札所23番・松風山音楽寺

こちらは2014年9月13日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所23番・松風山音楽寺です。しょうふうざんおんがくじ。
ご利益は、歌上達祈願の寺です。^±^ノ←こいつには無理だ
由来は、平安時代の天長の頃(824年~833年)、円仁(後の慈覚大師)が小鹿坂観音堂を建立。
室町時代の応永19年(1412年)、田村の円福寺二世南岩天揚が荒廃した音楽寺を再興。後に音楽寺が札所であった観音堂の別当となりました。
現在の観音堂は江戸時代の正徳の頃(1711年~1716年)の建立だそうです。

音楽寺は、駐車場から少し歩きます。
20140913・札所4-01

途中、武甲山の景色も最高です。^±^ノ
20140913・札所4-02

不老庵というレストハウスもありますよ。
20140913・札所4-03

ここを過ぎると、いよいよ松風山音楽寺です。
20140913・札所4-04

二十三番目の石碑です。^±^
20140913・札所4-05

今回は総開帳で、境内も見られます。^±^ノ
20140913・札所4-06

この坂を上れば、お寺です。
20140913・札所4-07

音楽寺本堂です。
20140913・札所4-08

小坊主もいますね。^±^
また小坊主をからかうのかよ!(゚Д゚)ノx±x
20140913・札所4-09

あ、この小坊主には歯がないです。^±^;
20140913・札所4-10

でも良く見ると、塗りつぶされています。^±^;
お前が散々「歯が黄色い」とからかうからだぞ!(゚Д゚)ノx±x。
20140913・札所4-11

松風山音楽寺の案内板です。
サムネイル版です。
20140913・札所4-12・大

さらに、観音堂にも行ってみましょうか。^±^ノ
20140913・札所4-13

こちらは途中の稲荷大明神の赤い鳥居です。
20140913・札所4-14

観音堂の境内です。
20140913・札所4-15

六地蔵が並んでます。
20140913・札所4-16

これは鐘楼です。
20140913・札所4-17

そして本堂です。
20140913・札所4-18

あ、ここの小坊主は珍しく、歯が白いです。^±^ノ
20140913・札所4-19

と思って、よく見ると・・・。
白く塗られているだけで、ところどころ、黄色いです。^±^・・・歯石がたまってるなあ
意地悪なことばかり言うなあ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
20140913・札所4-20

音楽寺の札所の案内です。
サムネイル版です。
20140913・札所4-21・大

あ、そうだ、今日は親戚と待ち合わせでした。^±^;
札所巡りで遅くなってしまいました。+±+
20140913・札所4-22

これから群馬県の安中へ、急ぎます。^±^ノ

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20140913・札所4-23

20140913・札所4-24

音楽の みこえなりける 小鹿坂(おがさか)の しらべにかよう 峰のまつ風 
札所15-1

今年、2014年はご開帳。
こちらの散華です。^±^
20140913・札所4-00

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所22番←札所23番→札所24番

さて、次の札所はどこかな?^±^
スポンサーサイト

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所31番・鷲窟山観音院

こちらは2014年9月13日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所31番・鷲窟山観音院です。しゅうくつさんかんのんいん。
ご利益は、諸願成就祈願の寺(手助け仁王)です。^±^ノ←こいつには手助けしない
この寺の特徴ですが、山門に祀られた高さ4mの石造りの仁王様に迎えられ、標高差53m、距離は232m、296段の石段の参道を登ると本堂に至ります。
石段の途中には句碑が並び、秩父札所中難所の一つである労苦を和らげてくれます。奥の院は山です。
由縁は、750年頃、行基菩薩が本尊の聖観音像をつくりましたが、天慶3年の平将門の乱で本尊は行方不明となったそうです。
1200年ごろ畠山重忠が狩で当地を訪れた時に鷲の巣から本尊の聖観音像が見つかり、聖浄の滝のそばに観音堂を建てたといわれます。
なお長享2年(1488年)の秩父札所番付によると、当時は札所十六番で「鷲岩殿」と記されています。

ここのお寺は一番山深い場所かもしれません。
観音院に行く途中に、トンネルもあります。
20140913・札所3-01

また、「大竜寺源泉地」もあります。
鉱泉の源泉なんですよね。^±^
20140913・札所3-02

そして、その奥りに、札所31番の観音院があります。
サムネイル版です。
20140913・札所3-03・大

駐車場の隣に、観音堂もあります。
20140913・札所3-04

ここは売店なのに、生意気にも小坊主もいます。^±^;
20140913・札所3-05

別に生意気じゃないぞ!(゚Д゚)ノx±x。

では、山門をくぐって、お寺まで行ってみましょう。^±^ノ
20140913・札所3-06

観音院小坊主です。^±^;
20140913・札所3-07

こいつ、上の歯がないです。^±^:
20140913・札所3-08

こっちの小坊主の歯は黄色です。^±^;
なんと、お寺まで行くのに296段もの石段を登る必要があり、厳しいです。
般若心経276字、普回向20字にあやかって、296段です。^±^;
「お経を唱えながら登ってください」って・・・^±^;
サムネイル版です。^±^ノ
小坊主をサムネイルにしなくってもいいじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x。
20140913・札所3-09・中

というか!(゚Д゚)ノx±x
お前は小坊主ばっかり撮影して、寺には魂が入ってないな!(゚Д゚)ノx±x。

では、いよいよ山門をくぐります。^±^ノ
20140913・札所3-10

日本一の仁王尊が祭られてます。
よく見えないかもしれませんが、サムネイル版です。
20140913・札所3-11・中

杖もあります。
20140913・札所3-12

ここからが厳しい修行道です。
たぶん、秩父の33箇所で一番厳しいかもしれません。^±^;
20140913・札所3-13

「手助け仁王」の掌(てのひら)です。
サムネイル版です。
20140913・札所3-14・中

坂道はなかなかきついですが、周りのシュウカイドウの花が慰めてくれます。
20140913・札所3-15

シュウカイドウと、石段の道です。どんどん登っていきます。
20140913・札所3-16

途中、十二支霊場もあります。
20140913・札所3-17

ようやく石段の上に辿り着けました。
観音院の案内図があります。サムネイル版です。
20140913・札所3-18・大

ここに大きな鐘楼がありますが、どうやって運んだのか・・・。^±^;
20140913・札所3-19

そしてこちらが観音院本堂です。大きな岩の下に、くりぬかれたように建ってあります。
20140913・札所3-20

本堂の横には、滝もあります。
20140913・札所3-21

滝の真下から上を見上げてます。^±^
20140913・札所3-22

「聖浄の滝」といって、行者が水垢離をした滝です。^±^
20140913・札所3-23

滝の横に、「不動明王」も鎮座してます。
20140913・札所3-24

どうでもいいですが、小坊主もいます。^±^;
20140913・札所3-25

どうでもいいなら写真を写すなよな!(゚Д゚)ノx±x

山頂の小坊主の歯も黄色いです。^±^;
20140913・札所3-26

おまけに、これはなんでしょうね?^±^;
20140913・札所3-27

さて、納経所で、ご朱印をもらわなくっちゃ。^±^ノ印
20140913・札所3-28

毎度毎度、小坊主を馬鹿にしやがって!(゚Д゚)ーmx±x。~☆
お前に書くご朱印なんてないぞ!(゚Д゚)ノx±x
このばちあたりがっ!(゚Д゚)ノx±x。
20140913・札所3-29

そうそう、聖浄の滝ですが、虹が出ていましたよ。^±^ノ
20140913・札所3-30

霊験あらたかな場所ですよね。^±^
20140913・札所3-31

滝の虹を見たら、降りましょう。^±^ノ
20140913・札所3-32

下りもなかなかきついですが、シュウカイドウがきれいで・・・。^±^
20140913・札所3-33

ようやく、山門に辿り着きました。
20140913・札所3-34

なお、お寺からさらに奥の院に行くコースもありますが、それは機会があったら行ってみます。
ちょっとしたハイキングコースですがね。^±^;
今回はここまで。

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20140913・札所3-35

20140913・札所3-36

みやま路を かきわけ尋ね ゆきみれば 鷲(わし)のいわやに ひびく滝つせ 
札所23-1

今年、2014年はご開帳。
こちらの散華です。^±^
20140913・札所3-00

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所30番←札所31番→札所32番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所32番・般若山法性寺

こちらは2014年9月13日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所32番・般若山法性寺です。はんにゃさんほうしょうじ。
ご利益は、般若の智慧の寺・勝負事に強い(毘沙門様)だそうです。
特徴は、山門は、秩父札所では唯一の鐘楼門で、1階部分には仁王像が祀られており、2階部分が鐘楼になっています。
奥の院は船の形をした巨岩で、お船観音と呼ばれています。
由縁は、別当である法性寺は、眼応(1232年寂)によって創建され、宗察(1708年寂)が中興し、本堂には薬師如来が安置されています。
長享2年の札所番付では、秩父札所は三十三ヶ所であり、観音堂の後ろの岩窟が般若岩殿とよばれた十五番札所であったそうです。縁起では、行基菩薩が開山したと伝えられています。

法性寺には、何度か行ってますので、すぐに辿り着けました。^±^ノ
しかしこちらも、初めての方はわかりにくいかもしれません。
30番を超えるお寺は、どこも、国道を外れていて。しかもわかりにくい場所にあります。
20140913・札所2-01

シュウカイドウの花が咲いてました。
20140913・札所2-02・シュウカイドウ

札所からはいささか離れた場所ですが、森いっぱいに、シュウカイドウが咲いてます。
20140913・札所2-03

そしてこちらはハギの花です。^±^ノ
赤いハギ、白いハギが咲いていて、縁起いいです。^±^ノ
20140913・札所2-04・ハギ

途中、栗の実もありましたが、こちらの栗は大きいですね。^±^
20140913・札所2-05

さらにマンジュシャゲですね。^±^
20140913・札所2-06

ムクゲの花も咲いてましたよ。^±^
20140913・札所2-07・ムクゲ

それでは、32番へ行ってみましょう。
20140913・札所2-08

こちらには山もあり、今回は行きませんが、「亀ヶ岳」から見る景色もいいものです。
20140913・札所2-09

山はまた機会がありましたら、行ってみます。^±^ノ

こちら、法性寺の山門です。
20140913・札所2-10

では、入ってみましょうか。^±^ノ
20140913・札所2-11

こちらのお寺にも花が豊富に咲いていまして、「秋海棠(しゅうかいどう)の寺」という別名もあります。
「花浄土」とも呼ばれてますね。^±^ノ
20140913・札所2-12

山門には、仁王様がお待ちしてました。^±^;
阿吽の「阿」ですね。
20140913・札所2-13

阿吽の「吽」です。
20140913・札所2-14

この石段の上に、お寺があります。
20140913・札所2-15

30番以上の札所は、札所の間の距離もあり、おまけに石段も多く、なかなか修羅場です。
それでも山の上は、町のお寺と違って静寂そのものです。
20140913・札所2-16

本堂です。
20140913・札所2-17

イワタバコの花が、苔むした岩の上で咲いてました。
20140913・札所2-18・イワタバコ

奥の院は亀ヶ岳ですが、これはまた別の機会に。
20140913・札所2-19

今回は観音堂を見てみましょう。
20140913・札所2-20

お堂の様子です。今回は、ご開帳なので、中も見られますが、撮影は残念ながらできません。
神様がいらっしゃる場所ですからね。^±^ノ
20140913・札所2-21

ここまででも階段を登りつめるのですが、なかなか急で、くだりを見てもこのとおり。
20140913・札所2-22

足元に気をつけてさえいれば、別段危険ではないのですがね。^±^;

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20140913・札所2-23

20140913・札所2-24

ねがわくば 般若(はんにゃ)の舟に のりをえん いかなる罪も 浮かぶとぞきく 
札所24-1

今年、2014年はご開帳。
こちらの散華です。^±^
20140913・札所2-00

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所31番←札所32番→札所33番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所33番・延命山菊水寺

こちらは2014年9月13日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所33番・延命山菊水寺です。えんめいさんきくすいじ。
ご利益は、健康長寿の寺です。
由縁は、縁起では、奈良時代に八人峠に盗賊が出没し、往来の人たちを悩ませていた。ある時旅の僧(行基と伝えられている)が通りかかり、盗賊達に仏の道を説いたそうです。感動した盗賊達は麓の菊水と言う霊泉で身を清め、草庵(長福庵)を結び旅僧から与えられた聖観世音を奉安して仏道に励んだとされています。

札所33番は、ちょっとわかりにくいところにあります。^±^;
ナビがないと来づらい場所ですがね。^±^;

1時間も迷って、ようやく到着。
31番の案内板です。サムネイルです。
20140913・札所1-01・大

33番、菊水寺の案内板です。山の中の、細い道沿いにあります。
20140913・札所1-02

野菊の花が、よろよろと咲いてました(BY 野菊の墓)。
20140913・札所1-03

ヤブランの花ですね。^±^ノ
20140913・札所1-04

菊水寺です。
20140913・札所1-05

こちらが本堂ですね。
20140913・札所1-06

観音様です。
20140913・札所1-07

墓石もあります。
20140913・札所1-08

お前の目的はこの小坊主だろうが!(゚Д゚)ノx±x
どうせこれを見て、歯が黄色といいたいんだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。←図星
20140913・札所1-09

お手水場ですね。
20140913・札所1-10

あ、早速ご朱印をしてもらわなくっちゃ。^±^
20140913・札所1-11

こちらがお寺の産道です。
20140913・札所1-12

そうそう、今回は「総開帳」で、中まで見られますが、当然撮影はできません。+±+
20140913・札所1-13

木漏れ日がなんとも、気持ちがいいなあ。^±^
20140913・札所1-14

変な形の木です。
20140913・札所1-15

文化財案内です。サムネイル版です。
20140913・札所1-16・大

落ち着いたたたずまいのお寺でした。
20140913・札所1-17

そうそう、散華(さんげ)もいただきました。^±^ノΘ
20140913・札所1-18

ここは小鹿野町。
札所33番から一番近い町ですがね。^±^;
20140913・札所1-19

「小鹿野町」のバス停、ここが中心地化と思います。
20140913・札所1-20

町営バスも走っています。
20140913・札所1-21

ここにネオンがありますが、たぶん町で唯一の、屋上にあるネオンだと思います。^±^;
20140913・札所1-22

だからどうした!(゚Д゚)ノx±x
どうせネタが少ないから入れたんだろうがっ!(゚Д゚)ーmx±x。~☆

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20140913・札所1-23

20140913・札所1-24

春や夏 冬もさかりの 菊水寺 秋をながめに おくる年つき 
札所25-1

今年、2014年はご開帳。
こちらの散華です。^±^
20140913・札所1-00

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所32番←札所33番→札所34番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所27番・龍河山大淵寺

こちらは2014年2月22日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所27番・龍河山大淵寺です。りゅうがさんだいえんじ。
ご利益は、病気平癒・国家泰平祈願です。
歴史・由縁は、長享2年(1488年)の札所番付では、札所八番で「大圓菴」(だいえんあん)と記され、山の中腹にあったとされています。風景があまりにも清らかでうるわしいため「月影堂」と呼ばれていたそうです。
月影堂は、江戸時代末期に別当である大渕寺境内に移されました。大正8年(1919年)に本堂とともに焼失、本尊は再建された本堂に移されていましたが、観音堂は平成8年(1996年)に再建されました。

札所26番から、今度は27番へと進みます。
20140222・雪秩父札所27-01

遠くの武甲山が美しいですね。
しかし手前の雪は真っ白です。
20140222・雪秩父札所27-02

秩父27番の入口に到着。
20140222・雪秩父札所27-03

「影森用水」の説明版です。
サムネイル版です。クリックしてご覧下さい。
20140222・雪秩父札所27-04・中

影森用水は安政4年(1857)当時の上影森村名主関田宗太郎氏が、戸数82戸の同村に二箇所の井戸があるばかりで、飲料水その他に困っているのをみて、私財をもって、三輪谷より水路を通じて村内に給水したもので、これによって上下影森の人々の飲料水の便はもとより、作物を作るにも、非常な恩恵を受けました。
氏はさらに橋立川の水を疎水し、沿線の田畑に灌漑し、新田十六町の開墾を進め、それらの功が認められ、忍藩より苗字帯刀御免等の名誉を与えられました。

さて、札所27番へ向かいます。
20140222・雪秩父札所27-05

半分雪に埋もれた、大淵山の石像です。^±^
20140222・雪秩父札所27-06

雪は充分掻かれています。^±^ノ
20140222・雪秩父札所27-07

龍河山大淵寺の案内です。
こちらもサムネイル版です。
20140222・雪秩父札所27-08・中

本尊は聖観世音です。門前には影森用水路跡もあります。
その昔、行脚の僧宝明、諸国をめぐり、この地に霊境の多いにうたれ、春秋七年を過ごし思わぬ足の病となり行往坐臥してこれを愍たみ(いたみ)一体の観音を刻みて与えました。
宝明は悦び吾一人拝するはもったいなしと里人に伝え一宇の堂を建て本尊をまつり、宝明を第一祖にしたという縁起があります。

では、山門をくぐりましょう。
20140222・雪秩父札所27-09

山門から境内です。
20140222・雪秩父札所27-10

「縁は切るより結ぶもの」。^±^ノ…いい言葉だなあ
でも、お前との縁は切りたいぞ!(゚Д゚)ノx±x。
20140222・雪秩父札所27-11

境内の地図です。^±^ノ
サムネイル版です。クリックしてご覧下さい。
20140222・雪秩父札所27-12・中

観世音様です。
20140222・雪秩父札所27-13

さらに石段を登ってみましょう。^±^ノ
20140222・雪秩父札所27-14

月影堂ですね。
20140222・雪秩父札所27-15

月影堂は堂内撮影禁止ですので、ここまで。
20140222・雪秩父札所27-16

山の向こうに、護国観音が見えます。^±^…アリガタヤ
雪がなければすぐ近くまで行きたいのですがね。^±^;
道は月影堂までしか整備されてませんので、遠くから拝みます。
20140222・雪秩父札所27-17・護国観音

延命水の標識も、雪に埋もれてました。
20140222・雪秩父札所27-18

延命水の案内です。
こちらもサムネイル版です。
20140222・雪秩父札所27-19・中

延命水は自然の湧水で年間渇水することなくこの水を飲むと三十三ヶ月長生きをすると昔から言い伝えられ遠方から組に来る人もおります。
観世音菩薩お恵みの延命水と呼ばれています。

雪に埋もれた大淵寺です。^±^;
20140222・雪秩父札所27-20

お祈りし、身を清めてからご朱印をいただきます。
20140222・雪秩父札所27-21

そうそう、このお寺は、「秩父願い石巡礼」のお寺でもあります。
健康運・延命長寿の鷹目石(ホークアイ)が当該の祈願の石です。
これを集めて水晶で飾り、ブレスレットを作るらしいです。^±^ノ
いくら集めても、お前には「豚に真珠」だからな!(゚Д゚)ノx±x。
20140222・雪秩父札所27-22

なお、隣の28番札所であります橋立堂のご朱印も、雪のための閉鎖ということで、こちらでご朱印をいただけるのですが。
実際に行ってみないことにはご利益がありませんから、雪が解けたら再訪してみようかと思ってます。
また、今年2014年は3月1日から、「午歳総開帳」ですし。
「午歳総開帳」は12年に一度、特別なご縁ということで、厨子の扉を開きます。
午歳に総開帳が行われるのは、馬が観音様のご眷属(けんぞく)であるから、或いは秩父札所の開創が文暦元年(1234)甲午歳であるからともいわれてます。

そうそう。こちらのお寺でご朱印をいただいたとき・・・。
「大雪になってから初めての巡礼者です」といわれました。^±^ノ
だから、何!(゚Д゚)ノx±x。

しかし、地元の方のお蔭様で、お寺を巡る道普請がしっかりとして、感謝で一杯です。
雪かき、本当に大変だったでしょうね。
ありがたい心持で、巡礼の道を通らせていただきました。^±^ノ
感謝をこめて、秩父の方々、どうもありがとうございました。^±^

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20140222・雪秩父札所27-23

20140222・雪秩父札所27-24

夏山や しげきがもとの 露までも こころへだてぬ 月の影森(かげもり) 
札所19-1

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所26番←札所27番→札所28番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所26番・万松山円融寺

こちらは2014年2月22日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所26番・万松山円融寺です。ばんしょうざんえんゆうじ。
ご利益は、家内安全・商売繁盛祈願です。
この寺は、本堂と観音堂(岩井堂)が離れたところにあり、札所本尊の聖観世音像は本堂に安置されているそうです。
由縁ですが、長享2年(1488年)の札所番付では、「岩井堂」が札所六番でした。江戸時代になって円融寺が別当となったそうです。

まあ、薀蓄はここまでとして、前回の続き。「雪秩父旅ある記」は続きます。

影森の駅を降ります。^±^
その先は大雪で運行してないんだからしょうがないじゃないか!(゚Д゚)ノx±x
20140222・雪秩父札所26-01

したがって、すごすごと、影森駅を下車。
20140222・雪秩父札所26-02

駅前の広場にはたんと雪が積まれてました。^±^;
20140222・雪秩父札所26-03

駅を降りると、うーむ、秩父の街中よりドイヒー。+±+
武甲山はきれいですが。
20140222・雪秩父札所26-04

踏切を渡って、札所26番への道は、すんなりと行けましたがね。^±^;
行けたならいいじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
20140222・雪秩父札所26-05

札所26番だけでなく、27番にも行けそうです。^±^ノ…そんなに遠くないし
20140222・雪秩父札所26-06

民家はというと、未だに塀いっぱいの積雪。x±x…これはお気の毒に
20140222・雪秩父札所26-07

うちの背の高さほどのお寺の案内板もこのように、埋もれがちです。
20140222・雪秩父札所26-08

萬松山円融寺のポールも雪の中。
20140222・雪秩父札所26-09

ここからはお寺の細い道です。
20140222・雪秩父札所26-10

お寺への階段は、雪でスリップして危険です。
手すりにつかまって何とか。^±^;
20140222・雪秩父札所26-11

ホレ、下はこうですもん。^±^;…難儀だなあ
20140222・雪秩父札所26-12

案の定、本堂は閉まってました。+±+
こんな状態ですから、奥の院なんてとてもとても、行けるものではありません。x±x
20140222・雪秩父札所26-13

なにやら、看板があります。
20140222・雪秩父札所26-14

萬松山円融寺についてですね。
サムネイル版です。クリックしてご覧下さい。
20140222・雪秩父札所26-15・中

この札所の本尊は恵心僧都の作といわれる八寸七分の立像観世音で、現在は円融寺本堂に安置されてますが、かつては岩井堂に安置されていました。
その正面谷間に向けての舞台造りは、京都の清水寺を偲ばせます。
岩窟にはその昔、弘法大師三七日の秘法を修めたという護摩壇、仏国禅師の座禅石、秩父別当武基の玄孫、秩父太郎重弘、その子重能、重忠等の信仰も深かりし縁起もあります。

これは「石燕の納額・景清のろう破り一面」についての説明ですね。
こちらもサムネイル版ですのでクリックしてね。
20140222・雪秩父札所26-16・中

烏山石燕(1712~1788)は、江戸中期の狩野派の絵師で、絵を狩野周信・玉燕に学びましたが、その後、俳諧師・狂歌師など江戸の粋人と親交を結び、その影響から浮世絵師としても活躍した人物です。
納額の大きさは、縦86.5センチ、横58センチ、厚さ2.5センチ。
桧板三枚に歌舞伎の名場面の一つである「景清のろう破り」と雲上から見守る白衣観音を描いています。
牢格子や観音から発する光明に鉄材を用いて立体感を出すなど、工芸的な要素をもつ絵画です。

看板を見てたら、靴ごとズボッと雪庇(せっぴ)にはまってしまいました。+±+
いっそのこと、取れなくなっちまえ!(゚Д゚)ノx±x
20140222・雪秩父札所26-17

とても大きな岩がありますが、この下はどうなってるのでしょうかね。
20140222・雪秩父札所26-18

いつもの、歯の黄色い小坊主もいます。^±^;
20140222・雪秩父札所26-19

で、今回、この秩父札所に必ずいる、小坊主のキャラクターの名前を納経所の方に尋ねましたところ・・・。
「さあ、名前はついていませんね」。^±^;…ですって
何だ、名無し坊主か・・・。x±x
20140222・雪秩父札所26-20

じゃあ、うちが付けてあげよう・・・。^±^;…ウーム
「一休のふりした二級品の産休坊主!」^±^ノ
お前は有吉弘行さんか!(゚Д゚)ノx±x
それじゃ、バチが当たるだろうがっ!(゚Д゚)mx±x。~☆
第一、「産休」って何だよ!(゚Д゚)ーmx±x。~☆
育児休暇でも取ってるのかよ!(゚Д゚)ノx±x

とにかく、このユルキャラ、名前を募集しないのかねえ。^±^;
しないなら勝手に命名しますがね。^±^;
「さとぼう」くんなんてどうでしょう?^±^ノ
本名、秩父悟(ちちぶさとる)。13歳ですね。通称、里坊くん。
秩父の里で悟りを開く小坊主、ということで。^±^…ワレナガライイナマエダナ
「一休さんに頓知を強制的に教わり、大人をへこませるほどの知恵者ではあるが、一方では小生意気だと嫌われてる」でおなじみの。
嘉門達夫さんが笑福亭鶴光師匠から破門を受けた同日に、和尚さんをへこましたために怒った和尚さんから破門を受けた、でおなじみの。
それじゃあ、和尚もケツの穴が小さかろうがよっ!(゚Д゚)ノx±x

ちなみにこのお寺の地蔵さんには名前があって「太郎君」というらしいですがね。^±^;

そうそう、先に降った大雪の、その重みで、屋根瓦が落ちてしまった惨状が。
20140222・雪秩父札所26-21

いかに雪の量がものすごかったかってことがわかりますね。x±x
20140222・雪秩父札所26-22

2月14日から2月15日に山梨県や東京の奥多摩、埼玉の秩父、西群馬などに降らせた大雪で、場所によっては集落が孤立し、大変な惨劇でした。
わが町所沢ですら、40センチを越えた大雪が降りましたからね。
2月21日に、芦ヶ久保から横瀬間が不通となっていた西武秩父線がようやく西武秩父まで全通しましたが、うちが訪れた日の2月22日はまだ秩父鉄道は影森から先は不通で、浦山口駅に行くことも断念したほどでした。
実際に行ってみると、あちらこちらで屋根が落ちてたり、瓦が落ちたりと被害は相当でした。
被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。v±v

だけどな!(゚Д゚)ノx±x
お前、こんな状況で、よく小坊主の歯が黄色いだなんて悪口が言えるな!(゚Д゚)ノx±x
しょうがないじゃんか!(゚Д゚)ーmx±x。~☆
買出しにも行けなかったんだからよっ!(゚Д゚)ノx±x…でも小坊主の歯は常に黄色いよ~
「小坊主の歯が常に黄色」ってことで、結局こいつは「ものぐさ坊主」なんですな。^±^;
それが余計だって言うんだよ!(゚Д゚)ノx±x

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20140222・雪秩父札所26-23

20140222・雪秩父札所26-24

尋ね入り むすぶ清水の 岩井堂 こころの垢を すすがぬはなし 
札所18-1

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所25番←札所26番→札所27番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所12番・仏道山野坂寺

こちらは2013年3月17日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所12番・仏道山野坂寺です。ぶつどうさんのさかじ。
ご利益は、洗心・仏像の寺です。
特徴としましては、1年中何かの花が咲いている花の寺です。境内はきれいに整備され、本堂裏は庭園になっており、滝が流れ落ち池もあります。
由来は、室町時代中期(1450年から1470年)頃、現在の本堂の裏山の中腹に観音堂(野坂堂)が建てられました。長亨2年(1488年)の札所番付によると、野坂堂は五番であったそうです。
一方、慶安4年(1651年)に甲州商人新井十兵衛が、いまの野坂公会堂のところにあった荒廃した寺跡に野坂寺を建てました。
寛保元年(1741年)、現在地に野坂寺を移し野坂堂と合併したということです。

野坂寺に到着しました。
向こうに見えるのが西武秩父線です。
20130317・秩父1-01

しかし、今は鉄道よりも、ギブミーご朱印です。^±^ノ印
ちゃっかりしてるな!(゚Д゚)ノx±x
20130317・秩父1-02

駐車場に、お地蔵様が祀られております。
20130317・秩父1-03

それではお参りしましょうか。^±^
20130317・秩父1-04

階段を登り・・・。
20130317・秩父1-05

山門をくぐります。
20130317・秩父1-06

十牛観音があります。怪力柳生の牛といわれてます。
20130317・秩父1-07

十王様が鎮座まします。
20130317・秩父1-08

そしてさらに境内を歩くと六地蔵がありますが。
20130317・秩父1-09

あらら。一体だけ、そっぽを向いてますね。
20130317・秩父1-10

こちらは手招きしてるのもいます。
20130317・秩父1-11

もっと中に入ってみましょう。
20130317・秩父1-12

こちらが本堂です。
何か物足りないと思ったら、小坊主がいません。^±^;
20130317・秩父1-13

納経所にも、小坊主がいません。したがって、マスコットキャラクターの名前がわかりませんでした。
いなけりゃいないで、別にいいや。^±^
本当は淋しいくせに!(゚Д゚)ノx±x
まあ、こっちこそ、お前が静かでいいや!(゚Д゚)ノx±x
黄色い歯をからかおうとしたのに、残念だったな!(゚Д゚)ノx±x
20130317・秩父1-14

早速、ご朱印をいただいてます。
20130317・秩父1-15

なお、このお寺の裏には墓地がありました。
20130317・秩父1-16

ありがたいお寺でありがたきものをいただきまして。
20130317・秩父1-17

ありがたい思いで、お寺を後にします。^±^ノ
20130317・秩父1-18

こちらがいただいたご朱印です。
20130317・秩父1-19

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20130317・秩父1-20・原寸

老(おい)の身に くるしきものは 野坂寺 今おもひしれ 後乃よのみち
札所9-1

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所11番←札所12番→札所13番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所30番・瑞龍山法雲寺

こちらは2012年12月9日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所30番・瑞龍山法雲寺です。ずいりゅうさんほううんじ。
ご利益は、安産祈願の寺です。
特徴としましては、山の斜面を巧みに活かし、沢水を引き込んだ池のある美しく整備された浄土庭園です。
由縁は、長享2年(1488年)の秩父札所番付では、札所十番で「深谷寺」と記されています。
15世紀に創建された法雲寺が、江戸時代に深谷寺の管理権を得て観音堂を建立し、札所本尊を本尊としたそうです。
また、本尊の如意輪観世音は、元応元年(1319年)建長寺の道隠禅師が唐より奉持したと伝えられています。
そして唐の玄宗皇帝が、楊貴妃の菩提を弔うため自ら彫刻し、不空三蔵が開眼したといわれてます。

お寺の境内の駐車場に車を止めます。
20121209・秩父10-01

大きな石灯籠が目印です。
20121209・秩父10-02

駐車場の案内板です。^±^
20121209・秩父10-03

ここから少し歩き、階段を登り、巡礼が始まります。^±^ノ
20121209・秩父10-04

もっとも徒歩の方は、白久駅から延々と1キロ、ここまで歩くのですが。^±^;
お前も歩けや!(゚Д゚)ノx±x
20121209・秩父10-05

途中、「人形一座」と書かれた石碑があります。
「農にかへりぬ 花のはて 浩之介」とありました。
これは地元の白久串人形についての石碑と思います。^±^
20121209・秩父10-06

この階段を登れば、いよいよ瑞龍山法雲寺です。
20121209・秩父10-07

札所30番の案内板です。
こちらはサムネイル版です。
20121209・秩父10-08・大

境内は庭園風です。^±^
これは新緑、紅葉の季節に、もってこいかもしれませんね。
20121209・秩父10-09

途中、納経所への小径が分岐してますが、まずお祈りしましょう。
20121209・秩父10-10

こちらの大きな石灯籠の上がお堂です。
20121209・秩父10-11

足もと、注意されたし。^±^ノ
お前はつまづけ!(゚Д゚)ノx±x…意地悪いわないでよ~
20121209・秩父10-12

途中に、延命十句観音経があります。
20121209・秩父10-13

池は寒さで氷が張ってました。+±+
20121209・秩父10-14

こちらが法雲寺です。^±^ノ
20121209・秩父10-15

小坊主もいます。^±^;
こんな山の中でも、歯が黄色いです。^±^;
山の中とか、関係ないぞ!(゚Д゚)ノx±x
むしろ、山の中には店がないから、歯磨き粉を買えないんだぞ!(゚Д゚)ノx±x
したがって、街の寺の小坊主よりも歯が黄色くなるはずだぞ!(゚Д゚)ノx±x…どんな理論だよ~
つうか、いまどき店もないところなんてないってば。^±^ ボソッ
こいつ!(゚Д゚)ノx±x
小坊主は張りぼてで歩けないんだぞ!(゚Д゚)ノx±x
ご住職に歯磨き粉を買ってもらうしかないだろうがよ!(゚Д゚)ノx±x
ご住職だって、遠路はるばる、お店まで行って・・・。(゚Д゚)ノx±x
こんな小坊主のために、歯磨き粉を買ってやる余裕なんてないぞ!(゚Д゚)ノx±x
自分の買出しで精一杯じゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x
第一、面倒くさいじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x…ア、ソウカ ←どこの寺でも面倒だと思うが
20121209・秩父10-16

頂上に着いて、奥秩父の山の景色をどうぞ。^±^ノ
20121209・秩父10-17

そうだ、お参りをしなくっちゃ。^±^;
20121209・秩父10-18

銅鑼も鳴らさなくっちゃ。^±^ノT◎ ガランガラン
20121209・秩父10-19

うるせえぞ!(゚Д゚)ノx±x
20121209・秩父10-20

さて、ひとしきりお参りをしたら、ご朱印帳を持って、と・・・。
20121209・秩父10-21

納経所へと急ぎます。^±^ノ印
20121209・秩父10-22

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20121209・秩父10-23

20121209・秩父10-24

一心に 南無観音(なむかんのん)と 唱うれば 慈悲(じひ)ふか谷の 誓いたのもし 
札所22-1

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所29番←札所30番→札所31番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所22番・華台山童子堂

こちらは2012年12月9日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所22番・華台山童子堂です。かたいさんどうじどう。
ご利益は、子どもの健康祈願の寺です。
由来ですが、寺伝によると大同2年(807年)に伊予親王の菩提を弔うために、遍照僧正が領主に命じて清水山に堂宇を建立させ、本尊を安置したそうです。
その後、延喜15年(915年)に府坂に移し、子供の間で流行っていた天然痘の平癒を観世音に祈願したところ病が治まり、それ以来子供の病の治癒を観世音に祈って救われるようになったため童子堂と呼ばれるようになりました。
明治43年(1910年)に府坂から現在地に移されました。
童子堂の別当が、永福寺(旧寺名は栄福寺)です。

こちらにも六地蔵があります。前回の21番でもありましたが。
20121209・秩父08-01

華台山童子堂です。
20121209・秩父08-02

山門に、仁王様の阿吽像があります。外から向かって右側ですが。
20121209・秩父08-03

阿吽の「阿」です。
20121209・秩父08-04

そして左側の仁王様は・・・。
20121209・秩父08-05

阿吽の「吽」です。
20121209・秩父08-06

山門の天井に、奉納、阿吽額とありました。
20121209・秩父08-07

山門から境内を写しました。^±^ノ
20121209・秩父08-08

童子堂の境内に入ります。^±^ノ
20121209・秩父08-09

ほかには、とげぬき地蔵尊があります。
20121209・秩父08-10

そして、奥には身代わり地蔵尊も。
20121209・秩父08-10-11・P

童子堂本堂です。
20121209・秩父08-11

小坊主ももちろんいますよ。
20121209・秩父08-12

お参りしたらいよいよ納経所へ。
20121209・秩父08-13

歯の黄色い小坊主が案内します。^±^
いちいちひっかかるなあ!(゚Д゚)ノx±x
その情報は聞き飽きたぞ!(゚Д゚)ノx±x…だってお約束だもん
誰も約束なんてしてないぞ!(゚Д゚)ノx±x
今まで20回巡礼したうち、15回は小坊主の歯の話をしてるぞ!(゚Д゚)ノx±x
20121209・秩父08-14

お堂の一角にはなにやらの額がありまして。
20121209・秩父08-15

こちらはサムネイル版です。
讃岐人化犬。
「その昔、讃岐の国に大変欲張りな長者あり、旅の僧来りて物乞いしが少しも恵む事なく僧の怒りにふれ、長者の息子、犬と化し、童子堂にて祈願しせおり、忽ち元の姿に戻り、其の後長者は永福寺の熱心な信者となれり」。
20121209・秩父08-16・大

お前も犬にされちまえよ!(゚Д゚)ノx±x
・・・っつーか!(゚Д゚)ノ ^±^;
恵んでくれないからって長者の息子を犬にしちゃうのかよ!(゚Д゚)ノx±x
逆切れもいいところじゃねえかよ!(゚Д゚)ノx±x
息子もとんだとばっちりだよな!(゚Д゚)ノx±x
さらに、其の後長者は永福寺の熱心な長者っていっても!(゚Д゚)ノx±x
息子を犬にされるのが怖いからって!(゚Д゚)ノx±x
マインドコントロールされてるだけじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x

ついでにいえば、犬にされたのに、肉球もないや。^±^;

こちらもサムネイル版です。
総開帳など、色々な札があります。^±^ノ
20121209・秩父08-17・中

そして、帰りがけにこういうお店が。
20121209・秩父08-16-17

キャッツアイですがね。^±^;
♪見つめるキャッツ・アイ~・・・φ^±^ノ
メジャーなのはこの歌でしたがね。^±^;
でも、うちが声高に紹介したいのは、マイナーなほうのキャッツ・アイ・・・。^±^
二人組の女の子で、エロいピンクレディーとも言われてました。^±^;
「アバンチュール」、「めっきり冷たくなりました」、「導火線」・・・。
ほとんど鳴かず飛ばずでしたがね。^±^;
メンバーは、ノンさんとナナさんでした。^±^ノ
ノンさんが失踪して、活動停止したことは未だに記憶にあるんですよね。+±+

このネコちゃん、かわいい。^±^
20121209・秩父08-17-18

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20121209・秩父08-18

20121209・秩父08-19

極楽を ここで見つけて わらう堂 後の世までも たのもしきかな 
札所14-1

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所21番←札所22番→札所23番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

札所21番・要光山観音寺

こちらは2012年12月9日に巡礼しました。^±^ノ

今回は、札所21番・要光山観音寺です。ようこうざんかんのんじ。
ご利益は、火伏せの観音です。
由来は、長享2年(1488年)の 札所番付では、札所十九番で「谷ノ堂」と記され、江戸時代の書物では「矢ノ堂」となっており、別当が観音寺と記されています。
江戸時代末期までは、現在地の背後の長尾根丘陵にあったとされています。

札所の前に渋い看板があったので1枚(サムネイル版です)。^±^ノ回ノ カシャッ
20121209・秩父07-01・中
よく見りゃ、ロボコンじゃないッスか。^±^;
ロビンちゃん、似てないし。^±^;
ガンツ先生もいるなあ。^±^;

♪ガンツだぜ!!ロボット教師~、ガンツだぜ!!ヤカンで焼き芋・・・、
ガンツだぜ!!0点ロボ根性、ロビンはいい子ぶって媚売ってGO・・・φ^±^ノ
「ガッツだぜ!!」の替え歌かよっ!(゚Д゚)ノx±x
たしかにロボコンにはなあ!(゚Д゚)ノx±x
焼芋を売ってるヤカンロボットがいたけどなあ!(゚Д゚)ノx±x…ロボプーだぉね
さらに焼酎まで蒸留してたけどなあ!(゚Д゚)ノx±x…詳しいなあ
そこは「酸いも甘いも」だろうがっ!(゚Д゚)ノx±x
そもそも、ウルフルズ、既に軽く懐かしいじゃんか!(゚Д゚)ノx±x

青空もきれいだったので、また1枚。^±^ノ回ノ カシャッ
20121209・秩父07-01-02・P

こちらは要光山観音寺です。お寺の規模は小さいです。^±^;
小さくて凡庸です。^±^;…ぼんようって
大きなお世話だぞ!(゚Д゚)ノx±x
そういうお前は煩悩だらけじゃんか!(゚Д゚)ノx±x…ぼんのうって
20121209・秩父07-02

こちらがお寺です。パナソニックのルミックスで1枚。
20121209・秩父07-03

そしてキャノンのパワーショットでも1枚。
20121209・秩父07-03-04・P

どちらの写真もいいですね。これでも、ルミックスは35000円、パワーショットは13000円で同じ頃に購入したんですが、引けをとらないでしょう。
むしろパワーショットの方が明るいとも。^±^ノ

境内に六地蔵もあります。
20121209・秩父07-04

ここで、六地蔵の由来です。
天上、人間、修羅、餓鬼、畜生、地獄の六道を巡り苦しむ人を導く地蔵信仰のことなんですよね。
WIKIによると、
日本では、地蔵菩薩の像を6体並べて祀った六地蔵像が各地で見られる。これは、仏教の六道輪廻の思想(全ての生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返すとする)に基づき、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものである。六地蔵の個々の名称については一定していない。地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道の順に檀陀(だんだ)地蔵、宝珠地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、除蓋障(じょがいしょう)地蔵、日光地蔵と称する場合と、それぞれを金剛願地蔵、金剛宝地蔵、金剛悲地蔵、金剛幢地蔵、放光王地蔵、預天賀地蔵と称する場合が多いが、文献によっては以上のいずれとも異なる名称を挙げている物もある。像容は合掌のほか、蓮華、錫杖、香炉、幢、数珠、宝珠などを持物とするが、持物と呼称は必ずしも統一されていない。
日本では、六地蔵像は墓地の入口などにしばしば祀られている。中尊寺金色堂には、藤原清衡・基衡・秀衡の遺骸を納めた3つの仏壇のそれぞれに6体の地蔵像が安置されているが、各像の姿はほとんど同一である。
・・・とありますね。^±^ノ
札所の張りぼての小坊主の歯が黄色いと言ってるお前は救わないぞ!(゚Д゚)ノx±x

江戸巡礼古道標識もあります(ルミックス)。
20121209・秩父07-05

江戸巡礼古道と、向こうに観音寺(パワーショット)。
20121209・秩父07-05-06・P

こじんまりとしたお寺です。^±^ノ
さっきは小さくて凡庸って言ったくせに!(゚Д゚)ノx±x…それなりに味があるんだぉ~
20121209・秩父07-06

背の高い2本の木がトレードマークです。
20121209・秩父07-07

納経所でご朱印をいただきます。
あ、こちらルミックスです。
20121209・秩父07-08

こちらがパワーショットですね。
なんでいちいち2枚も撮るんだよ!(゚Д゚)ノx±x…だってネタがないんだもん
いくらネタがないからとて、がさつだぞ!(゚Д゚)ノx±x…そんなに粗野かなあ
20121209・秩父07-08-09・P

あ、お約束の小坊主もいますよ。^±^
うわうわ、写真が青くなって歯が黄色いのがうまく確認できないなあ。+±+
ざまあみろ!(゚Д゚)ノx±x
いちいち重箱の隅をつつくような指摘をするんじゃねえよ!(゚Д゚)ノx±x
しかも、札所のたびに、毎回毎回!!(゚Д゚)ノx±x
六地蔵も救わないかんな!(゚Д゚)ノx±x
20121209・秩父07-09

そんなこんなで、重箱の隅をつついたあとは・・・。^±^
次の札所へ向かいますか。^±^ノ
20121209・秩父07-09-10・P

ご朱印、いただきました。^±^ノ
20121209・秩父07-10

20121209・秩父07-11

あづさ弓 射る矢の堂に 詣できて 願いし法(のり)に あたる嬉しさ
札所13-1

秩父札所めぐりサイトWIKIです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A9%E7%88%B6%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%89%80

札所20番←札所21番→札所22番

さて、次の札所はどこかな?^±^

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    アクセスカウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。

    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)
    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長