お知らせ・このブログはパソコンが戻るまで休止しています

申し訳ありません。

パソコン、またまたクラッシュしました。x±x。

前触れはありました。
元々性能が悪いパソコン、Edgeが推奨というのに、入れても時折フリーズして、役立たず。
その後、IEに戻したのですが、IME辞書がいつの間にかきかなくなって、次第にそれさえも、遅くなっていくのでした。
そして、あまりにも遅いので強制終了したのが最後、立ち上げても、GATEWAYのロゴマークが出たきり。
二度と立ち上がることはありませんでした。

立て!立つんだジョー!!(゚Д゚)ノx±x。

丹下段平のおっちゃんが、いくら檄を飛ばそうが、うんともすんとも言わず。

そうです、パソコンは白い灰になったのでした。^±^;

リングの隅っこで、両手をだらーんと下げて。(゚Д゚)ノx±x
しまいにゃ、微動だにしなくなったのかよ!(゚Д゚)ノx±x。
てか、こんな不良品、本当に灰にしてやろうか!!(゚Д゚)ノx±x。

しかし、今まで買ったパソコンの中で、このパソコン、最悪です。^±^;

ウインドーズ2000でも、まだましです。^±^;

しかも、今度という今度は致命的で、リカバリもできず。x±x。
というわけで、パソコンは長期入院となりました。^±^;
今年の2月22日に買ったパソコンでしたが、早くも8月24日に壊れました。
こんなにひどいパソコンはないぞ!!(゚Д゚)ノx±x。
ゲートウェイとエイサーのパソコン、ひどすぎるぜ!(゚Д゚)ノx±x。・・・もう買わないよ~
これを騙して取扱った店のものも、もう二度と買わないですわ!(゚Д゚)ノx±x

だったらさっさと日本製に買換えろよなっ!(゚Д゚)ノx±x。

てか、マイクロソフトも悪いですよ。
問題山積だというのに、Edgeを推奨して、それも欠陥だらけですから。
早く治しやがれっ!!(゚Д゚)ノx±x。
もうマイクロソフト社も駄目だな!地に落ちたわ!!(゚Д゚)ノx±x。

というわけですから、基本的にはパソコンが戻り、そのあと、使えるようになるまで、こちらには来られません。
したがいまして、コメントをいただいてもお返しできません。
申し訳ありませんが、ご了承ください。

=======

パソコンは9月23日に無事戻ってきましたが、リカバリー状態で、まだ復帰には時間がかかりそうです。
まっさらに近い状態で、ローカル路線バスの旅のコラムを書きました。
10月初旬までには元に戻したいと思っています。^±^;

で、うちのクサガメの「てく」が、最近、毎日、ブクブク、水中で空気を吐いています。
昔から空気を吐くことはありまして、この状態を「ボワン」と言ってましたが。
ここ数日、ボワンが激しいです。^±^;
保安官ならぬ、「ボワン官」です。^±^;
おまけに直後、空気がかなり臭くなります。^±^;・・・それも昔からですが
 
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

諸国譚漫画民話考・酒買い女房

父の漫画、「諸国譚漫画民話考(しょこくばなしまんがみんわこう)」です。

今日は「酒買い女房」です。

20140607・父漫画09-01

20140607・父漫画09-02

20140607・父漫画09-03

20140607・父漫画09-04

20140607・父漫画09-05

こちらは、東京都千住の宿場のお話でした。

続きはまた明日。^±^ノ

目次
酒買い女房(後半)
富坂縁起 もみじにされた女

テーマ : まんが
ジャンル : 本・雑誌

リオパラリンピック、結果だけですが

パソコンが修理中であったため、リオパラリンピック、結果だけです。

金メダルがないのは残念でしたが、もっと放送しろよ、と言いたいです。
特に民放はひどいですね。

金0個

銀10個

柔道(男子60kg級)=広瀬誠選手
ボッチャ(混合団体)=木谷隆行選手、藤井友里子選手、杉村英孝選手、廣瀬隆喜選手
水泳(男子50m自由形)=木村敬一選手
陸上競技(男子400m)=佐藤友祈選手
自転車(ロード男子タイムトライアル)=藤田征樹選手
自転車( ロード女子タイムトライアル )=鹿沼由理恵選手
水泳(男子100mバタフライ)=木村敬一選手
陸上競技(男子1500m)=佐藤友祈選手
陸上競技(男子走幅跳)=山本篤選手
陸上競技(女子マラソン)=道下美里選手

銅14個

柔道(男子66kg級)=藤本聰選手
水泳(男子背泳ぎ)=津川拓也選手
柔道(女子57kg級)=広瀬順子選手
柔道(男子100kg超級)=正木健人選手
陸上競技(男子4×100mリレー)=山本篤選手、多川知希選手、芦田創選手、佐藤圭太選手
水泳(男子100m平泳ぎ)=木村敬一選手
水泳(男子50m自由形)=山田拓朗選手
車いすテニス(女子シングルス)=上地結衣選手
陸上競技(女子400m)=辻沙絵選手
車いすテニス(男子ダブルス)=国枝慎吾選手、斎田悟司選手
水泳(男子100m自由形)=木村敬一選手
水泳(男子200m個人メドレー)=中島啓智選手
ウィルチェアーラグビー(混合オープン)=池透暢選手、池崎大輔選手、今井友明選手、官野一彦選手、岸光太郎選手、島川慎一選手、庄子健選手、仲里進選手、乗松聖矢選手、羽賀理之選手、山口貴久選手、若山英史選手
陸上競技(男子マラソン)=岡村正広選手


特に印象深かったのは、女子車いすテニスの上地選手と、陸上の辻選手ですね。
それまでの苦労が報われたうれし涙が、特に印象的でした。^±^
しかし、世界のパラリンピックは急激に強くなったですね。
金メダル1つは欲しかったですね。+±+
お前がもらうんじゃないかんな!(゚Д゚)ノx±x。


以上、パラリンピックでした。^±^
 

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第24弾、山口県錦帯橋~京都府天橋立

今回は、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第24弾です。
2016年9月24日、放送でやっていました。^±^
今回は、山口県錦帯橋から京都府天橋立までの経路です。

1日目。

旅の始まりは山口県岩国市の錦帯橋。
いつもの蛭子能収(えびすよしかず)さんと太川陽介(たがわようすけ)さん、デコボココンビが登場。
蛭子さんは今年で69歳にんあったとか。
太川「今年、いくつになったの?」
蛭子「69、シックスナインですよ」
ついでに、太川さんも蛭子さんも、いのしし年生まれというのも発覚。
マドンナは熊切あさ美くまきりあさみ)さん。
当然、蛭子さんは、いきなり失礼の洗礼。^±^;
出てきた途端の発言が、
蛭子「すごい懐かしい」
熊切「え? 懐かしい? そんなこと言わないでください~」
午前9時、錦帯橋から5キロ先の岩国駅行きのバスに乗ります。
目標は福山まで。
岩国駅からは和木駅方面に行くことにします。
ところが、人と話しかけている間にバスが行ってしまいます。いきなりの出鼻をくじくもたつきで、30分待って次のバスを待ちます。
さらに、待っている客から和木駅に行ったらそのあとのバスがないと言われ、迷っている間にバスが来てしまったのでしょうがなく乗り込みます。
和木駅からは案の定バスがなく、大竹までのっけから炎天下の中を歩くことになります。
途中、「ぐるりんバス」に乗れば、大竹駅を乗り継いで廿日市までは行くことができるという情報をもらい、そのバスに乗るのにはどうすればいいか、店で聞いている途中で、タイミング悪く、ぐるりんバスが目の前で走り去ります。
初日から、連続で同じミスでバスを逃す一行・・・。
しょうがないので大竹駅まで45分、歩きます。
大竹駅からは玖波駅行きに乗ります。大竹駅到着が11時5分、11時20分にバスが来て、今度はグッドタイミング。
バスの中で、熊切さんは婚活パーティーmのMCなどをしているといいます。
蛭子さんはここでも男運が悪いなどとまた暴言。^±^;
玖波駅からは13時3分発の大野庁舎行きまでバスがありません。
1日に1本しかない宮島口行きのバスが10分前に発車してしまい、これがもしも最初のバスを外さなかったら、もしくは、途中でバスに乗れていたら、と思えばこれまた大きなロスはゆるぎないようで。
失敗はどうしようもないということで、気を取り直してここで昼食。
バスの中で熊切さんが朝っぱらから次の昼ご飯は「お好み焼きが食べたい」と言っていた矢先、「お好み焼き屋」があったので、そこに入ることに。
玖波は、2年前の取材でもこの町に立ち寄っていて、入った店の近所に立ち寄りの場所があるというので、あいさつをすることに。
太川さんが「2年前、忘れるねえ」といえば、蛭子さんは「2日前も忘れる」らしい・・・、「今を生きる」ときっぱり。
玖波駅からは宮島口駅を通過して「広電阿品駅」へ、さらに乗り継ぎ、「阿品台北」、広電バスセンターと、細かく乗り継ぎます。
阿品台北には近所が公園があって、蛭子さんは鉄棒に挑戦。
しかし、逆上がりはできず、ようやく前回りをしたとたん、
蛭子「ああ、目が回った、すごい目が回った」。
ナレーションのキートン山田さん、すかさず、
キートン「蛭子さん、もう年なんだから」
と、意地悪なナレーション。^±^;・・・意地悪いなあ
広電バスセンターからは、一路北へとるか、もうしばらく瀬戸内海を東進するか迷いが生じたものの、広電バスセンターから吉田で乗り換えて三次まで行くルートはどうしても吉田止まりになることと、案内所のおすすめで東進し、竹原方面まで行くことにしましたが、バスを待つ間通過する吉田行きに、太川さんは後ろ髪を引かれる思いでした。
一行は西条行きの乗り込みます。
バスの中で、ライト付きの眼鏡式ルーペを熊切さんがかけていると、
蛭子「あ、そばかすが見える!」^±^;
熊切「そばかすじゃない、シミでしょ、失礼~、腹立つ~」
蛭子「あ、シミだシミだ」
熊切「(眼鏡は)二度とかけない~!」
(どうもルーペは顔をも拡大するようで・・・。^±^;)
(かけてる人の細かいシミやそばかすがばれるようです。^±^ノ)
(お前も十分失礼だぞ!(゚Д゚)ノx±x。)
さて、この日は、バスセンターの案内通り、西条からさらに先の竹原まで行って終了。
竹原では翌朝の三原行きのバスの乗り場と時刻もわかり、今日はここまで。
例によって宿泊もアポなしで、こちらもすんなりとOK。
レストランは21時がラストオーダーだったので、牛(ぎゅう)を予約をしておき、部屋で着替え。
いつも通りのお約束で、蛭子さんの部屋で、太川さんが布団を荒らすと、熊切さんも荒らします。
「油断もすきもないなあ」という蛭子さんも、いつものパターン。^±^;
1日目からハプニング続出。
馬が合うのか、「1日目はバスに負けた」と異口同音に言う蛭子さんと熊切さんに、太川さんが、
太川「蛭子さんが二人いるようだ」。

2日目。

朝一番のバスで、三原駅へ。
三原からは7時47分発の「登山口」行きに乗り、そこから尾道へ。
2年前も逆ルートでここを通りましたが、なんと、偶然にも、2年前と同じ乗客と一緒になります。
尾道駅からは福山駅行きに乗って8時40分に到着。9時発の路線バスがあるのでその間何をしようかということになり、入ったのがなんと近くの「尾道ラーメン」のお店。
今度も熊切さんのバスの中での、たっての願いでした。^±^:
福山からも日本海に向かいたいと思い、調べてはみたものの、不便ということで却下し、笠岡方面へ。
情報によると、「乗時(のりとき)」から「寄島」へと乗り継げば新倉敷に向かうバスがあるといわれます。なお、福山では待ち時間が1時間半もあったので、福山城見学をします。
笠岡行きのバスに乗ると、広島県から岡山県への県境を車内で越えます。笠岡駅には12時30分に到着。
ここから乗時行きのバスは、本数が少ないながら、運良く45分の待ち時間で13時15分発に乗り継げることがすぐにわかりました。
ところが、案内所に行くと、乗時から寄島まで、バスは走ってないことが判明。
ここは歩くことにすると決め、若干余裕のある待ち時間で昼食をはさみ、発車前2分のところでバス停を急ぎます。
蛭子さんも熊切さんも、バスがすぐそこにあってしかも時間もあるというのに走る走る・・・。
太川「あと2分もあるのに、なんで走るの?」
熊切「だって私たち、せっかちなんです」
(「私たち」って・・・^±^;・・・似た者通しなんだなあ)
乗時からは徒歩。
途中でバス停を見つけ、時刻を探すも、近所の人から「バスはないよ」と教えられあきらめて歩きます。
(どうも廃止されたらしいです。^±^;}
寄島には15時に到着。ここからは15時35分発のバスに乗って、芸術科学大学で乗り継いで、倉敷駅へと向かいます。
倉敷駅に到着すると、岡山駅行きのバスの発車が27分後。
1日5本しかないバスの、最終バスだったのでラッキー。
夜の19時40分に、岡山駅に到着。
バス案内所は既に閉まっていて、翌日も8時から開くとありましたが、3日目は東へ行くか北へ行くか運命の分かれ道で、またどこまで行くことができるのか、それらが重要となるのでそれ場でに発車するバスには乗らず、案内所が開くまで待つということで、今日はここで宿泊。
熊切さんが東横インを見つけて、蛭子さんは大喜び。
蛭子さんは東横インのポイントを集めているほかに、ベッドからすべて手に届くところに必需品が置いてあるのと、コインランドリーがあるのも、気に入っているとか。
熊切「私まで東横インが見つかってうれしくなっちゃった」
そこまで蛭子さんに似てるのかと、またまた太川さんにからかわれます。^±^;
そして、部屋では、また例によって、蛭子さんのベッドが二人に荒らされます。^±^;

3日目

岡山駅のバス案内所に行って、早速、情報を聞き出すことから、この日は始まります。
岡山からは、津山バスセンター行きがあり、11時34分の到着、さらにその先は「馬桑(まぐわ)」まではバスは走ってるする、とのこと。
ただ、馬桑からは鳥取県方面へのバスが全くないと・・・。しかも峠越えで20キロの徒歩を強いられると、言われてしまいます。
太川「津山行きの乗るか、赤穂行きに乗るか、ここが運命の分かれ道」。
その時、案内所が調べてくれたことには、馬桑からなら、那岐駅まで歩けば「すぎっこバス」があり、鳥取まで乗り付けそう、と。
ならば歩く距離によって決めようと蛭子さんに訪ねると、
蛭子「8キロ!(以内なら)」
案内所「(歩く距離は)6キロです!」
蛭子「やったあ!」
でも上りを歩くのを考えると、再び蛭子さんの顔が曇るのでありました。^±^;
津山バスセンターから、13時25分発の馬桑行きのバスに乗る間、2時間ほど時間が空くので、津山で昼食。
英気を養うために、ここで昼食を「ホルモンうどん」にします。
ところが津山で再び歩く距離を聞くと7キロと言います。
バス停を降りた場所からループ橋があり、くるくると回る距離があるというのです。
(さらに、実際には8.5キロあると、キートン山田さんの解説)
バスを降りてから覚悟を決めますが、みるみるうちに蛭子さんの息が荒くなります。
蛭子「ハア・・・、ハア・・・」
休みながら歩き、トンネルを歩いていると、岡山県と鳥取県の県境。
トンネルを出てからしばらくすると、今度は熊切さんの足がつります。
熊切「ふくらはぎが痛い」
またしばらく休んで、2時間かけて、ようやく那岐駅へ。
「那岐駅前」のバス停を見つけほっとする3人。
バスは智頭駅行きの17時5分発があって、歩いた甲斐があったと、ほっとする3人・・・。
智頭駅からは、鳥取駅行きが17時25分があって、本数が少ないうえに、しかも最終バス。
スムーズながらも、薄氷を踏む様なダイヤ。^±^;
ところが、そのバスがトラブルに。^±^;
蛭子「まずいよね」
太川「まずいね」
行き先表示版が付かなくなり、一時は心配したものの、運転手の応急処置でようやく解消。
鳥取駅には18時15分に到着。
さらにここから19時30分発の岩井温泉に行くバスがあるというので、先まで行きます。
ちなみに、鳥取からは湯村温泉方面に行きたいのですが、本数も少ないうえ、すでに最終バスが行ってしまって、いずれにしても翌日からの行動。
鳥取にするか、岩井温泉まで行くか、迷いましたが、温泉でゆっくり疲れや痛みを取ったほうがいいとの結論で、岩井温泉に行くことに。待ち時間が35分あり、その間、予約することに。
蛭子「テレビにちょこちょこ出ている蛭子ですが・・・」
というフレーズが気に入ったらしく、太川さんと熊切さんは大笑い。
岩井温泉には20時30分に到着。
早速部屋を見る3人は、蛭子さんの泊まる部屋の布団を、3日連続、荒らします。
そのあと食事に出かけるも、またラーメン。^±^;
今回は麺類が多いと、キートンさんのナレーションで3日目が終わります。

4日目(最終日)

最終日はm湯村温泉行に乗車。
9時49分発のバスで、何のことはない、鳥取からのバスと一緒。
バスの中で、鳥取県から兵庫県へ。
どっちみちこのバス以外にないとはいえ、湯村温泉から先はm13時15分発の八鹿(ようか)行きのバスしかありません。
ただでさえ出発が遅いというのに、この最終日でこのロスは大きい。x±x
太川「ものすごいロスだね」
そこで案内所へ。
八鹿から天橋立に行くには、出石(いずし)、中藤(なかふじ)と乗り継いで、「中藤」から「岩屋上」まで歩けば、天橋立のほうまで行けると。
待ち時間も長いので、温泉束後を買ってゆでて食べ、それでもなお、時間が余るので足湯タイム。
ようやく13時15分発のバスに乗って、八鹿で14時50分発の出石行きのバスに乗り換え、さらに、10分待ちで「奥藤」行きのバスに乗り継ぎます。
途中の中藤のバス停で降りて、岩屋上まで、5キロの道を歩きます。
トンネルを出たところで、兵庫県から京都府の、最後の県境越え。
途中、天橋立まで15キロの標識を見つけますが、とにかく足が痛いので、休みながら我慢して歩きます。
キートン「もう、みんなボロボロです。そんなにのんびりしてはいられません。日は傾き始めてるし、次のバスはわかっていないし・・・」
バスは、電柱の陰にありました。1時間歩いて峠を越えて、岩屋上には17時12分到着。
次のバスは、と見てみると、18時27分の最終バスの「与謝の海病院」行き。
これで首の皮一枚、つながります。^±^;
病院に到着したのが夜7時過ぎ。
果たして天橋立に行くバスがあるのか、と調べてみると・・・。

ありました。^±^ノ
19時32分発、ケーブル下行き。^±^ノ
最後の路線バスで、一路、天橋立へ。

そして、19時40分。
ゴール!

今回は奇跡的でした、特に4日目の最終日。
遅く出て、バスの待つ時間も空いたのに。

ただし、ケーブルカーは17時30分で終了。+±+

ただ、ケーブルカーは鉄道であってバスの旅とは別なので、達成できなくてもいいのでした。

「できれば股から除きたい」と、熊切さん。

しかし、いくらまたからのぞき込んでも、その先に見えるのは暗い闇だけでありました。
じゃんじゃん。^±^;
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

空倶楽部・バケツのフチ子さん

画像は2016年8月27日のものです。パソコン修理中につき、失礼します。

うちのカメさんの近況からです。

カメさん、相変わらずです。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空01

てくが親分肌というか、姉御肌で、ワイワイしております。
クサガメなのに、アナゴ肌です。^±^ノ
アネゴ肌だろうが!(゚Д゚)ノx±x
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空02

ただ、9月になってから、「てく」のボワンがひどくなりました。+±+
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空03

うちのクサガメの「てく」が、最近、毎日、ブクブク、水中で空気を吐いています。
昔から空気を吐くことはありまして、この状態を「ボワン」と言ってましたが。
ここ数日、ボワンが激しいです。^±^;
保安官ならぬ、「ボワン官」です。^±^;
おまけに直後、空気がかなり臭くなります。^±^;・・・それも昔からですが

話は戻しますが、パソコンが突然壊れた日。
パソコン屋に行って修理を頼みます。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空05

修理後の現在も、いまだに低スペックの遅さには我慢できないです。
本当は取り換えてもらいたいくらいなのですが、もう二度とこの系統の機種は買わないです。
中古の日本製の商品も検討しているのですが、買ったら買ったで、チューンアップを2つするのが面倒で。
チューンアップの時間を犠牲にしてでも、買い足しをしたほうがいいのでありましょうか?

修理の翌日、カメさんの水を取り替えるべく。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空06

バケツにカメさんを入れていると。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空07

あらまあ。^±^;
「コップのフチ子さん」ならぬ、「バケツのフチ子さん」です。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空08

「バケツのてく子さん」は、別名、黒柳てく子さんとも言います。
黒柳てく子「あら、ちょっと、勝手に写すの、やめてくださる?」
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空09

うーん、「バケツのフチ子さん」ねえ。^±^;
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空10

というか、クロを水中でふんづけてるし。^±^;

黒柳てく子「微妙ですわね、その命名」
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空11

クロは手が届かず、水中で、ホワンホワンしてます。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空12

パソコンが修理中だということをお知らせしなくては、ということで、ネットカフェに行くことに。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空13

でも、ネットカフェ、家から遠いんですよね。^±^;
十両優勝した、大輝さんの実家よりも遠い・・・。^±^;
ちなみに、大輝さんの住む町は、散歩コースの一つになっています。
それほど我が家からも近いです。^±^;
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空14

ネットカフェからの空です。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空15

このころはまだ、晴天でした。^±^ノ
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空16

早速、ネットカフェに入らなくちゃ。^±^;
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空17

ネットカフェは2階にありました。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空18

早速入りました。会員にもなりましたよ。^±^ノ
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空19

ドリンクバーが無料で利用できるのもうれしいところ。
早速、メロンスカッシュをいただきました。
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空20

パソコンもサクサクと速いこと、早いこと。^±^ノ
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空21

パソコンが治っても、たまにはいこうかなと思います。^±^ノ
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空22

しかし、コラムだけでも時間がかかり、いつまでもいられなかったのが残念。x±x
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空23

ココアもいただきました。^±^
20160827・パソコン修理中・ネットカフェの空24

ドリンクバーは飲み放題です。^±^

本当はコメント返しなどもしたかったのですが、大量だったので時間が取れませんでした。
コメントをいただいた皆様、どうもありがとうございます。^±^
ただ、今回だけは、コメントを返す時間はちょっと難しいです。x±x
ごめんなさい。x±x。


空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

2016年大相撲秋場所

2016年秋場所です。

今場所、いや、先場所あたりから、相撲がおもしろくなってきました。^±^
現在はもう野球より面白いです。^±^ノ
それも、地元の大輝が活躍している影響もありますが、一昔前の相撲の活気も戻った気がします。
横綱の日馬富が12勝で、鶴竜も10勝以上しましたので、横綱としてもよかったですし。
稀勢の里がだらしなかった、と報道で言われてますが、それでもちゃんと10勝を挙げているんですよね。横綱は出直しですけどね。
琴奨菊の9勝はもう1番欲しいところで、また、照ノ富士が負け越しまして、こちらはカド番になってしまいましたが、それ以上に豪栄道の全勝優勝は大きいですね。

今までそっぽを向いてた、民放のスポーツニュースでも相撲が取り上げられました。
これも相撲人気が復活したバロメーターなのでしょうかね。

それと、なんといっても、十両から上がおもしろいですね。^±^ノ
先場所までは、十両までしかビデオをチェックしなかったんですが、今回は最後まで見ちゃってましたね。

2016年秋場所の番付です。
サムネイル版ですのでクリックしてご覧下さい。
20160927・大相撲秋場所01

十両の成績です。
20160927・大相撲秋場所02

次場所の予想番付です。
20160927・大相撲秋場所03

優勝と三賞です。
優勝=豪栄道(初)
三賞は後述します。
20160927・大相撲秋場所04

十両以下の優勝者です。
20160927・大相撲秋場所05

番付の東、上位です。
20160927・大相撲秋場所06

番付の西、上位です。
20160927・大相撲秋場所07

続いて、三賞です。

殊勲賞=隠岐の海(初)
20160927・大相撲秋場所08=殊勲賞・隠岐の海

敢闘賞=高安(3)
20160927・大相撲秋場所09=敢闘賞・高安

技能賞=遠藤(初)
20160927・大相撲秋場所10=技能賞・遠藤

優勝=豪栄道(初)をもう一度。
20160927・大相撲秋場所11=優勝・豪栄道

十両優勝=大輝
20160927・大相撲秋場所12・十両優勝・大輝

大輝は次の場所、新入幕でしょうね。^±^ノ
11勝すれば確実だったものを、優勝して12勝なので位置もよさそうです。^±^
嬉しそうだな!(゚Д゚)ノx±x・・・だって地元も地元、散歩コース内に実家があるんだもん

今回、参照を上げてもいいんじゃないかと思う3力士。
5枚目=御嶽海
6枚目=玉鷲
8枚目=琴勇輝
20160927・大相撲秋場所13

5枚目=御嶽海
まず三賞を挙げたかった筆頭が御嶽海です。
いえ、上げてもいいと思いました。強いてあげれば、嘉風に負けたのが痛い・・・。
負け越しの大関とはいえ、照ノ富士にも勝ったのに・・・。
たぶん、14日目の琴奨菊に勝っていれば、確実にもらえたでしょう。
高安にも勝ってるのに、もったいない。^±^;

6枚目=玉鷲
あと1番ですね。遠藤に勝っているし、6日目からの7連勝は立派。
こちらも豪栄道に勝っていれば。
・・・まあ、こればかりは無理か。^±^;

8枚目=琴勇輝
こちらはあと2番ほど欲しかったですね。
強さはありましたが、上位や調子の良い力士に勝たなくては。
遠藤、隠岐の海、御嶽海、玉鷲のうち2人倒せばもらえたでしょう。

そのほかは、全体の番付をご覧下さい。

==================

さて、毎度おなじみの、番付の入れ替えを占います。
27日にコラムを書きましたので、番付編成会議には間に合いませんでした。

まず、大関と三役から。
大関はカド番の豪栄道は優勝、もう一人の琴奨菊も勝ち越しました。
高安を除いて、全員平幕落ちです。
変わって上がりそうだと思うのは、関脇には隠岐の海は確実でしょうけど、小結は新聞記事と違い、御嶽海と遠藤でないかと思います。
場合によっては、玉鷲は張出小結(はりだしこむすび)になるかもしれませんが。

続いて、前頭と十両との入れ替えですが、これが難しいです。+±+
前頭から十両に陥落する候補は2人から4人、場合によっては5人までの入れ替えがありそうです。
決定的に前頭から十両に落ちるのは11枚目で途中休場で全敗の誉富士と、幕尻で5勝に終わった大栄翔、この2人は確実です。
さらに、15枚目で6勝の徳勝龍、13枚目で5勝の天風も、この星では陥落を覚悟しなくてはいけないでしょう。
そして、12枚目で5勝の臥牙丸ですら、この位置では、本来ならば陥落されてもおかしくないです。ただ今場所の状況下、十両も上位がほとんど大勝ちをしていないのを考えれば陥落は免れそうですが。
ただ、十両から幕内に上がる力士がさらに難しく、確実なのは6枚目で優勝した大輝と、4枚目で9勝の秀乃海だけなのです。
4枚目で8勝の千代大龍、5枚目で8勝の千代丸よりも、6枚目で9勝の石浦や、8枚目で10勝の千代皇、9枚目で10勝の佐藤という大勝ちしたほうを優先に番付を上げるのか、さらには、それならば10枚目で11勝の琴恵光はどうするのか。
いずれも、大輝と秀乃海以外は、絶対的に幕内に上がる決め手がないんですよね。
それでも、せいぜい上げるならば石浦だけですかね。
ということは、徳勝龍だけ落ちて、天風は幕尻で残るのかなあ。そうなれば入れ替えは3人ですかね。
もしくは、いっそのこと、徳勝龍(幕尻)も天風(幕尻から2番目)も残して、入れ替えを2人だけにする手もありますし・・・。
迷うところだと思います。^±^;

十両と幕下との入れ替えのほうが明確です。入れ替えは5人でしょうかね。
十両から幕下へ陥落ですが、8枚目で全休の豊ノ島、14枚目の幕尻で5勝の富士東、11枚目で4勝の朝弁慶、この3人は確実です。
さらに、2人とも西の位置ということで、13枚目で6勝の若乃島、11枚目で5勝の希善龍も、陥落を覚悟しなくてはいけません。
5枚目で4勝の佐田の富士と9枚目で5勝の里山はぎりぎりで残れそうですね。
幕下から十両に入れそうなのは、東筆頭2枚目で7戦全勝優勝した山口はもちろん、西筆頭で5勝の大翔鵬(だいしょうほう)、東筆頭で4勝の小柳(おやなぎ)と、この3人は確実です。
さらに、西2枚目で4勝の竜電(りゅうでん)、東3枚目で4勝の明生(めいせい)、西3枚目で4勝の坂元(さかもと)が続いてますが、西5枚目の力真(りきしん)が5勝で、このなかで2人、誰が入るかですね。
竜電、明生(、力真、坂元)の順番で有利なんじゃなかろうかと思います。

それでは、来場所、またお目にかかりましょう。^±^
ではでは~。^±^ノ
 

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

イソップ童話概説209.羊飼いと狼の子

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説209.羊飼いと狼の子

(原文ママ)

羊飼がオオカミの仔を見つけ、手塩にかけてこれを育てたのは、大きくなったら自分の羊を守ってくれるばかりか、他人の羊を奪って連れてくるだろうと考えたからだった。狼どもはしかし、成長するや否や、行動の自由を得ると、まず当の羊飼の羊を殺しまくった。
羊飼が呻吟(しんぎん)して言うには、
「こんな目に遭うのも当然だ。大きくなってからでも殺さねばならない奴を、どうして子供の間、生かしておいたのだろう」
このように悪人を助ける者は、他ならぬ自分に仇なす者を知らぬ間(ま)に力づけることになるのだ。

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

まあ、普通は最初からこのことに気が付きますよね。^±^;

しかし、これに似たようなことってあります。^±^;

新潟にカメを連れて行った時ですがね。^±^;
「じゅんさい池」で蓴菜(じゅんさい)を取って、カメさんの匂い消しにと、水槽の中に入れておいたんですがね。
さらに、水が汚れず、循環させるために、池にいたモエビさんも入れておいたんですがね。
車を運転している間に、全部食べちゃった・・・。^±^;
蓴菜だけでなく、モエビさんまで。^±^;
新潟から寺泊まで行って、気が付いたら全部なくなっちゃった。 ^±^;
まあ、カメさんにしてみれば、エビさんは大好物ですからね。
でも、ケースの中にいっぱいいたんですがね。^±^;
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説208.羊飼いと羊

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説208.羊飼いと羊

羊飼いが羊たちを追って森に入ると、柏の大木を見つけたので下にマントを広げ、木に登りドングリの実を落としました。
それを羊に与えていると、うっかり、羊たちがマントまで食べてしまったので、羊飼いが一言。
「ろくでなしめ、他の人間には服にする羊毛を差し出すのに、養っているわしからはマントまで奪いおった」
人間でも、無知ゆえに縁もゆかりもない者に親切にしながら、身内にはつれない人がいますね。

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

たしかに。^±^

羊たちは他人に着せる羊毛を差し出すのに、羊を養ってる羊飼いのマントを食べるのは「つれない」ですよね。
羊も食べ物であるドングリを夢中で食べたかったので、うっかり敷いてあるマントまでかみついてしまったんでしょうね。
ブラックユーモアですが、今も昔も変わりなく、日常にもありがちですよね。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

雑草倶楽部(2016年9月)

今月の花です。^±^

といいたいのですが、パソコンが修理中。
もしくは戻っても、修正中ですかね。

花、アップできましぇん。x±x

20160723・我が家のオニユリ4

この鬼百合も、今では花が落ちて。
その跡地で、シュウカイドウ(秋海棠)が咲いてますわ。^±^;


それからこちらをご覧になられた後は・・・。
雑草倶楽部の皆様のところへ、ゼヒゼヒ、ご訪問してね~。^±^ノ
よろしくお願いしますね~。^±^

ついでに「高橋さんのスポーツ云々・時々芸能」もたまにやってますよ。^±^

高橋さんのスポーツ云々・時々芸能

こちらもよろしくです。^±^ノ

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

イソップ童話概説207.羊飼いと海

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説207.羊飼いと海

(原文ママ)

羊飼いが海辺で放牧をしていたが、海が凪いで(ないで)穏やかなのを見て、航海がしたくなった。
そこで羊を売り払い、棗椰子(なつめやし)を買いこんで船に積みこむと、船出した。ところが激しい嵐が起こり、船は転覆してすべてを失って命からがら陸地に泳ぎ着いた。
再び海が凪いだ時のこと、浜辺で波が静かなのを賛美している男を見て、羊飼いが言うには、
「いやいや、海のやつ、棗椰子を欲しがっているのさ」
このように、賢い人にとっては災難が教訓となることが多い。

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

一言いってもいいかなあ。^±^;
最後の行で、
 >> このように、賢い人にとっては災難が教訓となることが多い。
こうイソップは結論付けてるけど。^±^;
棗椰子を海が欲しがってると言ってる時点で、賢くないよなあ。^±^;
イソップ、それさえもわかってないんだからなあ。^±^;
イソップも賢くないよなあ。^±^;

いつもいつも、俺のイソップ様をけなしやがって!(゚Д゚)ノx±x
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    FC2掲示板
    FC2カウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    カレンダー
    09 | 2016/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    ぷよぴたっ
    時計&ゲームです。
    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    幸せ呼ぶ猫神の呟き

    不思議な不正義

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部
    毎月、25日が雑草倶楽部の会合日です。


    今月の雑草倶楽部
    (毎月25日)

    雑草倶楽部の皆さんのブログへは
    こちらからどうぞ♪

    なる&自称会長