに、東屋があり、休憩もできます。
20160227・越生梅見7-11

そこを通過してさらに登れば、このような標識があります。
ただ、天狗滝の上部で、滝の流れはこちらからは見えません。
20160227・越生梅見7-12

真上から見ると、大いに迫力はあるのですが。
20160227・越生梅見7-13

来た道を少し戻って、左に降ります。
20160227・越生梅見7-14

赤い木橋を渡ると・・・。
20160227・越生梅見7-15

階段の道があります。
お店の横を通ります。
20160227・越生梅見7-16

その先には、女滝と男滝があります。
20160227・越生梅見7-17

黒山三滝のメインです。
20160227・越生梅見7-18

黒山三滝の看板です。サムネイル版です。
修験者の滝ですね。
20160227・越生梅見7-19・大

そして、こちらの橋を渡って振り向けば。
20160227・越生梅見7-20

女滝の流れが手に取るように。
20160227・越生梅見7-21・女滝

橋の上から。
上が男滝、下が女滝です。
手前の赤いのは欄干ですがね。^±^;
20160227・越生梅見7-22

今度は、黒山三滝の標識裏の岩場を登ります。
20160227・越生梅見7-23

そこには、「男瀧」の石碑があって。
20160227・越生梅見7-24

こちらが男滝です。
20160227・越生梅見7-25

男滝は女滝よりも流れが強いです。
20160227・越生梅見7-26

その先に、祠がありまして、ろうそくを灯し。
20160227・越生梅見7-27

お供えもあります。
20160227・越生梅見7-28

帰りは、石段を下りて、この店の横を通って戻ります。
20160227・越生梅見7-29

そしてしばらく歩けば、駐車場に到着です。
20160227・越生梅見7-30

さて、2月27日の越生散歩はここまで。
ですが、中野の叔母を連れて、また行きたくなっちゃったので、ほぼ同じコースで行きました。
その様子は17日からです。^±^ノ

テーマ : 埼玉県を散歩
ジャンル : 地域情報

越生梅見ドライブ。^±^ノ4=弘法山に登る

まあ、「山歩き」というほどではないのですが。
越生で特徴のある形をした弘法山に登ってみました。

弘法山の入口ですね。
20160227・越生梅見4-01

ここまで1.5キロ、歩いてきました。
残り100メートルです。^±^ノ
とはいえ、山頂ではなく、観世音までですが。
20160227・越生梅見4-02

早速登りましょう。
20160227・越生梅見4-03

やがて、登山らしい道になり、傾斜がきつくなりました。
20160227・越生梅見4-04

こんな、ゴツゴツした道です。^±^;
20160227・越生梅見4-05

小さいながら、いやらしい道です。^±^;
赤土むき出しです。^±^;
お前はくだらない感情むき出しのくせに!(゚Д゚)ノx±x
ここを超えると、傾斜はいきなり楽になりますが。^±^;
20160227・越生梅見4-06・赤土むき出し

観世音に到着です。^±^ノ
20160227・越生梅見4-07・弘法山観世音

観世音の案内図です。サムネイル版です。^±^ノ
20160227・越生梅見4-08・大

その上には、弁財天もあります。^±^
こちらもサムネイル版です。
20160227・越生梅見4-09・中

でも、階段がきつそうです。+±+
したがって、緩やかな道を選びます。^±^;
ずるいなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20160227・越生梅見4-10

緩い道をだらだらと登っていくと、山の中腹に「諏訪神社」への案内板があります。
20160227・越生梅見4-11・中腹

その先には鳥居があります。
20160227・越生梅見4-12

この鳥居をくぐり、階段を登っていきます。
結局お前は階段は避けられないのだ!(゚Д゚)ノx±x
ざまあみやがれっ!(゚Д゚)ノx±x
20160227・越生梅見4-13

石の階段の先も、木の階段です。+±+
ざまあみやがれっ!(゚Д゚)ノx±x
20160227・越生梅見4-14

その階段が緩くなったころに、最後の登りのきつい階段が現れます。
ざまあみやがれっ!(゚Д゚)ノx±x
20160227・越生梅見4-15

諏訪神社の標石が渋いです。
サムネイル版です。
20160227・越生梅見4-16・大

階段を登り切ったら、こちらが諏訪神社。
すなわち、弘法山の山頂です。
20160227・越生梅見4-17

山頂には本堂も祭られています。
20160227・越生梅見4-18

なぜか、オリエンテーリングのポストもあります。^±^;・・・Uって
20160227・越生梅見4-19

山頂はあまり広くはありません。+±+
20160227・越生梅見4-20

狛犬Aです。^±^;
口が半開きです。^±^;・・・半開きって
20160227・越生梅見4-21

狛犬Bです。^±^;
こいつも、口が半開きです。^±^;
「阿吽」のどちらなのか、よくわかりません。
どちらも若干、口を開けているように見えます。
もしかしたら、「阿阿」なのかも。^±^;
20160227・越生梅見4-22
阿阿、あいた口がふさがらないや。^±^;

本堂の先には小さな祠もありました。
20160227・越生梅見4-23

山頂の裏に道もありましたが、傾斜がややきつそうです。^±^;
20160227・越生梅見4-24

景色はまあまあいいですよ。
越生の梅林が、箱庭のように見えます。
こう見ると、梅は密集してますが、あまり広くありません。
ああ、あの狭いなかで・・・。
ちまちまと、宴会などをやってるんだろうなあ。^±^;
狭いのはお前の心じゃ!(゚Д゚)ノx±x
20160227・越生梅見4-25・梅園、ちいさっ

さすが山頂で、小さいながら、遠くの山並みも見えます。
20160227・越生梅見4-26

この弘法山の面白いところは、山頂にこのような電気の何かの装置があります。
夜になると蛍光灯が光るのでしょうかね。^±^;
20160227・越生梅見4-27

山頂から、越生の街も、ジオラマのように見えます。
20160227・越生梅見4-28・越生の街

しばし景色を楽しんだら、山を降りましょう。^±^ノ
20160227・越生梅見4-29

途中、地元のおじいさんが山麓まで案内してくださいました。
20160227・越生梅見4-30

案内してくださったのはいいのですが、おしゃべり好きで。^±^;
「どこから来たのか」と聞かれたので、所沢の狭山湖ほう、と答えたら・・・。
「あの辺りは平らな山だねえ」と言われました。^±^;・・・平らだったら山じゃないのに
そして、昔の人は、この越生の地から歩いて山を越えて、秩父夜祭を見に行き、祭りを楽しんだらその足で歩いて帰ってからすぐに農作業をやったとお話しされてました。
昔の人はタフだったんだよ、と、おじいさんのお話。^±^
それに比べて、最近の若者は「やわ」だねえ、と。^±^←こいつは若くないけど「やわ」

こちらは車から撮影した「弘法山」の姿です。
ラグビーの五郎丸選手のルーティンポーズの手の形に似ています。^±^;
20160227・越生梅見4-31

梅林の様子、追加分です。
こう見ても、狭い場所でちまちま宴を開いてるのがわかります。^±^;
ことごとく、余計なお世話だぞ!(゚Д゚)ノx±x
20160227・越生梅見4-32

20160227・越生梅見4-32(補足)

9日は空倶楽部、10日はネオンの会、11日は鉄道写真の会ですので・・・。
この続きは12日になります。^±^
再び、越生の梅の里を歩きます。^±^;←体も頭も心も「やわ」なくせに

テーマ : 埼玉県を散歩
ジャンル : 地域情報

オリンパスE-P5ほろにがデビュー。雨の湯の丸高原。^±^;・・・2

2015年8月30日の出来事です。
湯の丸高原の池の平湿原までやってきました。^±^ノ
この池の平湿原を一周します。^±^ノ

出発地点は「グリーン広場」。^±^ノ…イインダヨ、グリーンダヨ
20150830・高峰高原2-01

霧の中の木道を歩きます。^±^;
でもなかなか幻想的です。^±^
20150830・高峰高原2-02

むしろ、暑い日に歩くと、さえぎるものがないので辛そうですがね。^±^;
ほどなくして「放開口」に到着。
20150830・高峰高原2-03

相変わらず、霧の中、雲の中です。^±^
20150830・高峰高原2-04

火山の旧い(ふるい)噴火口が、東南に向かって開き放つような場所だから、「放開口」というようです。
なるほど、湿原から急に砂礫(されき)岩石の地・・・。
「崩壊口」、いや、「放開口」、恐るべし。^±^;
20150830・高峰高原2-05

コケやシダみたいのも見られますがね。^±^;
20150830・高峰高原2-06

その近くで咲いていた花。
ウメバチソウです。
梅鉢とは、家紋のひとつで、菅原道真や前田利家の家紋としておなじみのやつですね。
20150830・高峰高原2-07

こちらはイワインチンですね。
漢字で書くと難しく、「岩茵蔯」です。^±^
キク科、キク属の高山植物ですよ。別名、インチンヨモギとも。
20150830・高峰高原2-08

ウスユキソウです。
一瞬、見逃すところでした。白い葉っぱと思ったら、花びらでした。^±^;
ヨーロッパで咲く、エーデルワイスの仲間ですね。
20150830・高峰高原2-09

珍しい花にも出会えたし、満足しながら歩きます。^±^
自己満足だろうが!(゚Д゚)ノx±x
20150830・高峰高原2-10

さらにチンタラと歩いていると、看板が見えてきました。^±^ノ
チンタラ歩くんじゃないよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20150830・高峰高原2-11

看板です。サムネイル版ですので、クリックしてご覧ください。
今回は雨がひどいので、三方ヶ峰には行きません。+±+
20150830・高峰高原2-12・中

その近くに、池があります。
鏡池です。
20150830・高峰高原2-13

この付近にも高山植物が咲き乱れていました。
ここには、2種類のリンドウが咲いていましたよ。

高峰高原でも見かけた、オヤマリンドウと・・・。
20150830・高峰高原2-14

ビルディングのような、エゾリンドウです。
20150830・高峰高原2-15

なお、鏡池は標高2000メートルです。
20150830・高峰高原2-16

そしてこちらはアザミと思いきや、タムラソウでした。
花を触ってもとげがありませんでした。^±^
まあ、ツンツルテンですがね。^±^;…ツンツルテンって
そう言い放つお前のコラムにはとげがあるよな!(゚Д゚)ノx±x。←アザミのコラム
20150830・高峰高原2-17・タムラソウ

マツムシソウがまた咲いていました。^±^
マツムシ(スズムシ)が鳴くころに咲くのが由来なんですって。
20150830・高峰高原2-18

白い小さな花は「タチコゴメグサ」。左のオレンジ色の花はカキランのようです。
反対側を向いちゃってますがね。^±^;
花が柿の実の色なので、カキランです。単純。^±^ノ
その下の黄色い花は、ミヤマアキノキリンソウですね。
アキノキリンソウは全体的に花がつきますが、ミヤマアキノキリンソウは頂部に固まってつきます。
20150830・高峰高原2-19

このあたり、不思議な岩場もありました、^±^
20150830・高峰高原2-20

「忠治の隠岩」といいます。
国定忠治がこの大岩に隠れたらしいんですがね。^±^;
何のために隠れたんだよっ!(゚Д゚)ノx±x…シランガナー
20150830・高峰高原2-21

ここまでくれば、湿原をほぼ1周です。
最後の最後まで、大雨でしたがね。^±^;…モーヤケクソ
20150830・高峰高原2-22

最後に、ここでも咲いていました。
ヤナギランです。^±^
葉が柳に似ていて、花をランにたとえたらしいのですが、どう見ても柳の葉には見えません。
20150830・高峰高原2-23

そしてほどなく元のグリーン広場へ。
再び花をめでながら、ちょっと坂を上って、駐車場へ。
ああ、雨でも、面白かった。^±^
20150830・高峰高原2-24

まあ、オリンパスE-P5には、ほろにがデビューでしたがね。^±^;
オリンパスペンライトのPL3よりも、よしシャープに、またよりボケ具合いもよく写せますね。
でもペンライトも劣っていませんがね。
これからは2機持って行こうっと。^±^ノ
バッテリーの持ちはどちらも同じくらいか、E-P5のほうがちょっといいかも。
両方持って行けば、2倍使えるからなあ。^±^ノ

明日は、帰りに寄った温泉と空倶楽部です。^±^ノ

テーマ : 信州/長野県
ジャンル : 旅行

オリンパスE-P5ほろにがデビュー。雨の湯の丸高原。^±^;・・・1

2015年8月30日、長野県の浅間山の庭である、高峰高原から湯の丸高原を歩いてきました。
そして、オリンパスE-P5もデビューさせたのですが。^±^;
生憎の雨。x±x
ほろにがデビューでした。^±^;

今回は叔父の車で来ています。
叔父の運転の練習も兼ねてです。^±^ノ
20150830・高峰高原1-01

路線バスが走っていきました。JRバスが、佐久平駅から小諸駅を経由して、高峰高原まで走っているようです。
20150830・高峰高原1-02

それはそうと、雨の高峰高原。+±+
でも高山植物がたくさん歓迎してくれました。^±^ノ
詳しくは次回の「雑草倶楽部」に入れますが、こちらでも少々。

アキノキリンソウです。^±^ノ
なお、同所には、ミヤマアキノキリンソウも咲いていましたが、ミヤマアキノキリンソウは頭部だけ咲いている感じの花で、こんなににぎやかには咲きません。
20150830・高峰高原1-03

マツムシソウです。
これから行く湯の丸高原(池の平湿原)でも数多く見かけました。
20150830・高峰高原1-04

雨に濡れた木の道を進みます。
20150830・高峰高原1-05

こちらは、オヤマリンドウですね。^±^ノ
20150830・高峰高原1-06

さらに、草原の中の道を歩きますが、早くも靴や服がびしょ濡れです。x±x
20150830・高峰高原1-07

霧というか、雲の中の道。
20150830・高峰高原1-08

花はきれいでしたがね。^±^;
20150830・高峰高原1-09

こちらはハクサンフウロですね。
浅間山だから、アサマフウロと思ってましたが、アサマフウロはもっと花の色が濃く、花びらも大きいのです。
20150830・高峰高原1-10

ゴマナの花のその先には・・・。
20150830・高峰高原1-11

雨雫の滴り落ちる、ヤナギランです。^±^ノ
20150830・高峰高原1-12

ゆっくり花を見ていると、時間が経過するのも忘れます。
20150830・高峰高原1-13

ツリガネニンジンも雨の雫がこぼれます。
20150830・高峰高原1-14

でも、ワレモコウは、ツンツルテンなのでこぼれ落ちません。^±^;
20150830・高峰高原1-15

ではそろそろ移動しましょう。
あ、この付近にある、高峰温泉の電柱広告です。
ランプマークでおなじみの。^±^;
20150830・高峰高原1-16

そして、30分ほどで、湯の丸高原に到着。
途中、ずっとダートの道です。
高峰高原から湯の丸高原の間は舗装されていません。+±+

湯の丸高原の駐車場に車を置きます。
20150830・高峰高原1-17

このあたりは「湯の丸高原池の平・コマクサ峠」ですかね。
標高2040メートルです。^±^…空気、うすっ
20150830・高峰高原1-18

雨の中でしたが、池の平湿原に行ってみます。
20150830・高峰高原1-19

坂道をズンズンと下りますが、傘が邪魔です。^±^;
20150830・高峰高原1-20

途中、シャジクソウも咲いていました。
20150830・高峰高原1-21

そんなこんなで、10分ほど下ると、「グリーン広場」です。
20150830・高峰高原1-22

グリーンっちゃあ、グリーンですが・・・。^±^;…イインダヨ、グリーンダヨ
よくないってぇのっ!(゚Д゚)ノx±x
20150830・高峰高原1-23

ここからが池の平湿原の始まりです。^±^ノ
放開口へと向かいます。
20150830・高峰高原1-24

明日は、池の平湿原を一周します。^±^ノ


~~~~~~~~~~~~~~

リアルニュース。x±x

申し訳ありません。+±+
ピークは過ぎたのかと思ってましたが、まだ今月はなかなか訪問ができません。
おまけに、9月は、下の叔父の子供の結婚式が20日にあり、上の叔父の子供の1年忌が27日にあります。
コメントを返すのがやっとの日々が、まだまだ続きそうです。
 

テーマ : 信州/長野県
ジャンル : 旅行

御岳山へ行く2

2015年7月26日、御岳山へ行きました。^±^ノ
続きです。

木の間隠れに、御岳山山頂の集落が見えます。
20150726・御岳山2-01

山頂から少し下った場所です。
20150726・御岳山2-02

御岳神社や、七代の滝(ななよのたき)方面は左へ。
20150726・御岳山2-03

森の小径を歩きます。
20150726・御岳山2-04

小径を抜けると、宿坊街に。
こちらは、馬場家住居です。
20150726・御岳山2-05

この馬場家は、慶応2年といいますから江戸時代の末、1866年に建てられたものです。
宿坊として利用されているとのこと・・・。
今も泊まれるのかなあ。^±^;
サムネイル版です。クリックしてご覧ください。
20150726・御岳山2-06・中

坂を上ったところから、緑に囲まれた馬場家です。^±^ノ
20150726・御岳山2-07

そして、御岳神社に到着・・・。
20150726・御岳山2-08

ところが、このあたりから、うちの様子がおかしくなりました。+±+
帽子をかぶらないで歩いていましたので、身体がフラフラに。x±x
どうも、軽い熱中症にかかったようです。x±x
フラフラの身体なのに、つらいからと一度にたくさんの水を飲みすぎたのも原因のひとつでしょうか。
たちまちにして歩くのがだるくなりました。+±+
群馬のおばあちゃんは「暑いに当たる」と言ってましたがね。^±^;
とにかく、身体はだるいのに、変に汗が止まらなくて・・・。^±^;;;
ざまあみろ!(゚Д゚)ノx±x。

「レンゲショウマまつり」の旗です。
「日本一の群生地」だったのですね。^±^;
20150726・御岳山2-09

それでも、七代の滝(ななよのたき)へ向かいましたが。^±^;
タマアジサイですね。滝に行く道すがら、咲いていました。
20150726・御岳山2-10・タマアジサイ

長尾平から七代の滝へと直接下る道があるのですが、ここがなかなか過酷でした。
下りても下りても、沢の音がするだけで川が見えてきません。
ますで地獄に続くような道です。+±+
お前なんか、そのまま地獄へ下ってしまえよな!(゚Д゚)ノx±x。
20150726・御岳山2-11

振り向いて写真を1枚。
小石だらけの歩きづらい坂です。
20150726・御岳山2-12

地獄のように下っていきます。
だから!(゚Д゚)ノx±x
いっそのことそのまま地獄へ落ちろってんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20150726・御岳山2-13

少し平らになりました。^±^;
前を歩くのは叔母です。77歳です。^±^;
20150726・御岳山2-14

ちなみに、車の免許を取った叔父が母親の親戚の末の弟で、67歳です。^±^;

ところが、それも束の間、再び厳しい下りです。
濡れた岩のところも通ります。^±^;
20150726・御岳山2-15

足元には気をつけるべし。^±^;
20150726・御岳山2-16

再び急な坂を下りきると、ようやく五日市側の道の分岐に。
つまり、かなり山を下りちゃったんですよね。x±x
こりゃ登り返すのが大変だなあと思いましたが・・・。
1箇所、沢を渡って、水をペットボトルに入れなおして。
ようやく、七余の滝に到着。
20150726・御岳山2-17

このような岩の上で、雰囲気はとてもいいんですよ。^±^ノ
20150726・御岳山2-18

岩の上に荷物を置いて、木の橋を渡ります。
20150726・御岳山2-19・七代の滝

すると美しい滝がお目にかかれます。^±^ノ
20150726・御岳山2-20

イワタバコの花もきれいだったなあ。^±^ノ
20150726・御岳山2-21・イワタバコ

なんと、この景色を見たら、熱中症が少し治って、ちょっとだけ元気になりました。
不思議なものです。^±^;
20150726・御岳山2-22

帰りは、天狗岩から御岳山へ戻りました・・・。^±^;
20150726・御岳山2-23

天狗岩で休憩中の、うちの母です。
そんな母も86歳・・・。^±^;
てくっぺ、お前より元気じゃんか!(゚Д゚)ノx±x
見習えよな!(゚Д゚)ノx±x。
20150726・御岳山2-24

見習わなくちゃいかんなあと思いつつ、明日に続きます。^±^;

テーマ : 東京都を散歩
ジャンル : 地域情報

御岳山へ行く1

2015年7月26日、東京の御岳山(みたけさん)へ行ってきました。^±^

この駐車場に車を置きました。
20150726・御岳山1-01

駐車場から少し歩くと・・・。
20150726・御岳山1-02

御岳登山鉄道(ケーブルカー)の滝本駅が見えます。
20150726・御岳山1-03

駐車場の出口に向かって歩いてます。
20150726・御岳山1-04

するとそこは、滝本駅です。
標高は407.4メートル。
滝本(たきもと)駅の切符売り場。
20150726・御岳山1-05

「ここがいいのだ!」って・・・^±^
その口癖なら、ニャロメでなく、バカボンのパパを出せばいいのに。^±^;
20150726・御岳山1-06

駅の待合室です。
20150726・御岳山1-07

ケーブルカーは、こちらの改札を入りますが、まだ到着してませんでした。
20150726・御岳山1-08

御岳山へは往復で1110円でした。
20150726・御岳山1-09

待合室には、お土産もあります。
20150726・御岳山1-10

さて、そうこうするうち、ケーブルカーが来ました。^±^ノ

ケーブルカーはすぐに発車しましたので、いきなり車内です。
20150726・御岳山1-11

ケーブルカーの中に、なぜか、ケーブルカーがつるされてました。
20150726・御岳山1-12

6分ほどで、御岳山駅に到着。
標高831メートル。
20150726・御岳山1-13

御岳山(みたけさん)駅です。
その下にリフトの看板ありますが、ここからさらに、レンゲショウマの咲き乱れる大展望台方面までリフトも走っているのです。
20150726・御岳山1-14

さて、ケーブルカーは駅に入りました。
20150726・御岳山1-15

御岳山駅です。
20150726・御岳山1-16

階段を登って改札へ。
20150726・御岳山1-17

御岳登山鉄道の駅のWIKIです(滝本駅、御岳山駅)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%B2%B3%E7%99%BB%E5%B1%B1%E9%89%84%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85

ここからは徒歩でレンゲショウマを見に行きます。
まずお出迎えしてくれたのが、ヤマユリですね。
府中の浅間山公園(せんげんやまこうえん)も咲いてましたが。
20150726・御岳山1-18・ヤマユリ

自然の中の道を歩いてます。
20150726・御岳山1-19

お目当ての、レンゲショウマです。
あまりたくさん咲いていませんでした。+±+
ざまあみろ!(゚Д゚)ノx±x
20150726・御岳山1-20・レンゲショウマ

さらに、バッタさんです。^±^
20150726・御岳山1-21

ソバナの花も咲いていました。
20150726・御岳山1-22・ソバナ

こちらは、キヌタソウですね。
20150726・御岳山1-23・キヌタソウ

頂上に到着。
少し休みましょう。^±^ノ
20150726・御岳山1-24

てなわけで、明日に続きます。^±^

あ、そうそう。お知らせです。^±^

西武園の花火の動画、2015年版ができました。^±^ノ
お暇でしたら、見てやってください。^±^

西武園花火2015

ではでは~。^±^ノ
 

テーマ : 東京都を散歩
ジャンル : 地域情報

秩父紅葉ドライブと飯能祭り3=関八州見晴台は雲の中

2014年11月2日、東郷神社の後は、奥武蔵の尾根道であるグリーンラインを通ります。
そして、「関八州見晴台」へ。^±^ノ

はっきり言って、こちらは雲の中でした。^±^;
20141102・飯能祭り3-01

関八州見晴台への登山道です。
20141102・飯能祭り3-02

この登山道は、御嶽神社よりもむしろ楽です。^±^;
20141102・飯能祭り3-03

靄(もや)の中の道は、幻想的です。^±^
20141102・飯能祭り3-04

早くも、もうそろそろ頂上です。
20141102・飯能祭り3-05

頂上も当然、雲の中です。孫悟空になった気分です。^±^ノ
20141102・飯能祭り3-06

モンキーマジックか!(゚Д゚)ノx±x
お前のブログなんか、所詮、お釈迦様の手のひらだぞ!(゚Д゚)ノx±x。

雲の中の景色も、なかなかオツなものですね。
20141102・飯能祭り3-07

ノハラアザミが咲いてました。
20141102・飯能祭り3-08・ノハラアザミ

そんなこんなで、山頂到着。^±^ノ
20141102・飯能祭り3-09

関八州見晴台。771.1メートル。^±^ノ
20141102・飯能祭り3-10

でも景色はというと・・・。^±^;
20141102・飯能祭り3-11

何しろ、雲の中ですから・・・。^±^;
20141102・飯能祭り3-12

標高が高いだけに、紅葉は結構色づいてましたがね。^±^;
20141102・飯能祭り3-13

関八州見晴台周辺の登山道です。
20141102・飯能祭り3-14

雲のわいている姿がわかりますでしょうか?^±^ノ
20141102・飯能祭り3-15

雲がかかる紅葉した樹木。
20141102・飯能祭り3-16

見晴らしの良い景色もいいですが、こういう雲の中の景色も好きです。
20141102・飯能祭り3-17

アキノキリンソウも咲いていました。
20141102・飯能祭り3-18・アキノキリンソウ

さて、名残惜しいですが、そろそろ山を降りましょう。^±^;
20141102・飯能祭り3-19

何だよ!もうみんな降りてるじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x

うちはというと、紅葉を撮影しながら、ゆっくりと。^±^
20141102・飯能祭り3-20

おいてきぼりをくらってるくせに、見栄を張るんじゃないよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20141102・飯能祭り3-21

まあ、駐車場はすぐなんですがね。^±^;
20141102・飯能祭り3-22

ヤクシソウですかね。隣の葉っぱは違う植物のようで紛らわしいのですが。
20141102・飯能祭り3-23

ドライブ最中のグリーンラインです。
幻想的な雲の中のドライブは続きます。
20141102・飯能祭り3-24

さて、関八州見晴台から、今度は秩父へと向かいます。

テーマ : 埼玉県を散歩
ジャンル : 地域情報

秩父紅葉ドライブと飯能祭り2=秩父御嶽神社(東郷公園)2

2014年11月2日に行った、「秩父御嶽神社(東郷公園)」の続きです。^±^

奥社がある山頂までの道ですが、直接登る場合、こんなに急な階段を登らなくちゃなりません。
20141102・飯能祭り2-01

うちらは、比較的緩やかな道で、回り道です。^±^;
20141102・飯能祭り2-02

とはいえ、この社を越えたあたりから・・・。
20141102・飯能祭り2-03

山頂に近づくにつれ、急になってきますがね。^±^;
20141102・飯能祭り2-04

途中咲いてるカントウヨメナが目を慰めてくれますが。^±^
20141102・飯能祭り2-05・カントウヨメナ

そしてようやく奥社です。
20141102・飯能祭り2-06

天気が良ければ、ここから「とうきょうスカイツリー」も見えるそうですが、今日はあいにくの天気。
20141102・飯能祭り2-07

「頂上本殿」と、看板にはありました。
20141102・飯能祭り2-08

こちらがその、頂上本殿です。^±^ノ
20141102・飯能祭り2-09

景色も良くなかったので、しばらく休んで、駐車場へ戻ります。
登りと違って、下りの早いことといったら・・・。^±^;
20141102・飯能祭り2-10

登りと違う道を歩きました。
下りはこの急な階段を少し利用しました。^±^…足元にご注意
20141102・飯能祭り2-11

さらに道を下って行きます。
20141102・飯能祭り2-12

今度は八海山神社に寄ってみましょう。^±^ノ
20141102・飯能祭り2-13

紅葉も、きれいなところはものすごくいい感じ。淡い紅葉色は、最盛期よりも美しかったりしてね。
20141102・飯能祭り2-14

八海山神社です。
でも特に印章がないです。^±^;
20141102・飯能祭り2-15

印章がないのかよ!(゚Д゚)ノx±x
宅急便を玄関先で待たせてるんじゃねえよっ!(゚Д゚)ノx±x。
「印象」だろうがよっ!(゚Д゚)ノx±x。…ア、シマッタ

少し歩くと、「弾痕の三笠丸」がありました。サムネイル版です。
20141102・飯能祭り2-16・中

日露戦争の際に使われた三笠丸ですが、東郷長官が乗ってました。
頑丈である三笠丸ですら、ロシアの集中砲火に遭い、この蜂の巣状態なのです。

こちらが三笠丸の弾痕です。
戦争は、つくづくいやなものと、考えさせられますよね。+±+
20141102・飯能祭り2-17

この甲板をドンと叩いてみましたが、ものすごく硬いものでしたよ。^±^
「壁ドン」かよ!(゚Д゚)ノx±x
お前なんか、一番鋭いところをたたいて、いっそのこと、手を切っちゃえよ!(゚Д゚)ノx±x。

さらに歩くと東郷公園のメインである、東郷元帥の銅像がありました。^±^
20141102・飯能祭り2-18

こちらの銅像は大正14年4月17日に作られたもののようです。サムネイル版です。
20141102・飯能祭り2-19・中

さらに、その下には乃木将軍の銅像もあります。
20141102・飯能祭り2-20

こちらは昭和4年11月24日に建立されたものです。サムネイル版です。
20141102・飯能祭り2-21・中

乃木のおっさんです。^±^ノ
20141102・飯能祭り2-22

将軍を「おっさん」呼ばわりかよ!(゚Д゚)ノx±x

堂々とした銅像です。
20141102・飯能祭り2-23

帰りに見つけた楓の紅葉。
きれいに色づいてました。^±^ノ
20141102・飯能祭り2-24

穴があいてるじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x。

で、このあとは、グリーンラインを通り、「関八州見晴台」へ。^±^ノ


あと、ここでリアルニュース。^±^ノ

錦織選手が、ATPツアー・ファイナルで、スペインのダビド・フェレール選手に逆転勝ちしましたね。
実は、カナダのミロシュ・ラオニッチ選手(ラオッチ選手とも)が怪我をして棄権したため、急遽予定変更。

でも、第1試合は捨て試合だったのかなあ。^±^;
実は見てなかったです。
どうしようもなくひどい試合展開なんで、途中から皆様にコメントを書いてました。
20141114。テニス1

ところが、運がいいのか悪いのか、FC2が障害でエラーになり、しょうがなくテニスを見に行ったら。
な、なんとなんと、逆転したじゃありませんか。^±^ノ
第1試合は4-6で負けたのですが、第2試合は6-4、第3試合は6-1と連取しました。
今回はありがとうです、FC2さん。^±^ノ
20141114。テニス2

フェレール選手は途中からイライラしてましたが、相手をイライラさせるようになったら、それはもう錦織選手が強い証拠です。

朝もテニスを見ました。^±^ノ
ロジャー・フェデラー選手が、1セットでもアンディ・マリー選手から取れば準決勝進出です。
まあ、2位ですが。^±^;…それも妥当ですね

5時40分、錦織選手の準決勝進出がすんなりと決まりました。^±^ノ
フェデラー選手の強いことといったら。^±^;
手がつけられません。
なんと、1セット目で6-0ですわ。^±^;
2セット目も、5-0からマレー選手が1ポイント取ったのが関の山。
あきれるくらい強いフェデラー選手が1位通過、錦織選手が2位で通過しまして準決勝へ行きます。
順当ですよね。^±^

テーマ : 埼玉県を散歩
ジャンル : 地域情報

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長